【堀江貴文】「カラオケ」は歌うことをコモディティ化させた画期的な発明品である

視聴時間 02:04

堀江貴文氏は、「カラオケ」とはテクノロジーの進化によって、例え音痴な人でも「歌をうたう」という行為を可能にさせた、日本が世界に誇るべき画期的発明品であると語る。2018年12月にグロービス経営大学院 東京校で開催されたG1カレッジ2018「創造的破壊から生まれる日本の未来」ダイジェスト版Part2/8(肩書は2018年12月9日登壇当時のもの)。

動画のフルバージョンはこちら

※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

RELATED CONTENTS