樋渡啓祐・武雄市長 13の名言/特別セミナー「世界最先端のリーダーシップ 〜沸騰!武雄市図書館の事例から〜」より

30541

●名言1

“人と人が補い合うから、チームでやるから成し遂げられることもある。みんなの力を合わせていけば誰もがリーダーになれる”

—市の図書館を作った若い女性スタッフが3日がかり仕上げてくれた感動のムービーを観て

●名言2

“これからはTPPではなくTTP。つまり、徹底的にパクる”

—居心地の良さを某大手家電店から学び、代官山蔦屋書店から武雄市図書館のヒントを得たという話題から

●名言3

“名刺は渡す前の5秒が大事”

—増田宗昭CCC社長兼CEOとの出会いの瞬間を振り返って

●名言4

“コツコツやっている人にはそれぞれのストーリーがあります。リーダー、上司はコツコツやっている部下のために環境を作ってあげるのが仕事です。それがうまくいけば、ストーリーが重なってヒストリーになっていきますから”

—リーダー論、組織論について

●名言5

“「ほうれんそう」を禁止しました。現場で決めてほしい、何かあったら責任は取ると話しています。「決定権のおすそ分け」とも呼んでいます”

—スピード感が失われないようにするために。ただし悪い情報は早めにキャッチ

●名言6

“やる気のスイッチを無理に押しちゃダメです”

—無理してやる気を出せば反動が来る。燃え尽きるなというメッセージ

●名言7

“心に教養、無駄という水を貯めていくことが糧になります”

—大きな感動を呼ぶ仕事の源泉

●名言8

“皇国の興廃、この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ”

—好きな言葉はと問われて。一つひとつに真剣に取り組む

(注:作戦参謀・秋山真之が日露戦争でロシア・バルチック艦隊との日本海海戦にあたり、全軍の士気を鼓舞するためにZ旗を掲げ打電した名言)

●名言9

“逆風は体の向きを変えれば順風になるわけです。だから、批判されて逆風を受けるのも悪くありません”

—批判を受けた時の受け止め方について。批判を恐れていては何もできない

●名言10

“最大の武器は笑いです。笑われてもいいと思います”

—リーダーに必要な資質とは?

●名言11

“迷ったときは困難な道を選んだ方がいい”

—後悔したことはないかと問われて

●名言12

“挫折を経験しているかです”

—実行力がある政治家の共通点は?

●名言13

“完成力よりも修正力”

—いつも準備不足。まずやってみる。失敗したら修正する。それでいいのだ

講演後に樋渡氏の近著『沸騰!図書館100万人が訪れた驚きのハコモノ』(KADOKAWA/角川書店刊)のサイン会も行われた。

RELATED CONTENTS