社会と企業の持続的成長に向けた「ESG経営」とは?~資生堂・魚谷雅彦×GPIF・水野弘道×READYFOR・米良はるか×グロービス・堀義人 視聴時間 49:59

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1経営者会議2018
第8部全体会「ESGによるゲームチェンジ~社会と企業との持続的な成長にむけて~」
(2018年11月25日開催/グロービス経営大学院 東京校)

環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字であるESGに取り組むことが、企業の長期的な成長のためにも持続可能な社会を築くためにも重要である。日本企業は、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に向けて積極的にESGに取り組み、自社の持続的成長を進めることが求められている。ESG投資を世界的に提唱しリーダーシップを発揮しているGPIFの水野弘道CIO、ESGに基づく経営を実践している資生堂 魚谷雅彦社長、そしてクラウドファンディング事業を創業したREADYFOR 米良はるかCEOのG1ソーシャルアワードの受賞者3名とともに「ESGによるゲームチェンジ~社会と企業との持続的な成長にむけて~」をテーマに議論する(肩書きは2018年11月25日登壇当時のもの)。


※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

関連記事

名言

PAGE
TOP