押さえておきたい!2017年によく読まれた会計用語10選 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会計を学び始めたものの、用語が多過ぎて覚えられないという方も多いのでは。そこで、GLOBIS知見録の人気コラム「意外に知らない!基本の会計用語」から、2017年に最も読まれた記事ベスト10をご紹介します。昨年はニュースでよく目にする会計用語が多かったのですが、今年はB/SやP/Lを作成する際に出てくる費目が多数ランクイン。まずはこの10記事の会計用語だけでも、おさらいしてみてはいかがでしょう? 2016年版はこちら>>

1位: 子会社、関連会社、関係会社、グループ会社の違いって何?

企業グループに属する会社は様々な呼び方をされますが、会計ルール上の定義と決算書上の取り扱いは微妙に違います。その違いをわかりやすく解説しています。

2位: 純資産、株主資本、自己資本の違いって何?

B/S(貸借対照表)に登場する「純資産」、その中に株主資本も自己資本も含まれますが、それぞれの違いを解説できますか?

3位: 未払金と未払費用の違いって何?

未払費用は家賃や光熱費、利息など、サービスの提供を継続的に受けるもので、かつ契約の全てが完了していない場合に発生します。一方の未払金は…?

4位: 「減損損失」って何? 

5位: 資本金と資本剰余金の違いって何?

6位: 有価証券と投資有価証券の違いって何? 

7位: 売上高、営業収益、営業外収益の違いって何?

8位: キャッシュ・フロー計算書で減価償却費を加算するのはなぜ?

9位: 運転資本(WC)の計算方法、どれが正しいの?

10位: 仕掛品と半製品の違いって何? 

関連記事

名言

PAGE
TOP