【フライシュマン・ヒラード田中社長】コミュニケーションは「発信」ではなく、「受信」から始まる

視聴時間 00:00:40

コミュニケーションで、相手の中に入っていくためにはまず「受信」が必要になると田中氏は語る。素直に相手を受け入れ、そこから自分の中にいろいろな思いが生まれ、そこで初めて発信すべきだと語る。2019年7月に浜松アクトシティで開催されたあすか会議2019「志を培うコミュニケーションの本質」ダイジェスト版Part4/8(肩書きは2019年7月7日登壇当時のもの)。

動画のフルバージョンはこちら

 

※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

RELATED CONTENTS