【堀江貴文】プロスポーツ経営で大切なのは「スタジアムの結界」を壊すこと 視聴時間 01:49

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロスポーツの世界で、熱心なサポーターが醸し出す「にわかファンはスタジアムに来るな」という雰囲気(スタジアムの結界)は間違っていると堀江氏は語る。なぜならスポーツ経営で大切なのは、年に1度か2度しか来ないファンをいかにスタジアムに来させるかが最も大切だと語る。2018年12月にグロービス経営大学院 東京校で開催されたG1カレッジ2018「創造的破壊から生まれる日本の未来」ダイジェスト版Part3/8(肩書は2018年12月9日登壇当時のもの)。

動画のフルバージョンはこちら
 

※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

関連記事

名言

PAGE
TOP