落合陽一が語る!地方都市の理想的な世界観は「風の谷のブレードランナー」

視聴時間 00:01:25

センサー、IoTなどのテクノロジーを駆使して拡張性の高いプラットフォームを構築する新しい都市「スマートシティ」。落合陽一氏は、地方都市の理想的な姿として「風の谷のブレードランナー」のようなスマートシティであると語る。2019年2月に青森で開催されたG1サミット2019「スマートシティは日本再生の切り札となるか」ダイジェスト版Part2/2(肩書きは2019年2月10日登壇当時のもの)。

動画のフルバージョンはこちら

 

※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

RELATED CONTENTS