「世界をリードする日本」を若い世代と考える~伊藤華英×佐藤大吾×宮城治男×為末大

視聴時間 59:52

G1カレッジ2018
第3部分科会D「「社会・スポーツ」における創造的破壊とは?~100の行動2.0~」
(2018年12月9日開催/グロービス経営大学院 東京校)

2019年ラグビーW杯や2020年東京オリンピック・パラリンピックなど世界的ビッグイベントを控える日本。世界中から多くの人々を迎えるために様々なセクターが協力して準備が行われているが、各スポーツ協会・競技団体の組織ガバナンスなど解決すべき課題も多い。また日本社会全体としても、少子化・人口減少問題、地域格差、社会保障など、社会問題はますます複雑化している。課題先進国・日本において創造的破壊から様々な課題の解を見出し、世界をリードする日本を創るためには私たちは何を考え、どう行動すればよいか。トップランナー達が議論する(肩書きは2018年2月10日登壇当時のもの)。

※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

RELATED CONTENTS