キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

MVP ~必要最小限の製品で、早期に製品の価値を検証をする~

  • 0h 7m (8sections)
  • 事業開発・スタートアップ
  • 初級

こんな人におすすめ

・これから新規事業開発に取り組まれる方
・新たな製品開発を任された方
・製品開発の検証方法について理解したい方

このコースについて

新しい事業や製品の価値を検証するとき、これまでは、製品を作りきった後に検証することが一般的でした。しかし昨今では、必要最小限の価値を提供する製品をつくり、早いうちに顧客の反応を得て、製品の価値を検証する方法が注目されています。
この動画では、仮説検証のための必要最小限の製品「MVP」について解説し、そのいくつかの手法について学びます。

コース内容

  • 事例①-1:新規サービスの開発を任された田中さんの相談
  • MVPの説明として、最も適切なものは?
  • MVPとは「必要最小限の製品」
  • MVPと従来の開発の比較
  • オズの魔法使い
  • スモークテスト
  • 事例①-2:田中さんのその後
  • 留意点

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

44人の振り返り

  • a_7636

    人事・労務・法務

    MVPのコースを見て、2023.7-9月期のドラマ「トリリオンゲーム」第2話を思い出しました。
    AIオンラインショップを発案→プレゼント用の商品をAIに相談しながら選べる(当初AIの部分は人力)
    →花がAIと相性がよいことが分かる→様々な機能を追加→結果大成功、というあらすじです。

    試行錯誤の部分はドラマ的ではありますが、とても参考になりました。
    ”Fake it till you make it.”というくだりも、ドラマ的ひねりはあるものの、納得です。

    MVPについてはこちら↓のコースもあわせて是非おススメしたいです。
    ①価値あるプロダクトの作り方(前編) 〜0→1フェーズのブレない価値の確かめ方〜
     【事業開発・スタートアップ】【実践知】0:25:34
      https://unlimited.globis.co.jp/ja/courses/88f1d1d7/learn/steps/38521

    ②価値あるプロダクトの作り方(後編) 〜MVPで価値を持続可能にする〜
     【事業開発・スタートアップ】【実践知】0:23:28
      https://unlimited.globis.co.jp/ja/courses/5e38271b/learn/steps/38525

    2023-11-05
  • atsudon

    その他

    ものごとの根幹となる共通事項や必要事項をしっかりと把握し、発展させることで仮設検証がしやすくなると感じた。また発展的開発にも役立つと思う。

    2023-11-13
  • ab0110

    専門職

    すべてを最初から完璧にすることが必ずしも有効とは限らない。目的をきちんともっていれば有効。

    2023-11-28
  • hidefumii

    メーカー技術・研究・開発

    研究においては、「検証したい効果が何かを絞り込み、それを確認可能な最も簡単な装置で比較実験を行い、効率的に結果を得る」というアプローチは基本で、それと同様の考え方との印象を持った。

    2023-11-27
  • tn_manabu

    営業

    ・スモールスタートという考えがあるが、今回学んだMVPはまさにその考え方と一致すると考えた。
    ・仮説検証が不十分な中で大きく投資し開発を進めることはリスクが伴うため、MVPの考えのように
    最小限の範囲で作り顧客の反応を確認していくやり方はリスクを抑えながら効果を得られる手段だと考えた
    仮に資料作成においては、まず一部を作成し、方向性を上司に確認しながら、反応を見た上で制作を進めることはMVPの考え方だと思う

    2023-11-05
  • nighthero

    メーカー技術・研究・開発

    MVP
    오즈의 마법사
    스모크법칙

    2023-12-02
  • chuppu

    マーケティング

    初めて聞く言葉であったが、いわゆるスモールスタートであり、特にコト売りでは有効だと思う

    2024-01-25
  • aqueous

    メーカー技術・研究・開発

    MVPでもある程度作りこんだものにしないと、顧客からこんな低品質なものでよくもテストしようと思ったなと反感を買い信用を失うことがある。特にゲームでありがちだ。きちんと何を明らかにしたいかをはっきりとしたうえでproductをつくることだ。

    2024-01-16
  • chokotomochi

    メーカー技術・研究・開発

    扱う製品やサービスによって MVPに用いるテスト 品がどこまでか という 切り分けが少し難しい場面もあるかと思うが、検証したい内容を念頭に 開発スパンやコストも意識しつつ行っていくことの重要性を改めて感じた。

    2023-12-13
  • inokuma2275

    営業

    水産品を扱うものとして、いつどのタイミグで水揚げされるかわからない原料に対して、MVPの考え方をもって製品開発を進めておき、最適な原料が手配できるときに即座に対応できる体制を進めておくこと点において活用できると思いました。

    2023-11-07
  • rdm0616

    営業

    仮説→改善を回すことは開発以外でも使えると思った。

    2023-11-21
  • chiisai-kiba

    人事・労務・法務

    MVPの考え方は、何も製品開発に限ったことではなく、日常業務のあちこちで活用可能であると考えられます。
    例えば、「定例会議」ひとつをとっても、一足飛びに自分が現在目指す理想の姿を描いても他の人がついてくることは困難ですし、理解にも時間がかかります。 それならば 今一番改善したい内容を1,2点に絞り、それを次回の会議で実行し、効果があったのかどうかを確認し、効果があれば採用して次の改善案を実施。思ったような効果がなければ改善の上もう一度トライの上、それでもだめなら別案で進める等とすれば、理想の会議に近づくことができます。
    当社の場合、若い人にもリーダーシップをとってもらいたいので、議事進行をつとめてもらいたいという(会議とは直接関係ありませんが)目標があります。でも、いきなりの議長どころか、会議で発言すらできない状況であれば、まず、「発言する機会を与えるインフラ」を整えることから始め、「若手でも臆せず発言できる会議」へのステップを踏むことで、会議の改善とリーダーシップへの第一歩になりました。

    2023-11-02
  • manabiwamaru

    営業

    今はスピードの時代であるので、この手法は納期、
    コスト、期待売上にも有効である。

    2023-11-17
  • eizan_1000

    IT・WEB・エンジニア

    仮説検証的に進めるのか、最初から全体を決めて進めるのか、向き不向きをしっかり考える必要あり。まだ世の中にない製品の開発には有効だと感じる。

    2024-01-01
  • kohmoripapa

    その他

    サービスを考え時の参考になりました

    2023-11-02
  • moropam

    人事・労務・法務

    新しく立ち上げようとしている事業案に過信して、最後まで完成させてから失敗することのリスクは計り知れないので、途中の段階で概要をユーザーに公開して、その反応を見ることの重要性を学ぶことができた。

    2023-11-19
  • ojr_800

    メーカー技術・研究・開発

    研究開発部署に属している為、研究と顧客ニーズとの間でテーマ設定に日々悩む所です。
    研究者としての興味とビジネス貢献のバランスを取る葛藤の日々です。

    2023-11-01
  • hill_book

    経営・経営企画

    まったく新しいコンセプトの製品を開発する際には、MVPを使用して検証してから開発を進めると効率がよくなるかと思いました。

    2024-01-12
  • miuras

    マーケティング

    大規模な開発を伴う商品開発は、時間もかかり、リターンも見込みにくいため、顧客から選ばれる・喜ばれる筋が見えてから仕組化する開発する必要を考慮して、選ばれ続けるproductをアップデートしてく試みに必要と感じました。

    2023-11-02
  • hydecky

    メーカー技術・研究・開発

    製品開発のプレ
    POCに使える

    2023-11-11
  • tetsushiojima

    営業

    廃材を活用したリサイクル品を作成する場合、完成品を用いてフィールドマーケティングを行うのではなく、廃材の特徴を紹介の上、そのリサイクル案のイメージ動画を作成の上、市場の反応を見る方法が良い。

    2023-11-02
  • hontake1202

    人事・労務・法務

    まずは、小さな製品を作り仮説検証を繰り返しながら、顧客の反応を見ていく手法。
    簡単にいうと、「とにかく、やってみる」姿勢と理解した。

    2023-11-05
  • koyaokuda

    営業

    ありがとうございますr

    2023-11-06
  • fj_nai2

    IT・WEB・エンジニア

    MVPやアジャイルは文化であり、皆に浸透させることが大事

    2024-01-04
  • matsuda_toru

    営業

    基礎的な概念を効率良く把握できた。

    2023-12-27
  • kinji0

    メーカー技術・研究・開発

    MVPとはどこまで機能を絞るのか 考えられるのか重要であると思います この機能とは自分の実現したい何か?をまず考えたい。それが分かればMVPのコンセプトも決まると思われる。

    2024-02-05
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    理解できました。
    うまく活用して行きたい。

    2023-11-02
  • koji_wada

    マーケティング

    MVPは「最小限の実行可能な製品」を市場に早期投入する戦略で用いられ、アジャイルは開発プロセスの方法論である。両者は相互に補完的な役割を果たすので、よく理解しておくことが重要。

    2023-11-14
  • masahiko-takano

    専門職

    最小限で顧客反応が見れる。時間短縮が可能。

    2024-01-10
  • mtk-office

    専門職

    MVPは万能ではなく、曖昧な仮説では無意味で、要件の既に決まっているサービスには効果検証がしにくい。

    2024-02-11
  • hasi31

    営業

    仮説検証するには、あらかじめ何をどれだけ知りたいのか明確にした上で実行する

    2024-02-20
  • btmy

    コンサルタント

    サービス開発に使えると思いました。

    2023-11-03
  • kos_izm

    マーケティング

    下記2点がキモと感じた。
    ・「最小限」をどこに設定するのか
    ・何を検証したいのかが明確になっていること

    2023-11-02
  • d_kondo_ndlc

    メーカー技術・研究・開発

    理解が深まった。
    実際に活用してみたい。

    2024-01-11
  • phorone

    専門職

    、、、、、、、、、、、

    2023-11-01
  • yosuke-y

    営業

    細かく詰めるより大枠を把握し世の動向に合っているかの確認をしながらプロジェクトを進めていきたい

    2023-12-27
  • iwatanobuaki

    建設・土木 関連職

    製品にかぎらず、様々な業務を作り上げる際にも活用できると考えられるので今後に活かしたい。

    2023-11-17
  • taka-yuya

    建設・土木 関連職

    仮設を明確に定義した上で、顧客の要望を確認する方法であり、ターゲットも明確にしなくては効果は得られないと感じた。

    2024-01-10
  • tsukamoto_s

    メーカー技術・研究・開発

    部分完成したプロダクトと、今後開発する部分を組み合わせたMVP推進方法を検討したい

    2024-01-28
  • deaimichiaki

    経営・経営企画

    よく理解できました。

    2023-12-28
  • ozawa_h

    IT・WEB・エンジニア

    アジャイル+MVPで新サービスの開発を進めています。

    2023-11-02
  • rakami1011

    メーカー技術・研究・開発

    キモになる項目と付帯項目を明確にし、まずはキモとなる項目を試す

    2023-11-09
  • land-e

    販売・サービス・事務

    施策テストを繰り返し行い価値シナリオを見つける

    2023-11-07
  • rjt

    マーケティング

    ビジネスモデルを策定後、MVPによる顧客の受容性、反応をしっかりと捉えることが新規事業成功の近道。
    検討中案件においてもPoCなども含めて、検証というステップを入れることを心掛けたい。

    2023-11-05

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。