EBITDAって何? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はEBITDAについて説明します。まず、呼び方です。統一された呼び方はありませんが、「イービットディーエー」「イービットダー」などと呼ばれることが一般的です。EBITDAは、Earnings Before Interest, Taxes, Depreciation and Amortizationの頭文字をとった略字です。金利支払い前、税金支払い前、有形固定資産の減価償却費及び無形固定資産の償却費控除前の利益を指します。

算定式もいくつかありますが、簡単に表現すると「営業利益+減価償却費」となります。P/Lの営業利益にキャッシュ・フロー計算書の営業キャッシュ・フロー調整項目の減価償却費(※)を加算して求めます。営業利益に非キャッシュ費用である減価償却費を足し戻して求めることから、簡便的な営業キャッシュ・フロー、あるいはキャッシュベースの利益と捉えることができます。

【EBITDAのメリット】
金利水準や税率は国ごとに異なります。また、減価償却方法は定額法や定率法などがあり、どれを採るかによって計算される利益が変動します。したがって、例えばグローバルに事業を展開している企業が金利水準、税率差、会計基準などの差異要因を排除して、同じ土俵でグループ拠点の評価や海外の競合他社との収益性を比較・分析する際に用いられます。

EBITDAは、設備投資額の大きな会社の収益性を評価する場合にも使用されます。設備投資額の大きな会社は減価償却負担により赤字となる場合があります。また、年度ごとの設備投資額の変動が減価償却費を通じて(営業)利益のブレの要因になります。このような影響を排除し、設備投資から得られた成果としての利益が順調に成長しているかどうかを評価する目的です。

また、企業価値評価の参考指標とされるEV/EBITDA比率があります。EV=企業価値ですが、EVがEBITDAの何倍(何年分)かを示します。簡易買収倍率とも言われ、株価の尺度を表します。倍率が高いほどEVは高くなります。業種等にもよりますが、概ね6~7倍程度が目安と言われます。

このように、EBITDAは企業経営の様々なシーンで活用されています。

【EBITDAの留意点】
一方で、気をつけたい点もあります。EBITDAはいわば「投資対効果」の「効果」の部分しか表していません。効果を得るために必要な設備投資や運転資本の増加などの投資額は反映(控除)されていません。また、EBITDAは営業キャッシュ・フローの簡易版とは言っても、支払利息や税金は控除されていません。これらは会社が事業を継続していくためには必要不可欠です。したがって、EBITDAのみをもって会社のおカネを生み出す力と判断するのは早計と言えるでしょう。

(*)のれんなど無形資産の償却費が別途表示される場合はこれらも加算します

名言

PAGE
TOP