サービス産業はどこに向かっていくのか?~佐山展生×嶋田光敏×牧浦真司×松本恭攝×玉塚元一

視聴時間 01:01:20

<音声版はこちら>

 

G1経営者会議2019
第3部分科会C「サービス産業の生産性向上と組織変革」
(2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校)

サービス産業の生産性は製造業に比較すると低い業種が多い。サービス産業は、「同時性・同場性」「労働集約的」「商品の無形性」といった制約条件はあるにせよ、GDPの7割を占めるサービス産業全体の労働生産性の向上は、日本経済の成長の鍵であり大きなインパクトをもたらす。テクノロジーの活用や働き方の変化が求められる中で、企業は人手不足を変革のチャンスと捉え、どのように向き合っていくかを議論する(肩書きは2019年10月27日登壇当時のもの)。

 

※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

RELATED CONTENTS