柴田 彰

柴田 彰

コーン・フェリー・ジャパン株式会社 コンサルティング部門責任者

慶應義塾大学文学部卒業後、PWCコンサルティング(現IBM、フライシュマンヒラードを経て現職。コーン・フェリー ジャパンにおいて、組織・人事に関する幅広いテーマを取り扱うコンサルティング部門を統括。近年は特に、役員体制の再構築、役員の評価・報酬制度設計、経営者サクセッション、指名・報酬委員会の運営支援など、役員に関わるコンサルティング経験が豊富。著書に『ジョブ型人事制度の教科書』、『エンゲージメント経営』、『人材トランスフォーメーション』、『経営戦略としての取締役・執行役員改革』(以上、日本能率協会マネジメントセンター)、共著に『企業競争力を高めるこれからの人事の方向性』『職務基準の人事制度』(労務行政研究所)、『VUCA 変化の時代を生き抜く7つの条件』(日本経済新聞出版社)ほか。寄稿に『日経ビジネスオンライン』、『企業会計』、『企業と人材』、『労働新聞』、『人事マネジメント』ほか。ジョブ型人事制度、社員エンゲージメント、コーポレートガバナンスなどに関する講演多数。

MORE

PICKUP