【国際交渉人・島田久仁彦】アピールしたい時の角度は「45度」!共感させたい時は「横並び」

視聴時間 00:01:51

相手とコミュニケーションを取る時は、その立ち位置(角度)によって、相手に与える印象が異なると島田氏は語る。45度の角度で立つと権威や説得力が出て、相手との距離を縮めてパーソナルスペースを詰めたい時は横並びが効果的だと語る。2019年7月に浜松アクトシティで開催されたあすか会議2019「志を培うコミュニケーションの本質」ダイジェスト版Part3/8(肩書きは2019年7月7日登壇当時のもの)。

動画のフルバージョンはこちら 

 

※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

RELATED CONTENTS