キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

モヤモヤマネジャーのためのリベラルアーツ処方箋「仕事ができる・できないって何?」

  • 0h 30m (2sections)
  • リーダーシップ
  • 実践知

このコースについて

このコンテンツは、リベラルアーツの考え方を通してマネジメントにおける理屈では解決できないモヤモヤや、言葉にできない感情に向き合う音声コンテンツです。

第2回のテーマは「仕事ができる・できないって何?」
今回はグロービス講師のお二人(市瀬氏、田尻氏)に、テーマについてお散歩をしながら語っていただきました。
特に仕事においてモヤモヤを抱えているマネジャーの方々、ぜひご自身に引き寄せながらお聞きください。

講師プロフィール

市瀬 博基 グロービス講師、社会人類学博士
住友電気工業にて海外電力プロジェクト案件を担当し、人事・マーケティングマネジャーとしてシンガポール・東南アジア統括事務所に駐在。その後、英国オックスフォード大学にて文化人類学の視点から日本企業のマネジメントを研究。

現在は、対話型組織開発を中心にすえたリーダーシップ開発や組織変革に関する研修開発・コンサルティングを行うとともに、日本文化論や日本企業における組織や職場の人類学に関する教鞭を執っている。グロービスでは「人材マネジメント」「マネジメントに役立てるリベラルアーツ」クラスを担当。リベラルアーツの知見をマネジメントに活用するための方策を模索している。

経歴:
東京大学経済学部 卒業
上智大学大学比較文化専攻 修士課程修了
英オックスフォード大学 社会人類専攻 博士課程修了

論文・出版情報:
『組織変革の航海術』医学書院、2017年8月
『ビジュアル はじめてのコーチング』日経BP、2012年3月
(翻訳)ダイアナ・ホイットニー『なぜ、あのリーダーの職場は明るいのか?』日経BP、2012年11月

X(旧:Twitter): twitter.com/ichinosehiroki
LinkedIn: linkedin.com/in/hiroki-ichinose
note:note.com/ichinosehiroki

田尻 史明 グロービス講師、国立長岡技術科学大学 特任准教授
株式会社ライクアートリソーセス 代表取締役社長。商社勤務を経て、外資系金融機関の日本法人設立やベンチャー企業創業に携わる。その後、ブカレスト大学等複数の欧州の大学で教鞭を取った後帰国し、マーケティング/プロモーション会社を設立。現在国内外を拠点にマーケティング、人材開発、特許技術による環境機器メーカーなど3社を経営する。グロービスでは「組織行動とリーダーシップ」「異文化マネジメント」及び各業界の法人研修を担当。

経歴:
英国国立ウェールズ大学経営大学院 修士課程(MBA) 修了
ルーマニア国立バベシュ-ボヤイ大学大学院(後期博士課程)

論文・出版情報:
『Chid de conversatie Japonez-Roman』Polirom, 2005
『The Significance and Spread of Original Japanese Ideas』TOYOTA Technical Review, Oct, 2012
『Engineering Communications and Cultural Symbols for Corporate Rebranding - A Case Study on The Development of the ""METLIFE WAY"" in Japan, 』Studia UBB Negotia, 2019 他、多数

(肩書きは2024年3月撮影当時のもの)

コース内容

  • オープニング
  • 本編

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

21人の振り返り

  • shikay

    メーカー技術・研究・開発

    成長もやりがいも後から感じるものだと思う。何かを始めるときにやる意味をあまりアレコレ考えると、どんどん先延ばししてしまう。時には心の赴くまま始めても良いかもしれない。自分はあまりに場当たり的に あれもやりたいし これもやりたいし で色々始めて、やればやるほど面白くなるから自分の限界はどこなのか・・・と思いながら働いている。しかし自分の周囲の人は 楽しい とか やりたい とか そういうものよりも 「ねばならない」「こうあるべき」みたいな感じが漂う。毎年従業員意識調査で成長ややりがいを聞かれるが、1年間で成長したとかやりがいを感じたとか自分自身があまりそういう実感を求めていないから、回答に困る。自分の周りの人は責任感が強く抱え込み過ぎのような感じもあるが、もうちょっと緩やかに余裕を持って過ごすために自分ができる手助けを見つけていきたい。

    2024-05-18
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    興味深く聞かせて頂きました。
    話は飛んで飛んででしたがさすがプロ、しっかりまとまってモヤモヤが倍増しました。
    そんなことを考えるってことで良いかと感じました。
    相手のある事なので、判断基準もまちまち、ただ、期待を超えたいとの思いは大切にしています。

    2024-04-09
  • yayo0324

    販売・サービス・事務

    色々な人がいるし、思うこともあるけど気にせず前向きに仕事も頑張る気持ちが出ました。

    2024-04-20
  • yajima_keisuke

    営業

    視座は重要だと思う。上司の視座が低いととにかく短期的な指示しか来ないから息詰まる。
    自分の視座が上がっても周りから?という反応をされるし、同等の話をするのに社内で目の前の自部署にいなかったりする。
    そんな中でも自分の新陳代謝を上げること、全く違う領域(違いすぎると無駄インプットのように感じるが)を学ぶことはとても重要。

    2024-07-19
  • horiyu

    営業

    最終的には視座にたどり着くのだと思いました。

    2024-04-29
  • yuchikochi

    営業

    仕事ができるというのは成型されたものではなくて、新陳代謝を繰り返せる状態を保つことだというのが興味深かったです
    自分自身が変わる準備ができている、ということだと思います 何かで、最も生き延びることができるのは最も強い者ではなくて、
    最も変われる者だというようなことを聞いたのを思い出しました。

    2024-04-23
  • ben3369

    その他

    「視座」というワードが頻出した。
    自分の目の前の仕事を近視眼的に捉えるか、一歩引いて高い”視座”をもって眺めることができるか、つまり経験を振り返って何か普遍的で展開性のあるものが得られるか、などさまざまな角度から考えられるようになること。仕事を覚えて成長していくとはそのようなことではないかと漠然と思った。

    2024-06-24
  • ogawa1980

    人事・労務・法務

    モヤモヤを抱えているメンバーに伝えたいと思います。

    2024-04-11
  • katsutoshi-ide

    営業

    仕事の結果ではなくて過程において充実感が得られる取り組みが大切である点を再認識しました。

    2024-05-08
  • snakazono

    人事・労務・法務

    仕事ができないと悩み過ぎず、仕事ができると勘違いしないバランスこそ難しい。余裕をもって自然体で、かつ常に自身をアップデート(新陳代謝)することで、自然と一緒に仕事をする周りの人に認められる、ということだと解釈しました。

    2024-05-31
  • vegitaberu

    人事・労務・法務

    あまり方ぐるしくなく、少しでも多くのことが、無意識でできることが、仕事ができるということと考えると、自分の経験から言っても、いやいややっていては、そのような状態になれないし、逆に、モチベーション高い状態でやっていれば、そうなりやすいと感じられ、妥当性があるというか、腹落ち感があるような気がしました。
    また、最近、自分が、以前よりも、モヤモヤを保ったまま、過ごすことができるようになった、むしろ、その状態が楽しく感じられるようになったようにも感じていますが、それも、ストレスなく仕事をしていくためには、必要なことかもしれないなと感じました。

    2024-06-25
  • manabo2021

    経営・経営企画

    懸命になりすぎて、周りが見えていないという状況に陥りやすいので、ゆとりを持つという発想は重要だと感じました、また、感性と人間関係との調和の中での彩は重要であるという点も今後意識していきたい点だと感じました。

    2024-04-23
  • norioshibata

    メディカル 関連職

    もやもやを愛する。宇宙が生まれ、星が生まれる…この直前がもやもや、だと捉えると、もやもやすることは何かを生み出すのに必要な過程だ、とも言えます。仕事は、困っている状態を解決したり、まだここにないものを創り出すことだったりするので、専門スキルとポータブルスキル(段取りと可愛げ)を駆使して向き合いましょう。ありがとうございました!

    2024-05-21
  • y-shiraki

    販売・サービス・事務

    ルーティン業務を他人の仕事を見て覚えて、同じようにこなして出来るようになっていく人は自分は仕事ができると思っているが、そうではない。
    ルーティンが苦手だが、変革や改善の仕組みづくりができる人も自分は仕事ができると思っているが、そうではない。
    それらが協力して相乗効果を発揮してこそ、仕事ができている状態!
    多様性を受け入れることで、他人への不満がなくなり、生き生き仕事ができるようになる。
    もっと仲間を認める必要がある。

    2024-07-18
  • simeon

    専門職

    申し訳ないが、この内容は全く、というかほっとんど入ってこなかった。話の内容が難しすぎて理解できなかった。(頭が悪いからだろう)
    私は、仕事ができる・できない、どちらかというと、仕事ができないとずーーっと認識していいる。自分は頭が悪いからダメだ、その証拠に頭がいい仕事ができる人から罵倒され(パワハラ!)続けてきた。生まれてから人生ずっと否定され続け、自己肯定感ゼロである。生きている価値がないと思っているくらい。しかし、最近おかしなことが起こっている。私は仕事ができない、会社に貢献していないはずなのに、なぜか給料が増えている。ただし、それは残業代が増えているからで、私は仕事が遅いからいつも遅くまで仕事をしている。長時間働いても成果はないわけだから、ずっと、残業時間を申告してこなかった。当たり前、それが正しいと思っていたが、最近、労基がうるさいだのなんだので、PC稼働時間を管理されるようになった。仕方なくある程度は残業つけるようになり、給料が増えてしまった。はっきり言って、申し訳ない。まさに給料泥棒だからである。
    自分が仕事ができないことから話を膨らませてしまったが、話を戻すと、給料が増えるということは、もしかして仕事ができている?とてもそうは思えないが。そんな風に思うようになった。さて、今回は話が入ってこなかった、つまり学べなかったということだが、一つだけ頭に残った。仕事ができないと思う人は、本当は出来ているのに、まだまだと考えて、事実とかけ離れているから、サポートが必要ということ。なるほど、そうなのか?ちょっと自分には理解できない。GLOBIS学び放題で、初めて学ぶことができなかった、得られたものがなかった。本当に申し訳ありません。

    2024-05-09
  • hiroki-naito

    その他

    仕事ができるというのは成型されたものではなくて、新陳代謝を繰り返せる状態を保つことだというのが興味深かったです。「自分自身が変わる準備ができている」事が重要だと感じました。

    2024-05-07
  • a-kawasaki17

    メーカー技術・研究・開発

    新陳代謝というワードが頭に残った。
    個人的には良い状態も悪い状態も含めて次にどうつなげるかを考えて行動できることが大事だと思った。

    2024-07-20
  • esraa_y0604

    販売・サービス・事務

    分かりやすい勉強になりました

    2024-06-03
  • gl0cal_d0g

    専門職

    良いことおっしゃるなあと思いつつも、モヤモヤは深まりました。

    2024-05-25
  • ryusuke_zushi

    メーカー技術・研究・開発

    成長を意識することは、非常に重要で合えることを改めて思いました。

    2024-04-17
  • chsugiok

    その他

    講師と思えないユルいトーク、「人生甘噛み」とか(笑)、肩の力を抜いて興味深く聞きました。結局仕事って人と人の繋がりですもんねぇ。考えすぎずに、気持ちはポジティブに、ぼちぼち行こうと思いました。

    2024-04-16

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。