キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

堀義人のダボス会議2024(3)「日本代表」として日本の良い点を世界に発信する

投稿日:2024/01/18

目次

ダボス会議3日目が始まった。ダボスの朝は早い。朝7時過ぎに会場に着いたらもう満杯だった。

軽くネットワーキング&朝食後に、1時間ほどパネルが繰り広げられる。パネリストは、シーメンス、VISA、セコイアキャピタルの各CEO。モデレータはマッキンゼーのグローバルCEO。非常に密度が濃い。

ダボス中に並ぶ特設スペース、「ハウス」

朝食会後にダボスの街中を歩きながら、 富士通ハウス、東大が関与しているAI HOUSEを覗いて、TATAショップでチャイを頂いた。そしてエミレーツ、アクセンチュア、Citi、セールスフォース、メタなどグローバル企業の「ハウス」を横目に、メイン会場に戻っています。 街中は常に渋滞状態です。

今回のダボスで大きな比重を占める地政学

ホテルに戻り、「お部屋でダボス」の時間へ。リアルで参加するのは、プライベートセッションや、スピーカーとして招かれているセッション、そしてパネリストや参加者に会いたいセッションにしている。

学ぶだけのセッションは、部屋着に着替えてオンラインで楽しむのが良い。誰でも視れるのでお勧めです。

米国のブリンケン国務長官とトーマス・フリードマンの対談を視聴したあとは、グテーレス国連事務総長のスピーチを「お部屋でダボス」だ。

今回のダボスでは、ウクライナ、中東、米中関係など地政学が大きな比重を占めている。従って、米国や国連の考えや動きが重要になっている。

G1@ダボス会議で濃密な学びを

ランチは、主にG1に参加している方々を中心としたG1@ダボス会議です。
河野太郎大臣、竹中平蔵さん、成田悠輔さん、出木場久征さん、北野宏明さんなどが参加。いわゆるダボス会議における「日本代表チーム」だ。とても強力なメンバーが揃っている。

ダボス会議で一番濃密な学びは、このランチの1時間で得られます。見てきた風景、学んだことを各自がシェアして、最後に写真を撮って終了。

生成AIの実装についてもトピックに

G1@ダボス後にAI HOUSEに行き、VIP登録してくれたDriving Economic Growth with AI in a Productivity-Challenged Futureと題するセッションに参加。後片付けで出発が遅れた為、席が無くなっていた。会場外のセッションも盛況だ。

登壇者は、アクセンチュアとIBMのCEO等だ。今年のダボスは、生成AIの実装の話も多い。

Meeting of the Riskilling Education Championsに参加

AI HOUSEを出て、Meeting of the Reskilling Education Championsのプライベート会合に参加。4カ国の教育大臣、コーセラ、スキルソフトのCEO(写真)、テマセクの会長などと対話した。

リスキリングに必要なのは、教育機関の創造と変革のマインド。企業の育成への情熱、個人の学びへの願望だと思う。

データの透明性を考えるセッションへ

ダボス会議のメイン会場に戻って、河野デジタル大臣やマスターカードCEOなどが登壇しているセッション、Building Trust Through Transparacyに参加。

日本が、Free Flow of Data with Trustを提唱してから、データのトランスペアエレンシー(透明性)が重要になっている。河野大臣の存在感が際立っている。

ダボスでもLuckyFesをアピール!

ダボス会議のフロアで、今年のクリスタルアワード受賞者のナイル・ロジャース氏を見かけた。僕は、躊躇しつつ勇気を持って声をかけた。

“I love your music. I used to dance on your music.”と伝えて、LuckyFesについてひたすら説明した。

ナイルはChicのリーダーで、世界的な音楽プロデューサーだ。最近では紅白でLE SSERAFIMが歌ったUNFORGIVENをプロデュースした。いつかはLuckyFesに来て欲しいと思っている。Thank you!

恒例のJapan Night

ホテルに戻って、夫婦でJapan Nightへ。妻は、着物に着替え、僕は帯に合わせたネクタイで、会場に向かった。

グロービスは、JapanNightに10年以上スポンサーしている。そしてこのJapan Nightはダボスで最も人気があるコンテンツになっている。寿司スキヤキに、響に日本酒だ。そりゃ、みんな来るよね。

クラウス・シュワブ氏が来られたタイミングで、河野太郎大臣と宇宙飛行士の野口聡一氏とでパチリ。
この組み合わせはあり得ないよね。宇宙飛行士に政治家、ダボスの主宰者に遊び人(笑)。

クラウスは、日本のことが好きなので、ご多忙であっても必ずJapan Nightに来てくれる。本当にありがたい。

これからの日本には適度な自己主張が重要

Japan Nightの料理を作ってくれたのは、混成チームだ。日本から2名職人が来て、チェコ・ポーランドの職人とコラボする。そして場所は、ダボス会議だ。日本食の海外への技術移転が行われている感じだ。全ての業界で同じ様な育成が行われているのであろう。

ダボス会議で痛感するのだが、「日本は世界から本当に好かれている」ということだ。これからの日本は、インバウンドを含めて、日本のコンテンツは、ますます海外に評価されていくことになるであろう。

日本は、経済ばかりでなく、文化・芸術を積極的に世界に展開していくべきであろう。日本人は、恥ずかしがり屋で、大人しく、控えめだ。この美徳は、日本では通用するが、海外では完全にスルーされるだけだ。

これからの日本は、適度に良い点を自己主張していくことが重要だ。外国人職人たちの誇らしげな笑顔が印象的であった。


【ダボス会議2023速報】
堀義人のダボス会議2024(1) 16回目のダボス会議は「信頼の再構築」がテーマ
堀義人のダボス会議2024(2) 「ワンストップショッピング」の場でトップリーダーと会い続け、学び続ける

【ダボス会議2023速報】
堀義人のダボス会議2023速報(1)Davos Circleから始まる、15回目のダボス
堀義人のダボス会議2023速報(2)分裂する世界におけるリーダーの役割とは
堀義人のダボス会議2023速報(3)ダボス会議で日本を発信
堀義人のダボス会議2023速報(4)ダボスで聞く般若心経と様々な縁
堀義人のダボス会議2023速報(5)ダボス会議最終日~スイス鉄道で旅しながらダボスを楽しむ
堀義人のダボス会議2023速報(6)総括〜ダボス会議で感じた6つのこと

新着記事

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。