“個”客とつながるリテールデジタル戦略とは〜パルコデジタルマーケティング唐笠亮

視聴時間 01:20:05

グロービス テクノベート勉強会
「OMO時代到来 withコロナの新たな日常を迎え撃つリテールデジタル戦略」
(2020年7月27日開催/Zoomオンライン)

店頭販売とECを併設したオムニチャネル型売り場「PARCO CUBE」、XRを利用した空間演出、アプリでの電子レシートサービスなどさまざまな取り組みを行ってきたパルコ。さらに、①ファッションをはじめ物販全般の低トレンド、②店舗で購入する価値の低下、③ECやCtoCでの購入など“買い物技術”が著しく向上した顧客など、環境が変化するなかで、リテールビジネスは、これまでの「顧客とテナントのマッチング」から「個々人へ商品・サービスの提案」へと進化を求められていた。パルコが行う、個を理解しコミュニケーションを図っていくデジタル活用法と、コロナ禍の影響とは(肩書きは2020年7月27日対談当時のもの)。

OMOとは:Online Merges with Offlineの略。オンラインとオフラインが融合するといった意味合い。
参考)【DX特別対談】アフターデジタル時代におけるビジネスモデルの変化とあるべき対応(前編)

RELATED CONTENTS