初音ミク生みの親、ブルーノート最年少記録ピアニストが語る「テクノロジー時代の未来の音楽」~伊藤博之×松永貴志×樹林伸 視聴時間 59:56

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あすか会議2017
第6部分科会「音をプロデュースする~テクノベートが生み出す普遍と革新~」
(2017年7月2日開催/福岡国際会議場)

活版印刷術の発明によってルネサンスが花開いたように、テクノロジーの進化は新たな文化を生み出す母胎となる。人工知能が進化し、やがて50億人がスマートフォンでつながる時代、太古の時代から人間を揺り動かしてきた音楽は、どのような変容を遂げるのか。初音ミク生みの親である伊藤博之氏、ブルーノート・レーベル史上世界最年少のリーダー録音記録を樹立した松永貴志氏が語る「音をプロデュースする」仕事の未来(肩書きは2017年7月2日登壇当時のもの)。

関連記事

名言

PAGE
TOP