テクノベート時代を勝ち抜くための「オープンイノベーション戦略」とは?~浅田慎二×里見治紀×中馬和彦×中村愼一×今野穣

視聴時間 00:58:51

<音声版はこちら>

G1経営者会議2019
第3部分科会B「オープンイノベーション~大企業とスタートアップのアライアンス戦略~」
(2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校)

国内のオープンイノベーションが過熱している。ビジネスでの「自前主義」が根付き、雇用の流動性も低い日本では、「大企業×スタートアップ」という組み合わせで、オープンイノベーション施策として数々の「提携」や「概念実証(PoC)」が繰り返されてきた。一方、オープンイノベーションの成果を出すのに苦心しているように見える企業も少なくない。そもそも「何のためにオープンイノベーションに取り組むのか」という本来の目的、大企業×ベンチャー企業のエコシステムとはどうあるべきか、実際の取り組みをされている企業各社の視点をふまえて議論する(肩書きは2019年10月27日登壇当時のもの)。

 

※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

RELATED CONTENTS