自分を変えて一歩を踏み出すために必要だった「謝罪行脚」~安藤美冬ダイジェスト(5) 視聴時間 02:46

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分を変えようと一歩を踏み出す時の「足かせ」になるのが、過去に対人関係で悔んだことや不義理をしたことであると語るフリーランサー安藤美冬氏。安藤氏自身、過去の不義理をしたことによる胸の痛みを解放するために、会社を辞める時に“謝罪行脚”を実行したと言う。2016年9月にグロービスで開催された特別セミナー「踏み出す勇気を生む『7+1の習慣』~人生を変えた『行動力』の源泉とは」ダイジェスト版 Part5/6(肩書きは2016年9月5日登壇当時のもの)。

※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

関連記事

名言

PAGE
TOP