キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

オペレーション戦略(前編)

  • 1h 20m (6sections)
  • 経営戦略
  • 中級

こんな人におすすめ

・戦略を実現するためのサプライチェーン・マネジメントやオペレーション・マネジメントについて学びたい方
・自社のオペレーション・マネジメントに問題意識を持っている方

このコースについて

どんなに素晴らしい経営戦略も適切に実行されなければ机上の空論です。競争優位性を築くためには、経営戦略を実現できる卓越したオペレーション・マネジメントが必要です。

このコースでは、在庫管理やサプライヤー選定など、オペレーション・マネジメントに必要な基本的概念を学習します。前半はボトルネック分析や生産方式など、主に自社内のオペレーション・マネジメントについて学びます。

※「オペレーション戦略」 は「前編」「後編」の2コースからなるシリーズとなります。前編を修了した方は、以下の後編も視聴ください。
・オペレーション戦略(後編)
https://hodai.globis.co.jp/courses/2b7f0d3d
 
 
☆関連情報
ビジネススキルを使ってニュースを読み解く、日経電子版の記事もぜひご覧ください。
「アップル、最適化しすぎたサプライチェーンのワナ」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46395650R20C19A6000000/?n_cid=DSPRM5277

「ワークマン躍進、安さ支える「非常識」経営」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47613350S9A720C1I00000/?n_cid=DSPRM5277

講師プロフィール

内田 圭亮 グロービス経営大学院 教員

慶應義塾大学法学部卒業
グロービス経営大学院経営研究科経営専攻修了(MBA)

アクセンチュアにて、システムならびにBPRのコンサルティングに従事。
その後、ネットベンチャーにて、全社業務の最適化を行う傍ら、他社業務提携、新規事業の立ち上げを通じ、2年間で上場を実現。
現在は、グロービスにて経営人材・組織開発プロフェッショナル部門のディレクターとして組織マネジメントに従事。また、オペレーション戦略の科目責任者を務める。経営アドバイザリー業務を担いながら、経営戦略、マーケティング、クリティカル・シンキング、リーダーシップ、オペレーション戦略、自社課題演習の講師を務める。


(監修者)細田 高道 グロービス経営大学院 教員

東京理科大学卒業
マサチューセッツ工科大学大学院修士課程修了
英国国立カーディフビジネススクール博士課程修了
学位:修士(MSc)、博士(PhD)
資格等:米国PMI認定PMP

マサチューセッツ工科大学卒業後、サプライチェーンコンサルタントとして大手企業の戦略立案及び実行支援を担当。その後、英国国立カーディフ・ビジネススクールにてPhD取得後、アカデミアへ転身。カーディフ・ビジネススクール教官を経て現在は青山学院大学教授。Harvard Business Publishing外部審査員、英国国立大学の外部審査員を務める。英国高等教育アカデミーフェロー。海外トップジャーナルにおける論文執筆及び審査員も務める。

コース内容

  • コース紹介
  • オペレーション戦略とは
  • ボトルネック
  • ガントチャート・生産方式
  • 稼働率・生産性
  • 待ち時間

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • akatsuki_89

    建設・土木 関連職

    品質はなるべく高くすべき、ボトルネックはなるべく人を投入して解消すべき、稼働率はなるべく高くすべきと考えていたが、そうとは限らず、総合的に評価して全体としてバランス良いシステムを作るべきという事が新鮮な考え方であった。無理して稼働率を上げるのではなく、ボトルネックに合わせて無理なく生産を調整する事も必要。

    2021-03-12
  • higuchi_561

    メーカー技術・研究・開発

    待ち時間の平準化は、どのように考えるのが良いのか、これが、アイデアの出しどころではあると理解はするのですが、参考事例が欲しいです。。

    2019-06-05
  • telme-tora

    メーカー技術・研究・開発

    機会損失防止の為にはただただ投資をしてキャパを増やせという要求がありますが、今回の講義を学んで、そうした考えはおかしいと感じていた部分が論理的にクリアになり、今後の設備投資の方向性が見えたように思います。

    2019-06-19
  • 167983

    営業

    Qualityを「質」ではなく「正確性」として解説をしている点が新しい気付きであった。顧客が求める質にフィットさせること(正確性)が重要であると感じた。

    2023-04-15
  • hiro_yoshioka

    メーカー技術・研究・開発

    ・全体生産性の観点では、どこがボトルネックになっているのか?を意識するうようにしたい
    ・全体を考えた上で、単工程ごとに稼働率を上げるべきかなど、QCDFのバランスを考えるようにしたい
    ・全体の方向性を考える際の大前提として、経営理念に実現が最優先である

    2021-06-21
  • saito-yoshitaka

    メーカー技術・研究・開発

    必ずしもボトルネックが悪ではなく、戦略にマッチしているかが重要となる。

    2022-04-24
  • kenfuru

    資材・購買・物流

    具体的な状況と数値で稼働率と生産性の関係が、どのように経営に影響するかを関係者に説明するのに役立ちそう。

    2022-08-27
  • jumbo_tanuki

    その他

    オペレーション戦略って言われても何もイメージできませんでしたが、ぼんやり見えてきました。非常に大事なものであることは理解できました。

    2021-10-21
  • hiromi-s

    販売・サービス・事務

    稼働率と生産性の違いが良く理解できた。また、ボトルネックを解消するかどうかの判断は経営戦略に基づいて決めるという事も印象的な話だった。ただ、実際の企業ではQ.C.D.Fは部門分けされている事が多い為、それぞれの方向性で仕事をしているのが現状ではないかと思った。

    2021-01-15
  • suya-hiro

    その他

    オペレーション戦略を考えるうえで、幅広い視野がないと、偏った考えのみで戦略を立ててしまい、結果として現実的でないオペレーション戦略となってしまう可能性が高いと思う。

    2022-08-30
  • hiroaki_kameya

    メーカー技術・研究・開発

    稼働率は上げれば上げるだけ良いと思っていたが、そうではなく経営戦略との合致が必要だと目からうろこが落ちる感覚でした。

    2022-06-16
  • eh10

    IT・WEB・エンジニア

    オペレーション戦略の基礎となる部分を知ることができた。
    まだ自分の業務でどのように活かせるかは想像が出来ていないので、後半を見ながら考えていきたい。

    2019-06-27
  • test_

    メーカー技術・研究・開発

    オペレーション戦略を実際に検討するにあたり、ボトルネックは何なのか、生産数量とコストの関係はどうなっているのか(規模の不経済となるのはどこからか)、必要な生産数量の年間での推移はどうなっているのか、、、、等々、非常に多岐にわたる内容を考慮しなければならないことを再認識した。すべての最適化が難しいからこそ、オペレーション戦略が競争優位性になりうるのだろう。

    2021-08-07
  • monkey_88

    販売・サービス・事務

    教育商材としての学びが大きい

    2019-06-13
  • yosiaki

    専門職

    省力化の手段として機械化がまず思い浮かぶが、その前にきちんとボトルネックと経営戦略に基づく目標値を理解した上で判断したい。

    2019-06-11
  • eastvalley108

    営業

    オペレーショナル・エクセレンスに貢献する4要素の整理、変動を少なくすることで待ち時間を短縮できること、ボトルネックをなくすことが最重要ではない、の3点を吸収できた。

    2019-06-23
  • raimuku

    その他

    QCDF勉強になりました。

    2021-11-25
  • firecat

    専門職

    業務設計のQCDFに活かす

    2022-01-23
  • kzhr2358301

    金融・不動産 関連職

    Q(正確性)D(スピード)C(コスト)F(柔軟性)を意識してボトルネックを探し、生産性が上がるような稼働率を実現することを学びました。

    2021-04-17
  • j-o

    コンサルタント

    事例がわかりやすく理解しやすかったです。

    2019-06-24
  • cat94900

    メーカー技術・研究・開発

    優れたポジショニング戦略であっても実行できなければ意味がない。優れたオペレーショナル戦略によって戦略は実効力を持つ。オペレーショナル戦略で重要なポイントは、正確性、コスト、スピード、柔軟性のQCDFである。

    2024-02-05
  • 0829koba

    マーケティング

    稼働率と生産性のバランスをとることが大事だと学んだ。

    2021-06-24
  • kaki_077

    メーカー技術・研究・開発

    ボトルネック、全体最適な視点を意識して業務に取り組みたい

    2022-10-14
  • sk114

    販売・サービス・事務

    オペレーション戦略において、具体的な事例など分かりやすく理解できた。特にボトルネックなど自分だけの仕事の効率化は見ているが俯瞰したとき全体の把握がないと稼働率や生産性などすべてに影響してくるものだと感じた。

    2023-12-02
  • hamada-kazuyuki

    販売・サービス・事務

    QCDF、ボトルネックは特に実務における効率化、アウトプットの最大化において有益な考え方であり、組織運営において活用を推進していく。

    2023-09-26
  • toki0125

    その他

    稼働率だけでは測れないことを肝に銘じる

    2023-11-03
  • hide_kmmr

    販売・サービス・事務

    稼働率と生産性を意識しながら生産計画を立てる。

    2022-11-11
  • pntfusr01

    営業

    ボトルネックと言う言葉は今日初めて聞きました。
    内容も分かりやすくとても勉強になりました。

    2022-08-12
  • komorisan70

    人事・労務・法務

    稼働率ばかりや部分最適だと全体のアウトプットが下がり生産性は下がる。

    工場が生産性をあげることを最優先にしなければならない。

    加工の稼働率が最適なのか検証が必要。

    2023-08-15
  • yasuyobb

    営業

    スターバックスコーヒーの第3の空間に納得し自社の店舗はお客様にとってどの様な場所にすべきか考える機会になった。

    2023-08-24
  • sho1_t777

    IT・WEB・エンジニア

    生産性という言葉が、アウトプット分のインプットで表すという事実、これを再認識できた。
    生産性を示す指標を唯一つであると誤認識して検討を進めることが多かったが、指標を変えて見てみることにより、その生産性を高めるための手段がそれぞれ存在していることに気づけ、問題解決の手段がそれだけ存在するということであり、課題解決の方法を検討するときにその候補を多く抽出することができると思う。

    2023-09-03
  • tkymhrk

    その他

    普段意識しながら取り組んでいることでした。

    2023-01-20
  • yoshi-0531

    営業

    機会損失とキャパシティコスト、平準化の重要性を日々感じている。

    2021-03-06
  • ma-s

    その他

    オペレーション戦略を考えることは重要ということを知れました。
    また模倣が難しいオペレーション戦略が他社へ競争優位性を持てる。ただしその戦略をどう練っていくのか、経営戦略とオペレーション、マーケットなど3つフィットするのが重要。またボトルネックは解消すれば良いというものでは無い、戦略の数値次第で解消する必要が無いというのは勉強になりました。ライン生産、セル生産の向き、不向きがあることは勉強になりました。稼働率も高すぎてもダメ「規模の不経済」に陥ることもある。ただし生産性は高くする必要がある。待ち時間を減らす平準化は色々な条件が重なり合うので相当に難しいと感じました。

    2023-11-09
  • shohka

    コンサルタント

    分かりやすいです。クラスを受ける前に受講して良かった。

    2020-01-16
  • yakinabe

    営業

    製造と店舗販売などで適用されるオペレーションに違いがあると感じました。
    特に店舗など顧客の来店に依存する場合においては、変動を減らす工夫など独自のノウハウが必要だと思いました。

    2023-08-03
  • ka_suzuki0916

    営業

    Qualityを「質」ではなく「正確性」として解説をしている点が新しい気付きであった。顧客が求める質にフィットさせること(正確性)が重要であると感じた。

    2023-11-22
  • umo

    営業

    様々な業務の効率化を考える中でボトルネックをはじめとても勉強になりました。
    戦略成功の鍵と肝と感じました。

    2020-06-07
  • hideyamasan

    経営・経営企画

    理屈は分かるが、実際は、そんなに単純でなく、柔軟性と遊びが無いと脆いのではないかと思います。機械に対しての効率指標であれば納得であるが、どうしても個人差のある人を相手に考えると窮屈過ぎて危ういと感じました。

    2021-04-09
  • vaxstone

    メーカー技術・研究・開発

    ボトルネックの知識はとても必要である。

    2019-09-21
  • atoda1

    営業

    営業でのオペレーション浅酌を考えてみたい。

    2022-08-07
  • y_haru

    その他

    ライン生産方式・セル生産方式をしることにより、どの生産現場はどちらの生産方式で改善すべきかに活用できる。

    2023-10-16
  • zaki

    資材・購買・物流

    参考になった。実践してみる。

    2022-12-07
  • kanasuma

    その他

    同じ生産工場であっても受注量の違いによって生産方式を変えることも重要な判断であると思います。多品種少数と同一品種大量生産では生産方式をライン生産とセル生産に分けたほうが良いと思います。
    複数人で生産活動を行う場合は、一人当たりの持ち時間の平準化を図ることが大事だと思います。

    2023-11-09
  • jokun41

    販売・サービス・事務

    ボトルネック対策で生産性が改善できそうです。 

    2021-11-30
  • naga_1022

    マーケティング

    経営戦略にフィットした形でのオペレーション戦略が重要なことを学びました。単に稼働率をあげることを考えるのではなく、経営戦略で重視することを意識して、どのオペレーショナル・エクセレンスを高めるかをよく考えた上で、オペレーション上の課題を確認して打ち手を考えていくことを実践していきたい

    2024-01-19
  • daxanan

    営業

    オペレーション戦略

    2022-12-09
  • chokora2

    建設・土木 関連職

    問題が難しかった。

    2021-04-09
  • y_sawada

    営業

    製造業でも普段の業務に落とし込んで活用できると感じた。

    2022-08-04
  • japanese_castle

    その他

    【顧客数は同じでも、変動を減らすことが重要】
    例えば、SaaSの例でも営業が顧客を1カ月に100件獲得するのは一見良いことのように見えるが、カスタマーサクセス部門は忙しくなり対応の質が落ちてしまう。
    そこで1カ月に集中して売り上げを立てるのではなく、うまく受注スピードをコントロールして、1カ月に20件を安定的に獲得したほうがカスタマーサクセス部門もムラなくお客様対応ができ、会社全体の効率もサービスの質も保つことができるのではないか、と思った。

    2021-12-09
  • sho1_t7777

    IT・WEB・エンジニア

    稼働率と生産性の見方を注意して行こうと思う。
    生産性とは、Output/Inputとなっているが、OutputとInputは自由に目的に応じて変えられるため、しっかりと何を目的にした、どんな内容であるかを見ていこうと思う。
    そうすることで、解消したい課題に対し、最適な生産性定義であることを見極め、課題に対する成果を測るKPIとして使っていこうと思う。

    2023-08-21
  • satochiangmai

    メーカー技術・研究・開発

    今回学んだ単元は、なじみのあるものであったが、復習的に聞くことで、理解が深まったと思う。部下に教えるときにもとても役立つ。

    2022-12-29
  • kenken307

    営業

    オペレーション戦略を理解し上手く活用することによって生産性を上げられる。上手く活用するには、QCDFの全体最適が必要である。稼働率は忙しさを示し規模の経済性もあるが、不経済性になることもある。一方生産性は高ければ高い方が良い。

    2023-05-30
  • taku3960

    人事・労務・法務

    ボトルネック、ガントチャートの考え方は有意義でした。

    2019-06-08
  • takatsugi_eiji

    経営・経営企画

    特になし特になし特になし

    2023-10-05
  • yohei_nagai_02

    メーカー技術・研究・開発

    トレーニングを通し、客観的に自身の業務を振り返る事ができた。業務へ反映出来る部分は取り入れたいと思う。

    2024-02-28
  • tomohiro_883

    営業

    ライン方式とセル方式があるのがわかった。何気ない仕事にもどちらかの方式で行っている。

    2022-04-15
  • tom_0023

    営業

    生産技術部門で生産工程の設計の経験があるので、そのノウハウを現職場の効率改善に活かせるよう心掛けたいと思います。

    2021-12-15
  • hirohiro33

    メーカー技術・研究・開発

    以前は生産技術部だったので、今回のワードは聴き慣れていましたが、これらのオペレーションはモノづくりだけのことではなく、飲食店でのオペレーションでもとても重要ということを再認識しました。
    つまり業務全般に関係することなので、学んだことを自分の業務に照らし今日から日々見直して改善していきます。

    2021-10-03
  • taka---suzuki

    IT・WEB・エンジニア

    ...................................

    2023-12-21
  • m_masahiko

    営業

    状況に応じてラインやセル方式を使い分けて業務を遂行することが重要。

    2024-02-19
  • kata_k

    メーカー技術・研究・開発

    当たり前のようで、見落としがちなことなので、留意していきたい。

    2022-08-05
  • k_k_k_k

    経理・財務

    待ち時間の説明で感じたことは、待ち時間は必ずしも顧客の不満にはつながらないのではと思いました。例えば、行列のできる飲食店は「行列」がある種のブランドになっていると思います。また遊園地でも待ち時間2時間等待つときがあるが、行列に並んで待ったからこそ、満足感が高まるケースもあるのではと思います。回転率を考えると待ち時間は無いに越したことは無いですが、行列が宣伝効果につながることもあるので、総合的に見て考える必要があると感じました。

    2020-07-11
  • hanawii

    経営・経営企画

    稼働率を高めればいいというものではないと理解しつつも、つい指標として使いがちなもの。収穫逓減の法則があると意識し、あくまで生産性を高める方を意識しよう。

    2022-03-12
  • tnakao0108

    営業

    ボトルネックについては営業においてもチーム全体の生産性をあげるためには全員が学んでおくべきことと感じます。

    2023-01-22
  • yoshi0055

    経営・経営企画

    経営戦略を実現するためのオペレーションの改善や戦略立案は、メーカーといったものつくりの現場固有のものではなく、通常の会社経営における気づき、改善の機会が多々あると理解しました。

    2022-10-11
  • haruk0612

    経営・経営企画

    オペレーションと経営戦略の関係性についての理解が深まった。

    2023-09-27
  • tsutomu-t

    専門職

    ほぼセル生産方式に変わったが、ライン生産性のメリットもある事が理解出来た。
    ボトルネックを把握せず、改善しても効果が無い事も分かりやすかった。

    2022-11-05
  • takechi-atsushi

    販売・サービス・事務

    今回学んだ知識を今後の業務に活かしていきたい。

    2023-10-11
  • kei__shima1

    コンサルタント

    前職はメーカーで働いていたが、稼働率を高めることが必ずしもコスト削減につながるわけではないということは今回初めて知れたのでよかった。

    2023-10-19
  • tony0303

    金融・不動産 関連職

    ボトルネックとその前後、関係性等を視点を変えて見直すべきと認識できた。また、経営との密接な関係、これを踏まえて如何に周囲を巻き込むことができるか、今一度考え直して対応したい。

    2022-09-11
  • masarukanno

    マーケティング

    生産性向上が最重要課題であることを再認識出来ました。生産性向上するうえで何がボトルネックになっているのか?QCDFを判断指標にすることを学びました。

    2020-03-11
  • rayake

    経営・経営企画

    理解が深まった。

    2022-08-15
  • tane77

    マーケティング

    稼働率等、こまかく業務分析しながら日々業務の効率化に役立てたい。

    2020-12-16
  • yu-ji1227

    マーケティング

    ボトルネックのところについては、普段何気なく実施しているが、改めて重要性を感じた。

    2022-08-19
  • 30030

    経理・財務

    管理部門のオペレーションについても適用できる。

    2022-05-12
  • mikirou

    資材・購買・物流

    ボトルネックを解消することで、稼働率が向上し利益に繋がると感じた。

    2023-05-09
  • 55toshie

    その他

    全体を見て、どこがボトルネックか見極め改善するべきかをしっかりと分析してから実行したいと思います。

    2024-01-27
  • ab0110

    専門職

    ボトルネックに注目します。

    2024-02-01
  • ysuemitsu

    人事・労務・法務

    ボトルネックの話は興味深かった。

    2022-07-23
  • eriko_331

    人事・労務・法務

    経営戦略を実行に移す上で実際のオペレーションでの実現可能なものなのか、抽象的な言葉ではなく、定量的に経営層に伝えていかないと現場のモチベーションが低下すると思った。

    2023-07-30
  • honey-bee

    営業

    アウトプットから生産工程を考えていくことが大事であることがわかった。また、生産方法や生産性等は経営戦略とフィットしている事が大事であることがわかった。作れば売れる時代から、経営戦略をオペレーションレベルで実現できるかが大事に時代になっている事を学習した。

    2024-01-12
  • satopon1

    その他

    業務のボトルネックがないか点検し、対策を検討したいと思います。

    2022-08-27
  • atsumori_09

    その他

    経営戦略に基づいて、顧客への対応を最適に行うため、オペレーション戦略の基本的な考え方、取りくみ方を学ぶことが出来ました。
    何となく認識していたものの、前半を整理して学べたので、
    後半も含めて体系的な理解につなげたいと思います。

    2020-11-27
  • yk_1079

    経営・経営企画

    業務の繁忙期のピークを平準化することで生産性向上を図る。

    2024-01-22
  • yk-

    経理・財務

    若い時分に売って売って売りまくれと上司に言われて、実際に大量の受注をとってきたのですが、生産が追い付かず、指定納期までに半分しか納品できず、指示を出した上司に思い切り文句を言った記憶があります。当時、私が冷静になり本日の学習内容を熟知していればと思いました。過ぎたるは及ばざるが如しを業務に生かしていきます。

    2022-12-27
  • mako_learning

    経営・経営企画

    オペレーショナルエクセレンスの意味がようやく腹落ちしました。

    2022-12-31
  • h_kuri

    その他

    オペレーション戦略の基礎となる部分を知ることができた。
    まだ自分の業務でどのように活かせるかは想像が出来ていないので、後半を見ながら考えていきたい。

    2022-09-22
  • furu-sato

    営業

    業務を生産性で推測ったことがなかったので、自分の部署で試してみたいと思います。

    2024-01-02
  • koara_koara

    メーカー技術・研究・開発

    オペレーションは実際の行いを見る必要があると思います。

    2021-11-28
  • ota_osa

    資材・購買・物流

    日頃から生産にも携わっているので理解し易い内容でした。

    2021-12-13
  • hiroto_t

    営業

    自身の普段の稼働についても、生産性が落ちていないかを意識する必要性があるなと感じた。

    2020-05-01
  • mat09

    営業

    稼働率と生産性のバランスをとることが大事だと学んだ。

    2021-09-04
  • 4780

    営業

    色々と分からないことが理解できた。

    2024-02-17
  • yasuha_1009

    クリエイティブ

    オペレーション戦略の要素(QCDF)を常に頭に浮かべ、オペレーションのどこに問題・課題があるのか、体系的に洗い出し、漏れなく検討できるようになりたいと感じました。

    2022-08-07
  • thenakashima

    メーカー技術・研究・開発

    理解

    2022-11-24
  • karintou

    販売・サービス・事務

    待ち時間の平準化について例も分かりやすく納得できるものではあるが、実際のところ小売店では難しいと感じる。そうなると人員配置で調整せざるを得ない部分が大きく、リソースを最適化する為の方法が昨年比ベースでの予測しかないと講義を見つつ感じた。

    2020-10-15
  • keiko0526

    資材・購買・物流

    生産管理における基本的な考え方を分かり易く説明している。

    2021-12-16
  • zazenboy

    その他

    ボトルネックの考え方は非常に勉強になりました。なんでもかんでも数字を向上させればよいのではなく、経営戦略にとって、何が最適なのか、を常に考えて行動できるようにする必要があると思いました。
    待ち時間については、それを解消する定石などを引き続き勉強していきたいと思います。

    2023-04-28
  • shirai_teruyuki

    その他

    ボトルネック=業務の流れにおいてもっともキャパシティーが小さく全体の処理能力(スループット)を決まることが重要

    2023-10-19

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。