キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

デジタル時代に必要な資格「ITパスポート」 (ソフトウェア開発管理技術編)

  • 0h 6m (2sections)
  • テクノベート (テクノロジーとイノベーション)
  • 実践知

このコースについて

このシリーズでは、2023年にグロービス学び放題スタッフがITパスポート受験・合格した経験をもとに、資格の受験対策を学ぶことができます。
ソフトウェア開発管理技術編では、ソフトウェア開発モデルの手法とその目的を具体的にご紹介します。試験対策やビジネスの理解にお役立てください。

「ITパスポート」とは、ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。
試験では、AI・ビッグデータ・IoTなどの新しい技術や、アジャイルなど新しい手法の概要に関する知識をはじめ、経営戦略・マーケティング・財務・法務などの経営全般の知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識が問われます。
ITを正しく理解し、ビジネスで効果的にITを利活用できる“IT力”を身につけましょう。
※試験対策は2023年1月時点

コース内容

  • オープニング
  • ソフトウェア開発モデルの種類と目的

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • tasdevi-ace

    経営・経営企画

    時代の変化やグロ-バリぜ-ションを踏まえると、より柔軟なアジャイル開発が求められる事が理解できた。

    2023-10-27
  • kuta_41

    IT・WEB・エンジニア

    ITパスポート試験の対策ができ、実際の実務に生かすことが出来そうである。

    2023-07-17
  • hidetls

    経理・財務

    変化が早い現代ではアジャイル開発が大切だと認識した。

    2023-07-31
  • susunono2000

    金融・不動産 関連職

    ウォーターフォールは、日本らしい手法であると感じました。一方で今後世界標準についていくには、アジャイル開発を積極的に取り入れていく必要があると思いました。

    2024-01-16
  • hanapiku

    その他

    システム開発に携わる際はスピードが求められるのか等の諸条件を確認し、ウォーター方式を選ぶか、アジャイル方式を選ぶか検討したい。

    2024-03-28
  • tmatsubara

    営業

    開発手法についてアジャイルが今後の主流になりつつあると感じた。

    2024-03-08
  • 2shi6ra

    販売・サービス・事務

    ウォーターフォール方式の開発にビジネス側として関わっているが、他にも手法があることが勉強になりました。

    2024-01-21
  • be-3

    経営・経営企画

    当社はアジャイル型の開発が増えている。

    2024-01-11
  • nisshiiz

    資材・購買・物流

    ウォーターフォールのような始まりから終わりまで一気に開発を進めていく場合、リリースしてからユーザーが求めているもの違っていては、修正は困難とされる為、アジャイルのような都度、開発、動作確認を繰り返した方が逐一軌道修正する事が出来るので、ユーザーの希望通りに完成形へ持っていけると思った。

    2024-07-16
  • wanderer

    販売・サービス・事務

    ソフトウエア開発管理の手法について少し分かりました。

    2024-03-02
  • taka910225

    販売・サービス・事務

    プログラムの作成方法が複数あることを理解できた。その工程の使い分けについても良く理解できた。

    2024-05-20
  • beatbrothers

    その他

    当社でもアジャイル開発を行っていますが、ウオーターフォールモデルは知りませんでした。

    2024-01-24
  • naomin_cocoa

    その他

    もう少し詳細を勉強してから活用を考えたい
               

    2023-10-28
  • yuyo0511

    営業

    良く理解出来ました。

    2024-03-21
  • ha2

    人事・労務・法務

    アジャイル開発で顧客に対してより早く提供と改善ができると感じた

    2024-05-01
  • nkm1969

    人事・労務・法務

    ソフトウェアの開発手法がたくさんあることを初めて知りました。

    2023-11-07
  • h_yamamo

    営業

    ソフトウエアの開発上の課題、問題点、解決方法が理解できた。

    2024-01-29
  • kuma1226

    販売・サービス・事務

    ソフトウエア開発管理の手法について少し分かりました。

    2024-05-23
  • w431360

    その他

    アジャイル開発の説明で思ったのですが、アジャストとの違いが分かりません。

    2023-10-30
  • kuro77

    営業

    大変参考になりました。

    2023-11-03
  • 1121

    販売・サービス・事務

    いろんな開発があるのに驚いた

    2023-10-30
  • y-2515

    クリエイティブ

    開発部がどのように業務を進めているか知ることができた。エクストリームプログラミングについては知らなかったが、テスト駆動開発など19のプラクティスについて調べてみようと思う。

    2024-02-12
  • yu0917

    販売・サービス・事務

    DevOps …開発者と運用者が連携してシステム開発する。

    2023-11-27
  • qplazm

    メーカー技術・研究・開発

    システム開発にいくつかのタイプがあることがわかりました。

    2024-06-09
  • w311417

    営業

    ぜひ活用したいです。

    2024-02-22
  • w312751

    経営・経営企画

    システム開発を柔軟に進める手法について学びました
    この考え方は他の業務にも応用できると考えます

    2024-01-04
  • munehira

    人事・労務・法務

    ペアコーディング
    リファクタリング など、最新のコーディング手法について、知ることができた。

    2023-07-30
  • atsushi-kuroda

    営業

    最近はスピードと柔軟な対応の為、アジャイル開発が求めらるようになってきていることを理解できた

    2023-12-09
  • tomoya-take

    経理・財務

    開発に関する知識が得られた。

    2024-03-30
  • d8m2

    金融・不動産 関連職

    アジャイル開発は良きですね

    2024-03-12
  • iwata_ji

    営業

    開発手法につき、ウォーターフォール開発とアジャイル開発があることを知り、また、時代の流れから、より柔軟に変更を加えていけるアジャイル開発が求められていることがわかった。開発の内容について細かいことは理解できていないが、色々な手法を駆使して開発する仕組みがあることを学んだ。

    2024-03-20
  • jintan-papa

    営業

    時代の変化の速さに即したアジャイル開発の考え方を学んだ。

    2023-10-18
  • umezawa-genta

    建設・土木 関連職

    アジャイル開発は、少し形を変えたら、提案書を作る時などに活用できそう。

    2024-06-19
  • 312741

    金融・不動産 関連職

    引き続き集中して学んでいきたいと思います。

    2024-03-14
  • eric917

    経営・経営企画

    引き続き前向きに勉強していきます。

    2024-03-24
  • t_neee

    その他

    アジャイル開発というのを初めて学んだ

    2024-01-27
  • hr-sakai

    その他

    AIがどんなに発達してもプログラミングは人が作る。どうしてもバグが出てします。急がば回れで丁寧に時間をかけて作った方がミスが防げる。

    2024-01-28
  • hirose-tomoki

    経理・財務

    難しかったですが、役に立つ内容でした。

    2024-04-21
  • marimo_nishi

    金融・不動産 関連職

    開発手法がなんとなくわかった

    2024-05-20
  • n_71023

    販売・サービス・事務

    開発と運用について少し理解出きました。

    2024-02-22
  • takedaya

    その他

    非常に参考になりました。

    2023-10-20
  • kazushi-doi

    その他

    ソフトウェアの開発も、現在はアジャイル開発の方が適していることが分かりました。またソフトウェアの開発手法もいろいろあることえお知りました。

    2023-12-07
  • ryukakusan

    金融・不動産 関連職

    難しくなってきました

    2024-02-27
  • w352237

    専門職

    分かりやすく学びました。

    2023-10-23
  • yu_16_i

    メーカー技術・研究・開発

    ウォーターフォールとアジャイル開発のメリット・デメリット、リファクタリングやXPなど具体的な手法についての理解が深まった

    2023-09-18
  • 0223matsumoto

    経営・経営企画

    当社では、アジャイル開発がウォーターフォール開発に比べて主流となっているような気がします。アジャイルは柔軟性が高く、変更に対応しやすいため、迅速なプロトタイピングや小規模なリリースを行いながら、プロジェクトを進めることができます。また、ステークホルダーとの連携やフィードバックを重視し、顧客の要求に適応することが得意なので、現場で威力発揮できます。最近では開発が簡単にはじめられるノーコードローコード開発アプリも多く出ているため、社内で使用を推進しています。ただし基幹システムはウォーターフォールが採用しています。

    2023-10-23
  • youhei-okabe

    経理・財務

    開発に掛けられているニーズが日々変化していることがよくわかった

    2024-02-22
  • ueura

    経営・経営企画

    目的や用途に合ったプロセスで製品化していく、その選択肢が様々あると理解しました

    2024-06-01
  • kentoda

    メーカー技術・研究・開発

    アジャイル開発を本当にできるか心配

    2024-04-05
  • w-ken

    建設・土木 関連職

    市場の反応で柔軟に改修するアジャイル開発は今の世の中でスピード感を持って取り組む必要があるだろう。

    2023-10-09
  • _mini_

    その他

    勉強になりました、参考にさせて頂きます!

    2024-04-01
  • 451225

    経理・財務

    プログラミングには、様々なプロセスがあり、多様な方法があるのだと判明した。

    2023-11-30
  • r_smjm

    その他

    システム開発の場におけるペアプログラミングは、通常業務においても、初心者と熟練者がペアを組んで業務を遂行する方法は、メリットがあると思います。

    2024-02-19
  • w463336

    その他

    開発する際も時代の変化に対応しながら、柔軟さが求められるのですね

    2024-03-03
  • matsu_8204

    販売・サービス・事務

    当社の開発担当がどの手法で対応しているのか知らないので、機会があれば確認してみたいと思います。

    2024-06-29
  • yutaka_kanagawa

    専門職

    新しい用語のみであった。受講テキストで振返る

    2024-01-25
  • darabuchi

    営業

    ウォーターフォールモデル<アジャイルモデル
    DevOps
    XP/テスト駆動開発、ベアプログラミング、リファクタリング

    2023-10-27
  • y_sukeroku

    その他

    アジャイル開発の必要性は理解できたが、一度システムを公開するとユーザ側の第一印象が決まってしまうため、どのタイミングで公開するかは検討が必要かと感じた。

    2024-01-12
  • h-yuki1226

    販売・サービス・事務

    プログラムの作成方法が複数あることを理解できた。

    2024-06-11
  • yamasaru

    営業

    アジャイル開発は、システム開発だけでなく営業の現場でも応用すべき概念であると考える。

    2024-03-19
  • mendoukusai

    その他

    業務に活かしていきたい。

    2023-10-30
  • w173182

    その他

    なぜこのようなことを学ぶ必要があるのでしょうか?

    2023-10-30
  • mokurai

    メーカー技術・研究・開発

    システム開発の理解が深まった

    2024-06-07
  • w371361

    営業

    アジャイル開発の有効性が理解できた。

    2023-12-24
  • w373102

    その他

    ウオーターフォールとアジャイル開発の違いがよくわかりました。

    2024-03-06
  • rikonbunsai

    メーカー技術・研究・開発

    ソフトウェア開発において複数のモデルケースを選択肢として持つことが大切だと思いました。顧客の要望や開発状況に応じて最適なモデルで取り組むことによって製品の品質や顧客の満足度が向上すると思います。

    2023-11-05
  • k_yuna

    販売・サービス・事務

    大変勉強になりました。

    2023-07-20
  • th0588

    その他

    アジャイルはマストの手法だと感じました。

    2024-05-03
  • hanzawa8

    営業

    2回聞いて何となく理解出来ました。引き続き学習します。

    2023-11-20
  • nobu-matsuzawa

    金融・不動産 関連職

    様々な開発手法があることが分かった

    2023-11-02
  • msatsugi

    営業

    アジャイル開発で納入後のサービス品質も高ければ顧客満足も高そう

    2024-05-12
  • s_taiki

    IT・WEB・エンジニア

    アジャイル開発によって生み出された著名なソフトウェアの例を挙げてください

    2024-06-21
  • nsdhdo

    コンサルタント

    特に役に立つことはありません

    2024-04-27
  • ykaneko1188

    その他

    リリースまでのスビードが求められている環境下での様々な開発手法が登場したことが理解できる。

    2024-03-21
  • knak

    経営・経営企画

    ソフトウェア開発管理技術についてざっくりとだが知識を得ることができた

    2024-03-05
  • tetsu_san

    その他

    ソフトウェア開発は従来、ウォーターフォール方式がもっぱらでしたが、最近ではアジャイル開発の手法を導入するケースが増えています。しかしながら、猫も杓子もアジャイル開発が成功のカギのように扱われていますが、システムの属性によっては従来のウォーターフォールをベースに部分的にアジャイルの考え方を導入するといった対応を行った方がよい場合があります。
    いいとこどりをすれば、リリース後の柔軟なニーズの変化に対応できるようアジャイル手法を導入し、計画段階ではウォーターフォール手法で全体計画を早期に組み立て、スケジュール感をよりリアルにもって開発に取り組む方が、制約条件を先んじて把握することができるかと思います。
    システム開発は、柔軟な発想が一番のカギだと私は考えます。

    2024-05-16
  • itou-hi

    販売・サービス・事務

    ソフトウェア開発の種別が理解できました。

    2024-03-21
  • minako-

    その他

    様々な手法があるのだなと思った。

    2023-11-30
  • just_t

    販売・サービス・事務

    アジャイル手法はシステム開発の分野でも有用なのだと思った。

    2024-06-24
  • 55takashi

    販売・サービス・事務

    ソフトウェアの開発にいろいろな種類があることに驚いた。

    2023-09-12
  • 0127086tani

    その他

    アジャイル開発が重要になってくるんですね

    2024-06-14
  • arinko_123

    その他

    システム開発の必要性がよくわかりました。

    2024-01-16
  • w373093

    営業

    復習が必要と感じた。

    2024-01-03
  • kazumi2024

    専門職

    アジャイルとは?聞いたことはあったが、意味を初めて学びました。勉強になります

    2024-05-15
  • kumiko-kunisaki

    金融・不動産 関連職

    DevOpsについて、企業が必要とするシステムを正確にエンジニアと作り上げるには、この手法が有効だ。一方で、昨今の情報漏洩などの問題が気になるところである。罰則規定を強める等対策が必要だと感じた。

    2024-02-05
  • marina110407

    販売・サービス・事務

    実際の問題もあっていい感じ!もっとまじめに見たいです!

    2024-03-07
  • ayumi__i

    IT・WEB・エンジニア

    時代や現状要求を反映しながらシステム開発をする必要性がよく理解できました。

    2023-12-13
  • enalia

    マーケティング

    開発にもいろいろあり、理解できた

    2024-06-24
  • takeo_his

    メーカー技術・研究・開発

    Iパスの概要が理解できた

    2024-01-13
  • masumi007

    クリエイティブ

    vucaと言われる時代、様々な業種でウォーターフォール式よりもアジャイル開発が有益であり、さらにリファクタリングを行う事で、導入後にも対応が容易になっていくと学んだ。

    2023-12-21
  • takkahashi

    営業

    開発と運用についても少し理解出きた。

    2023-11-06
  • mimimichi

    金融・不動産 関連職

    アジャイル開発が良く理解できた。

    2024-01-25
  • imaiken

    営業

    システム管理を理解した

    2023-12-19
  • w341700

    営業

    ソフト開発の過程を勉強しました。
    取引先の多様化により様々な開発種があるのですね。

    2024-01-07
  • 441656

    その他

    初めて聞く用語もあり難し内容だった。開発にも様々な種類があることがわかった。

    2023-11-10
  • taka6969

    その他

    必要性を感じません。

    2024-01-10
  • 512177

    資材・購買・物流

    ソフトウェア開発の基礎を学習していく

    2024-03-25
  • shirozarto-

    販売・サービス・事務

    開発者と運用者の優先順位が異なるのは当然だからこそ、要件定義により目的を共有することが重要であると再認識しました。しかしながらより速く即役立つ成果物を作ることの方が長い目で見てよりよいかどうかはわからないと感じました。

    2024-07-02
  • w200089

    営業

    日常業務でプログラミングなどに関わることがないので、具体的な活用シーンのイメージはできないのですが、知識として知っておくことで何か業務上で役に立つ部分を探していきたいと思います。

    2023-12-28
  • 351450

    営業

    もっと学びたいと感じた

    2024-03-06

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。