新たな時代を切り開くための「大学改革」とは?~村田晃嗣×山極壽一×中室牧子×堀義人 視聴時間 1:00:44

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1関西2018
第2部分科会A「関西から発信する大学改革の新たな方向性」
(2018年9月8日開催/奈良ホテル)

蘭学者緒方洪庵が大阪に開いた適塾の門下生はおよそ三千人と伝えられている。その中で緒方の教訓を最も体現したのが、慶應義塾大学を創設した福沢諭吉であったという。そもそも関西は歴史的に学術・研究・教育の中心であった。国境を越えた大学間競争が国家を巻き込んだ激しい競争に発展する中、日本社会そのものを支える新たな時代を切り開く人材を排出するために、関西発の高等教育改革はいかなる方向に進むのか。(肩書きは2018年9月8日登壇当時のもの)


※アプリで動画を再生する際、Androidの一部機種で動画が再生できない場合がございます。その場合は、アプリを閉じて、WEBページの「GLOBIS知見録(https://globis.jp/)」にて動画を視聴していただければと思います。

関連記事

名言

PAGE
TOP