キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

コア・コンピタンス ~企業の本当の強みを考える~

  • 0h 7m (8sections)
  • 経営戦略
  • 初級

こんな人におすすめ

・ 経営戦略の基本的な知識を学びたい方
・ 事業部や経営企画部などで経営戦略を考えている方
・ 新規事業開発に関わる方

このコースについて

「御社の強みはなんですか」と聞かれたら、いくつか思い浮かぶものがあるかと思います。
でも待ってください。それは、本当に強みなのでしょうか。
コア・コンピタンスとは、顧客に対して、自社ならではの価値を提供する核となる強みです。この動画ではコア・コンピタンスについて、定義や重要性、コア・コンピタンスを見極める5つのポイントなどを学んでいきます。
自社のコア・コンピタンスは何なのか、考えながら動画をご覧ください。

コース内容

  • 事例①-1:中期経営計画の作成担当になった平田さん
  • コア・コンピタンスを考えるとは、どのような視点で考えること?
  • コア・コンピタンスとは
  • コア・コンピタンスは何に役立つか
  • コア・コンピタンスを見極めるためのポイント
  • 事例②:Amazonのコア・コンピタンス
  • 事例①-2:平田さんのその後
  • 留意点

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

27人の振り返り

  • t-kaneko01

    営業

    コアコンピタンスは企業活動の上で
    必要なものであり
    日々業務の中で認識するべきもの。

    2024-05-15
  • siro-uto

    専門職

    自分の強み(長所や特異点)を考えながら業務に従事しています。

    2024-05-18
  • masa211

    営業

    コア・コンピタンスという言葉は初めて知りました。
    自社がどれだけ優れているかではなくどれだけライバル会社に対して強いかを知ることが重要と学びました。

    2024-05-21
  • takeno28

    営業

    自社のコアコンピタンスを考え、実業務において競合他社との差別化を考えてみる

    2024-05-15
  • atu_ito

    メーカー技術・研究・開発

    コア・コンピタンスの意味はわかりました。

    2024-05-13
  • horiuchimasa

    営業

    コアコンピタンスは他者を意識することは知らなかった。

    2024-05-17
  • eizan_1000

    IT・WEB・エンジニア

    他社の視点で考えることが重要なのだと理解しました。

    2024-05-15
  • ayanoriko

    人事・労務・法務

    コアコンピタンスは何かを競合視点で考える事は自社のユニークネスを明確にする事が出来、それが故にマーケットから頼られる存在になる。日常においてもあの人はこういうことができると認識されることは、人からの評価がら上がり、結果組織内プレゼンスが上がるので得意な分野を作っていくことは進級に有利になる事に繋がるのと同じ。大切なことはそのコアコンピタンスが市場から求められるものか、また、競合に対して優位性があるかを常に確認すること。

    2024-05-15
  • ponoto

    その他

    コア・コンピタンスの概念は業務のみならず、自身の価値やキャリア形成上でも非常に重要なものだと理解した。

    2024-05-16
  • hatapata

    メディカル 関連職

    自分・自社の強みを意識し、自分だから自分たちだからという価値観の創出できるとよい。ポジティブな行動につながりそうである。

    2024-05-17
  • kuma4220

    営業

    自社が将来長期的永続的に成長していくために、コア・コンピタンスは重要である。自社ブランドの強みを競合目線また消費者目線でよく分析し、会社に成長に繋がるような活動を日々継続したい。

    2024-05-19
  • nao1006

    人事・労務・法務

    経営戦略を担うポジション、もしくは意見出来るポジションになれば、活かしていきたい

    2024-05-14
  • y_mura_y

    メーカー技術・研究・開発

    業務を行う上で部門のコンピテンシーを意識して事業を検討し展開する。

    2024-05-21
  • ryuchan0617

    その他

    コアコンピタンスの概要が改めてきちんと理解できた。
    特に得意分野ではなく、競合にはないものという視点が盲点だった。

    2024-05-17
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    適切なタイミングで更新が必要であることが良く理解できました。
    もちろん継続できるような仕掛けも有益ですね。

    2024-05-13
  • k_yuna

    販売・サービス・事務

    大変勉強になりました。

    2024-05-15
  • takaharu-0906

    営業

    各事業の棚卸しをする際に活用できると感じた。
    コア・コンピタンスを考えて、優位性が全くない事業はやめ、優位性がある事業をもっと伸ばす方向に。

    2024-05-22
  • tominaga_y

    経営・経営企画

    他社視点を持ちながら考えることで、中計策定などに活用できる

    2024-05-15
  • onoma_tope

    販売・サービス・事務

    企業活動においてコアコンピタンスは重要である。同様に自信の業務活動においてもそれを強みに出来たらよいと感じた。

    2024-05-21
  • jiro82

    営業

    業務では自社の中期計画立案時、また得意先に対しての取組提案にも活躍できる。

    2024-05-20
  • tukibasirajyu

    販売・サービス・事務

    他社からの見られ方という考え方が理解できました

    2024-05-15
  • naoto_yamakami

    資材・購買・物流

    <<コア・コンピタンスとは>>
    ※他社(ライバル企業)の視点で考えることが重要

    ⇒ 顧客に対して、自社ならではの価値を提供する核となる強み

    ・価値創出に向けた様々な活動のうち、特に競争に勝つための武器になりそうなものを指す

    ・自社が得意だ・大事だ、ではなく、
     どれくらい「ライバル企業に対して強いか」が重要

    <<コア・コンピタンスを見極めるためのポイント>>

    ①模倣可能性:ライバル企業から見て簡単に真似できそうか
    ②移転可能性:異なる事業領域や市場でも活用できそうか
    ③代替可能性:他の能力や資源で置き換えできるか
    ④希少性:手に入りにくいか
    ⑤耐久性:長期に渡って競争優位を保てるか

    ※コア・コンピタンスを検討するには、
     それが競合に対してなぜ強みとなりうるのかを考える
     コア・コンピタンスがどこでどのように活用できるか見極める
     コア・コンピタンスを定期的に見直し、必要に応じて新たな能力を強化する


    2024-05-21
  • 123456f-case

    経理・財務

    コアコンピタンスはライバル会社目線で考えることが重要。
    これを日常生活に置き換えると、例えば転職活動や メルカリ等に出展する際のPRの場面で活用できそうです。

    2024-05-21
  • th0588

    その他

    コアコンピタンスは重要だと理解できた。

    2024-05-15
  • yosaysaysay

    IT・WEB・エンジニア

    コア・コンピタンスを見極めるためのポイント

    ① 模倣可能性
    ライバル企業から見て簡単に真似できそうか

    ② 移転可能性
    異なる事業領域や市場でも活用できそうか

    ③ 代替可能性
    他の能力や資源で置き換えできるか

    ④ 希少性
    手に入りにくいか

    ⑤ 耐久性
    長期に渡って競争優位を保てるか

    2024-05-20
  • shiba_momochan

    営業

    自社の本当の強みを他社比較できちんと見極める事、また随時見直していく事の重要性を学んだ

    2024-05-21
  • jshinmura

    IT・WEB・エンジニア

    コア・コンピタンスって自社が得意な事・強みだと思っていたけど、その理解って経営計画立案時では全然使い物にならないんですね。押さえて起きたことは3つ。①少なくとも模倣困難性、移転困難性、代替可能性、希少性、耐久性の5つのポイントからコア・コンピタンスを捉える事、②そしてそれらがなぜ強みとなり得るのかの前提や背景を押さえる事、③コア・コンピタンスは万能ではなく、永遠ではないため、定期的な見直しと新たなコア・コンピタンスを生み出し強化すること。横文字を使ってそれっぽくふんわり作った経営計画ではなく、限りある時間の中ですがきちんと地に足の着いたものを作る努力をしたいと思いました。

    2024-05-22

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。