キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

部下の自律を促す仕事のデザイン

  • 0h 41m (6sections)
  • 組織マネジメント
  • 実践知

このコースについて

 リモートワークの普及や急激な市場変化などによって、私たちはより自律的な働き方が求められるようになりました。そもそも自律とはどのような状態で、何をすれば自律を促すことができるのでしょうか?
 このコースでは「仕事のデザイン」をテーマに、仕事内容を面白くしていくことで、自律レベルを高めていくアプローチについて解説します。メンバーの創造性や生産性、パフォーマンスを高めるために、職務内容や職場環境をぜひ戦略的にデザインしてみてください。

講師プロフィール

神谷 俊 株式会社エスノグラファー 代表取締役

法政大学大学院経営学研究科 修士課程修了。経営学修士。2016年9月に株式会社エスノグラファーを創業。人事・組織領域やマーケティング領域において、学術的な分析アプローチを用いたリサーチ&コンサルティングサービスを展開している。2020年4月にはVirtual Workplace Lab.を発足。リモートワークに従事する従業員のリスク抽出や、バーチャルワークプレイスを展開する企業の組織課題抽出に特化したサービスを提供する。著書に『遊ばせる技術 チームの成果をワンランクあげる仕組み』(日本経済新聞出版 2021年刊行)がある。
(肩書きは2022年12月撮影当時のもの)

コース内容

  • コース紹介
  • 自律という概念を理解する
  • 自律レベルが上がるメカニズム
  • 自律を促すための職場環境デザイン
  • 自律を促すためのジョブ・デザイン
  • まとめ

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • bcb0966

    その他

    この動画はかなり有能です!

    2023-03-04
  • minami1357

    その他

    管理職が学習すべき内容だ

    2023-03-22
  • m317a

    金融・不動産 関連職

    自立には高低があるにはなるほどと感じた。
    適度な刺激を意識した面談をしたいと思う。

    2023-06-08
  • yosshi--

    営業

    メンバー自身でタスク・人間関係・仕事の意味づけをアレンジしていけるよう、メンバーの能力に見合った刺激や挑戦を提供し、メンバーの自律のスイッチを押す。

    実現に向け、特に下記を実践。
    1. メンバーの意見によって状況が改善されていくよう、丁寧に対話をする
    2. 最終目標・数値化・スケジュール・ミッションとの連動性等の枠組みを作ったり、プロセス・成功要因等についてイメージがわくようにすることでジョブをデザインする

    2023-03-04
  • tatsuro-kochi

    メーカー技術・研究・開発

    部下の能力に見合った刺激や挑戦を提供する
     挑戦:部下が主体となって挑戦を作っていく
     刺激:自分の業務を幅広い視点で俯瞰的に捉える
       小さなアクションを育てる(目の前のことで評価しない 深化と探索)

    対話をする時には『リクエスト』ではなくお互いの『ニーズ』を話す 主語は自分

    自分自身の自律レベルを高める

    これらを意識したい

    2023-03-19
  • ozawa_h

    IT・WEB・エンジニア

    自分の立場ではなく、相手の立場を考えて話すようにします。

    2023-03-03
  • mid-54

    メーカー技術・研究・開発

    最後のコメントが一番刺さりました。自分が全然自律レベルを高められていないのが気になりながら聞いていたので、まずは自分から。
    そして並行していかに部下に自律レベルを高められるようにアプローチできるか、やってみたいと思います。

    2023-03-24
  • sa37

    人事・労務・法務

    結局、好きこそものの上手なれ、を意識しながら部下をリード、サポートすることが肝要だと再認識しました。

    2024-04-20
  • h773

    営業

    自立レベルの高める方法をイメージできました。
    今後は、部下のパフォーマンスを高めるためのコミュニケーションを意識していきたいと思います。

    2023-03-22
  • halcy

    人事・労務・法務

    部下のエンゲージメントを高めるため、可能な範囲で業務処理上の裁量を与え、「仕事を任せて行く」。目標設定への部下の参画と共に、目標へのアプローチ、方法に関して部下の意見を反映してやるようにジョブデザインして行く。

    2024-06-07
  • ng1987

    経営・経営企画

    自律を促す為、5つのレベルがある事を理解しました。部下のメンバーが意識を上げるよう、いろいろと
    施策を実施したいと思います

    2023-11-09
  • yokoyama_katsu

    メーカー技術・研究・開発

    自律ということについて感じていたことが理論的に説明いただいたことに感銘した。目標を設定するときにすり合わせが重要なのは理解していたが、担当者の意見でタスクを設定することの重要性を理解できた。幅広く選択肢を与え能動的に刺激を求めていくことが自律的なな行動を促すことを考えていきたい。

    2024-01-11
  • ogawa_ryuuji

    営業

    目からウロコでした。
    漠然と今のマネージメントに不安を抱いていましたが、メンバーの自立を促すオペレーションには、メンバーのニーズを確認し、会社とメンバーの向かう方向性をすり合わせする事、対話の重要性を改めて認識できました。

    2023-12-22
  • watata32

    販売・サービス・事務

    何事にも会話(対話)が成功の秘けつかなと感じた。

    2023-07-21
  • nagaoki

    専門職

    管理職としてのタスクをこなす中で、まず自分自身の自立を高めるべきという内容にはハッとさせられながらも、同時に難しさも感じました。

    2024-03-23
  • snoopy22

    人事・労務・法務

    自律の段階別の考え方や対応方法については、よく勉強になった。
    フェーズごとの対応を誤ると、逆効果になりかねない。

    2023-07-14
  • satoshiishikawa

    専門職

    現状、ルーチンの仕事で満足している社員も少なからず居る。与えられた仕事をこなすだけでは自律性は望めない。部下のレベルアップを図る方法として組織として大きな目標を掲げ、個々人に目標を考えされることが大切である。

    2023-12-29
  • e-akiyama

    販売・サービス・事務

    研修を聞いている中で、してはいけない行動をとっていたことに反省している

    2023-07-25
  • osakakei

    経営・経営企画

    ただ指示するのではなく、どう思うかを聞くことの重要性を再認識できました。

    2024-01-18
  • kotoyoda

    専門職

    「自立」に関する観点がとても勉強になった。「やらされている」状況より「やりたい」と思える環境が理想的であることは承知していたが、部下に対してそのように思わせるマネジメントがあるのだと勉強になった。実情として中間管理職も上からの指示を受け仕事を「やらされている」状況が多々あり、同様に部下へ指示してしまう場面も多々あった。今後これらの状況を如何にマネジメントしていくか、自分の仕事がどのような成果に繋がるか、といった点を意識していきたい。

    2024-03-27
  • yuki-1203

    販売・サービス・事務

    部下の自律レベルを高める前に、管理職(自分自身)の自律レベルを高める必要がある。
    これはハッとさせられた。
    自分自身が楽しく働いてないのに、部下が主体的に働くわけないですからね。

    2024-05-28
  • n-murabayashi

    営業

    自立レベルの構築の再確認

    2023-08-25
  • mempelajari

    販売・サービス・事務

    仕事のあるぺき姿、理想。管理職でないため、現実には難しい部分も多いが、対話をすすめる、適度な刺激を与えるなど意識したい。

    2024-01-26
  • ryota_0505

    IT・WEB・エンジニア

    自分自身の自律レベルは責任感にとどまっていることを気づかされた。

    2024-02-25
  • manabiwamaru

    営業

    部下の自立性を促す為にも、何故、自立性が大事であるのか、そのためには何をすべきかを、意識した上で行動を促すことを実行していきたい。

    2023-08-08
  • yoshikatoo

    メーカー技術・研究・開発

    今回の内容をチェックリストとして、手元に置き、意識していきたいと考えます。
    役職が上がる方が、魅力的なことを見せてあげたいです。

    2023-12-25
  • mato_masa

    その他

    各自のレベルに応じた目標を自ら立てさせることを指導します。

    2024-01-03
  • nyonyosan

    営業

    管理職も自立が必要だということを認識しました。色々仕事の進め方を考えさせられました。

    2024-03-17
  • sakuraji-ma

    メーカー技術・研究・開発

    最後の部下の自立レベルを高める前に、管理職の自立レベルを高める必要性があるが印象に残りました。

    2024-04-24
  • ito_akihiro

    営業

    ジョブデザインのポイントは、”刺激”。
    良い刺激をあたえていけるように意識して取り組みたいと思います。

    2024-05-14
  • houmuchizai_001

    人事・労務・法務

    部下を自組織に閉じ込めないように、他部署や外部との接点が増えるように意識的にアドバイスすることが重要だと感じました。
    また、対話感を重視し、相手の意見を聞きながら、アクションに落とし込むことが大事だと感じました。

    2023-05-15
  • yjsgt9715

    メーカー技術・研究・開発

    うなずける点が非常に多かった。また、ダメな例が示されていたが、これまで違和感を感じながら仕事をしていた時期の様子と同じであったことから合点がいった。自分が部下に同じことをしないようにしなければと改めて思った。

    2024-03-29
  • sw_kaz

    IT・WEB・エンジニア

    これは、本当に学びになりました。
    メンバーからは、似たような声をもらっても
    環境提供ができていない自身への反省と
    自ら実践して、メンバーにも安心して
    取り組んでも大丈夫と感じてもらえるように
    していこうと思います。

    2023-10-09
  • y-yamazato

    営業

    各スタッフが自立し、自分の目的を果たしていく。そんな集団になるといいが、自己が強くなり過ぎると、まとめることを大変になるのでいい方向に行くように、途中途中の軌道修正も大事だと感じました。

    2023-11-15
  • tkajino4938

    経営・経営企画

    部下の自律性を高める意義について理解した

    2023-12-31
  • dkozuma

    その他

    部下との対話では一方的にリクエストをするのではなく、ニーズを求めながら言葉のキャッチボールができるように意識していく。

    2024-03-27
  • nov2501

    IT・WEB・エンジニア

    部下に対してどうすれば?というつもりで見始めたが、早々にこれは自分の話だ、と思い直しながら拝聴した。

    2023-08-13
  • t-etou

    メーカー技術・研究・開発

    自立意識を高める働きかけをすることは重要だと感じました。

    2024-03-28
  • kazuyoko

    経営・経営企画

    自身が統括している部署は多くの部門と関わることから、とかく依頼事項の処理に埋没してしまう事がある。業務が「処理」に追われて自律から自然と遠ざかっており、部下の自律を促すための手法を少しでも取り込んでいきたい。

    2024-03-20
  • shopjibun

    営業

    何気ないコミュニケーションから刺激を受けたり、情報収集していく大切さを気づかせることは難しい。
    その情報を使えることが理解できない人や使い方がわからない人がいるからだ。
    遊びと認識させることがヒントなのかもしれない。

    2024-05-28
  • yas_2022

    営業

    部下に任せる業務レベルの選択をより丁寧に考えるようにしたい。

    2024-01-26
  • 001958

    その他

    部長の立場で課長とコミュニケーションをとる中でも、Driven to workとなってる場面を多く見かけます。特に当工場の50歳以上の管理職にその傾向が見られます。もしかすると、私の想いが部下管理職からみれば、リクエストになっていたのかもと思えます。いまいちど「ニーズ」として捉えてもらえるよう、会話をしてみます

    2024-01-08
  • hatsutani921011

    販売・サービス・事務

    とても参考になりました。今後の業務に活かして参ります

    2023-10-22
  • hiroshi-kondoh

    メーカー技術・研究・開発

    プロジェクト内での一装置の担当者の能力が上がらず、運営全体にも影響が出ている状況で、タスク、スケジュールも管理しながら、相談者も付ける対応してきましたが、まだ効果がありませんでした。
    コミュニケーションもなかなか取らない部下ですが、一歩立ち返って、こちらからの積極的な対話から道を作っていければと思います。

    2023-05-02
  • tattu99

    IT・WEB・エンジニア

    組織として業績目標をマネージャー自身が自分の言葉でメンバーに説明し対話しながら各メンバーの目標設定をしていく。また、目標設定においては上から落とすのでは無くてメンバー自身に決定してもらえるように促す。

    2024-05-31
  • satoshi_w

    メーカー技術・研究・開発

    自律度の高い状態=遊びに近い状態。これが1番学びになった。趣味は確かに知識吸収速いですもんね!

    2023-12-06
  • masao_yamashina

    経営・経営企画

    今回学んだ内容では、「部下が楽しんで仕事をしている」=「職場に活気があって、それが会社の業績にも現れる」というイメージを強く持ちました。
    私が社長として在籍している会社では、業務の特異性もありますが、上司からの指示待ちが多く、自律的遂行が出来る社員はそう多くいません。それは、これまで在籍して来た管理職と社員との間で、仕事に関する真剣な対話が少ない事が大きな要因だと考えています。上司から部下への一方通行な意見だけでは、部下はそれを「指示」と受け止めてしまい、部下のモチベーションも上がらず、ただただ仕事をこなしているだけでしかありません。
    部下が自律的に業務を遂行出来るためには、まず部下の能力、スキルをよく理解した上で、多くの経験を積ませる事が重要だと思います。初めは「上司から与えられた仕事」と受け取ってしまうかも知れませんが、上司が一緒になって仕事のやり方、コツを教えて、トライアンドエラーを繰り返していく事で、徐々に仕事のこなし方がわかって来て、時間と共に自ら意欲的に取り組んで行けるのだと思います。
    ある程度、上司の助力無しでも仕事がこなせるようになった段階で、ある程度の裁量を与えて、成功経験を積み重ねていく事で、部下の「自律のスイッチ」が入り、気持ちが入って行き、仕事が楽しい・面白いと感じていけるレベルへつながっていくと思います。
    実際に自分が持っている人脈を使って、取引先を部下と訪問し、仕事につなげる事を実施しています。部下であるメンバーとは、日々情報を交換し、部下の意見を取り入れながら、モチベーション高く業務に取り組んでくれています。
    部下の意見を取り入れた綿密なコミュニケーションによる経験の積み重ねが自律的遂行につながり、職場の活性化、会社の業績にも大きく影響すると改めて感じました。

    2024-03-27
  • cokita

    メーカー技術・研究・開発

    この講座で自律を促すためには、まず自分のことを知る必要があると感じました。つまり、過去のキャリアから今後のキャリアを考えるにあたり、強みと弱みを把握して数年後にどうありたいかを決める。自分自身の方向性がわからないと1on1の目標設定で、リクエストではなくニーズを出し合うことができない。よって、まずはキャリアデザインをつかむことから始めようと思います。

    2024-03-20
  • takehiro-minami

    営業

    自分も、グループのメンバーも、ドリブントゥワークでしか動いていないことがないか。
    上司からの命令、指示でしか仕事をしていないか。
    それに近しい状態の気がする。
    これを改善するためにを考える事が一番の仕事になるのではないだろうか。

    2024-03-28
  • suzukinote

    営業

    刺激が必要
    考えることを継続する必要性

    2023-06-09
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    理解が深まりました。
    まだまだボヤっとしていますが、数をこなしてしっかり腹落ちさせたいです。
    まずは、自分自身の行動を変え無いといけません。相手は変えられない。

    2023-03-17
  • ken-kure

    建設・土木 関連職

    自律のレベルの話やジョブデザインと勉強になりました。もう一度私も見つめ直し、部下の自立を促していきたいと思います。

    2023-12-06
  • 100015

    専門職

    上司、部下共にまずは楽しむことから始めていきたいと思います。

    2024-03-07
  • ytokiwa

    マーケティング

    当社が自立しにくいやらされている感満載の職場環境であることを改めて認識させられました。

    2024-01-23
  • eijimasuda

    経営・経営企画

    自立は重要だと思います。

    2024-06-10
  • kotetsu_u

    メーカー技術・研究・開発

    これからグループのリーダーとして業務を遂行するときに学習できてよかったです。役割分担する時に対話しながら一緒に決めていく姿勢を大切にしたいと思いました。また、部下に焦点が当たっていましたが、実際自身の自律レベルも上げて遊びの領域にまで引き上げる必要も感じました。そのために、目先の業務に追われないタスク管理とさまざまな情報をキャッチするアンテナを張ることから始めたいと思います。

    2024-05-28
  • nokuroki

    メーカー技術・研究・開発

    内容的にかなり勉強になりました。今までは自律と言っても簡単に考えてただけでその言葉を深く考えようとはしていませんでしたが、今回の学習で言えば自律には低・高があることも改めて認識しましたし、そんな内容も踏まえ今後に向けて学習はどんどんして行きたいです。

    2024-03-29
  • m-manabi

    専門職

    刺激を与える職場環境にするのが難しい

    2023-12-24
  • fuku-suke

    金融・不動産 関連職

    自律にはレベルがあるというのは新鮮な学びであった。現実面に置き換えて、ジョブデザインを上司として改めて考えようと思う。リクエストではなく、あなたはどう思う?どうしたらいい?という問いかけを意識して増やしたい。やはりコーチングが大切だと改めて感じた。

    2023-08-14
  • naninu

    営業

    リクエストではなく、ニーズを話す

    2023-06-14
  • auchiha

    販売・サービス・事務

    部下育成がマネジメント中心だったので、リーダーシップも取り入れ、自律を促したい

    2023-12-03
  • naka76406

    IT・WEB・エンジニア

    自分の実体験から自律レベルを上げる方法の糸口が見えた気がする。
    また1on1ミーティングで会話する内容もヒントになった。

    2023-08-06
  • yozasa

    営業

    自分自身及び部下の自律を促す手法を勉強する良い機会であった。部下に仕事を楽しんで貰えるような環境づくりを目指していきたい。

    2024-01-28
  • hinokichi

    メーカー技術・研究・開発

    部下の自律レベルを高めていくのはなかなか難しい。ここ最近(2,3年)で入社した社員は、Z世代というか、自分をレベルアップしていこうと考えていない感じがする。このような人の自律レベルを上げていくのはどうしたらいいか悩んでいる。

    2024-02-23
  • takitomoharuto

    メーカー技術・研究・開発

    外部からの自分の評価を得るという点は、自身も思うところなので、非常に共感が持てた。

    2023-11-23
  • user2854

    メーカー技術・研究・開発

    自身の自立を再構築してから、部下の自立を促すようにした方がスムーズに自立を促せると感じた。

    2024-03-27
  • yas_fourier

    マーケティング

    適切な目標レベル
    「これやって」ではなく「私はこれをして欲しい」という言い方

    2023-03-21
  • 0591

    金融・不動産 関連職

    私自身の過去を振り返ってみると、自主的にある程度の権限を譲渡され、やりたいと思うことに取り組みさせていただいたときに能力が向上したと実感しており、その時の上司等には感謝しております。逆に対話もなく、目標等が指示としてただ降ってきて権限も何も付与されていない状態のときは組織にいることも正直いやで仕方がありま

    せんでした。自律的に取り組みできるよう、メンバーの意志を尊重し、自律的成長を促せる環境を作れるように尽力したいと思います。

    2023-08-20
  • koichi_onishi

    経理・財務

    指示されたことを懸命にこなす部下に対しては、本人の成長のため、自ら課題を提案し、課題解決に取り組んでくれるように対話したり、ヒントや機会を提供しているが、部下の心には響かないようで悩んでいます。今回の研修では、部下の自立を促すヒントを数多く提供していただいたので、実践していきたいと考えています。また、上司自らの自立について言及されたことも自省し、自らの成長につなげたいと感じました。

    2024-02-10
  • mori-daisuke

    販売・サービス・事務

    負荷ではなく、仕事を面白いという風に感じるようジョブデザインを行うのは、これまでの業績管理とまた異なった視点で仕事を見つめ直す機会であると思いました。決して簡単ではありませんが自分自身も含め挑戦してゆきたいと思います。

    2023-08-26
  • kimura1975092

    経理・財務

    部下の成熟度に応して求めらる部下へのマネジメントを変える必要がある。部下一人一人の知識、経験、能力をに応じて仕事のデザインを行い部下の自立を促してことが大切である。具体的には、将来のキャリパスを見据えて今後必要になる知識、経験、能力、現在の知識、経験、能力とのギャップを共有、意識した仕事のデザインを行っていく。

    2024-05-28
  • ymas11

    人事・労務・法務

    日々のルーティン業務、作業を行っている部門において自律的成長、リーダー自身のニーズをどこに見いだすか。

    2023-08-13
  • nobu_masumoto

    その他

    高い自立を目指させるように刺激を与えられるような面談の必要性を学んだ。
    日頃からニーズを話せるような場を持ちたい。

    2024-02-02
  • n-ochi

    その他

    ①自立の高低。②刺激を与える。③少しづつレベルアップした仕事の割り振り。④コミュニケーション。最後に自分自身の自律が必要であること。

    2024-01-04
  • te_yamagu

    営業

    自立レベルのグレード内容が興味深かったです。

    2024-03-20
  • ymatyu

    経営・経営企画

    深く共感しました。仕事を自分事で考えて欲しい。このように従業員を導くためにどのような対話をするべきか個々人の性格に合わせてかける言葉を日々考えていました。その考えが整理できるような気がします。また、自分には足りていない部分もあることがわかりました。刺激の視野を拡張させる視点です。これを考えるための枠組みが4つあることがわかりました。どの従業員をどの方向に導くのか考えてみたいと思います。大変勉強になりました。

    2023-08-16
  • eekagennnisei

    経営・経営企画

    1on1面談で必要な会話内容が整理できました

    2024-01-05
  • h-chikai

    営業

    部下の自律を促すには先ず上司の自律が必要ということを学びました。

    2023-07-13
  • papala

    IT・WEB・エンジニア

    部下との面談でニーズを話そうと思う

    2023-10-30
  • masa-1980

    メーカー技術・研究・開発

    部下とのOne on Oneで話すべき事やどのようにグループでの対話を進めるかの参考になりました。まずは自分の目標長期的に達成したい事を伝える事から始めようと思います

    2024-02-25
  • kimura363

    IT・WEB・エンジニア

    こんな結果がほしい。こんな状態にしたい。まずそうした欲求を認め、手を着ける。それが許される状況を醸し出す。目的を共有し、着手を喜び、失敗に興味を持ち、成功を画策する。仕事のとらえかたを自由にすることで自律的な働きかたを工夫していきたい。

    2024-04-15
  • hiwatari-susumu

    経理・財務

    部下の自律を考えることは自分の自律を考えること 刺激的でした。
    未来と横を考えて、仕事の幅を一歩ずつひろげながら背伸びすると到達できる仕事を一緒に取り組んでいきたい。

    2023-11-03
  • kandada

    専門職

    自律的な人材育成に参考にします。
    特に対話的利用に関しては勉強になりました。

    2023-08-13
  • nompty

    営業

    管理職の自立を先ず見直す事も重要。それがないと部下の自立は難しい。

    2024-03-18
  • kazuwata

    専門職

    部下に指示ではなく、刺激を与えて、やらなければならないから、これをやりたいと思わせる事が自立を促す事になる。その為には、会社、組織の状況を共有化したり、関係部門、関係者とコミュニケーションを促したりする事が大事。MBOでは、とかく、何ができている、できてなかったと振り返る事が重要だと思っていたが、やりすぎると自立レベルを落としてしまう、自分自身がこうありたいと自分の自立性を示しながら部下に促す事が重要である事がわかった。

    2023-06-01
  • wolfrera

    メーカー技術・研究・開発

    現在マネジメント対象の部下が9名ほどいる。各人に指示を出すようなやり方では手が足りなくなるため、自律して自発的に動いてもらいたいと考えていた。今回、自律の中で真面目さによる自律はレベルが低くて遊びによる自律を目指すべきという学びを得て、自分自身の適正な刺激とはなんなのか、部下にとって適正な刺激とはなんなのか、部下との対話の中で見出していきたいと思う。

    2024-03-20
  • shinya-kita

    営業

    組織ではキャリア自律を促すこととマネジメントが同じように捉えられているのではないかと思う。人材育成の観点では、成功体験が必要であり、細かい目標設定も試みるが、それも「あなたのキャリアパス次第」という都合の良い言葉となる。結局はモチベーションは自己満足でのキャリアアップでしか獲られないのかと思うと、マネジメントの在り方が問われる気がします。

    2023-05-28
  • kuniyone

    メーカー技術・研究・開発

    業務進捗管理について、対話を多く取り入れ、Driven to workにならないよう部下とのコミュニケーションを重視した取り組みが大切と感じました。

    2024-02-05
  • myoshiro

    金融・不動産 関連職

    主語を自分にすることの大切さを感じました。
    部下よりまずは、自分自身が自律的になること、とても響きました。

    2024-05-06
  • 7031

    経営・経営企画

    管理者を目指すものとして大変勉強になりました。

    2024-01-17
  • yasuko1785

    IT・WEB・エンジニア

    自律にはレベルがあることを理解した。また自身の自律レベルがどのレベルであるかも理解した。私自身は管理職ではないが、上司からもらったヒントをうまく活用し、今以上に自律したレベルになれるように努力したいと思います。

    2024-04-22
  • kotakashi

    マーケティング

    自身の経験を振り返っても、低いレベルの自律→高いレベルの自律というのは腹に落ち、高いレベルで能動的にメンバーが興味・関心をもって動きやすくなるために支援することが重要だと改めて思った。ただ、そのメンバーの興味・関心を知る・理解するにもメンバーとの関係性等ができないといつまでたっても把握ができなかったり、(提案する)仮説が合わなかったりすると思う。結局採用時等でこのあたりを見定めておくことの重要性や接点を持つようになったあとのコミュニケーション能力・コーチング能力が問われるのではないかと思った。

    2024-05-13
  • nozueb

    メーカー技術・研究・開発

    現在、後輩の面倒を見ていますが、後輩の自律を促すために応用していきたいと思います。

    2023-11-05
  • k-tsunoda971078

    販売・サービス・事務

    部下の自律と言われると難しいような気もしますが、自分自身が経験した仕事に対する自律(仕事が楽しくできたとか・・・)の経験を伝えることをまずやってみてかなと思いました。

    2023-07-25
  • thnsk

    営業

    管理職の自律を促すという点を意識して業務を行う

    2024-03-23
  • uuuyama

    メーカー技術・研究・開発

    最後のジョブデザインは、部下と対話して、こういったことをやってみたらいいと思うけどどう思うかと、提案していく。具体的や進め方は本人に決めさせていくことで、driven to workを防いでモチベーションを高めて、刺激的な仕事を割り振れるようになる

    2024-05-24
  • ay25

    販売・サービス・事務

    部下の自立を高める前に管理職の自立を高める必要があるというのは本当にその通りだと思いました。上司自身が会社から与えられた目標を達成することだけを目的に仕事をしているようでは、部下に対して自律的に仕事をするとはどういうことか、語れないと思います。

    会社から与えられた目標を達成することも大事ですが、目標はその業務や会社が果たすべき目的を果たしているか、判断するためにあるものだと思います。
    まず「何のためにこの業務があるのか」「最終的にあるべき姿」をイメージして、自由な発想で部下が自ら仕事を作り出し、自己成長していけるようなサイクルを作り出していきたいです。

    2024-06-05
  • osfujiwara

    建設・土木 関連職

    現状で当てはまる項目がありました。中々すべての部下にすぐに理解(納得)させる事は困難かと思いますがイメージしやすいと感じました。

    2024-03-31
  • kongkong

    メーカー技術・研究・開発

    自立にはレベルがある。やらされてる感ではなく、自らやりたいと思う職場環境の構築が初めに行う事。
    どうやってレベルを上げるか、キャリアプランを一緒に考える等の寄り添い、自分の仕事がお客様にどのように伝わっているかを肌で感じさせるためにお客様と面談させる、などがある。管理職は、ビジョン、数値目標、期限を明確に示し、役割を構成する。その先の具体的なアクションについては、部下と共にニーズ姿勢で共に考える事が重要。

    2024-02-23
  • nakamura42211

    人事・労務・法務

    部下との101のやり方を工夫する必要があると感じた。

    2023-08-26

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。