財務指標って何? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

財務指標は、会社の業績や財政状態を評価する際に便利なツールです。会社の総合的な収益力を示す「ROE」も財務指標の1つです。財務指標は、P/Lの利益や売上高、B/Sの総資産、純資産などの財務諸表の数字を使った計算により比率(%)、回数、倍率などの単位で表されます。規模の大きな会社では、前期からの増減などを金額のみで捉えると売上や資産の金額が大きくなり実感がわきにくいことがあります。あるいは、事業規模の異なる会社の業績を比較する場合も、金額のみでは比べにくいものです。その点、財務指標は金額の規模を捨象して複数の会社の業績などを比較することができます。

会社の業績等の評価においては、絶対的な金額のみで評価をするのではなく、自社の過去の数値との比較(時系列比較)、自社の中長期目標数値との比較、あるいは同業他社の数値との比較と言った相対比較によることが多いと思われます。

財務指標には、総合力、成長性、収益性、効率性、財務安全性の種類があります。それぞれの主要な財務指標は以下の通りです。

総合力:ROE(自己資本利益率)、ROA(総資産利益率)
成長性:売上高成長率、総資産成長率
収益性:売上高総利益率、売上高営業利益率、売上高経常利益率、売上高純利益率
効率性:総資産回転率、売上債権回転期間、たな卸資産回転期間、仕入債務回転期間
財務安全性:純資産比率、流動比率、当座比率、固定比率、インタレストカバレッジレシオ

会社の業績や財政状態を評価する際には、例えば、売上高の成長という一面だけからではなく、多面的な評価が求められます。会社は人間と同じように多面的な存在といえます。例えば、事業の成長スピードは非常に速くても、運転資本の増加に対して資金調達を適時にしないと倒産してしまいます。一面からだけの評価は判断を誤るリスクも抱えているのです。成長性、収益性、効率性、安全性、そして総合力の複数の観点から多面的に会社の業績等を分析、評価することが重要です。

また、分析、評価をする立場によって重視するポイントも変わります。例えば、株主や投資家であれば、会社の収益性や今後の成長性が気になるでしょう。一方で、会社に資金を融資している債権者であれば、元本と利息が着実に返済される程度の財務安全性に重きを置くでしょう。得意先や仕入先も同様に、取引が安定して継続できるような安全性を気にすると思われます。経営者の立場では、自身の目標はもちろんのこと、外部のステークホルダーからの期待に応える責任も負いますので、結果として総合力、成長性、収益性、効率性、財務安全性のすべてを意識する必要があるでしょう。

名言

PAGE
TOP