キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

サクッとわかる!GX ~注目の次世代エネルギー・技術編~

  • 0h 8m (2sections)
  • 経営戦略
  • 初級

このコースについて

GX(グリーントランスフォーメーション)とは、環境への負荷を下げるよう経済社会システムを変革させることです。ビジネスパーソンが知っておきたいGXの概要を「サクッと」紹介します。

このコースでは、注目の次世代エネルギーや技術について解説します。

コース内容

  • 「2050年カーボンニュートラル」とは?
  • カーボンニュートラルに向けた技術

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • kozo_room

    マーケティング

    業務上は、ブランドビジョンなどでSDGsの観点を盛り込む際の基礎情報として盛り込める可能性があります。

    2023-04-25
  • kenkenqtr

    メーカー技術・研究・開発

    電気自動車が世間では騒がれているが、日本では電気を作るために二酸化炭素を排出するエネルギー構造となっている。
    水素社会が解とも思うが、コスト技術の面でまだ難しい事も理解出来た。
    知識のアップデートを継続してきたい。

    2023-04-26
  • sato_u

    建設・土木 関連職

    知識のアップデータは常に必要だと思う。
    いつの情報なのかを明確にするため、動画のアップデート日時はどこかに明記いただきたい。

    2023-06-18
  • nakahiraeiji

    金融・不動産 関連職

    いろいろな技術が出てきていることに感心したが、炭素の再利用という点において二酸化炭素の排出量がまた増えるのではないのかとの不安が残る。

    2024-01-25
  • mimitora

    メーカー技術・研究・開発

    今後の研究開発テーマ創出に役立てたいと思う

    2023-07-11
  • yo_hei

    営業

    営業現場においては、カーボンニュートラルな商品やPOPなど、直接的な訴求が必要だと感じた。
    会社として原料調達段階から徹底していく事が、エンドユーザに訴えることができるのではないかとイメージしました。

    2023-05-11
  • stomo19

    営業

    会社でも取り組んでいる内容のため、大変勉強になりました。各メーカーの新エネルギー(水素、アンモニア、CCUS)の研究開発はグリーンイノベーション基金により進んでいるのが分かります。ただ、実用化には各機器の仕様がまだまだ物足りなかったり、もっと高寿命化させないといけなかったりするので、それぞれのニーズを拾い上げてビジネスに繋げたいと思いました。

    2023-07-19
  • shotara

    その他

    動画において、CCUSとDAC技術が印象的だった。
    印象に残った点は、CCUSの利用により回収したCO2を再利用できる点、そしてDACの利用によって空気中から直接CO2を吸収できる点。
    それぞれを組み合わせることで、CO2を減らし、それを新しい価値を生み出す資源にできる、興味深い技術だと感じた。

    2023-09-27
  • koji_wada

    マーケティング

    やっぱ最終的には電気が保存しにくいってのが課題なんだよなー。その意味では、二酸化炭素を回収するとか、別の視点からのアプローチも複数チャレンジし続けるというのが大切だと思った。

    2023-10-14
  • illweeds

    営業

    水素の中にも、グレー、ブルー、グリーンの3つの水素に分けられるという構造は非常に分かりやすく、イメージが出来た。重工業界を中心に水素普及に向けた動きも進んでいるが、動向を注視していきたい。また、CCS、CCUS、DACの基本知識も今回初めて知り、これらの技術を各企業がどう活かそうとしているのかも注視していきたい。

    2023-05-04
  • d-hirayama

    経営・経営企画

    CCS、CCUSで地中に貯蔵した場合に起こり得る影響が気になりました。

    2023-10-03
  • aiko_h

    経営・経営企画

    水素、CCS、DACについて、理解できた。

    2024-01-25
  • hitkat

    専門職

    様々な技術がある事がわかりました

    2024-03-01
  • toshimasa_f

    経営・経営企画

    水素インフラを待つことしか、現在できていない。直接吸収するシステムなどへの投資も模索が必要と感じた。

    2024-06-10
  • hideyuki_0421

    営業

    業務でもSDGsについて取り組んでいる。
    如何に水素を供給できるのかが課題であり周りの環境を見て対応する必要あります。

    2023-07-17
  • ma-sa_929

    その他

    CCSについて理解ができた。

    2024-03-13
  • arakashi

    メーカー技術・研究・開発

    燃料電池普及のカギは、何か?を模索してます。参考にします。

    2023-05-11
  • seaseven

    IT・WEB・エンジニア

    日常生活で如何にして取り組んで行くかが肝要

    2024-06-20
  • mamihi

    営業

    カーボンニュートラルに向けた新技術がこんなにあることを知らなかった。新しい取り組みをしている企業の動向に関心をもっていきたい。

    2024-06-09
  • sibakazu

    営業

    水素を生成すること
    水素にも種類があること
    まだコスト面で課題が多いこと

    2024-01-25
  • takemots

    IT・WEB・エンジニア

    CCSでCO2を貯蔵するだけではなく、資源として活用する方法まで技術革新が進んでいることに驚いた。

    2023-08-17
  • y-shiraki

    販売・サービス・事務

    CO2の再利用ができるのであれば、どんどん進めていけば良いと思う。
    でも、CO2が減りすぎたら寒くならないのか?

    2024-06-15
  • t_yamags

    メーカー技術・研究・開発

    正直、現状では二酸化炭素を現実的なコストで回収・再利用できる目途は立っていない。
    二酸化炭素が生成されるのに必要なエネルギーよりも、水素を製造するエネルギーの方が大きいという、根本的な問題は、政府はどう考えているのだろう?
    単なる問題の先送りをしているように見えてならない。

    2024-06-15
  • ponponpoko

    営業

    GXに関してきちんと学んでおくことによって、担当得意先のGXへの取り組みをうまく伝えることができるメディア企画を創造できるのではないかと感じた

    2023-10-06
  • m-ohashi

    経営・経営企画

    水素利用の現状が理解できました。

    2023-06-29
  • woodyeah

    専門職

    実用化の壁が厚いが、継続的な実践が必要である。また、資料中、EROではなくEORではないか。

    2023-09-21
  • saguchi1134094

    営業

    GXは会社でも取り組んでいるため大変参考になりました。新エネルギーを更によく理解して仕事に繋げます。

    2023-10-10
  • takashi4677

    その他

    水素の価値を再認識しました。

    2024-03-20
  • andosonken

    経営・経営企画

    引き続き知識をアップデートして、より活用イメージを強く持つことが必要だと思いました。

    2023-10-28
  • yoshim888

    金融・不動産 関連職

    投稿の中でコストリーダーシップと差別化の両立、つまり価値が高いものを安く売ることが理想、という意見が多いことが興味深い。消費者から考えれば、安くて良いものが理想だが、メーカにとっては必ずしも理想ではない。
    実際の価値ではなく、製造にかかったコストをもとに価格をつけがちな日本の特徴を反映しているように感じる。

    2024-04-04
  • samami0126

    営業

    カーボンニュートラルについて
    大変参考になりました。

    2023-05-14
  • papapon

    営業

    実践的な取り組みが必要ですし、日頃から意識することが必要です。

    2024-07-14
  • yunaruipp

    IT・WEB・エンジニア

    良く理解出来たので、更なるアップデートしたい

    2023-10-13
  • avi703

    販売・サービス・事務

    エネルギーを水素に変えてCO2を削減するカーボンニュートラルという技術は地球温暖化防止に向けて非常に良い取り組みだと思いました。

    2023-08-18
  • s-eguchi

    営業

    業務を遂行する上でこのようなGXの意識を持ちながら今までやってきてませんでした。まずは意識するところから始めたいと思います。

    2024-01-29
  • ksh

    営業

    水素燃料を普及させていくには、製造、供給とインフラ整備が必要不可欠であること。それぞれの利害関係者が、目的を達成するために、できること、行うことを理解して実行することが大切である。

    2023-05-28
  • longbeach

    経営・経営企画

    カーボンニュートラルについて知識を備え、意識してCO2の削減に取組をしていくことが、目標達成につながる。個人だけでなく企業としてもエネルギーの問題をどう捉え、どのような社会貢献が可能かを考えるきっかけとなった。エネルギーの転換によりビジネスも転換する可能性があるため、より見地を深めていきたいと思った。

    2023-09-19
  • nao0903

    マーケティング

    普段耳にすることのない自然再生可能エネルギーについて学ぶことができました。

    2024-01-31
  • stelvio_mt

    経営・経営企画

    グリーン水素という単語は初めて聴いた

    2024-06-11
  • yysan1600

    営業

    水素の生成にも様々な方法と特徴があると理解できました。

    2023-05-20
  • shimoosako

    人事・労務・法務

    まだまだカーボンニュートラルの知識がないので、引き続き勉強していきます。

    2023-10-26
  • watagon123

    メーカー技術・研究・開発

    今後のビジネス展開においては、CO2排出量に着目しながら進める必要があることがわかった。

    2023-07-11
  • maru-jo

    販売・サービス・事務

    2050年までに、CO2排出量をゼロにするカーボンニュートラル社会を実現するために、企業としても、水素を原動力とするエネルギーを使用したり、二酸化炭素を再利用した製品を利用することで、世の中に二酸化炭素の再利用、水素を原動力とするエネルギーの需要を生み出していく必要がある。

    商品開発の原材料、製造工場、輸送機の原動力などと、見直せる箇所があるのかもしれない。

    2023-06-27
  • kuri__tsuka

    営業

    SDGs関連の知識を学んでおくことは重要だと感じた。水素エネルギーを普及させる上で作るだけでなくサプライチェーンやインフラが必須であり、これは他のことでも言えることなので、これからモノ単体ではなく全体像を考えていきたい。

    2023-06-01
  • ryoheinamekata

    経理・財務

    アンテナを高く常に最新技術動向をキャッチアップできるようにしていきたいと思います。

    2023-08-31
  • meg-mi

    IT・WEB・エンジニア

    GXについてサクッと理解できて良かった
    CCS、CCUS、DACといったワードは初めて聞いたので、具体的にどんな製品が開発されているのか調べようと思う。

    2023-10-08
  • n_iwamasa

    その他

    新技術の内容が分かり知識のアップデートに活用

    2023-05-10
  • w-takatoshi

    営業

    カーボンニュートラルって最近よく耳にしますが
    こういう意味で水素に関する事だと初めて知りました。

    2023-06-07
  • h_takegaku

    メーカー技術・研究・開発

    水素活用は注目されている分野なので、今後も動向を確認する

    2023-08-16
  • maruo_kazuhiro

    営業

    カーボンニュートラルの実現の方法として、これ以上便利を求めないということもあるのではないか?

    2023-06-12
  • awako

    経営・経営企画

    エネルギー企業はカーボンニュートラルを踏まえた新しいビジネスへとかじを切る必要がある。

    2023-11-19
  • _-hiro-_

    IT・WEB・エンジニア

    大量にCo2を排出している工場などは、DACの技術をいち早く取り込んで外部にCo2を出さないようにして欲しいと思った。またDACの技術を用いれば各家庭でも吸着剤などを壁などに貼りつけておけばCo2が簡単に吸着できるので、全世帯が導入すればかなり高速でCo2を回収できるのではないかと思った。

    2023-11-09
  • aqueous

    メーカー技術・研究・開発

    DACという概念は知らなかった。大気中のCO2濃度を1500年のように産業革命前の濃度にできれば、地球温暖化とは無縁の世界になるかもしれない。

    2023-12-11
  • n_naka_70

    IT・WEB・エンジニア

    カーボン再利用の手段が一番のネックと感じた。カーボン回収やカーボン化を進めて貯蔵しても、直接利用で排出したら意味がないため。

    2023-11-04
  • rdm0616

    営業

    基地局やデータセンター等の通信インフラのCN化の検討

    2023-11-13
  • fbj00897

    営業

    CN取り組みの基礎として理解できました。普及によるコスト減が課題と感じましたが政策主導が必要ですね。

    2023-11-13
  • kaotom

    営業

    水素の詳細を良く知らなかったが理解できた。
    CO2の資源様々な利用もわかり今度のカーボンニュートラルに向けて技術推進していただきたい

    2024-01-09
  • 257211

    その他

    再エネ由来のグリーン水素は、温室効果ガスの排出がゼロであるので大変魅力的であるが、そのコストが課題であると感じる。省CO2化がマストな課題であることは理解できるが、企業活動を進める以上、コスト的な課題がクリアできないと、普及にはつながらないと思う。

    2024-05-17
  • sugurutiger

    営業

    CN等の目まぐるしく変化する世の中の動きを捉えて、常にアップデートする必要があると感じました。

    2023-08-31
  • haruka_san

    販売・サービス・事務

    カーボンニュートラルの仕組みが理解でき、世界動向や業界内浸透度を会社のHPを見て確認していきます。自社HPを活用し、またお客様の目に触れる店舗や製品にカーボンニュートラル活用を降り込み、目に触れる頻度を増やすことによって、認知度を上げていきます。

    2023-12-14
  • kawakasu

    メーカー技術・研究・開発

    次世代エネルギーの開発、普及と同時にエネルギー使用量の削減が身近なところで取り組める観点になると思いました。

    2023-08-15
  • kenji1209

    メーカー技術・研究・開発

    とくにございません。

    2023-10-21
  • takchan

    専門職

    CCUSの原油回収率を増進させるのは、EROではなく、EORと言っています。

    2024-01-02
  • d-mat28

    マーケティング

    グレー水素は、生成過程にCO2を排出している水素。ブルー水素は、生成過程のCO2を再利用している水素。グリーン水素は、生成過程にCO2を全く出さない水素。

    CCSは水素を地下に貯蔵する技術。

    地下に貯蔵されたCO2はどうなるのか?

    2023-07-27
  • akayan

    経営・経営企画

    スマートシティにおいて次世代エネルギーの選定は重要かと思います。水素であれば水素スタンドの設立など、シティ設計にかかせないと考えます。

    2023-10-13
  • yujihoshi

    経営・経営企画

    経営理念にSDGsがプラスされるようになったのでこのような知識は常に最新を知りたいし、スタッフにも周知したい

    2023-12-19
  • tsubou-

    営業

    設備も必要だし中々1つの企業で対応するには難しい。

    2023-11-14
  • dn_masa

    メーカー技術・研究・開発

    DACを国や行政サポートから、世界で標準化されたり、ビジネスモデルできたらいいな

    2024-06-20
  • hiroai0828

    メーカー技術・研究・開発

    CO2削減・回収の最新技術に注視して、自社への取組や意識改革へつなげていけるとよい

    2023-07-09
  • 828752

    マーケティング

    炭素を直接集めていろいろな製品に活用することが、これほど進んでいるとは知らなかった。単に電力量を削減してもなかなか2050年の削減目標に届かないと思うので、いろいろな工夫をすすめ、消費者としてもそれを支援する意識が必要だと感じた。

    2024-07-05
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    情報をしっかりキャッチしていく必要があります。

    反れますが、この過多の時代にどうやってしっかり見極めるか、全てにおいてそうですが、マスメディア・報道の位置づけが微妙です。

    2023-04-14
  • rjt

    マーケティング

    CSV経営を意識に、カーボンニュートラル関連の事業による自社の成長へ繋げる手法があるかを考えていきたい。

    2023-11-04
  • j_san

    IT・WEB・エンジニア

    キーワードは水素ですね。エネルギーとしての可能性を認識しました。

    2024-06-21
  • hajime_n_213

    専門職

    環境に関する将来ビジョンを検討する初歩としてこのような動向を知っておくのは大切だとおもいました。

    2023-04-16
  • ymonden

    経営・経営企画

    メーカーから一次サプライヤー以降へもカーボンニュートラルへの取組についての促進が言及されております。学んだ技術に関する知識を、製造業として実施可能な内容や設備投資の検討、または参入を検討するのであればどの部分にフォーカスするかを保有設備などのリソースや技術といった点などから検討する際の視点としたい。

    2023-04-12
  • tterai1

    IT・WEB・エンジニア

    水素にも色々あるのは驚きだった

    2024-02-03
  • dogoe

    マーケティング

    ちいさなことからコツコツと。自分の生活にもカーボンニュートラルの考え方を実装していくことがビジネスへの意識を高めることにつながると考える。

    2024-01-15
  • debora

    クリエイティブ

    水素にもグレー水素、ブルー水素、グリーン水素があることを学んだ。
    ブルー水素は既存工程でのアディショナル、グリーン水素は元となる資源から異なるという点では、
    グリーン水素についての可能性をウォッチしていきたい。

    2023-10-31
  • yutaro_hara

    コンサルタント

    化石燃料から水素燃料への移管を目指していることがわかった。
    トヨタの水素エンジンへの転換戦略も理解できる。

    他方、ブルー水素の製造に際してCO2を地層に埋めるというやり方には疑問を感じた。

    2023-06-26
  • 4019717

    経営・経営企画

    GXの導入説明として、大変わかりやすい。説明の仕方の学びになった。

    2024-04-15
  • kj_shibata

    経営・経営企画

    カーボンニュートラルを実現するための基幹技術・製品を提供できる業種にあるため、技術的アプローチの種類を理解し、自社のサービスの入るスペースを見つけてみる。

    2023-07-23
  • to-yamauchi

    その他

    CO2の現在の利用可能性について認識しましたが、2050年までにCO2を0におさえるイメージがわかない。

    2024-02-01
  • tanasuke_9116

    コンサルタント

    水素エネルギーには大きな可能性があることに気が付きました。

    2023-06-11
  • kosuke-hirano

    経営・経営企画

    コストをいかに抑えるかが重要

    2024-05-08
  • li_yh

    営業

    カーボンニュートラルをもっと狭い範囲と理解していたが、技術革新とともにやれることまだまだたくさんあるなと分かりました。2050年までゼロ排出は無謀な目標ではないとはっきり分かりました。

    2023-04-14
  • tomoko_ta

    メーカー技術・研究・開発

    悪とされている二酸化炭素の利用方法について学べたが、大気中には0.04%しかないことがわかった。
    想像よりも低い濃度変化で、環境には大きな影響があることに気づいた。

    2024-04-22
  • teihisashi

    メーカー技術・研究・開発

    開発品はカーボンニュートラルを意識して開発する

    2024-06-13
  • bbbkooooo1

    金融・不動産 関連職

    2050年までに温室効果ガスを0にする。
    そのために必要なこと。
    ①水素を燃料とする。
    ②CO2を再利用(カーボンニュートラル)

    2023-05-24
  • th0588

    その他

    エネルギーの重要性を垣間見る事が理解できました。
    もっと省エネに務めたいと思いました。

    2023-04-12
  • hybrid

    クリエイティブ

    生活することにおいて最も重要な課題の一つですね。ここを解決できるよう、どんな形であれ貢献することが必要かなと思います。

    2023-04-15
  • macoki

    販売・サービス・事務

    カーボンニュートラルの知識が足りていないことを実感した。
    ニュースなどで最新情報を集めて勉強していきたい。

    2024-02-20
  • t_sato_erp

    経理・財務

    自身が持っている経営戦略のイメージとは異なっていました。

    2023-06-06
  • sakusaku_desu

    経営・経営企画

    最初は技術開発などもあり、コストがかかるもの。それを如何にしぴーど間持って商用化していくかがカギになる。

    2024-05-01
  • suguru-ichikawa

    販売・サービス・事務

    1人1人が知識を深め、理解する必要があると思います。

    2024-02-29
  • 004915

    IT・WEB・エンジニア

    水素の普及が進むために需要が必要だし供給・インフラも必要。やらないといけないことが山積していることが分かった。

    2024-02-03
  • techno

    その他

    CO2を回収削減するにはCO2を吸収してくれる植物の働きが重要だと思うので植樹活動などNPO団体の地道な活動や計画性のある土地開発などが重要になってくるように思う。資金援助や活動参加などでこのような団体を支えることが出来たらよい。

    2023-07-31
  • saya-ken

    販売・サービス・事務

    カーボンニュートラルの本質を見誤ってはいけないと感じた。敵はCO2であり、BEVを拡販する事が全てでは無い。

    2023-10-19
  • yosuke-ono

    販売・サービス・事務

    次世代エネルギーについて、勉強になりました。

    2023-11-07
  • sho_w_4440

    営業

    今後は水素が次世代エネルギーとして活用されることが理解できた。CCSとCCUSの違いも理解でき,CO2の利用方法も学ぶことができた。

    2023-07-06
  • takahiromiyadai

    その他

    子供世代に環境問題を残さないよう、自分事として日々の活動で対応していこうと感じました。

    2023-04-15

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。