【速報】G1@Clubhouse⑤ 「コロナ禍のワークスタイルはどう変わり、今後どうなるのか?」 小室淑恵×宮澤弦×間下直晃×堀義人

昨日、2月2日22:00 ~23:00に行われたG1@Clubhouse⑤の内容のポイントをご紹介します。

テーマと出演者

テーマ:コロナ禍のリモートワークでワークスタイルはどう変わってしまったのか、そして、今後どう変わるべきか

出演者:小室淑恵(ワーク・ライフバランス)、宮澤弦(ヤフー)、間下直晃(ブイキューブ)、堀義人  

発言のポイント

※上記出演者のご了解を得たうえで、記録、公開しています。
 
1)ワークスタイルはコロナでどう変わったのか?
 
・コロナによって多くの企業でテレワークが普通のことになったのは劇的な変化
 
・テレワークで生産性の上がった会社と下がった会社に分かれる
 生産性を上げた会社の要因は
  -社員一人一人の自立性、判断の権限委譲ができているか
  -通信環境や機器の整備などテレワークに合った環境整備
  -トップはじめマネジメントの率先垂範の姿勢       など
 
・生産性が上がれば従業員満足度も上がる
 
2)必要な人事制度やカルチャー及びさポート体制は?コロナが終わってからどうなるか?
 
・今後も(コロナ終息後も)テレワークは定着していくだろう

 若い世代ほど、テレワークによる生産性向上を実感しており、テレワーク対応できているかで若い人材の採用が決まってくる
 
・効果的にテレワークを実現するために重要なのは
  -人事制度の修正
   個々の担当業務の明確化
   年俸制(勤務時間の長さで評価が上下しない)
   アウトプットによって評価される仕組み 等
  -ツールの整備(PC、通信、業務ソフト等)
  -ビジョン、ミッション等理念の浸透
  -定期的なアンケートで従業員の声を反映
  -「出社せざるを得ない」役割の人への配慮
   (手当の支給、シフト制、ハンコ廃止等「出社せざるを得ない」業務を減らす)
 
・一方で、フルリモートも現実的ではない。対面のコミュニケーションの重要性は残る
 雑談やチーム内の信頼醸成、新人のオンボーディングといった部分は会うことの重要性が残る
 
・オフィスの役割も、業務中心からコミュニケーションや偶発的出会いの場という面が重要に

今後の予定

G1@CH⑥「コロナが変えるオンラインエンタメ」(2/3)SHOWROOM前田裕二×ミラティブ赤川隼一×堀義人

G1@CH⑦「鬼滅・DX・コロナが変える漫画ビジネス」(2/4)けんすう×コルク佐渡島庸平×堀義人

G1@CH⑧「どうする東京オリパラ~何がベストな開催方法か」(2/5)フェンシング協会太田雄貴×参議院議員朝日健太郎×堀義人

G1@CH⑨「コロナでコマースはどう変わるのか」(2/6)BASE鶴岡裕太×堀義人

G1@CH⑪「農業の生産・流通・配達&輸出の新たな潮流」オイシックス高島宏平×ビビッドガーデン秋元里奈×堀義人

G1@CH⑬「 コロナ禍だからこそ考える企業のwell-being」プロノバ 岡島悦子×予防医学博士 石川善樹×堀義人

RELATED CONTENTS