【水野学】会社は「作品」であるべき!そうでないと簡単に見破られる 視聴時間 00:58

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水野氏は、会社は「作品」であるべきと言う。会社が自分の結晶であり作品であると思えば、そこに「機能的デザイン」も「装飾的デザイン」も兼ね備えているのは当然のことであり、そうでないとその会社は簡単に見破られてしまうと語る。2018年7月に開催されたあすか会議2018「競争優位を生み出すデザイン×クリエイティビティ」ダイジェスト版Part4/6(肩書は2018年7月7日登壇当時のもの)。

動画のフルバージョンはこちら
 

※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

関連記事

名言

PAGE
TOP