九州発クリエイティブを生み出す人たちの「デザイン」とは~下川一哉×田川欣哉×水野学×井上英明 視聴時間 59:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1九州2017
第4部分科会「九州のクリエイティビティ~デザインが高める九州の総合力~」
(2017年10月15日開催/ハウステンボス)

関連商品の年間売上が1280億円を突破した熊本県のPRキャラクター「くまモン」は、震災からの復興を後押しし、熊本の広告塔として国内外で広く親しまれている。JR九州が手掛ける豪華寝台列車「ななつ星」は、全国から乗客が殺到している。人の感性に訴えかけるデザインは、国内での地域間競争や人口減少問題など、答えの無い問いに直面している地方に新たな活路を提示している。地域の総合力を高めるために、デザインが果たす役割とは何か。九州ゆかりの先駆者たちと考える。(肩書きは2017年10月15日登壇当時のもの)。

※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

名言

PAGE
TOP