キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

APV法 (調整現在価値)~事業の経済的価値を評価する方法~

  • 0h 9m (7sections)
  • 会計・財務
  • 初級

こんな人におすすめ

・ファイナンスの基本的な知識を学びたい方

このコースについて

APV法(Adjusted Present Value:調整現在価値)とは、事業やプロジェクトの経済的価値を評価する方法の一つです。
このコースでは、事業価値の評価方法をあらためておさらいし、その上でAPV法とは何か、WACC法との違いは何かについて解説していきます。
状況に応じてAPV法、WACC法を使い分けられるようにしておきましょう。

※このコースを学習する前に、以下のコースを視聴することを推奨します。
・WACC
・フリー・キャッシュフロー
・節税効果

コース内容

  • APV法
  • 谷本係長の言葉の意味は?
  • 企業/事業価値の評価方法
  • APV法とは
  • 事例:APV法の計算
  • 岸田課長の例
  • コツ・留意点

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • cabin

    メーカー技術・研究・開発

    「事例:APV法の計算」におけるFCFの現在価値2,000万円がすぐに理解できなかった。
    高校数学を読み返し、
    100/1.05^1 + 100/1.05^2 + 100/1.05^3 + 100/1.05^4 +・・・+ 100/1.05^(n-1) + ・・・
    という「初項a:100/1.05、公比r:1/1.05」の無限等比級数の和で考えると、
    a/(1-r) = (100/1.05)/(1-1/1.05) = 100/(1.05-1) = 100/0.05 = 2000
    となってようやく「腹落ち」した。

    2020-04-30
  • beyondit

    コンサルタント

    永遠に続くとなぜ2000万なのかわからない

    2019-05-28
  • makizaki

    マーケティング

    未だによく理解できておらず、別教材で補修が必要と感じる。
    APV法ではFCFを現在価値に割り引くものは『FCFのリスクを表すもの』=『100%株主資本の場合のrE(株主からの期待収益率)』という部分がピンとこない。
    100万円のFCFが毎年予測される場合のFCFの現在価値を単純にrEで割って求める、というそもそものAPV法の考えが理解できていない。

    2019-07-03
  • ttsuyu

    マーケティング

    APVは難しくて理解できない

    2019-12-12
  • shinya1980

    経営・経営企画

    APVの話から急に分からなくなった。
    復習が必要だと感じた。

    2020-08-14
  • ta_d

    営業

    言葉が難しく動画で見れば理解できるが混乱してきた。また復習したい。

    2020-05-10
  • daiki215

    マーケティング

    Q6について、
    「現時点で有利子負債がある場合、「100%株主資本の場合の資本コスト」は現時点の株主資本コストとは異なるので、別途推計が必要である」
    が正解肢となっていますが、『現時点での資本コストとは異なる』の誤りではないでしょうか?
    Reは有利子負債の影響を直接受けないものと理解していましたが、CAPMでのβ値に間接的に作用するということでしょうか?

    2019-03-22
  • tsukekoshi

    メーカー技術・研究・開発

    将来資本構造が変わる見込みがある場合は、APW法の方がWACC法よりも好ましいことがわかりました。

    2021-04-29
  • zen626

    マーケティング

    意味がわからない。もう少しわかりやす作ってほしい

    2020-02-20
  • fpmaster

    その他

    APV 法での評価方法は初見であった為、学べて良かった。
    また復習していきたい。

    2020-04-03
  • saito-yoshitaka

    メーカー技術・研究・開発

    非常に難解な内容でした。一定のルールを確認しながら理解していきます。

    2022-05-16
  • yuki_0719

    マーケティング

    資本の調達方法により節税効果の額が変わる為、WACCよりAPVの方が現在価値の計算に適切であることがわかった。

    2020-09-12
  • shinya-sato

    営業

    言葉に翻弄され理解に苦しんでいる

    2022-12-01
  • ssuzuki

    IT・WEB・エンジニア

    馴染みがなく難しく感じる内容でした。

    2020-08-18
  • masaties

    メーカー技術・研究・開発

    APV法を用いる事でWACC法で網羅できない資本構成の変化に対応できるので、より実態に近い形で将来を予想できる。打ち手に対する自信を深めることができる。

    2023-08-17
  • as95

    人事・労務・法務

    キャッシュフローは売上げが大きく伸長した場合、悪化する傾向にある為、毎年一定額の返済が可能か不透明な部分もある為、年度ごとに再計算する必要があるように思います。

    2022-06-13
  • 35tyk8

    営業

    企業価値を図る際当てはめて計算してみる。

    2023-09-28
  • llasu_ito_0502

    人事・労務・法務

    とても難しいです。専門家的に、コアにやらないと、ついて行けないですね。私立文系と国立理系の決定的な分かれ目みたいですね。
    知見を深めないと、太刀打ち出来ない様に思いました。復習を主にして、次の再戦に臨みたい、と思います。ありがとうございます。

    2023-03-02
  • wkiymbk

    IT・WEB・エンジニア

    企業/事業の現在価値をフリーキャッシュフローの現在価値と節税効果の現在価値に分けて評価する方法であることを学びました。
    ここで得た学びは、会計・財務システムの保守業務、顧客担当者とのコミュニケーションに活用します。

    2020-10-21
  • llasu_ito_0502

    人事・労務・法務

    とても難しく感じました。知見、知識が無い証拠と思います。復習します。

    2022-11-04
  • hiro_yoshioka

    メーカー技術・研究・開発

    ちょっとこれだけでは、理解不足でした。
    実例まじえて復習したいと思います。

    2021-07-11
  • coppermountain

    営業

    資本構成が変わる場合はWACC法よりもAPV法の方が正しく把握できる点を理解

    2023-11-09
  • nemu_

    営業

    問5は節税効果が大きくなるから?

    2021-11-26
  • nnnnnnnnnnn

    営業

    APV法について理解が深まりました。

    2023-11-25
  • so-hara

    建設・土木 関連職

    APVをどのような場面で活用すればよいかイメージがつかなかった

    2023-11-18
  • yoko_0719

    マーケティング

    APV法、非常に有益な手法である事は理解できたのですが、計算式がごちゃ混ぜになっており、復習が必要と感じています。

    2021-10-22
  • 890279

    営業

    APV法では借入金を増やす事による節税効果は算出できるが資本構成や借入金比率等の財務リスクはどのように考慮すればいいのだろうか?補足してほしい。

    2022-11-11
  • hosako

    営業

    難しかったです。また復習します。

    2022-12-07
  • kfujimu_0630

    マーケティング

    APV法をメインにWACC法についても学びました。これまでアカウンティングの勉強を怠ってきたので、難しかったです。社会人の基礎知識として身につけられるよう、学習していきます。

    2021-02-02
  • 10716343564k

    専門職

    APV法は銀行等の企業価値判断基準のために作られたような気がする。

    2022-08-01
  • yanaga_kazuko

    販売・サービス・事務

    APV法やWACCを用いて、企業価値を評価することが出来る。

    2023-07-25
  • masa_watanabe

    営業

    実際は様々な要素が複雑に絡んでおり、単純化したモデルで理解したとしても、応用については難しいと感じる。

    2023-01-20
  • himo_sato

    経営・経営企画

    設備投資の評価の際、負債比率の大きさによっては、APV法で計算するほうが良い。

    2021-10-24
  • miyukimn

    販売・サービス・事務

    理解できた

    2022-06-25
  • sasaki_to

    メーカー技術・研究・開発

    WACC法、APV法とで企業価値を評価するが複雑ではあるが、納得できる

    2022-08-07
  • chagezo

    建設・土木 関連職

    WACC法とAPV法の使い方の違いが分かった。

    2020-09-22
  • ebinori

    メディカル 関連職

    APV法は事業やプロジェクトの経済的価値を評価する手法。フローキャッシュフローの現在価値と有利子負債の節税効果の現在価値、に分けて評価する。APV法とWACC法を使い分けて、評価するとよい、ことを学んだ。

    2021-08-21
  • mizue1

    資材・購買・物流

    企業事業価値を確認する際に活用できると思います。

    2022-06-30
  • d-suke1001

    営業

    将来の有利子負債比率が大きく変化することが見込まれる状況では、WACC法よりもAPV法が、企業価値を表すのは適しているということなのですね。

    2021-04-11
  • k_chuck

    金融・不動産 関連職

    WACC法かAPV法を使うかの選別基準は、両者の資本構造が一定比率であればWACC法でよいが、毎年変動(例:毎年一定額を返済)する場合はAPV法を使うと正確に計れる。

    2021-04-22
  • manabist123

    IT・WEB・エンジニア

    業務活用には、投資に関わる仕事に従事するなかで活きると思う。

    2020-01-23
  • bojiboji

    マーケティング

    FCFの現在価値を求める際の式が、その年のFCF÷株主資本コストであることの意味が分からなかった。

    2023-08-07
  • m_tsukagoshi

    その他

    資本構成が変わる(借入先や借入額、資本調達先)場合は分割して求めるAPV法の方が適している

    2022-05-07
  • shinji_2020

    営業

    APV法とWACCで大きく評価が違うこともあるのだろうか。

    2020-05-13
  • hi-maruyama

    資材・購買・物流

    とても難解でした。復習します。

    2023-12-05
  • todooki

    メーカー技術・研究・開発

    APV法の計算が少し理解するのに時間がかかった

    2022-04-26
  • taka3_98

    経理・財務

    APV法は活用したことが無かったので、今後活用について検討してみたい。

    2023-11-25
  • takato_yamada

    経理・財務

    投資判断する上で、重要な指標の一つだと感じました。

    2022-06-02
  • ida-ma

    メーカー技術・研究・開発

    よくわからなかった。

    2021-10-14
  • goda12611

    メーカー技術・研究・開発

    節税効果を加味した考え方であることは分かったが、計算の意味がすぐには理解できなかった。要復習。

    2020-07-20
  • chidori-nobu

    人事・労務・法務

    難易度が高く理解に時間を要した。

    2022-03-30
  • takashi_68

    その他

    APV法が、資本コストの変動に対応する計算方法であることは理解したが、この動画の説明だけでは理解できなかった。他動画の補足が必要。

    2023-11-03
  • 970372

    営業

    解説速度についていけていない。復習が必要

    2023-11-09
  • naoto-shiigi

    営業

    状況に応じて使い分けをする必要があることが分かった。
    自分としてはWACCの方がやりやすい気がするがAPVにも挑戦してみたい。

    2023-11-14
  • kei_c

    営業

    難しかったが節税効果をわけるのがAPV 法だということが分かった

    2022-06-05
  • h_dice-k

    メーカー技術・研究・開発

    APV法

    2022-02-10
  • k_takahasi

    営業

    とてもむずかしかった。

    2023-02-24
  • naghskj

    メーカー技術・研究・開発

    状況に応じてAPVとWACCをつかい分けるのが重要

    2019-11-10
  • takuya0803

    営業

    APV法の活用を理解しました。

    2023-10-21
  • kusirokoba

    その他

    今までで一番わかりませんでした。
    復習します。

    2023-10-23
  • ike10590

    営業

    有利子負債と株主資本の比率が異なる場合にはAPV法を用いる方が良いとわかった。今回は難しく理解はまだしっかりできていない。復習も怠らないようにしたい。

    2023-11-19
  • r-suzuki_foc

    その他

    有利子負債・株主資本の構成割合が大きく変動することが予想される場合には、WACC法よりもAPV法が有用であり、そのような案件を検討する際には留意したい。

    2023-05-06
  • hh04250608

    経理・財務

    有利子負債を持つ企業の価値評価方法はWACC法とAPV法の2種類がある。WACC法は将来のCFから企業・事業の価値を求める方法、APV法はFCFの現在の価値と節税効果の現在価値を分けて捉える方法である。将来にわたって資本構成が大きく変化すると見込まれるケースの場合はAPV法で計算するほうが適する。

    2023-11-24
  • tetsu_80

    メーカー技術・研究・開発

    設問でAPV方が有利になる条件がよくわからなかった

    2022-01-05
  • kenmochi0304

    メーカー技術・研究・開発

    実際にこう言った事例が身近でないので理解するのが難しかった。進むスピードが速く目が回りましいた。

    2022-06-01
  • minami0411t

    経営・経営企画

    わかりやすかったです。

    2019-06-02
  • miyabi141

    その他

    難しい、理解できなかった

    2021-06-02
  • ryo_nakashima

    営業

    今までで一番難しいと感じた

    2020-10-04
  • mitaka3

    クリエイティブ

    有利子負債による節税効果が発生する場合は、WACC法よりAPV法を用いた方が事業やプロジェクトの経済的価値を正確に推定することができる。

    2020-12-14
  • s-kataoka1970

    その他

    理解が進みました。

    2021-08-30
  • youshinkan

    コンサルタント

    割引率や節税効果という考えを意識する様にしたい。

    2023-12-14
  • s-kinoshita

    メディカル 関連職

    少し難しかったので復習したいと思います。

    2022-03-01
  • k_kusunose

    営業

    日常で体験する場がなく難しい

    2023-10-21
  • nkym_

    専門職

    資本構成が大きく異なるケースを想定しており、一般的にはなかなか活用する機会はなさそうだと思いました。そして、そのようなケースに出会った際は今回学んだことを思い出して、APV法で価値を計算することを心掛けたい。

    2023-10-24
  • big_007

    その他

    APV法に馴染みがなかったが、動画を見て理解する事が出来た。
    弊社ではWACC方が標準的な考え方であり、APV法は馴染みのない方法なのだが、これは株主資本コストも負債コストも殆ど変わる事がないと会社が考えているからなのだろうか?
    知見のある方がいらっしゃれば解説いただきたい。

    動画作成者の方へ
    事例の事業価値(永久債)の求め方・考え方は解説を入れた方が分かりやすいと思います。

    2021-01-30
  • daddyveroo

    経営・経営企画

    有利子負債がある場合はAPV法、有利子負債が無い場合はWACC法で現在価値を算出できる、というところまでは分かりましたが、その後の細かい計算は、よく分かりませんでした。まずは会社の財務状況に応じて、両方の算出方法を試して慣れていきたいと思います。

    2021-02-04
  • aiueokakikukeko

    メーカー技術・研究・開発

    基本的な言葉がわかっておらず、何度も復習しなければいけない

    2023-06-21
  • h-tomo

    営業

    難しくて理解できないので、WACC法から勉強しなおします。

    2024-01-20
  • onoza_6290

    IT・WEB・エンジニア

    実際の使い方は慣れが必要だと思った。資本構成が変わるとWACCは面倒だと思っていたが、それに対する対策があるのだとわかって良かった。

    2020-12-19
  • yasuda-gen

    営業

    APL法は有利子負債を考慮する為現実的な方法と考える

    2023-12-04
  • koichiro_130

    専門職

    もう一度勉強し直したいと思います。

    2021-09-07
  • hasshy

    営業

    分かりやすかった。
    反復して定着させたいです。

    2021-09-21
  • hari_tako

    マーケティング

    参考にし活用します

    2022-06-24
  • bt198922

    その他

    なかなか理解できない分野で苦慮しています。

    2023-12-15
  • solvakken

    IT・WEB・エンジニア

    難しく頭の中にすらっと入ってこないので復習が必要と感じました

    2022-12-12
  • sosasa

    その他

    聞いたことがない様々な方法が出てきて、理解に苦しんだ。

    2023-11-29
  • waiwaiwai

    資材・購買・物流

    日常業務で活用は難しいですが、考え方として勉強となりました。

    2024-01-11
  • kamiki-kun

    経営・経営企画

    正直わかりません。

    2022-08-28
  • s_kataoka

    IT・WEB・エンジニア

    APV法を理解することは重要だ

    2023-11-27
  • effectfoce

    営業

    未知識につきタメになった

    2021-10-02
  • takuyam2

    IT・WEB・エンジニア

     、

    2021-03-03
  • jett

    営業

    新たな気づきになりました。

    2019-05-19
  • tomborius

    IT・WEB・エンジニア

    難しい。
    WACC法との使い分けについてはもっと理解を深める必要がある

    2020-05-21
  • shuhei_yamamoto

    経営・経営企画

    節税効果を意識することにしたい

    2023-09-14
  • konihiro

    営業

    企業価値を図る計算方法も複数有り、上京中に応じた使い分けが必要。
    常日頃から物事を分析をする時は、1つの分析方法ではなく、状況に応じた方法を使う事が必要。

    2023-10-29
  • ikedokoji

    メーカー技術・研究・開発

    総合的な企業価値を比較する際に使える。

    2022-03-30
  • takeshi-n

    営業

    WACC法だけではなく、株主資本からのFCF現在価値の算出と有利子負債分の節税効果の現在価値を分けて算出出来るAPV法がある事を学んだ。
    現在の業務上で即活用出来る内容ではないが、覚えておきたい。

    2022-11-15
  • jirois

    営業

    特にありません

    2021-12-26
  • tsukasa01

    営業

    将来、資本構成が変わる可能性がある場合にはAPV法での評価が適切であるということを学んだ

    2023-11-25
  • kanekoshoichiro

    人事・労務・法務

    資本構成の変化が見込まれる対象会社の事業価値の正確な算定において活用されるものと思われる。

    2022-06-10

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。