柴山 昌彦

衆議院議員

柴山 昌彦

衆議院議員

昭和40年愛知県生まれ。東京大学法学部卒業後、住友不動産を経て弁護士(東京弁護士会)。平成16年4月、自民党が初めて取り組んだ異例の全国公募により新人候補として81名から選ばれ、衆議院埼玉8区補選に立候補し当選、以来5期連続当選。外務大臣政務官、自民党法務部会長、党副幹事長、衆議院法務委員会筆頭理事、第2次安倍内閣の総務副大臣時代は、通信・放送・郵政分野における世界各国との協力関係構築、クールジャパン戦略の海外発展、サイバーセキュリティ―の強化、ネット選挙解禁などを積極的に推進し、また衆議院内閣常任委員長時代は、公務員制度改革法等の重要法案成立に尽力した。現在は、自民党情報調査局長、自民党財金部会長として、成長戦略と財政再建に党の政策責任者の立場で全力を傾ける。

PAGE
TOP