八尾 麻理 

八尾 麻理 

グロービス ファカルティ本部 テクノベートFG ナレッジリーダー/グロービスAI経営教育研究所(GAiMERi)研究員

大阪大学工学部卒業後、日本総合研究所入社。同社では、企業のビジネス変革・新規事業開発、業界団体のコンソーシアム運営、および官公庁の政策支援に従事。その後、スタートアップのインキュベーションと大企業の事業プロデュースを通して社会に新しい価値をもたらすことを志向するコンサルティングファームの創業期に参画。同社では二児の出産・育児と並行して執行役員を務める。主なプロジェクトとして、電機・電力大手のISP/データセンタ―事業参入支援、愛知万博・某企業パビリオンの未来構想支援、環境省「チームマイナス6%」のコンセプト設計および戦略本部支援、都心大型再開発事業・企業誘致戦略/実行支援、日本初のプロフェッショナル人材データバンク事業設立支援、広告大手・企業内大学設立支援、など数々を牽引

グロービスでは、経営戦略およびテクノベート領域の科目開発に従事するとともに、テクノロジーと認知科学の両面から学びの体験価値を向上させるプロダクトの開発に挑戦中。三児の母。高い抽象度と具体の両輪でビジネスを設計することをモットーとしている。

共著:『[新版]グロービスMBA経営戦略』(ダイヤモンド社)、共訳著:『TOCハンドブック 制約条件の理論』(日刊工業新聞社)  

PICKUP