キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

価値あるプロダクトの作り方(後編) ~MVPで価値を持続可能にする~

  • 0h 23m (6sections)
  • 事業開発・スタートアップ
  • 実践知

このコースについて

サービスを作る上で、「プロダクトマネージャー」「プロダクトマネジメント」という言葉がよく聞かれるようになりました。
自分の関わるサービスが本当に価値あるものなのか、また、どうしたら価値を生み出せるのか悩みながら働かれる方も多いかもしれません。
このコースでは、価値あるプロダクトの作り方とは?をリクルートの「Airレジ ハンディ」セルフオーダーのサービスローンチを事例にわかりやすく、構造化して教えていただきます。

後編となるこちらのコースでは、プロダクトをより進化させていく
・製品検証(MVP)
について学びます。

前編の「価値あるプロダクトの作り方 ~0→1フェーズのブレない価値の確かめ方~」 ”https://hodai.globis.co.jp/courses/88f1d1d7 ” では
・価値定義
・価値検証(プロトタイプ)
について詳しく触れています。合わせてご覧ください。

講師プロフィール

川崎 絢司 株式会社リクルート プロダクトデザイン室

2010年慶應義塾大学環境情報学部卒業後、株式会社ユニクロで店舗経営を経験。その後転身し福岡でUnityとKinectを使った3Dアクションゲームなどの制作ディレクションを経験後、ピーシーフェーズ株式会社にてソーシャルゲーム企画・開発ディレクションに従事。後に研究開発部にて3D深度カメラやVRを使ったサービス企画、位置情報技術を使ったインストア販促ソリューション価値検証、メーカー向けメディアの新規立ち上げに従事。

「日常生活を劇的に楽に、楽しくする」ため、リクルートに転職。小売店や飲食店向けに、リピート販促支援や業務支援サービスの価値検証を経て、飲食体験を変える「Airレジ ハンディ」セルフオーダーを立ち上げ、プロダクトマネージャーを務める。プロダクトマネージャーカンファレンス2020で登壇。
(肩書きは2021年6月撮影当時のもの)

コース内容

  • コース紹介
  • 製品検証(MVP)①製品検証とMVP
  • 製品検証(MVP)②製品検証の成果設計
  • 製品検証(MVP)③価値の3品質
  • 製品検証(MVP)④対価とLagging/ Leading Indicator
  • まとめ

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • k-torigata

    経営・経営企画

    プロダクト立ち上げだけではなく、事業そのものの立ち上げにも参考になる内容だった。

    2021-10-12
  • goro555

    経営・経営企画

    新規事業立ち上げの方法としてかなり具体的な内容でとても参考になった。不確実性を見定める、という観点は新規事業問わず、新しくプロジェクトを始める場合にも使えるフレームワークである。
    ここまで逆算しているとあまり起こらないのかもしれないが検証フェーズでNo(望んだアウトプットが得られなかった)の場合、どのようにプロジェクトを再スタートするのかも事例があれば知りたい。

    2021-10-27
  • ozawa_h

    IT・WEB・エンジニア

    プロトタイプとMVPを混雑する例を見ることがありますが、本コースでは明確に違いを説明してくれました。
    まだ、検証についての説明も分かりやすいでした。
    プロダクトオーナーとしてどのような作業が必要なのかを把握できました。今後は自分のプロダクトで試してみます。

    2022-07-15
  • llasu_ito_0502

    人事・労務・法務

    難しかった様に思います。専門用語化し過ぎている様に思いました。自分には、実践、或いは、応用出来るか、自信がありません。
    どの製品なら、この手法で行けるのか、アタマの中で考えないと、先に進めない、様に思いました。

    2022-03-16
  • koichi_0813

    金融・不動産 関連職

    価値の基準や価値の実現等、そのフローについてはこれまで別講義で学んだことがあるが、具体例を持って解説されており、随分とイメージを持ちやすい内容であった。特にMVPについては概念が難しくこれまで理解に苦しんだが、この講義を通じて大分理解することが出来た。

    2023-08-17
  • ma2022

    営業

    ・価値を生み出している源泉を絶やさない
    ・価値と対価の因果ループを定性と定量の両方の側面でロジックを得心する

    価値の3品質(阻害解消、効率化、付加価値)を分解して整理して考えるプロセスは早速実践してみたいと思った。

    2021-12-04
  • johann_streeter

    販売・サービス・事務

    よく理解ができました。『因果関係のロジックを具体的なイメージを持って説明できるまで、ヒアリングと実験を重ねる』というパートの知見についてもお伺いしたいと思いました。

    2024-02-03
  • hiro_yoshioka

    メーカー技術・研究・開発

    プロトタイプとMVPの違いを押さえておきたい。
    MVPは製品として必要な機能を最小限にすべて備えている。

    2021-11-06
  • decchan

    販売・サービス・事務

    「実証実験」と呼ばれるものが、このようなプロセスの上に成り立っていることが解った。手数は前提で、その先の検証・実証が大事だということを痛感した。

    2023-08-25
  • motsunabe630

    IT・WEB・エンジニア

    最小限を作る、の中には、機能だけでなく満足度なども含まなくてはならないと、改めて気づかされた。

    2024-02-03
  • mh03

    経営・経営企画

    価値、効果を実証できるまで検証を繰り返す点が参考になった

    2023-09-19
  • esraa_y0604

    販売・サービス・事務

    interesting

    2021-10-06
  • miwamasadesu

    金融・不動産 関連職

    価値検証とMVPの違いとステップは業務ににも適用できると思った。

    2023-10-12
  • one-on-five

    金融・不動産 関連職

    お客さまに喜ばれるサービスを意識しながら業務を遂行したい

    2023-08-16
  • haruyukipapa

    金融・不動産 関連職

    新規立ち上げの際のMVPの作り方について学べたので、ぜひ実践に活かしたいと思います。

    2023-08-27
  • vz3000

    IT・WEB・エンジニア

    プロトタイプとMVPとはしっかり境界線を付けておく必要があることが理解できました。

    2023-12-23
  • dekopin

    金融・不動産 関連職

    よく理解いたしました。

    2024-01-10
  • soubi_a

    金融・不動産 関連職

    初めて聞く用語が多くすんなりと理解はできませんが、
    新しいプロダクトをリリースするためには、ステップを踏んだ検証が重要と理解すれば良いでしょうか。

    2024-01-21
  • kei_and_suke

    専門職

    MVPの定義がよく分かりました。

    2023-12-20
  • yiida99

    販売・サービス・事務

    業務で活用可能なプロダクツを開発する際は、段階的な検証(プロトタイプ〜MVP)を経ることが理解できた。自社においても、この様なステップをしっかり踏む事が重要と感じた。

    2023-08-22
  • sobayashi62

    メーカー技術・研究・開発

    MVPの定義が具体的で参考になる。

    2022-05-29
  • marron16rinrin

    金融・不動産 関連職

    最小の対価で価値を最大化することを意識すべきと学んだ。

    2024-01-10
  • nekozuki2

    販売・サービス・事務

    難しかったです。価値と対価の因果が事実として継続するのを確かめ、継続してるかいいではなく、なぜ継続するのかを確認できたら製品化に進める。ダブルチェック、確実にいけると確認する事はとても大事だと思った。

    2023-10-25
  • __y__k__

    金融・不動産 関連職

    私はプロダクトを実際に作る部署には所属しておりませんが、プロダクト作りのサポートにもこの知識が使えるかなと思いました。

    2023-08-24
  • yone41

    営業

    今回、学んだMVPの考え方は、世の中のあらゆるプロダクトプロジェクトを成功に導く近道だと感じました。我々の業務上における顧客である投資家に対しての情報提供や、これからの金融ビジネスに不可欠なフィンテックを成功させるためにも、必要なプロセスとして参考になると思いました。

    2023-12-03
  • michiharu

    営業

    価値と対価をセットで考えること
    使い始めてもらえるか→使い続けてもらえるか→支払い続けてもらえるか  という各段階のユーザー心理を突き詰めて検証していくこと

    2023-11-17
  • katobai

    営業

    検証フェーズにおいて網羅的にリスク潰し込むよりも、価値の源泉と対価のループが継続できるのかに絶えず主眼を置き製品化を進めることが重要であると分かった。

    2023-08-24
  • ken5info

    マーケティング

    ありがとうございます。

    2024-02-13
  • h_kidani

    経営・経営企画

    製品化に向けては、納得できる根拠を得るまで粘り強く検証する必要があることが理解できた。

    2024-01-09
  • kohoshiko

    金融・不動産 関連職

    価値と対価の因果ループが成立し続けることが最も重要だと感じました。

    2023-10-16
  • atsushi0207

    金融・不動産 関連職

    実践して身につけたい

    2024-02-20
  • asuminduck

    金融・不動産 関連職

    デジタル化ツールを提供することで他の大事な仕事に手を回せるのは価値があると思い、引き続き取り組みます。

    2024-01-18
  • yusuke012

    営業

    価値のあるプロダクトを作った後の持続性の大切さ・その手段を再認識し、実務などで活用していきたいです。

    2023-09-29
  • jack11

    IT・WEB・エンジニア

    目的、課題を洗い出し解決していく手法が非常にクリアでわかりやすく すぐに使える気付きがたくさんあった

    2024-02-19
  • torumuna3

    金融・不動産 関連職

    MVPは、システム開発におけるUATにも近いアプローチだと思いました。裏を返せば、MVPはいわば、通常のシステム開発における要件定義そのものの妥当性を検証する行為に近いものだと感じました。要件定義の精度がひくいものですと、作ってはみたものの、結果として目的に適ったものでは無かったというようなケースも充分あり得ますので、MVPのアプローチ・視点を参考にしていきたいです。

    2023-10-07
  • machikun

    その他

    具体的な事例に基づいておりとてもわかり易かったです。

    2024-02-19
  • kazu5614

    金融・不動産 関連職

    プロトタイプ、MVP、製品化のそれぞれの位置付けや実装すべき内容について理解できた。システム開発的なもののみならず、新たなことに取り組む際に活用できる考え方だと思う。

    2023-08-16
  • hashizawa_n

    営業

    価値と対価の検証、それに対する定性・定量評価を行っていくことの重要性についてとても参考になりました。

    2023-08-17
  • takahiro_sh

    金融・不動産 関連職

    プロトタイプとMVPとの違いを認識し、新規事業立ち上げに役立てたい。

    2023-10-25
  • 512177

    資材・購買・物流

    価値の表現は、非常に重要であり、MVPの考え方は有効

    2023-12-28
  • numeji

    IT・WEB・エンジニア

    他のコースより新しく知ることが多く参考になった

    2023-08-15
  • takuyamakuta

    経営・経営企画

    商品企画する部署になった時にかつようします

    2024-01-10
  • kazuya04

    営業

    プロトタイプとMVPの違いがよくわかりました。プロジェクトの検証方法・フレームワークも理解できましたので、今後、新規プロジェクトを始める際の参考にしたいと思います。

    2023-10-20
  • m_iii

    経営・経営企画

    価値の源泉を見極めるために、ユーザストーリーを適切に把握することも大事だと思いました。

    2024-01-15
  • aoking1976

    マーケティング

    価値の源泉と対価を吟味する。

    2024-01-20
  • reiko_n_i

    専門職

    課題整理、価値・対価定義等、どんな仕事にもつながる考え方だと思いました

    2023-12-22
  • ippoippo

    メーカー技術・研究・開発

    検証前に何の価値がどのレベルになるのかを設定することが検証プロセスで必要と学びました。

    2022-06-19
  • ryusho1118

    経営・経営企画

    プロダクトやサービスの検証方法について学ぶことが出来て良かった。

    2023-08-31
  • akira_1504

    IT・WEB・エンジニア

    MVPをうまくやることが大事。

    2024-01-26
  • makuro

    その他

    MVPの定義、価値と対価のループを設計し、それに応じた検証をすることで、さらなる問題点や計測ポイントが明確となり、MVPフェーズをロジカルにマネジメントできると思いました。例えばIoT機器の導入はコストが顧客のネックとなります。一方で導入したとしても、対価の源泉(価値)が顧客自身も不明確なため、顧客側で投資対効果が見いだせずにPoCで止まってしまいます。故に、顧客側のコスト構造がある程度把握できていないと成立しないことも課題となっています。顧客側の現在のロスが顕在化していない場合(顧客の意識がない場合)は、価値のループは起こりにくいのでしょうか。

    2024-01-15
  • yasbon

    IT・WEB・エンジニア

    アジャイル開発との違いに触れていると良かった

    2024-01-19
  • shigah

    販売・サービス・事務

    価値と対価。新たな価値創造に活かしていきます

    2024-02-24
  • iijimakouhei

    販売・サービス・事務

    日頃、飲食店でオーダーしているシステムが、本当に良く思考され提供されているかが、完全ではありませんが、学習出来ました。

    2024-01-09
  • goldjourney

    金融・不動産 関連職

    作り込みすぎず、望むものと適しているか判断しながら進める

    2024-01-09
  • jinner

    販売・サービス・事務

    課題整理から製品検証までのプロセスが必要だと感じました。

    2024-02-09
  • tiger0123

    IT・WEB・エンジニア

    価値を持続可能にする、小さい事からコツコツと、最小限を見極める

    2023-11-21
  • latak

    営業

    考えなければいけないことが多く、自分には不慣れな領域でもあったため、難易度が高めでした。しかし分かり易い例題だった為、このケースについては何とか理解出来ました。

    2023-07-23
  • ayaminarita

    その他

    MVPで新しい様々なサービスが生まれプロセスが理解できた

    2024-01-27
  • tatsuy0817

    金融・不動産 関連職

    業務に活用できそうな知識を学ぶことができ非常に有意義だった

    2023-12-11
  • shin_shin_shin

    コンサルタント

    MVP実施時における目標指標、検証指標の考え方。

    2022-03-10
  • naoki_shiga

    IT・WEB・エンジニア

    業務改善を行う際、本当に利用価値のあるものになるのかを段階的に確認していくために、何をどのようにチェックしていけば良いか、視点を定めていくことができそう。それにより、より良い改善が期待できそう。

    2023-12-23
  • hanabuchi

    経営・経営企画

    MVPに求める機能水準が思った以上に軽微なもので、立ち上げに要する時間を極力短縮する意思が具現化されており、感心した。

    2024-01-22
  • b8835438

    金融・不動産 関連職

    対顧の契約業務の効率化を図るため、業務フローの変更を検討
    課題の明確化や採用事項の仮説検証、満たしたい要素の選定の仕方などにも応用可能と思った。

    2024-02-06
  • izumi1103

    金融・不動産 関連職

    MVPという言葉は初めて聞きましたが、アジャイルな考え方(不完全や最小限なものでスピードをはやく)と似ているなと感じました。

    2023-12-22
  • gdemo230919

    金融・不動産 関連職

    その通りだと思うが、海外版事例の模倣とも感じる。

    2023-09-19
  • bisko1123

    営業

    提案書の作成、営業セールスに活用できそう

    2023-12-09
  • 06552355

    金融・不動産 関連職

    2024年1月28日(日)

    2024-01-28
  • bara1005

    営業

    MVPの考え方、活用方法は実務に応用できると思った。

    2023-12-12
  • bazinga

    営業

    価値と対価の因果ループの考え方を頭に入れた上で営業活動を見直したい。

    2024-01-24
  • tc_takuro

    経理・財務

    MVPの事例をみて、課題解決できる最小限の機能でまずはやってみるということが重要であることが分かった。

    2024-02-08
  • sknesh

    金融・不動産 関連職

    MVPの定義は、一見簡単そうだが、実際の現場で決めるとなると、結構難しい。その判断の参考にしたいと思う。

    2023-02-10
  • masanori358

    コンサルタント

    サービスや製品を市場に送り出す企画検討は昔からされているだろうが、経験や勘に基づく進め方が一般的だと思っていた。それに対し動画では、体系化されている理論に則り実検討を進めている。これが本来のやり方なのかと感心した。まずは理論を覚えることが最初であると感じた。

    2024-01-18
  • 39fry

    マーケティング

    どのようにしたら実業務に活かせるか学んでいく

    2024-01-24
  • takagi-shinya

    IT・WEB・エンジニア

    MVPという考え方は、システム開発んぉアジャイル開発と似た概念と感じた。活用できそうに感じた。

    2023-12-23
  • hide-ama

    メーカー技術・研究・開発

    何かのツールを構築する場合、自分の頭だけで考えて、いいと思ったものを全て実装してしまいがちだが、過剰な機能やムダな機能を省くためにも、MVPのステップは重要であると感じました。

    2023-11-09
  • misogai

    営業

    プロダクトによる定量、定性と見えるようにして判断することを改めて必要と感じました

    2023-05-24
  • raora01

    その他

    新規プロダクト開発以外にも、事業撤退検討のインジケーターをあらかじめ設定するのも有用と感じました

    2023-12-22
  • seiyaakahori

    IT・WEB・エンジニア

    MVPを意識することの重要性をりかいできた

    2023-09-30
  • rugus

    金融・不動産 関連職

    難しい単語が多かったですが、具体例を提示しながら説明してくれたので、理解が進みました。

    2024-01-10
  • y91

    その他

    時点時点で要求される水準を踏まえて行動することで、余計なコストを払わずに済む

    2023-09-28
  • ryousan

    営業

    課題と対応方法しっかり検証する必要を認識しました。

    2023-09-29
  • ogawa19731231

    販売・サービス・事務

    取り掛かっている事業でも活用できるプロセスである。1価値・対価定義2プロトタイプ3MVPの手法を身に付けると効果的に業務を進められる。

    2022-08-13
  • takaakik

    IT・WEB・エンジニア

    もう何年もこの領域で仕事をしているので身に沁みました。麻生要一さんの新規事業の実践論や、田所雅之さんの起業の科学でも語られている新規事業の方法論がコンパクトにまとまっていました。わかりやすい。


    ・価値定義
      →価値と対価が見合った時、交換される
       価値と対価の因果ループと源泉
       価値の源泉の確かさを検証する
    ・価値検証(プロトタイプ)
      →価値検証の成果設計
        判断したいこととわかりたいことを設計
        つまり、判断できるアウトプットを明確に定義
       初期に致命的な不確実性を確かめる
        不確実性マップ(やる/やらの次に実現性)
        ・価値(価値を実感できるか)
        ・Usability(使ってくれるか)
       ハイファイプロト(High Fidelity=高忠実度)
        価値の源泉以外はハリボテ
    ・製品検証(MVP)
      →MVP (Minimum Viable Product)
        プロトタイプでは業務を回せないので売れない
        フルスペックに作るとコストとリスクが大きくなる
        MVPは売れる必要最小限の製品
       製品検証の成果設計
        判断したいことは何か
        ・事業貢献可能か
        ・最低限回収可能か
        AARRR(海賊指標)
         使い始めてもらえるか
         使い続けてもらえるか
         支払ってもらえるか
       価値の3つの品質
        ①価値と対価の因果ループが止まる阻害を解消
         →MVPで最も検証したいこと
        ②効率化
         →より最小の対価で価値を生む
        ③付加価値
         →対価を支払い、得られる価値を増やす
        ①②③のフェーズを分けて製品を作る
       MVPから製品版への移行
        ・水漏れを予見する
        ・拡販タイミングを判断する

    2022-03-12
  • kmti

    営業

    参考になりました。プロトタイプとは異なり、必要最小限の動くモノを提供すると言う事を理解した。

    2021-11-29
  • y_ok

    経営・経営企画

    事業内容が異なり、そのまま導入するものではないが、考え方として知っておくことは非常に有益であった。

    2024-01-19
  • kasuken

    メーカー技術・研究・開発

    価値が市場で持続可能であることを証明するために本講義のMVPの手法が有効であると感じた。

    2021-10-31
  • kanata1013

    人事・労務・法務

    難しい。価値と対価は確かに概念として理解できるが、人件費削減や効率化等は、実際に数字を当てはめてみないと判らないが、効率化を数字かすることが可能なのかと思うところもある。ただ、むやみやたらに製品化し、ローンチするのではなく、検証したうえで(価値を)使ってもらえて、(価値を)使い続けてもらえて、(対価を)支払い続けてもらえるかどうかは、事業上のロスを産まない、大きくしないための重要なポイントであることは理解できたと思う。

    2023-08-02
  • sugeno28

    経営・経営企画

    価値と対価がループし続けるMVPの検証は、業務に活かしたい。時に過剰品質を求め過ぎることもあるので、コストも踏まえた検討に留意したい。

    2023-11-21
  • akkynorinori

    金融・不動産 関連職

    枝葉末節にとらわれず、本質的に重要な事柄を見極められるようになりたいと思う。説明するとシンプルだが、ここまで昇華させるのは大変だったのではないかと思った。

    2023-10-25
  • masashi-suzuki

    コンサルタント

    プロダクト立ち上げだけではなく、事業そのものの立ち上げにも参考になる内容だった。

    2024-01-05
  • kobayashi_yasu

    営業

    プロジェクト管理のノウハウが少しわかりました。

    2023-09-10
  • lapreuve

    営業

    どの段階で製品化するのか、見極めるために様々な検証がされているのが興味深かった。実際にairレジを利用したことがあるので、開発の過程を知ることが出来て感動した。

    2024-01-18
  • sammy393

    その他

    導入と検証については具体的な事例を挙げながら説明がありましたが、MVPの水準や検証ポイントの設定などはなかなかイメージしづらいと思いました。

    2023-12-23
  • himawari555

    人事・労務・法務

    プロセスのポイント理解に留まっているので、何度か視聴したい

    2023-10-01
  • nanaparu

    その他

    後編は、アジャイル開発における、プロトタイプから製品化に至るまでのチェックポイント・手法を扱った内容だった。Indicatorの設定など、なるほどという点はあったが、ここで紹介された各プロセスを、実際の自分の実務に当てはめて試してみないと身につかないだろうと思う。

    2024-01-06
  • sorariku17

    販売・サービス・事務

    必要最小限から、ユーザーの満足度を達成させるという考え方になるほどと思いました

    2024-01-14
  • taka1962

    販売・サービス・事務

    事業化できるかどうかは、収益性と継続可能性を事前に事実にもとづいて検証することが重要だとわかりました。

    2024-01-18
  • yoshionoriko

    金融・不動産 関連職

    実務に活かしていきたいと思います。

    2023-08-18
  • jglobis

    その他

    検証作業では、どうしてそのような結果になるのかの突き詰めた振り返りが重要。

    2023-08-22
  • ty0719

    マーケティング

    MVPの考え方は日常でも使えると思う。全てが揃わなくても、ある程度揃えば、まず、やってみることも大事だと思う。

    2023-12-22

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。