スポーツ×Web3でお金のあり方を変える~琉球アスティーダの奇跡~早川周作氏(琉球アスティーダスポーツクラブ 代表取締役)

視聴時間 01:08:23

グロービス経営大学院 セミナー
「スポーツ×Web3でお金のあり方を変える~琉球アスティーダの奇跡~」
 (2022年11月21日/Zoomオンライン)

現在、張本智和選手、吉村真晴選手らのオリンピアンを擁する「琉球アスティーダ」は、初年度最下位からわずか3年で卓球のプロリーグ・Tリーグを制し、日本一を獲得。オーナーである早川氏は「スポーツにお金が集まらない」という常識を変え、スポーツ業界に新たなお金の循環をつくるべく起業を決意。2019年には、株式投資型クラウドファンディングで資金調達を実施。2021年には、琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社が、プロスポーツ運営会社として国内史上初のTOKYO PRO Market への上場を果たし、プロスポーツの世界に革命をもたらした。

昨年には欧州を中心とした海外の主要なプロスポーツチームに幅広く展開されている*クラブトークン「アスティーダトークン」の発行を開始。選手とファンの関係性を強めたスポーツ×Web3の新しい『応援=支援』のカタチを創出し、サステナブルなチーム運営を目指すなど挑戦は続いている。

「弱っている地域を助け、その地域に光を当てる」ことを志し、一貫してお金のあり方を変えてきた早川氏がスポーツ業界にどのような可能性を見出し、いかにしてスポーツにお金が循環する仕組みをつくってきたのか。これからのスポーツビジネスの展望や、実現していきたい世界について伺う。(肩書等は2022年11月21日開催当時のもの)

 

*クラブトークンとは・・・ ブロックチェーン技術を利用しプロスポーツチームへの応援の「しるし」や「証」の役割を果たす独自通貨。オンライン上でのファンサービス・クラブ応援ツールとして注目されており、欧州を中心とした海外ではFC バルセロナやユヴェントス FC など、主要なプロスポーツチームに既に幅広く展開されている。

RELATED CONTENTS