菅総理が語る「コロナ禍における日本の成長戦略」~菅義偉×竹中平蔵

視聴時間 00:43:05

音声版はこちら

第1部全体会 基調講演「菅政権が作り出す力強い日本~政府が行うこと、民間に期待すること~」
(2020年11月23日開催/グロービス経営大学院 東京校)

令和2年9月16日に菅内閣が発足した。10月には内閣総理大臣所信表明演説が行われ、「新型コロナウィルス対策と経済の両立」「デジタル社会の実現、サプライチェーン」「グリーン社会の実現」「活力ある地方を創る」「新たな人の流れをつくる」「安心の社会保障」「東日本大震災からの復興、災害対策」「外交・安全保障」について語られた。演説の結びでは、「自助・共助・公助」「絆」という目指す社会像と、信頼される政府を目指すために、行政の縦割りや既得権益、悪しき前例主義を打破して規制改革を全力で進め、「国民のために働く内閣」として改革を実現していく決意が語られた。G1経営者会議2020の貴重講演では、第九十九代内閣総理大臣に就任された菅義偉氏を迎え、竹中平蔵氏が、コロナ対策の見通し、成長戦略の重要ポイント、デジタル庁の創設、来年の世界と日本成長戦略の展望を聞く(肩書きは2020年11月23日登壇当時のもの)。

RELATED CONTENTS