キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

モヤモヤマネジャーのためのリベラルアーツ処方箋「視座を変えるって難しい?」

  • 0h 28m (2sections)
  • リーダーシップ
  • 実践知

このコースについて

このコンテンツは、リベラルアーツの考え方を通してマネジメントにおける理屈では解決できないモヤモヤや、言葉にできない感情に向き合う音声コンテンツです。

第1回のテーマは「視座を変えるって難しい?」
今回はグロービス講師のお二人(市瀬氏、田尻氏)に、テーマについてお散歩をしながら語っていただきました。
特に仕事においてモヤモヤを抱えているマネジャーの方々、ぜひご自身に引き寄せながらお聞きください。

講師プロフィール

市瀬 博基 グロービス講師、社会人類学博士
住友電気工業にて海外電力プロジェクト案件を担当し、人事・マーケティングマネジャーとしてシンガポール・東南アジア統括事務所に駐在。その後、英国オックスフォード大学にて文化人類学の視点から日本企業のマネジメントを研究。

現在は、対話型組織開発を中心にすえたリーダーシップ開発や組織変革に関する研修開発・コンサルティングを行うとともに、日本文化論や日本企業における組織や職場の人類学に関する教鞭を執っている。グロービスでは「人材マネジメント」「マネジメントに役立てるリベラルアーツ」クラスを担当。リベラルアーツの知見をマネジメントに活用するための方策を模索している。

経歴:
東京大学経済学部 卒業
上智大学大学比較文化専攻 修士課程修了
英オックスフォード大学 社会人類専攻 博士課程修了

論文・出版情報:
『組織変革の航海術』医学書院、2017年8月
『ビジュアル はじめてのコーチング』日経BP、2012年3月
(翻訳)ダイアナ・ホイットニー『なぜ、あのリーダーの職場は明るいのか?』日経BP、2012年11月

X(旧:Twitter): twitter.com/ichinosehiroki
LinkedIn: linkedin.com/in/hiroki-ichinose
note:note.com/ichinosehiroki

田尻 史明 グロービス講師、国立長岡技術科学大学 特任准教授
株式会社ライクアートリソーセス 代表取締役社長。商社勤務を経て、外資系金融機関の日本法人設立やベンチャー企業創業に携わる。その後、ブカレスト大学等複数の欧州の大学で教鞭を取った後帰国し、マーケティング/プロモーション会社を設立。現在国内外を拠点にマーケティング、人材開発、特許技術による環境機器メーカーなど3社を経営する。グロービスでは「組織行動とリーダーシップ」「異文化マネジメント」及び各業界の法人研修を担当。

経歴:
英国国立ウェールズ大学経営大学院 修士課程(MBA) 修了
ルーマニア国立バベシュ-ボヤイ大学大学院(後期博士課程)

論文・出版情報:
『Chid de conversatie Japonez-Roman』Polirom, 2005
『The Significance and Spread of Original Japanese Ideas』TOYOTA Technical Review, Oct, 2012
『Engineering Communications and Cultural Symbols for Corporate Rebranding - A Case Study on The Development of the ""METLIFE WAY"" in Japan, 』Studia UBB Negotia, 2019 他、多数

(肩書きは2024年3月撮影当時のもの)

コース内容

  • オープニング
  • 本編

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

16人の振り返り

  • yaji-ht

    メーカー技術・研究・開発

    自分の視座は低い(高い、低いという表現があっているかもわかりませんが)と思っており、高くするためにはどうすればよいのか悩んでいましたが、立場の違いなどで変わるし、視点が増えれば変わるとのことですし、あまり肩ひじを張る必要はないと理解しました。
    小説の中で「自分ならどうする」と考えるのは自分でもできそうなので、トレーニングとして取り組んでみたいと思います。

    2024-05-10
  • tezuoon

    IT・WEB・エンジニア

    いい感じのモヤモヤが残りました

    またお話をお聞きしたいと思いました

    2024-05-21
  • esraa_y0604

    販売・サービス・事務

    分かりやすい勉強になりました

    2024-06-03
  • ym55

    販売・サービス・事務

    持とうと思って持てるものではないという見解を聞き、肩の荷が下りる思いがしました。

    2024-04-21
  • yasu_ichi

    メーカー技術・研究・開発

    視座を高く持つのを意識して仕事をします。

    2024-06-02
  • nnn-sss

    メーカー技術・研究・開発

    久しぶりに本を読んでみようと思う。

    2024-05-11
  • e-y3964

    経理・財務

    視座を固定せず、柔軟な考えを持ちたいと思います。

    2024-07-01
  • g_takahiro

    経営・経営企画

    手段はさておき、自分以外の人の立場を想像して考えてみるというのは何においても必要なこと。自分のための仕事なんて無いのだから。
    あと小説ではなくマンガでも良くて、島耕作シリーズはビジネスに直結で参考になると思う。

    2024-07-01
  • chsugiok

    その他

    続編を先に聞いてしまってファンになったので前編も聞きに来ました。変わるときゃ変わるし変わらんときは変わらん、は笑っちゃいましたが、山の麓から山頂の景色ってわかるか?経験だよな、というあたりはとてもわかりやすかったです。仕事でもそれ以外でも、オープンな気持ちでいろいろやってみるのが良いのかもしれませんね。どこで何が繋がるかわからないし。

    2024-04-16
  • y-shiraki

    販売・サービス・事務

    視座を変えるって難しいですね。
    いろんな教養を身につけて、いろんな見方が出来るように日々、グロホーダイと日経ビジネスとその他の書籍から学んでいきます。

    2024-07-17
  • tohru3ski

    IT・WEB・エンジニア

    結局のところ、これまでの人生で体験したことや感じたことが人それぞれ違うので、
    この先の体験や感じたことで自然と視座が変わるということなのかなぁ。(他人と合うわけでもない)
    ととらえました。

    2024-07-05
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    良い刺激を頂きました。
    まだまだ可能性はあると改めて感じました。
    どこに自分の時間と労力をつぎ込むか、しっかり考えます。

    2024-04-09
  • fujitago

    その他

    うーん。
    仰ることはその通りだと思うけど、なんだかもやもや。

    2024-04-10
  • vegitaberu

    人事・労務・法務

    視座は、なかなか変えようとして変えられるものではない。むしろ、環境が変わったときに、自分の見方をどう変えることができるか、そこにかかっているような気がしました。
    すなわち、今の思い込みなど身に着けているものを、どうしなやかに、新しい環境に対応させていくか、どうかできるか、それができれば、視座を意識しなくても、自然と、自分の中に蓄積されるものだろうなと感じました。
    まずは、否定的な感情を抱いたものに対しても、ポジティブに接していけるよう意識したいと思います。

    2024-06-25
  • casval1048

    人事・労務・法務

    その時々の自分の立場で一生懸命考えることでいいのかなと思えた。

    2024-06-05
  • malef

    金融・不動産 関連職

    無理に変える必要はない、経験値をつんで物事を観る視点を増やしたい

    2024-05-21

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。