キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

Skill-Willマトリクス ~メンバーの個性を知り育成に役立てる~

  • 0h 9m (7sections)
  • 組織マネジメント
  • 初級

こんな人におすすめ

・チーム運営のヒントをつかみたい方
・組織やチームのパフォーマンス向上に関心がある方

このコースについて

一人ひとりの能力や意欲は十人十色です。そうした個々人にいかにアプローチして、組織やチームのパフォーマンスを最大化するか。チーム全体の力をどのように把握すればよいか。リーダーとして日々悩まれている方も多いのではないでしょうか。
Skill-Willマトリクスは、企業や部署のスタッフの状況を知るのに適した分析方法です。これを使うことで、スタッフィング(人員配置)や個々人にマッチした育成方針の検討に役立てることができます。

本コースでは、Skill-Willマトリクスの考え方、作成や活用のポイントをご紹介します。

以下の関連コースも合わせて視聴することをお薦めします。
・ハロー効果
・確証バイアス
・生存バイアス

コース内容

  • 事例①-1:マネジャーに昇進して2か月の山田さん
  • Skill-Willマトリクスとは
  • 作成する際のポイント
  • プロットする際のポイント
  • 事例①-2:山田さんの事例
  • Skill-Willマトリクスを活用した部下指導
  • 留意点

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • test_

    メーカー技術・研究・開発

    やる気×能力=成果、という話はよく聞くものなので、非常にわかりやすい考え方ではあるが、skillが高い人はwillが低くてもそれなりに成果を出してしまう。逆にskillが低ければ、willが高くても成果が全くでないこともありうる。成果は見やすく、評価しやすいが、このマトリクスではより内面を評価する必要があり、運用が非常に難しく、この考え方を上手く運用するのはかなり難しいように感じた。

    2022-06-21
  • saito-yoshitaka

    メーカー技術・研究・開発

    SKILLとWILLも相対評価になってしまい、判断基準も曖昧となりやすいと感じました。

    2022-07-05
  • salty_octopus

    資材・購買・物流

    今後は、特に大きい会社は、will低め社員をどうするかを良く考える必要があるだろうなと感じている。昔はぶら下げるニンジン(給料や昇進など)でなんとかなったかもしれないが、今は個人が「望むもの」も多様化している。人事の仕組みとして多くの選択肢を用意するのは重要と考える。

    2022-07-06
  • hiroyuki-mo

    営業

    チームのパフォーマンスを最大化するために、可視化するうえで参考になるマトリクスであることは間違いありません。ただしSkill・Willの定義を定量化できるものしておかないと被評価者側の意識とのアンマッチが生じたまま利用すると企図する効果が発揮されなくなる恐れもあるため、日常的なコミュケーションも改めて重要だと認識いたしました。

    2022-07-30
  • akira-kn

    専門職

    横軸(スキル)は総合的としてとらえることも、専門的能力としてとらえることも大事。

    2022-08-31
  • yokok167

    メーカー技術・研究・開発

    Skillが高い人とは対話を重視要である。

    2022-07-09
  • kunittcm

    営業

    ウイルとスキルを見極めるようにしていく。

    2022-07-10
  • s_s___

    メーカー技術・研究・開発

    評価者によって評価が異なる場合、その上の上司の評価も足すのはどうかと。直接上司ですら、個々のメンバーのことまでよく見ていないので、そんな上の上司は、報告すべき重要な事は聞いているでしょうが、その他のそんなに多数の社員の細かいところなんか見ていない。
    むしろ、上司が変わった場合に以前の上司の評価と、同僚の評価を加味する事には価値があると思う。

    Willに関しては、意識高い系を装ってるだけでたいした事してない場合もある。たいていの事ができる様になると、今の仕事に関係ない事しかスキルアップしようがなくなるし、趣味は家で読書の様ないちいちアピールしない人は損なので、見極めは難しい。

    2023-05-18
  • sk-kdrni

    その他

    良かった。

    2022-07-20
  • 0913301

    その他

    私の所属するグループは、willの低いメンバーが多いように感じます。こちらは、各人が将来設計を定めてなく、何となく日々を過ごしてるように感じるためです。
    まずは、私の認識・分析が合っているのか、メンバーや周りの方と話して、擦り合わせたいです。
    仮に、メンバーのwillが本当に低い場合は、本人のやる気を引き出せるようにフォローしていきます。

    2022-08-28
  • szok

    その他

    チームメンバーの状況もそうであるが、自分の状況としても立ち位置が明確になり、チームで求められていることをこなしやすくなる。

    2023-11-03
  • tatsushi_co2

    経理・財務

    組織管理において人材の特性位置づけ、分布を把握し、活用していきたい。

    2023-08-27
  • tetsufu

    専門職

    部員をSkill、WILLの両面で把握し、指導に当たる。

    2022-06-20
  • ysekiyama

    その他

    自チームで活用し、Skill ,Willを上げる

    2024-06-13
  • kz_nkjm

    金融・不動産 関連職

    スキルウィルマトリクスはとても参考になったしマネジメントにおいて重要だと思う。
    ただし定量評価が難しくバイアスに陥りたくなくても陥るものなので、適正な評価・支援においてはこのマトリクスだけに頼るのは危険だとも思った。

    2023-01-05
  • yanochan

    その他

    今回の学びからうまく活用したい。

    2022-06-21
  • wadadesu

    人事・労務・法務

    willもスキルと低いメンバーはどちらを先にあげていけばいいのか悩みました。

    2024-06-24
  • y_shimada99

    経営・経営企画

    メンバーの個性を知り育成に役立てることが重要と理解しました

    2023-11-13
  • gurosso

    販売・サービス・事務

    早速、自部門のスタッフをスキルーウィルマトリクスに分布してみた。スキルが低いスタッフが多いことに気づいた。早々に、研修でフォローしたい。

    2022-08-07
  • eddie007

    メーカー技術・研究・開発

    matrixについて理解ができた

    2023-05-07
  • k101

    専門職

    客観的に分析

    2022-06-25
  • ichimaru-yuji

    メーカー技術・研究・開発

    人材を活用するのに、Skill-Willマトリクスは有効であると感じました。Willが低い人をどのように動機づけするかが手腕の見せ所かと思います。
    また。Skillが低い人に、Skillが高い人を教育係としてつけて、両名とも成長させることも検討したいです。

    2023-11-13
  • kaba714

    経営・経営企画

    初めて聞いたので、大きな把握ツールとして活用していく

    2024-05-16
  • ken175

    メーカー技術・研究・開発

    willを高めるために、コミュニケーションを重点をおいて活動してみたい。

    2023-12-15
  • jackie_hk

    営業

    評価のバラツキを防ぐための方法としてやってみたいと思うが、
    やはり人が評価するのでバラツキは発生するのでは?

    2024-01-09
  • shusuke-yamada

    その他

    Skill(スキル)とWill(やる気)のバランスで各人の課題を適切に振り分ける必要が有ります。
    なお、いい意味でも悪い意味でもバイアスによって、振り分けることに支障をきたします。

    2022-07-18
  • yohei_kanda

    専門職

    部下の成長計画を立てる。

    2022-12-28
  • hiro4725

    資材・購買・物流

    ウィルの判断が難しい。

    2022-06-22
  • mika-1016

    専門職

    学んだ

    2022-10-12
  • kurosuke_1412

    メーカー技術・研究・開発

    自分はまだ管理職ではないが、自分のスキル、ウィルはどこに当てはまるか意識して自己成長に繋げたいと考える

    2023-07-21
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    使い切るには更なる工夫が必要と感じました。
    目的は?
    そこですかね。

    2022-06-20
  • kuta_41

    IT・WEB・エンジニア

    skill、willマトリクスがよく分かった。

    2023-05-03
  • kayoka55

    その他

    日々活用したい

    2022-06-21
  • askmt

    その他

    バイアスの問題が大きい。プロットを客観的に正しくできる実務力はどうすれば身につくのだろうか。
    また必要なスキルの特定も日本方組織では定義されていないことが多いように思うので、この点も課題。

    2023-11-02
  • kongkong

    メーカー技術・研究・開発

    Skill-Willマトリクスにて、グループの課題を可視化する。分類わけは、慎重にやらなければならない。

    2024-02-23
  • tomt

    メディカル 関連職

    基準の設定方法やそれを決めた人の基準などバイアスが多いが、なんらかの方法がないと次の策も決められないので、1つの方法として有用だと思った

    2023-11-21
  • gwapo_na_opaw

    その他

    近々のグループ内の編成検討に活用できそう

    2022-07-16
  • manabu_0704

    その他

    ハロー効果に陥らない事が大切であり評価が低めでも隠れた素質を見逃さず適材適所の配置で伸びる可能の機会を導くのも大切であると感じました。

    2024-07-06
  • m12321

    その他

    組織の目指したい姿を考える際に、現状把握と今後の人材育成について検討していく上で活用していきたい。

    2022-06-27
  • yoshizap

    メーカー技術・研究・開発

    メンバーの個性を分類し,それぞれに合った成長を促す。

    2023-07-17
  • ryousuke-kato

    営業

    様々な場面で応用できる。自社だけではなく顧客との対話でも。

    2023-05-12
  • kisaketa

    IT・WEB・エンジニア

    業務活用するなら:マネージャー以上の管理者間でお互いの組織状況を把握しやすくするといった意味合いで活用できると思ってます。
    部署間での相互理解を高める手法として活用できそう。

    2022-08-31
  • ab0110

    専門職

    内容はよくわかったが評価が正しくできるのか、適切に評価されるのかは人によって変わるため人間関係も影響するように感じた。

    2023-12-24
  • ryo0919

    その他

    社員をマッピングし、組織の状況を俯瞰するために役立つものであると理解しました。

    2022-08-02
  • 9032197

    販売・サービス・事務

    どうしても直近の印象などでハロー効果に陥りやすいので、スキルについては、特に判断基準が重要と認識しました。

    2023-12-13
  • bad

    建設・土木 関連職

    スキル、ウイルマトリックスについて職場でいかしていきたい

    2023-05-03
  • cocona_33

    資材・購買・物流

    メンバーのスキル、やりたい事を考える事で、何がメンバーにとってモチベーションになるのかを考えるきっかけになった。
    仕事の依頼をする際に、なぜこの仕事を任せるのかを伝えるためにも活用したい。

    2022-06-29
  • s_atmimi

    メーカー技術・研究・開発

    評価の目的をどう絞るのか、実際にはよく理解できていな。

    2022-07-04
  • shimaoka-ku

    営業

    早速メンバーのSkill-Willマトリクスを作成し、指導・育成に役立てたいと思います。

    2022-09-12
  • yyacupun

    人事・労務・法務

    新しい人材確認の方法がわかった。

    2023-02-08
  • ruca1122

    建設・土木 関連職

    部下の評価分析に取り入れるため、細かく学習したてみたい。

    2023-06-09
  • kurimon

    人事・労務・法務

    従業員の状況を可視化でき、誰にどのような支援を行えばよいかが、一目でわかるようになる。

    2022-07-30
  • kunie_kuroki

    資材・購買・物流

    Skill-Willマトリクスを活用して、メンバーの今後の指導や教育などに活かしていきたいと思います。

    2024-05-11
  • kubochan

    販売・サービス・事務

    メンバーのスキルややる気を可視化するツールとして、大変有意義な講座でした。
    自分のチームでもメンバーの分析を実施して、今後の業務指導に活かしていきたいと考えております。

    2022-09-10
  • s_hiroki_dd

    メーカー技術・研究・開発

    Skill-Willマトリックスによりチームの状況を見えるかしておくのは、チーム運営を司るリーダーにとって非常に有用なように感じられた。自部署に当てはめて実践してみたい。

    2022-11-02
  • coco_1_happy

    資材・購買・物流

    営業所メンバーを客観的に見る方法として、このマトリックスを活用しようと思う。

    2022-07-03
  • rororoerror

    その他

    自らを含めた組織のメンバーをSkill-Willマトリクスで整理することで、組織全体の課題を客観視できただけでなく、現状の立ち位置や取り組むべき課題についても振り返ることができた。今後は自らのことだけでなく、会社組織全体についても客観視する視点を持ちたい。

    2023-01-05
  • mai555

    人事・労務・法務

    シンプルかつ明瞭、簡単に分析できそうです。

    2022-06-22
  • massapy

    経営・経営企画

    ただ漠然と部下の状況を把握するのではなく、このようなマトリクスを用いて、状況を視える化することはとても大切だと思います。
    視える化できると、手も打てると思います。
    その中で、WILLの部分の評価について、やる気があれば出来る事、を軸に用いると良いかな、と思いました。やる気がある人には出来て、やる気がない人には出来ない、軸を用いて評価すると、より実態に近い状況がこのマトリクスで表せられるなと。さっそくやってみようと思います。

    2024-04-14
  • chiisai-kiba

    人事・労務・法務

    1つの部門であっても、必要とされるSkillはいくつもあり、人によって得手不得手があります。必要なSkillは全員身に付けていただくにしても、強制ではなく、メンバー間の相互補完(お互いに教えあうことができる環境)とし、それぞれのSkillも可視化することで、任せる側も「急ぎの仕事」や「成長のための仕事」といった意味付けをしながら業務分担をすることができると考えます。
    また、Willについては、必須なSkillであれば上述の方法で習得可能ですが、任意の場合には個人の資質、希望、ライフスタイルにあわせて習得させていくことが肝要と考えます。人によっては「自己啓発」として学ぶことをいとわない人もいますが、そうではない人も必ずいます。

    2023-11-28
  • yone2772

    専門職

    まずは課員の評価をし状況を把握します。
    やる気については、行動でしか判断しにくいところがあるので、どう評価をするべきか悩んでます。

    2022-10-19
  • sairyo

    営業

    評価の絶対視に気をつけながら、細分化した業務ごとに使う

    2022-10-07
  • 100978

    営業

    チームメンバーとのコミュニケーションが必要。

    2022-08-01
  • toyohiro1984

    メーカー技術・研究・開発

    チームを任された際の状況把握に活用します

    2022-06-21
  • hontake1202

    人事・労務・法務

    部下のSkill,Willを把握しそれにあった指導方法を考えることが組織の総合力アップにつながる。

    2023-12-10
  • 333my

    金融・不動産 関連職

    業務により必要スキルも異なるため、ハロー効果に気を付ける必要がある。また、真偽のウィルの見極めも重要と考える。

    2022-08-20
  • hnii

    メーカー技術・研究・開発

    評価がほぼ2段階しかないためできれば幅を作りたいが、そこで報酬が大きく変わるわけではないため難しいところであるが、評価の参考にはなる。

    2022-07-31
  • hirokazu-i

    人事・労務・法務

    考え方、それぞれのプロットした部下への指導方法など参考になる点があった。

    2022-09-27
  • namuami

    営業

    skill-willマトリクスは、具体的な指標を定めるのが難しそう。まずは、分かり易い業務遂行能力と仕事の姿勢から始めよう。
    でも多くの人がwillは高いと思う。。
    目に見えて低い人はそんなに居ないな

    2023-01-09
  • imai_h

    マーケティング

    やる気とスキルが伴わない人員は結構いて、分けてアプローチすることは大切だと思います。両方そろえばもちろん良いのですが、なかなか難しく、一人ひとり見ていくしかないです。
    とりわけ、スキルは高いのにやる気は高く無い方は、機会を与えるだけでは動かす、どう対処するのがよいのかフォローがたいへんです。

    2022-11-29
  • dyiqua

    営業

    ハロー効果は社内では特に影響していると認識。
    一方で営業等は対社外的にハロー効果が良いように働くケースもあり、故に体育会が就活で有利 と言われているのかと思った。

    2022-07-13
  • mamoru_0728

    経営・経営企画

    1.スキルは高いがグループ全体で良い影響は与えない言動行動が多い方
    2.スキルはまだまだ未成熟も、何事にも前向きに捉えてくれる方

    2の方を引き上げるために、1の言動行動を改善させる

    2024-06-23
  • southcamel13

    営業

    相手に応じた支援を考える上で参考にできる考え方。
    ただ、プロットや2軸は本当に難しい。。

    2022-07-03
  • eisukes

    販売・サービス・事務

    ハロー効果やバイアスに注意する

    2024-02-24
  • gouda0922

    経営・経営企画

    参考に作成してみます

    2023-02-28
  • vegitaberu

    人事・労務・法務

    どんなツールでも同じかもしれませんが、マトリックスの基準を決めるのが難しいと感じます。
    それぞれに環境、考え方が異なる中で、どのような目的と基準を設定し、それに妥当性を認め合うことができるか、他者との間で活用する売位には、その説得力に注力したいと思います。

    2022-08-29
  • yamamoto05

    営業

    ちょうど新しい組織を任されたので意識してみたいと思います

    2022-07-23
  • hiroshi-sakata

    営業

    逆回答を幾度かしました。
    内容は、文章は最後までしっかり見るべきですね。
    勉強になりました。

    2022-10-24
  • kamiyan

    メーカー技術・研究・開発

    部下の成長を可視化する

    2022-07-19
  • itsui

    建設・土木 関連職

    自分自身理解度を深め業務に活用していく

    2022-07-20
  • tepnagura

    その他

    新しい職場でのチーム傾向を掴むのに早速使ってみる。前任の評価も参考にしたいが同じ手法は使っていないことが心配

    2022-06-21
  • kfujimu_0630

    マーケティング

    SL理論と組み合わせて使ってみようと思いました。

    2022-06-22
  • soutanosora

    建設・土木 関連職

    チーム内の資格取得の順位つけやモチベーション向上に役立てたいと思う

    2022-08-05
  • nishimura_ntk

    販売・サービス・事務

    チームで成果をあげる意識を高く持ち、認知バイアスに気をつけながら、一人ひとりに目を向けていきたい。

    2024-06-21
  • sayakamsayakaja

    人事・労務・法務

    もう一度みんなの状況を振り返り、より一人ひとりに合ったサポートをする

    2024-06-08
  • hikoaz

    人事・労務・法務

    店舗での人員バランスや、配置の上でも必要であるし、各上長がスタッフに対して、どのような眞年ジメントが必要かを考える上で、重要なものであると感じました。

    2023-08-19
  • gonmizu

    資材・購買・物流

    まずは自分の部下がどのあたりにいて、どんな教育がむいてるのか、スキルウィルにプロットして把握していきたい。

    2022-11-21
  • akiaki2900

    人事・労務・法務

    Wil低めのメンバーが多かった。

    2023-08-14
  • fumisky

    資材・購買・物流

    チームメンバへの業務アサインや成長支援を行う際に、各個人に特化した支援やマネジメントを実施できると思いました。

    2022-07-31
  • yamaguchi__kkk

    IT・WEB・エンジニア

    本人のキャリア目標を聞き取りその目標に向かって育成する事が、離職率の低下と職場貢献の活動になるのだと感じた。
    ただ、将来的にすでに転職を考えて業務を行っているメンバーもいるため、そのようなメンバーのWillを高めていくことは難しいかもしれないと感じている。

    2024-02-05
  • mao-joan

    経営・経営企画

    SKILLとWILLの評価項目の設定が重要だと思う。

    2022-10-10
  • a-noriko

    人事・労務・法務

    チームの全体のバランスを考える上で、マトリックスを作ろうと思いました。
    自分のチームだけでなく、他のチームも同様に作ってもらって、リーダー間で比較して考え合うとより明確になると思いました。

    2022-07-03
  • sai06

    建設・土木 関連職

    日頃から気にかけながら業務にあたりたいと思う。

    2023-08-08
  • sk_20211018

    専門職

    スキルのみにとらわれて、人材配置をしがちであるが、確かに意欲も重要な軸であることは納得できた。スキルは高いが意欲が低い方の扱いは特に重要と感じた。

    2022-10-01
  • ben3369

    その他

    設備課に所属し、職場活性化や人材育成・風土醸成を担当。その目指す方向性に対し、所属メンバーのSkill-Willマトリクスを作成。その所属に従って支援方法を考えていく。具体的には、いわゆる諸活動(安全・環境・5S・改善提案など)が低調なので、各推進役を中心に職場全体で風土醸成をしていくのだが、メンバーのSkillよりもWillがより低いので、定型的な活動をメインとしながら小さな成果を積み上げ、徐々に権限を持たせるような動きを意識していく。

    2023-12-15
  • kiee

    経理・財務

    メンバーのやる気を評価するのは難しいと思って、普段の返答の速さや意見の多さなどで判断しがちだったが、決してそれが正しいわけではない。公平に認識して、その人に会ったフォローの仕方を行いたいと思った。

    2022-11-14
  • yasu-okazaki

    メーカー技術・研究・開発

    ハロー効果に注意し、WillとSkillを客観的に評価するように心がける。

    2022-06-22
  • tetsuya1119

    営業

    チームビルディングを行う際に、各メンバーに任せる役割を考える際にSkill-Willマトリクスを作成してみようと思いました。

    2022-06-28
  • yasushi_0724

    その他

    評価の定義が少々難しい印象がありますが、部下育成を進めていくのに有効な手段だと思いますので、活用していきたいと思います。

    2022-07-31
  • karuta_marsa

    営業

    メンバーに対して、アプローチの方法が異なることに気づけたことがよかった。

    2022-07-26

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。