キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

ティール組織 ~新しい組織の在り方、その特徴と課題~

  • 0h 12m (9sections)
  • 組織マネジメント
  • 初級

こんな人におすすめ

・組織の形態に興味がある方
・多様な人材が活躍する組織を作りたい方
・メンバーの能力を引き出して組織のパフォーマンスをあげたい方

このコースについて

ティール組織とは、今までの組織の概念とは異なるまったく新しい組織の在り方です。
固定のミーティングがない、上下関係がほとんどない、と聞くと驚かれる人もいるのではないでしょうか。

実はこれまでに、組織の形態は変化をたどってきています。ティール組織にたどり着くまでに、どのような特徴を持った組織があるのか、ティール組織はどのような特徴と課題を持つのか、本コースで学んでいきましょう。

コース内容

  • 事例①:野村さんの様子の変化
  • ティール組織とは
  • レッド(衝動型)組織
  • アンバー(順応型)組織
  • オレンジ(達成型)組織
  • グリーン(多元型)組織
  • ティール(進化型)組織
  • 事例②:パタゴニア
  • 実現ポイントと留意点

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • ken-jet

    経営・経営企画

    ティール組織が成り立つためには、従業員がマズローの低次欲求ではなく高次欲求に移行している点を確認し、X理論の管理法をしなくてもセルフマネージメントができることが必須条件である。

    もしそうでない場合、組織としては崩壊する。

    2020-05-07
  • test_

    メーカー技術・研究・開発

    会社として、ティール組織をうまく機能させるにはある程度同じ方向を向いた人を集める必要があるように感じた。そうでないと、会社としての規律が保てなくなってしまうと思う。
    短期的にはうまくいくようには思うが、中長期的には組織としての多様性がないので、うまくいかなくなっていくような気がします。

    2020-03-07
  • k-torigata

    経営・経営企画

    ティール型組織の理想系から学べることは多いと感じます。常に理想の組織の在り方は変化するという事実を見定めて、組織変革を実践していきたいと思います。

    2020-02-26
  • gantetsu

    営業

    ティール組織実現には、適正な人材で構成された組織でないと、企業として成り立たないのでは?と感じた

    2021-10-28
  • wkiymbk

    IT・WEB・エンジニア

    ほぼ日がティール組織に近いのかな、と思いました。
    外から見てると楽しそうだけど、実際は大変だと思います。糸井さんは「フリーでやる感覚を組織に持ち込む」って言ってましたし。
    活用するほど自分は高度ではないので、まずは「いいなぁ」と思ったマインドを真似するところから始めます。

    2020-12-22
  • ga_0608

    クリエイティブ

    ティール組織の在り方は魅力的だが、各個人のセルフマネジメントも重要とわかって組織運営しないと難しい。

    2021-03-28
  • meguro2020

    マーケティング

    レッド、アンバー、オレンジ、グリーンなど、ティール組織そのものだけでなく、それに至るまでの組織モデルの系譜を含めて理解できた。

    2020-12-14
  • mkano

    営業

    よく整理されている。現在の組織でさらにメンバー個々の自走と成長をめざすならティール組織的要素をすこしずつ取り入れていくべきと考えた。進化する存在目的とその議論。セルフマネジメント。ホールネス。特に最後のホールネスはどう持っていくか、難易度高いが経営層の率先垂範による風土づくりも欠かせないとおもう。

    2021-01-12
  • hiro_yoshioka

    メーカー技術・研究・開発

    レッド、アンバー、オレンジ、グリーン、ティール
    なるほどティールは、青緑だったんだ。
    でアンバーは? 、、茶色でしたw

    ティール組織は、さらにその先で個人の時代=会社という概念が一般的でなくなる過程と捉えると納得いきます。

    2021-05-11
  • katsuki12066

    営業

    仕事へのモチベーションと自己管理力が備わって初めてティール組織への移行が図れるのではないか。、

    2021-06-22
  • gs51

    その他

    組織の在り方について改めて考える良い機会となった。ティール組織といえども万能ではなく、組織の存在意義、目的、おかれた環境などにより、それぞれの組織の特徴を柔軟に取り入れる必要があると考える。例えば今の新型コロナ対策のための組織などは緊急性・瞬発力・機動力・即効性が求められ、アンバー型・オレンジ型(時にはレッド型も?)メインが適しているのではないか。

    2020-02-29
  • shinkou

    営業

    ティール組織を実現するには世の中が変わらないと実現は難しいですが近い将来実現しそうな予感もします。仕事=成果主義、スポーツ=勝利主義をなくさないとその中良くならないでしょうね。

    2020-02-27
  • miwakolo

    経営・経営企画

    ティール組織の分厚い本は買ったのだが、なかなか読めなかったので、今回図解されていて、とてもよく理解できました。いまコロナ禍で在宅勤務が進む中、ティール組織として成果が出せる仕組みを用意することが、とても重要なカギとなると思いました。従業員の Inclusion、Well-being、Sustainable経営とつながる重要な考え方と思いました。ありがとうございました。

    2021-08-22
  • tottin

    専門職

    団体としての理念や方向性がしっかりしていないとティール組織としてはうまくいかない

    2020-05-05
  • t-k-u

    専門職


    ティール組織の新しい組織のあり方について学び
    組織のビジョンや目的に共感し、その実現に向けて共同で取り組む意識を醸成しようと思いました。

    2024-05-14
  • kaji-rei

    IT・WEB・エンジニア

    言いたいことはわかりますが、儲けるとどのように繋がるかが分かりませんでした。

    2020-02-26
  • llasu_ito_0502

    人事・労務・法務

    テストを一つ間違えましたが、ティール組織、という新しい考え方を知り、知見が深まりました。やはり、グロ放題で学び続けるコト、最新の動向、トレンドを知るコトは大事ですね。ありがとうございます。何か、新鮮な気持ちになりました。感謝申し上げます。

    2022-08-31
  • 854satoshi

    メーカー技術・研究・開発

    会社の組織の形態が決まっているので、変えることは難しいと思いました!

    2023-07-28
  • saito-yoshitaka

    メーカー技術・研究・開発

    組織の形態は単純に層別する事は難しく、ハイブリット型である気がします。

    2022-07-10
  • tenkeikondo

    営業

    ティール組織を実現するには、既存の社員の中には受け入れられない人もたくさんいると思われますので、採用段階から変えていかないと難しいと思います。
    現状では、スタートアップや中小企業での導入しかできないのではないでしょうか。
    大企業で志のある部課長が実践したら、更迭されるような気がします。

    2020-02-27
  • k-miyata

    営業

    なぜレッド>アンバー>オレンジ>グリーン>ティールにしたのだろう。

    2020-02-27
  • sue_0120

    人事・労務・法務

    ティール組織は知らなかったので、今までの組織の概念と違う新しい組織で、固定のミーティングがない、上下関係がほとんどないことに驚き、これまでの組織の形態の変化と、ティール組織にたどり着くまで、特徴と課題を学び、日常において考え方に変化と理解が深まった。

    2020-04-14
  • hsooheos

    人事・労務・法務

    環境変化が激しく、多様性が増してきた現代で、対話やセルフマネジメントは組織の強い武器になると感じる。そういう要素を取り入れるような施策を進めたいため、進めるべき論拠の一つとして挙げられる考え方だと感じた

    2020-09-14
  • yamamura0142

    営業

    規模、目的によって違う。

    2020-04-04
  • bintang

    マーケティング

    初めてティール組織という言葉を聞きました。パタゴニアなど既に実例があるのは興味深いですね。

    2020-02-25
  • voile

    メーカー技術・研究・開発

    それぞれの組織の特徴からうまく自分の組織に合うやり方を模索してうまく混ぜて組織のマネジメントに活かせると良い思いました。

    2024-01-31
  • mori-toshi

    販売・サービス・事務

    ティール組織は理想的な組織構造であると思われるが、各メンバーのレベルが高くなければ成立しない組織であるとも思う。自分で考えて動ける人もいれば、言われたことしか出来ない人もいる。それぞれの組織において何がベストなのかを常に考えて変えていくスキルが必要であると思う。

    2023-09-26
  • gacchan

    その他

    ティール組織で利益を確実に生むことはなかなか難しい面も多いと思いつつ、各個人がセルフマネージメントをおこなる事や、ホールネスの実現は、他の組織形態でも必要な気がします。

    2021-11-05
  • kkrs

    メーカー技術・研究・開発

    自己の組織状態とデメリットを理解し、改善していこうと思いました。

    2022-08-21
  • otaru

    営業

    複数の組織形態の推奨と舵取りする経営陣の差配が軸と感じた

    2022-12-23
  • nishikouri-t

    その他

    ティール組織はセルフマネジメントできる人材の集合体でないと成立しないと感じた。完全でないため、いろんな組織が混在して当然と思う。

    2023-12-22
  • sorayan

    専門職

    信頼関係が全てのベースになると感じました。一足飛びにはティール組織に生まれ変わることは難しいと思いますが、現状から変革する場合のプロセスについても考えてみたいなと思います。

    2023-12-23
  • shinya0811

    営業

    ティール組織をうまく実現するには、セルフマネジメントができる相応な人材が必要だと感じた。

    2024-06-13
  • notoikeda

    メーカー技術・研究・開発

    当社はティール組織とは相容れない要素が強くアンバーとオレンジの中間の組織形態であるが、多様な組織形態がありうるという視点を持っておくことは当社の業務においても有用だと感じる。

    2021-05-06
  • mnodagashira

    IT・WEB・エンジニア

    組織構造を設計しする時に活用

    2024-01-11
  • yuichi_fukuda

    営業

    自部門がどの組織型に当たるのかの現状を把握する事が出来た。

    2022-05-30
  • hashimotonoboru

    営業

    ティール組織的要素を取り入れ、現在の組織でメンバーの自走と成長をめざす事が必要。
    その社風・風土づくりも必要。

    2024-03-30
  • hiroyan1987

    経理・財務

    ティール組織は働きやすそう

    2022-10-24
  • demo_6

    人事・労務・法務

    現場だけでなく経営、トップの理解が不可欠。
    組織は1つのカラーだけでなく、複数が混じっているということ、それは必ずしも正さなくていいことが学び。

    2022-04-19
  • d-saitou

    IT・WEB・エンジニア

    ティール組織は少人数で実力もあるベンチャー系の企業が適しているように思うが、大企業でも適用できるのであろうか?という疑問は残る

    2023-10-16
  • daikichi-seven

    メーカー技術・研究・開発

    ティール組織という新しい組織の在り方があることを認識しつつ、自身の所属する組織に取り入れられるものは取り入れていきたい

    2023-04-23
  • waruyo

    マーケティング

    自分の組織でもティール組織の良いところをじっせんしてみたい。

    2020-05-01
  • kodama77

    その他

    思考力向上に役立つ。

    2021-12-07
  • yorugata

    営業

    新たな価値を作るために、組織の変容も必要と感じた

    2020-11-19
  • kouji-

    営業

    ティール組織は初めて聞いた組織。理想ではあるが個々の意識が相当強くないと成り立たない組織。自分の仕事としてはイメージがしづらい。

    2020-05-21
  • nagumon

    その他

    ティール組織は理想であるが、セルフマネジメントができるかが課題と思う。

    2021-11-14
  • mk_okayama

    営業

    組織の目指すところに合った組織形態でないと、うまくいかないように感じました

    2023-04-19
  • misako-shima

    その他

    今のメンバでは難しい。。。

    2024-02-19
  • teruhiko800

    営業

    それぞれの組織の特徴と良いところ、悪いところを理解した上でどんな組織を目指すのかが重要だと理解しました。

    2023-07-17
  • kunihiro_takagi

    メーカー技術・研究・開発

    ティール組織など、今までに聞いたことが無い組織形態をご紹介頂き、衝撃的でした。このような組織を少しでも取り入れられたら、セルマネジメントが今より、向上できるのではと考えました。

    2023-07-18
  • i323

    その他

    ティール組織にはトップの舵取りやステークスホルダーの理解が必要な点でハードルは高そうで、すでにオレンジやグリーンで成立している組織に適用するのは難しそうに感じる。一方、働き手としては遣り甲斐がありそうだと思うので、自職場においてはその要素を取り入れても面白そうだと思う。

    2023-11-15
  • muka-shu

    コンサルタント

    マネジメントをするのであれば、前提として自分がどのパラダイムに立脚したいのか/すべきなのかを考え抜くことが重要だと感じた。自分としては、オレンジおよびグリーンの合間ではないかと思っているが、まだそこに至った論理的根拠は明確にできていない。
    ただそのあたりが、
    ・利益を追求でき、それを社員にも還元して社員や家族の生活を担保できうる
    ・利益と社員の感情のバランスが取れうる
    と感じている。

    2020-09-22
  • toshi-oh

    営業

    目標やスケジュール感にあった組織の在り方を考えるうえで適正な判断が出来る

    2023-11-01
  • kuta_41

    IT・WEB・エンジニア

    大変面白かった。それぞれの組織があり勉強になった。

    2020-07-10
  • okm-t

    営業

    いろいろな組織の形態を知ることが重要と考える。

    2023-02-08
  • imaima_211018

    マーケティング

    オレンジとグリーンの間のいて、ティールの要素を取り込んでいるイメージ

    2021-11-03
  • shinji_watabe

    人事・労務・法務

    理想的ではあるが、会社で実践することは難しい。

    2023-10-10
  • naru4192

    メーカー技術・研究・開発

    労使ともにティール組織の考え方について学んで、自組織の在り方について議論する機会を持つことが必要だと思いました。

    2022-01-18
  • ala-yotto

    専門職

    自分の組織が今どんな段階か見極め、課題を明確にする。

    2023-06-24
  • taq25000

    メーカー技術・研究・開発

    組織のあり方を意識する。
    ただ余り形にはこだわりすぎないように注意。今やるべきは組織の共通認識となる価値観作り。

    2024-04-22
  • iiotoko

    建設・土木 関連職

    組織には色々大別がある事を理解しました。

    その時代の潮流に合わせた組織変更は常に必要であると痛感してます。

    2022-01-07
  • uramoto3393

    営業

    利益の追求という企業の目的からすると、ティール組織の有効性には疑問も感じるが、時代の流れに応じて組織の在り方が変化していくことは当然である。当グループの現状・あるべき姿を踏まえ、活用を検討していきたい。


    2024-01-13
  • holly1122

    営業

    会社の様々な部署で異なる組織が混在しているのを経験してきた。レッド組織といえる部門もあり、そこに所属していた時は正直しんどかったが、成果がかなり残すことができたので、成功に向けたポイントはあるとは思いました。各組織タイプの特性を理解して、自分で都度対応できるようにしておくのが、今後のキャリアにも有益と思います。

    2021-08-27
  • morityan

    メーカー技術・研究・開発

    今の組織の状態を型として把握することで、今後の組織の方向性を考えるヒントになると思う。一つの型にこだわるのではなく、今の組織の課題を解決するために、どういう組織の型が相応しいという視点で考えていきたいと思う。ある業務はオレンジ、ある業務はグリーンという使い分けが必要だと思う。

    2024-02-23
  • u_202401

    その他

    様々な組織構造を知ること、自組織の現状やこれから向かったらよさそうな組織構造を知ることができた。

    2024-02-26
  • kotakashoten

    営業

    ティール組織は、自己組織化とパワー分散が進んだ組織形態であり、従業員が自発的にリーダーシップを発揮し、柔軟かつ目的志向的に働くことを重視します。以下に、業務や日常においてティール組織の特徴と課題を考慮しながら活用するシーンを挙げてみましょう。

    プロジェクトの推進:

    特徴の活用: プロジェクトチームが自己組織化し、メンバーが自発的にリーダーシップを発揮。柔軟な役割分担やアイディアの提案が促進される。
    課題への対応: 意思決定が迅速であるがゆえに、方針や目標の共有が重要。誤解を避けるために透明性とオープンなコミュニケーションが必要。
    新しいアイディアの導入:

    特徴の活用: 従業員が自由にアイディアを提案し、新しいアプローチやイノベーションが生まれやすい。
    課題への対応: 多様なアイディアが生まれる一方で、方向性や統合が課題となりやすい。ファシリテーションやコーディネーションが重要。
    業務プロセスの改善:

    特徴の活用: 従業員が自身の業務プロセスを改善し、自己評価とフィードバックを通じて学び合う。
    課題への対応: ガイドラインや標準化の不足から、一貫性の確保が難しいことがある。透明なプロセスマネジメントが必要。
    チームビルディング:

    特徴の活用: チームが自己組織化し、メンバーが互いに助け合い、強みを最大限に引き出す。
    課題への対応: チームの一体感が強いがゆえに、新規メンバーの統合が課題。オンボーディングが重要。
    目標の共有と進捗管理:

    特徴の活用: 目標が共有され、従業員が自発的に目標に向かって働く。
    課題への対応: 個々の目標がクリアである一方で、全体の方針や進捗の可視化が必要。共有されたビジョンの維持が課題。
    これらのシーンでは、ティール組織の特徴を理解し、柔軟で自己組織化された環境を活かしながら、透明性、コミュニケーション、目標共有などの側面に重点を置くことが重要です。

    2023-11-13
  • atsu_8

    メーカー技術・研究・開発

    ティール型組織は理想的な姿だと思います。ただ、実際に実現できるのか、利益の追求よりも自己実現が主になる場合、会社として持続可能なのかは疑問。時として、既存事業との軋轢や共存が難しいケースが出てくると思う

    2020-03-06
  • sho2019

    IT・WEB・エンジニア

    最近、自己実現と組織目標の達成の両立について考えていたが、これがまさにティール組織に近いイメージであったことが理解できた。

    2020-11-10
  • kurita86

    メーカー技術・研究・開発

    自社がティール組織に移行するには大きくなりすぎたと感じる。特にセルフマネジメントを社員全員が実践できるかは疑問。コロナで在宅勤務が推奨されたとき、一定数の社員はセルフマネジメントできず業務効率を落としているし、ホールネスをわがままや独りよがりと勘違いして通勤手当を不当計上した輩もいた。
    当時の経験から、性善説をベースとしたティール組織は、大きな集団には向かないと感じた。

    2024-05-14
  • mike-123

    営業

    業務で活用するには、なにが適しているか、良く観察して取り入れることが重要である。

    2021-04-01
  • kouki0130

    専門職

    色々な組織の形態があり、自分のいる組織がどの形態に属するのかを鑑みて行動すればより良い会社組織になっていくと思う。

    2023-10-17
  • ftec

    メーカー技術・研究・開発

    個人の集まりが組織であるので、指示待ち人材が多いのであればティール組織は実現できない。
    よってヒエラルキーが強い組織がティール組織になるのはかなり困難であると感じる。
    自律した人材のみをリクルートして組織を作る方が手っ取り早いと感じた。
    多くの企業にはアンバー・オレンジ・グリーンあたりの組織であり、少しずつでもティール組織に近づいて行けばよいと思った。
    指示待ちの従業員に文句を言うのでなく、成功体験や心理的安全性の確保などを通じて自律心材の割合を増やすことが第一歩と思った。

    2023-12-06
  • yakinabe

    営業

    業界や会社運用において最適な組織形態が存在していることを認識する必要があると思いました。
    また労働者の考え方の変化にも対応する必要があり、人手不足と言われる中でどう人を集めるかにおいても組織形態の見直しが必要になると感じました。

    2023-06-26
  • erika12

    専門職

    組織の構造を変化させることにより、目指すべきものを実現させることができると学べた。

    2020-09-13
  • m91

    人事・労務・法務

    組織形態はいろいろとあるが、その会社の風土も考えて組織開発していかなければならない

    2024-03-01
  • toshichandesuyo

    営業

    組織形態はその組織の状態により出来上がっていくのではないかと思う。いきなりティール組織を目指しても困難と思われるのでオレンジっぽい職場をグリーンにしてからティールを目指したい。

    2024-02-06
  • k_k_k_k

    経理・財務

    ティール組織は誰が意思決定を行うのだろうと感じました。共同出資等の場合はわからなくもないが、普通の会社であれば意思決定する人がいて、階層があがれば、給料もあがるが、責任の範囲も大きくなるという側面があると思います。ティールの場合そのあたりはどのようになっているのでしょうか・・・

    2020-07-15
  • ri_usa

    経営・経営企画

    自身の組織がどの種類の傾向が多いか分類し、課題を認識し、他の種類の組織の手法を取り入れることを検討したい。例えば、オレンジ組織で意思決定が遅い、との課題がある場合は、ティール組織の方法に近づける工夫を行う。

    2022-03-14
  • chick0918

    IT・WEB・エンジニア

    ティール組織は、新たなメンバーが入った時など、チーム内でマイナスな影響や印象を与える行動が目立った時にどう行動できるか。放置すると崩壊しそう。

    2023-10-05
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    微妙な関係で良い気がします。
    それぞれの組織に合うメンバーが集まっていることが大切で、違和感を感じる環境では過ごしにくくなるということでしょうか?

    2020-10-06
  • hey_kun

    メーカー技術・研究・開発

    業務で活用するには場所や働く人に応じて適切な組織形態を作り上げる必要があると感じた。

    2022-04-06
  • ido_a

    販売・サービス・事務

    現状どの型に該当するか分析し、すべて一致するものとは限らないが、部分的にでもステップアップできればよいと思う。

    2023-03-20
  • uminoco

    販売・サービス・事務

    組織の重要性を改めて理解した。ティール組織が理想であるものの、組織自体が大きいので難しいと感じている。せめてグリーン組織を確立できれば、離職率の低下にも繋がるのではないかと思う。

    2022-09-19
  • tt-175

    人事・労務・法務

    組織形態の種類を知ることができましたので、それぞれの良いところや特徴を取り入れて、みあった組織に育てていきたいと思います。

    一番大事なことは社員のエンゲージメント向上と考えていますので、そのためにどのような手法を取るかを考えるときに、参考にしたいと思いました。

    2023-06-12
  • nkym_

    専門職

    会社全体の組織構造と、部門・部署での組織構造、ポリシーが合致する必要があるのか、ないのか。どの程度ならずらしてよいのか。KPIの設定との関連はどうあるべきかなど、まだまだ勉強しないといけないと感じている。

    2023-12-28
  • xsk00013

    販売・サービス・事務

    オレンジ組織とグリーン組織の中間で現在仕事をしている感がある。レッド組織、アンバー組織には
    戻らず、またテール組織についても、会社と言う理念からすると外れているように思える。

    2023-10-28
  • t-1009020206

    経理・財務

    色々な組織構造の特徴を、部門の特性に応じ使い分ける事が大事だと感じました。

    2023-07-11
  • theitaku

    IT・WEB・エンジニア

    ティール組織で組織目標を達成するための機能を隙間なく配置するためにはどうすればよいだろうか

    2024-01-03
  • hiro_127

    金融・不動産 関連職

    組織の在り方がティール組織に移行していく中規模や収益性向上に懸念も抱く

    2021-11-27
  • ken_sakurai

    営業

    自発的に仕事を行い、責任感や時間の拘束などが無いティール組織においては、成功事例は少ないと感じます。企業は営利を求める団体であるべきですし、個々人に与えられる時間や、求められる成果もマネージメントされるものです。

    中には成功事例もあると思いますが、それは非常に少ない事例であり、成果を上手無い組織隊は、CEO/役員/出資者からも理解はされないと思います。

    2024-01-16
  • ma2n

    マーケティング

    多様性を受け入れる組織。そこには働く人のライフワークの本当の姿と働くメンバー間の信頼関係がある。セルフマネージメントが成り立っている。
    企業が「社会における存続意義」を唱えている会社には適しているとこは間違いない組織。企業例のパタゴニアは素晴らしいと思った。

    2020-07-22
  • verbiest

    販売・サービス・事務

    組織の形が様々あるよつに、人の考えも様々で、ずっと同じ形で働き続けるわけではないと、視野を広く保とうと思った

    2024-04-24
  • rakado

    メーカー技術・研究・開発

    1つの組織には複数の組織タイプが混在しうること、企業には大小の組織が複雑に絡み合って存在することがありますが、それぞれの組織が最適なタイプになっていることがポイントと考えます。
    事業を営むうえでは社会への価値提供の見返りである利益は重要でしょうし、大企業での決断を早めるために価値観を共有して権限を委譲することも必要ですし、プロジェクトの活動を活性化させるためにセルフマネジメントやホールネスも大切になると思います。
    そして個々のメンバーは複数の組織タイプに所属しますので、ケースに応じて振る舞いを柔軟に変えていく必要があるのだと思います。

    2021-08-20
  • a-noriko

    人事・労務・法務

    ティール組織という形を考え、チームをまとめることが実現できるように思いました。

    2022-02-19
  • nisetaku

    営業

    自由な発言と、自分スタイルで時間が有効に活用できる点は、ティール組織に大賛成であるが、各々が役割を明確にするためには、上下関係が明確な組織体が必要と感じる

    2024-01-15
  • tomoemasuyama

    専門職

    組織の変遷の流れがよく理解できた。ティール組織は理想だが、発展途上で規模か、収益化への疑問もまだあるので、それぞれの組織の良い点を取り入れ、メンバーが生き生きとして働ける組織にしていきたい。

    2022-01-26
  • t_htn

    経営・経営企画

    業務、メンバーの個性など網羅的に考えて、
    学んだ組織から最適な組織形態を検討したいと
    思う。

    2023-07-15
  • yum5

    販売・サービス・事務

    時代や業界にあった組織を作らなければならないと感じました。

    2022-07-27
  • chang_shin

    販売・サービス・事務

    個人をあるがままにまるっと受け入れる組織。成立するには、しっかりした共通理念、共通理解がなければならない。社の目標に対し、従前の組織以上に社員全員が強く共感しないといけないし、各人が成熟していないと成り立たせるのは難しい。かなり大人な組織だと思う。

    2024-05-01
  • hide0916

    金融・不動産 関連職

    ティール組織は営利企業には向かないのではないか、と感じる。例えば社会貢献事業(営利は追求しない)が向いているのではないか。

    2023-04-19

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。