キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

予測財務諸表(前編:予測P/L作成編)【新版】

  • 0h 48m (3sections)
  • 会計・財務
  • 中級

こんな人におすすめ

・予測財務諸表の作成方法を学びたい方
・事業の投資判断の精度を高めたい方

このコースについて

「予測財務諸表」は、その名の通り事業の未来を予測するための財務諸表です。会社や事業の将来について財務面から予測を行うことで、想定する施策を実行した場合、どの程度利益が見込まれるかなどを定量的に見積もることができます。

予測財務諸表と聞くと、日常業務では触れる機会も少なく、経理財務に携わる人が扱うものなのではと考える方もいかるもしれません。しかし実際は、どのような事業に関わる方にとっても、予測財務諸表を用いることで、将来を定量的にシミュレーションが可能となり、より自信を持った意思決定を行うことができるようになる、有効なビジネスツールであるといえるでしょう。

前編では、予測財務諸表の考え方及び予測損益計算書(P/L)の具体的な作成方法について、ケースを用いて学びます。動画を通じて、予測財務諸表の基本的な作成を習得し、自身の意思決定に役立てていきましょう。

このコースは、Excelワークシートを扱って予測財務諸表の作成方法を学習できます。以下のURLからダウンロードしてご活用ください。
https://learn.unlimited.globis.co.jp/assets/worksheets/5929/yosokuzaimu_excel_globis-manabihodai.xlsx
※第3回は前編、第5回は後編のコースで紹介します

以下の関連コースを事前に視聴することをお薦めします。
・アカウンティング基礎(前編)
・アカウンティング基礎(後編)

講師プロフィール

大山 みのり グロービス講師

青山学院大学国際政治経済学部卒業、オックスフォード大学サイード・ビジネス・スクール経営学修士修了、公認会計士
大手監査法人にて会計・内部統制監査業務従事後、MBAを経て、大手会計系コンサルティングファームに入社。ディールズ部門において、M&A統合支援業務および財務デューデリジェンス業務に従事する。特にカーブアウト実行支援を得意とする。シニアマネージャーとして、ディールエグゼキューションサポート、統合計画立案支援等、マルチナショナルクライアント案件・クロスボーダー案件を中心に数多く従事する。その後、公認会計士事務所を独立開業、現在に至る。

コース内容

  • 予測財務諸表とは
  • 予測損益計算書(P/L)の作成①手順編
  • 予測損益計算書(P/L)の作成②実践編

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

33人の振り返り

  • dai_yoshida

    マーケティング

    とても分かりやすい内容で、特に初めて勉強する人には大変良い講座だと思います。
    概念だけでなく、エクセルでの実例があるのがいいですね。

    2024-04-03
  • spicex

    その他

    学んだ内容を業務や日常で活用する方法はいくつかあります。例えば、会社や組織の売上予測を行う場合を考えてみましょう。
    マーケティング戦略の立案: 売上の予測を通じて、需要の変動や顧客行動のパターンを理解し、マーケティング戦略を立案します。顧客の嗜好や市場動向に基づいて、ターゲットとするセグメントや広告戦略を調整します。
    在庫管理と生産計画: 予測された売上を基に、適切な在庫レベルを維持し、生産計画を調整します。需要予測に基づいて原材料の発注や製品の生産量を調整することで、在庫の過剰や不足を回避します。
    財務予測と資金計画: 売上の予測を元に、財務予測を行い、将来の収益やキャッシュフローを見積もります。これにより、適切な資金調達や投資計画を立案し、事業の成長を支援します。
    顧客サービスの改善: 予測モデルから得られた顧客のフィードバックや行動パターンを分析し、顧客サービスの改善に活用します。顧客のニーズや不満を把握し、製品やサービスの品質向上に努めます。
    リスク管理と戦略的意思決定: 売上の予測は、リスク管理や戦略的意思決定の基礎となります。市場の変動や競合他社の動向を予測し、適切な対策を講じることで、事業の安定性と成長を促進します。
    これらのシーンでは、売上の予測を通じて、効果的な意思決定や業務プロセスの最適化が可能になります。データに基づくアプローチを取ることで、より効率的かつ持続可能なビジネス運営が実現します。

    2024-04-05
  • ozawa_h

    IT・WEB・エンジニア

    以前に受けたGLOBIS学び放題コースよりも分かりやすいと思いました。
    事業計画を立てるときや投資する場合に利用します。

    2024-04-02
  • t_narumi

    メーカー技術・研究・開発

    業務において、新製品の売上高、利益が会社全体にどれだけの影響を与えるかをシミュレーションするのに活用してみる。

    2024-04-03
  • 708taji

    金融・不動産 関連職

    変動費と固定費の区別の仕方が勉強になりました。
    区分→算出方法の説明が理解しやすかったです。
    有難うございました。

    2024-04-14
  • aqueous

    メーカー技術・研究・開発

    私は物理系なので業務に結びつきはない。

    2024-04-04
  • shun_isid11

    経理・財務

    予算策定時に具体的な数値目標を考える際の一助になると思った。

    2024-04-10
  • gp2626

    経理・財務

    想定通りの手順で安心しました。事前の前提条件の設定がとても重要な事を再認識出来ました。

    2024-04-11
  • k_yuna

    販売・サービス・事務

    大変勉強になりました。

    2024-04-03
  • ryuichi_hishi

    販売・サービス・事務

    将来予測には、予測財務諸表を作成し判断すること。また、その財務諸表作成に関しては、売上伸長、費用は変動費固定費に分けてそれぞれ根拠を明確にしながら作成することが重要であることを学んだ。

    2024-04-10
  • hill_book

    経営・経営企画

    新製品の損益予測を行う際に大変役に立つと思いました。

    2024-04-11
  • nagao_kenichi

    営業

    新しい薬剤の導入を検討する際に、その薬剤の開発を行うことで事業価値が生まれるかを検討するケースに応用できる。

    2024-04-12
  • yam_123

    経営・経営企画

    戦略策定時に予測財務諸表を活用したい。

    2024-04-05
  • hanae_mk

    コンサルタント

    業務で活用するためには、日ごろから実績を把握して、分析する癖をつけて置くことで、
    予測する際も分解して精度を上げることができると思います。

    2024-04-03
  • hikarue

    専門職

    まったく新しい事業を始めるときは予測が当たらない可能性もあるのではと思いました。適宜フィードバックしながら修正していく必要があるんでしょうね。

    2024-04-04
  • bgt5

    メーカー技術・研究・開発

    aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

    2024-04-10
  • yamamoto05

    営業

    大山先生の授業を受けているので、ご本人からお薦めされて視聴しました。次回の授業が予測財務諸表を含むケーズなので非常に参考になりました

    2024-04-11
  • yumino503

    販売・サービス・事務

    興味をもてない分野ではありますが、何度も受講して理解を深めたいと思います。

    2024-04-03
  • majun_19750617

    資材・購買・物流

    VIDEO6の「費用予測②販管費」のところで、
    業務委託費は「÷変動比率10%」と記載されていますが、「×変動比率10%」ではないでしょうか?

    2024-04-07
  • umetz

    経営・経営企画

    CFと勉強したいです

    2024-04-12
  • ojr_800

    メーカー技術・研究・開発

    前例が無く市場規模が読めない場合にはどう予測すれば良いのかと思いました。

    2024-04-02
  • p-adic_shtuka

    メーカー技術・研究・開発

    プロジェクトでの予算管理で役に立つ可能性がある

    2024-04-08
  • hr-sakai

    その他

    新しい事業を始める時に売り上げ、利益予測をすることは事業を拡大する為には重要です。今後活用していきます。

    2024-04-03
  • shin_ta

    メーカー技術・研究・開発

    PLの作り方がわかりやすく説明されていてよくわかりました。

    2024-04-03
  • yagiyoshinori

    営業

    売上の予測は環境により変動すること,固定費は一定ではないこと,などを踏まえると、定期的に見直すことで最終的に利益を残す方法を検討できると思います。

    2024-04-09
  • nekokan

    経営・経営企画

    あなたがChatGPTさんですか?初めまして。

    2024-04-04
  • matsumym

    資材・購買・物流

    予測財務諸表について学んだ。
    予測財務諸表とは、将来の業績を財務諸表の形式で定量的に予測したものである。また、予測財務諸表は、経営上の意思決定や予算管理や資金計画など様々な場面で活用できる。作成するにあたっては、前提条件をシンプルにし、シナリオを複数作成して財務データがどう変化するかを定量的に評価することが大切である。
    予測P/Lの作成手順にあたり、売上予測の方法には、主に事業環境から予測する方法と過去の実績から予測する方法があり、多くの場合、この2つを組み合わせて予測する。また、費用予測では、変動費はそれぞれの費用の売上に対する比率、固定費は変動項目を特定し、それをもとに予測する。合理的な売上、費用の予測の前提を考えるため、事業をよく理解することが重要である。
    実際の作成にあたっては、まず、売上を予測する。費用を売上に連動する費用(変動費)と連動しない費用(固定費)に分ける。変動費は各項目の売上に対する比率から予測する。固定費は変動要因を明らかにして予測する。

    2024-04-06
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    自社では、他部門からの情報も必要であり、初期の段階でどこまで精査できるか厳しい状況です。

    2024-04-03
  • sasaki_hiromi

    経理・財務

    一部門だけの予測財務諸表(特にP/L)を見るくらいの立場であったので、今回の学習内容でどのようにして予測していくのかという過程が理解できました。実際に自分で・・・となると組織改編等も頻繁にあるため、過去情報は見れますが簡単には作成が難しいですし、市場動向の調査ということもどの程度影響を受けるのかの係数を求めるのもなかなか難しいと思いました。加えて実践不足ですので、今回の学習内容をもとに、どうやって求めたのかなど想像(?)しながら見ていきたいと思います。

    2024-04-03
  • t-umeki

    IT・WEB・エンジニア

    予測財務諸表を作成する際には、複雑な条件設定ではなく、シンプルな条件で検討し、できるだけ複数の前提条件で作成し、社内上申する方がより説得力が増すと感じた。

    2024-04-08
  • zaono

    メーカー技術・研究・開発

    材料費などを考える際に 全体も考えるようにしていきたい

    2024-04-05
  • sbsconts

    コンサルタント

    PLの作成は、業務で作成する機会が多いことから、認識しやすい内容で、今まで理解していた内容の復習ができました。自分の認識に問題が無いことが確認できましたので、次は、なじみが薄い、キャッシュフローの側面等BSを学んでいこうと思います。

    2024-04-08
  • miyazaki526

    建設・土木 関連職

    費用対効果を意識して、自身の行動の無駄をなくし、最大の売上を上げられるように日々意識していきます。

    2024-04-03

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。