キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

顧客経験価値 ~デジタル時代こそ押さえたい提供価値とは~

  • 0h 11m (8sections)
  • マーケティング
  • 初級

こんな人におすすめ

・広報やマーケティングに携わる方
・顧客マネジメントや営業戦略立案・推進に関わる方

このコースについて

顧客経験価値とは、商品・サービス自体の金銭的な価値ではなく、それを利用した際の感覚的・心理的な価値を指します。なかなか顧客層が広がらない、売れ行きが芳しくない、顧客への訴求ポイントがわからない、といったお悩みを持ったことはありませんか。モノは良くても売れない時代。そこで改めて注目されているのが、顧客経験価値という考え方です。
この動画では、顧客経験価値の意味や注目される背景、コツ・留意点をご紹介しながら、顧客との関わり方を見つめ直す考え方の一つを学びます。

コース内容

  • 事例①-1:野田部長と杉山さん
  • 野田部長が杉山さんに伝えたいことは?
  • 顧客経験価値とは?
  • 改めて「顧客経験価値」が注目されるようになった3つの要因
  • 顧客経験価値の構成要素
  • 事例②:Nike
  • 事例①-2:野田部長と杉山さんのその後
  • 留意点

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • ymatyu

    経営・経営企画

    B to Bの世界でも有効な考え方だと思う。顧客企業が材料等の調達を行う時に、発注してからモノが届くまでの過程に様々なオペレーションの連鎖があります。それらの活動の中で購買担当者や調達担当者は調達活動を体験する。そこのどのような価値があるかを考える枠組みとして有効だと思いました。

    2024-03-24
  • inokoko

    経営・経営企画

    確かに最近はものを買うことに興味がなくなりつつある。消費するより体験したい気持ちは高くなり、それに伴うサービスも増加してきている。だが、まだまだ気軽に体験できる状態にないのでそこが商売の狙い目だろう。

    2024-03-23
  • sachi2022

    その他

    私は接客業をしていますが、サービスを考えるとき、「お客様」というひとくくりではなく、いろいろなお客様像を明確にすることで、どんなお客様がどのようなことに困っているとか、どのようなニーズがあるのかということが明確にイメージでき、そのお客様に対してどのようなことをして差し上げられるか具体的な案が浮かびやすくなると思いました。
    また、自分だったらどう思うか、何をしてほしいかなどの「自分事」として考えるきっかけになると思いました。

    2024-03-23
  • faoki

    IT・WEB・エンジニア

    卵が先かニワトリが先かではないが、顧客経験価値は後付け要素も多分にあると思う。

    2024-03-24
  • mh884034

    メーカー技術・研究・開発

    私の担当業務は、BtoBで最終ユーザをイメージして顧客価値を感じることが困難なため、実際に自分で使って体験することでの気付きを大切にしています。

    2024-03-25
  • lavandulagreen

    営業

    商品を企画開発・営業するにあたって消費者の生活パターンや年齢に応じて必要になってくるものなどのニーズを多角的に分析する必要があると感じました。

    2024-03-24
  • ozawa_h

    IT・WEB・エンジニア

    以前の製品計画は機能を重視していましたが、現在では機能よりも体験価値を重視するようにします。どのような機能を提供するよりも、顧客様が商品を利用するとどのような価値を感じられるようになるかを考えます。

    2024-03-23
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    自分の購買行動中にもあります。
    それをマーケティングで!ですね。

    2024-03-25
  • kiyoshi_na

    IT・WEB・エンジニア

    心理的な側面が購買意欲に関わることが、理解できた。製品開発においても、開発ストーリーの掲載や、コミュニティ作成など接点を増やした戦略を取りたいと思います。

    2024-03-24
  • k_yuna

    販売・サービス・事務

    大変勉強になりました。

    2024-03-22
  • maru-taka

    営業

    フィリップコトラーのマーケティング理論にも通じると感じた

    2024-03-24
  • sakaki_2023

    人事・労務・法務

    顧客経験価値というものを気にしたことがなかったが、実体験もあり、マーケティングには必要な要素だと思った。

    2024-03-24
  • hiroshi73

    営業

    あああああああああああ

    2024-03-25
  • taro0705

    販売・サービス・事務

    顧客より商品を知っていなければならない

    2024-03-25
  • ojr_800

    メーカー技術・研究・開発

    製品を開発する上でユーザエクスペリエンスは常に意識しています。

    2024-03-22
  • tsumak01

    その他

    価値の変化について、考えるきっかけになると思います。

    2024-03-22
  • yasufumi89

    営業

    カスタマージャーニーとあわせて活用することで、顧客の心理的・感情的な変化を解像度高く捉えることができそうです。
    それによって具体的な施策考案や施策の納得性を高めることにもつながりそう。しっかり活用していきます

    2024-03-25
  • aqueous

    メーカー技術・研究・開発

    科学研究職にとってこういう内容は業務には関係が薄い。

    2024-03-23
  • qawsedr

    マーケティング

    個人の主観という曖昧な部分をビジネス化、つまり金銭という社会全体の価値基準に落とし込むことはとても難しいことだと感じた。

    2024-03-25
  • ai-ai-ai

    営業

    自社商品だけでなく、グループ企業の商品紹介を行うため、顧客の購買意欲をかき立てるべく、感覚的な価値を示す事も必要だと感じました。
    確かに業績の良い同僚は、商品の詳細を説明するだけでなくどのような状況で効果が出るかなど、ニーズに合わせた対応を行っていました。

    2024-04-02
  • kato_tomoki

    専門職

    最近はものを買うことへの興味がなくなったのですが、顧客経験価値の活用で、感覚的・心理的な価値が見えてくるということには驚きました。
    Nikeの事例ではシューズの他、スポーツウェアも着用することで快適に感じられる、運動への意識を高めて運動習慣を促進するなどの様々な構成があるということも勉強になりました。今度は、ニューバランス、アディダス、プーマ、スケッチャーズのそれぞれの事例についても作成していきたいです。

    2024-05-09
  • tiger_singapore

    販売・サービス・事務

    商品からの情緒的価値を伝える必要性があります

    2024-05-01
  • kou14

    専門職

    ショッピングで購入する際,した後で自分の傾向・趣味嗜好を具体的につかめる

    2024-05-17
  • mukai_tatsu

    営業

    顧客経験価値を意識することで、さらに顧客理解を深めたい

    2024-04-19
  • miwa_taiki

    営業

    他社とのベンチマークでは、金銭・物質的価値のような目に見えた違い(数値化しやすい指標)で行いがちであるが、感覚的価値が重要視される昨今ではトレンドにあったデザインやコンセプトの商品開発がウケやすいのではないかと感じた。

    2024-05-23
  • lingzi185

    販売・サービス・事務

    今後、お客様への企画書を作る際にこの手法を取り入れて作成していきたいと思います。

    2024-06-11
  • shinnosuke0711

    マーケティング

    ありがとうございます。

    2024-06-17
  • tmykt

    建設・土木 関連職

    会社の各セクションで共有しながら商品、顧客と接していくのが大事だと感じた。そうすると、より自部署でのやるべきことが明確になると感じた。

    2024-04-13
  • yuka_ms

    販売・サービス・事務

    モノからコトへ、とはよく聞くが、それが情緒的な価値を求めるという点につながると感じた。

    2024-05-07
  • k_miyu

    IT・WEB・エンジニア

    自分が初めて自社製品を使ったときの感想を思い出してまとめてみようと思った。

    2024-07-10
  • kawabe_takuya

    建設・土木 関連職

    業務で使用するには、まず最初に顧客と接してどのように希望しているのかを聞き出す事が大事だと思った。
    間違った方向に進んでしまわないよう、心理的にどのように求めているのかを追求していく必要がある。

    2024-06-13
  • katotakuj27

    専門職

    あまり経験価値という物を観点にしたことがなかったので、今後は金銭的、物質的な価値だけでなく考えていこうと思う

    2024-07-17
  • rshirais

    営業

    SEM
    …物質的な訴求+感情的な訴求も考慮

    2024-04-16
  • matsumym

    資材・購買・物流

    顧客経験価値を学んだ。
    顧客経験価値とは、商品・サービス自体の金銭的・物質的価値ではなく、それ自体を利用した際のデザインの美しさ、高級感などからくる高揚感や優越感およびエコ意識の高いコミュニティに所属する一体感など感覚的、心理的な価値である。
    注目されるようになった3つの要因としては、経済の成熟化にともなう、顧客のモノそのものへの欲求の低下、情報メディアやIT分析ツールの発達とタッチポイントの増加、顧客生涯価値の重要性の高まりがある。
    構成要素としては、代表的には戦略的経験価値モジュールがあり、感覚的価値SENSE、情緒的価値FEEL、知的価値THINK、肉体的価値ACT、関係的価値RELATEで考えられる。
    なお、戦略的経験価値モジュールは、あくまで個人の主観であり、外部から観察できるものではないこと、具体的な顧客像を描き、タッチポイントをイメージしながら施策を講じることが大事なこと、あまりにも細かいワン・トゥー・ワン・マーケティングは禁物であることに留意が必要である。

    2024-05-10
  • nagaomasaki

    マーケティング

    特に若年層は体験や経験を重視する傾向にあり、若年層向けの企画の参考として考え方の参考になった。

    2024-03-25
  • daisuke-oba

    営業

    業務において、新規開発商品が企業側の機能・サイズ・価格を重視し、顧客目線での
    アプローチが不足している。
     特に、先行企業の同等品販売においては顧客目線での分析とニーズを考察する必要もある。

    2024-06-17
  • hidenori1969

    その他

    商品には、機能などの表だって主張するばかりに着目するのではなく、人間に備わっている感覚、感情など五感にアプローチするのも大切なこと

    2024-06-06
  • yuya_m1986

    メーカー技術・研究・開発

    ターゲットとするお客様の具体像を描き、そのお客様が価値を感じるのかをS/F/T/A/Rの観点で考える

    2024-03-25
  • nishi-nin

    経営・経営企画

    材料メーカーである当社においては、市場の声へのダイレクトな形での貢献には至らない技術・機能の提供とはなるが、それを製品に組み込む顧客の体験や意欲には通じるものがあり、長期的な購買意欲を創出して行く為には、相対する設計者や購買担当者へのSEMの構築も必要であると考える。

    2024-07-17
  • e-s-y

    その他

    Amazonなどのコメントを参考にして、購入するので、重要な要素だと思った。

    2024-06-28
  • naoto_yamakami

    資材・購買・物流

    <<顧客経験価値>>
    =商品・サービスを利用した際の感覚的・心理的な価値
     (高揚感や優越感など)

    「顧客景観価値」が注目される3つの要因

    ①経済の成熟化に伴う、顧客のモノそのものへの要求の低下
     ⇒顧客は情緒的要素をもつ経験の価値を重視

    ②情報メディアやIT分析ツールの発達とタッチポイントの増加
     ⇒企業は、あらゆるタッチポイントで顧客経験の価値を高める必要がある

    ③顧客生涯価値(LTV:Lifetime Value)の重要性の高まり
     ⇒企業は、顧客との関わりの長期化を目指す

    2024-06-23
  • ryukei

    営業

    モノそのももの品質や機能だけでなく、人の心に届く製品を開発・訴求する必要性を強く感じることができた。

    2024-04-11
  • nobum

    その他

    自分自身は、製造部門で仕事をしているため、直接的にマーケティングにはかかわっていないが、
    製造部門でリーダーシップを発揮していくためには、チームメンバーに対して、SEMを考えながら
    接していくと良いのではないかと考えた。
    特に、情緒的な部分は、メンバーのエンゲージメントを高めることができると考える。
    チームメンバーがどう感じどう行動するかをマーケット的なアプローチを使って考えることができるのではないかと思う。

    2024-04-30
  • teihisashi

    メーカー技術・研究・開発

    顧客経験価値とは、商品・サービス自体の金銭的な価値ではなく、それを利用した際の感覚的・心理的な価値であることを理解しました

    2024-05-10
  • pechu827

    販売・サービス・事務

    モノより思い出。これが今の時代に必要な価値だということを認識できた。SNSでも情緒的価値に訴求した宣伝文句が増えている理由にも納得できた。

    2024-06-19
  • show_5

    メーカー技術・研究・開発

    おすすめのものを紹介する際にも、機能的価値だけでなく感情的な価値も交えることで、そのものの魅力が伝わる。

    2024-04-30
  • tg26752

    メーカー技術・研究・開発

    普段の商品企画に行き詰まりを感じてました。良い気付きを頂きました

    2024-04-02
  • takahashi_k10

    経営・経営企画

    現在担当している事業での顧客経験価値を深堀することが大事と感じた。また、一部の商品でこれを活用した商品企画が行われているので、その動向も注視していくことでこの手法が有効かどうかが判断できると思う

    2024-07-08
  • makokaki

    販売・サービス・事務

    価値の変化について、考えるきっかけになると思います。

    2024-06-12
  • nissy_1

    マーケティング

    顧客経験価値の提供といえるものとしては、商品の紹介から注文までワンストップで行えるランディングページが思い当たりました。
    そこには商品の性能や特徴の説明だけでなく、商品が生まれた背景や開発に携わった方の思い、付随する機能や成分に関する興味深いデータなどが記されていて、顧客の購買意欲を換気しています。
    特に、物や人に対するストーリーの記述は情緒的な観点から顧客に好印象を与えていると感じます。

    2024-04-26
  • hydorogen

    メーカー技術・研究・開発

    顧客がまだいない状況での新商品開発において、顧客経験価値を把握するには、展示会に足を運び、その説明員と会話し、エンドユーザの評判や困りごとをきいて把握していきたいと思った。

    2024-04-25
  • koji_shirono

    経営・経営企画

    インタネットで来店せずに欲しいものが買える時代に、わざわざ来店してお買い物をいただくには、顧客のこころを動かすような、顧客経験価値を産み出すような施策が必要だと思った。RERATEのファンミーティング施策、THINKの商品の由来やストーリー、SENSE、FEELの煌びやかな魅せ方.装飾など、顧客心理を意識したアプローチを心がけたい。

    2024-06-20
  • hiro_yamakawa

    販売・サービス・事務

    ターゲットのペルソナを用いて購買に至るまでの具体的なプロセスを描き、購入後のライフタイムバリューがどのように向上するかも描くことでより価値を高めることができ長期的な顧客になっていただきやすい。

    2024-07-19
  • ayuminminzemi

    マーケティング

    商品をプロモーションする際に商品を手に入れたときに感じること・新たな生活への期待感・誇りを持てるコミュニティに属しているという感覚を訴求することも1つの方法だと思いました。

    2024-06-11
  • ms61

    IT・WEB・エンジニア

    顧客経験価値。
    自然と顧客が感じて協調してもらえるのがいいと感じた。
    あまり押しつけにならないように注意が必要かも。企業はこんなこと大切にしてますを押し出すが、顧客に対してはあくまで、提案。

    2024-07-13
  • yuji-fukuniwa

    人事・労務・法務

    経験や体験価値が重要視されているのは肌感覚で感じる。
    特にSNSでのインフルエンサーの影響力はすさまじい。

    2024-04-20
  • aksan

    人事・労務・法務

    経験価値て顧客がどう感じてその物に対しての付加価値を期待して購入するかどうかを決める事がと感じました。
    ブランドイメージで購入するのを決める事がそれにあたるものだと思いました。ブランドイメージをどのように定着させていくかの戦略をたてる事が重要視する企業があるのはこう言う事なんじすね。

    2024-07-11
  • fjkz

    その他

    特に説得では相手の経験価値を意識して伝える

    2024-04-02
  • cocolo0415

    その他

    商品のモノの価値以外のコト訴求の実施。販促物にモノの価値だけで無く、この商品を試すことで得られる感情の部分(=いわゆるコト消費)も訴求する。特に高単価な商品であればコトに訴えることが必要かと思う。

    2024-07-06
  • noguchihiroyuki

    金融・不動産 関連職

    サービス業には様々な工夫や知識が求められるようになる。自分の頭で考えることが大切。

    2024-07-21
  • tkyt

    資材・購買・物流

    モノだけでなく上司が何を求めているのかを把握し業務遂行したい

    2024-05-07
  • yoshi-koyama

    営業

    通常の業務において、どうしても商品の機能性に偏ってしまう傾向があります。実際に、消費者として商品を購入したり、サービスを利用しながら、その時の感覚や思考をまとめたり、簡単に記録することで新たな視点が生まれるように思えます。また、家族や友人になぜ、その商品を購入したか、サービスを利用したか、もしくは使い続けているかを聞いてみるもの面白いと感じます。その中で、SEMの枠組みに当てはめてみると意外な発見ができそうなので、試していきます。

    2024-05-22
  • kajikawashota

    メーカー技術・研究・開発

    顧客経験価値の高まりは日ごろから感じていたので、今回の授業から規則的に理解できて納得した。
    中国メーカーが近年活発に市場に出てきているが、技術を模倣していたり、環境に悪い作り方をしていたり、品質が悪かったりと、顧客経験価値を満たせない製品ばかりなので、なぜ売れているかわからない。マーケティングの基礎的考えより長続きはしないだろう。

    2024-07-19
  • 3955san

    その他

    分析難しい、アンテナ張らないと

    2024-04-08
  • an_mitsu

    メーカー技術・研究・開発

    従来の指標だけでは語れない尺度を重視することを大事と考えた
    一方、B2Bのビジネスにおいて最終顧客の価値をどのように語るべきかがなかなかイメージできなかった
    性能等のみの尺度から出たいが

    2024-03-26
  • btree

    販売・サービス・事務

    目に見えない商品であったとしても、サービスの体験からSEMを創造する視点は大事であると感じた。生命保険ビジネスに携わっているが、ライフプラン上のライフイベントの変化がタッチポイントでありFEEL、THINKを捉えていくことが重要と改めて感じた。

    2024-03-31
  • fbj_yasu

    販売・サービス・事務

    イベントでは、沢山な人に、展示された原画を通して、実体験としての絵の価値を体験できるよう工夫しました

    2024-05-31
  • muta14

    営業

    部下の顧客対応に対して生かしていきたい

    2024-07-19
  • tmyk0922

    営業

    相手の気持ちになった時に、本当に価値があることなのか?考えてみる必要があるとおもいました。

    2024-04-04
  • s-ta_n

    マーケティング

    今回学んだSEMは、既存製品の売上をのばす戦略を考える時に活用できると思った。現状では製品価値を全面に押し出し、顧客ニーズであろうものに対して価値を提供しているが、SEMに当てはめて戦略を考えることでより受け入れてもらいやすい形で訴求できるようになる。

    2024-04-28
  • big12

    その他

    モノを売る際はそのモノだけを見るのではなくモノの置かれた環境やモノに付随する価値などにも目をむける

    2024-04-23
  • itou_k

    販売・サービス・事務

    販売をしていますが、物を並べて売るだけでなく、商品を使った時を連想させる販売方法が改めて重要だと思いました。

    2024-03-31
  • dekusanx4

    メーカー技術・研究・開発

    良い製品を出せば売れる時代ではないため、プラスアルファの価値の提供をいかに考えていくかを市場のお客様をみながらかんがえていきたいと思います

    2024-07-20
  • konanice

    IT・WEB・エンジニア

    顧客経験価値をITコンサルティングにおいて効果的に活用するためには、以下のような戦略とアプローチが考えられます。これにより、クライアントとの関係を深め、サービスの質を向上させ、長期的な成功を収めることができます。

    1. 顧客の理解とパーソナライズ
    戦略:
    顧客のニーズと課題の深い理解: クライアントの業界特有の課題やニーズを深く理解し、それに基づいてパーソナライズされたソリューションを提供します。
    カスタマージャーニーの設計: クライアントのビジネスプロセスとニーズに合わせたカスタマージャーニーを設計し、各ステージで最適な体験を提供します。
    活用例:
    初回のコンサルティングミーティングで詳細なヒアリングを行い、クライアントの特定のニーズに応じたカスタマイズされた提案書を作成する。

    2. 継続的なコミュニケーションとフィードバック
    戦略:
    定期的なコミュニケーション: プロジェクトの進捗状況や成果を定期的にクライアントと共有し、透明性を高める。
    フィードバックループの確立: クライアントからのフィードバックを積極的に収集し、それを基にサービスの改善を図る。
    活用例:
    毎月の定期ミーティングや週次の進捗報告を実施し、クライアントからのフィードバックを即座に反映する。

    3. 顧客経験価値を測定する指標の導入
    戦略:
    顧客満足度調査(CSAT): サービス提供後に顧客満足度調査を実施し、顧客の感覚的・情緒的価値を測定する。
    ネットプロモータースコア(NPS): 顧客が他者にサービスを推薦する可能性を測ることで、関係的価値の指標とする。
    活用例:
    プロジェクト終了後にCSATやNPS調査を実施し、その結果を次回のサービス提供時の参考とする。

    4. 成功事例とストーリーテリングの活用
    戦略:
    成功事例の共有: 他のクライアントでの成功事例を共有することで、新たなクライアントに対して信頼感と期待感を醸成する。
    ストーリーテリング: コンサルティングプロジェクトの成功を物語として伝え、感覚的・情緒的価値を強調する。
    活用例:
    クライアント向けのセミナーやウェビナーで成功事例をプレゼンテーションし、実際の成果を具体的に伝える。

    2024-06-07
  • aya-haru

    販売・サービス・事務

    商品を実際使ってみて、どう感じるかが大切

    2024-06-22
  • land-e

    販売・サービス・事務

    一方的な訴求では価値が伝わらないため、商品訴求や施策展開では、ユーザーにとってのメリットを伝える方向にシフトしていきたい

    2024-04-15
  • blingblingparty

    販売・サービス・事務

    当たり前のように使用している品物に
    マーケティング的な意図も考えて見てみたい

    2024-04-18
  • hiee

    マーケティング

    顧客体験価値のフレームワークを知った。

    2024-05-22
  • yusuke_shingu

    営業

    顧客に何を与えられるかを自分ごとのように考えることができればSE Mについての理解もさらに深まるような気がした。

    2024-06-02
  • higuchi5291

    販売・サービス・事務

    顧客経験価値を伝える重要性

    2024-07-10
  • y-shiraki

    販売・サービス・事務

    ちょっと難しかったけど、共通の商品を使っている人たちのSNSでの繋がりは喜びになることと、機能面以外での所有している喜びはデザインであったり優越感であることは理解できた。

    2024-06-14
  • c_m_m_a_m_a

    経営・経営企画

    コニュニティーに属する一体感は最近の若者の傾向として確かにあるなと勉強になった。

    2024-05-20
  • 100864

    営業

    営業活動の際に営業するモノのデザインもしっかり考えて売り込むことでお客様の懐に入りやすくしなければならないと理解しました。

    2024-05-22
  • sbsconts

    コンサルタント

    日頃認識していないフレームワークを学ぶことができて有益でした。単純に顧客ニーズを探るにとどまらず、感情面等にも気を配る大切さを意識していきたいと思います。

    2024-04-09
  • toshi0000

    営業

    業務で活用する際はマクロな視点で分析をしようと思います。

    2024-06-11
  • myzw5283

    メーカー技術・研究・開発

    製品を開発するにあたって、多少大きくても重くてもお客様の反応がよいのはよくわかっているが
    どうしても機能を優先してしまい見た目が良くない製品が出来上がってしまう。
    今回学んだ内容から、一層デザインが顧客の感情を刺激し購入意欲がわくことがよくわかったので
    今後製品を開発するにあたっては、まず見た目の設計を重点項目において進めて行きたい

    2024-04-16
  • nanomama_

    経営・経営企画

    購入者からすると、実は昔からその感情は大きかったと思う。販売側、製造側が着目し始めたのが最近、というトレンドだと思う。車にしてみても、マニアはその開発秘話みたいなものに思いを馳せていた。ライトファンやそれ以外の人も、これまでマニアが抱いていた感情を抱きやすくするようなマーケティングをし始めた、と思う。

    2024-04-07
  • mamoru_0728

    経営・経営企画

    いわゆる高級車は機能性能はもちろん、それに乗っているいること自体に価値があると思わせること
    ブランドにも通じる

    2024-05-18
  • kenichiro_2021

    営業

    良いものを作って売るだけでは、顧客経験価値を高められず、様々な角度から顧客にとっての価値を上げていく事が大切である。

    2024-03-25
  • syusa-hitohana

    その他

    大変勉強になりました。

    2024-03-26
  • fuku-yoshi

    メーカー技術・研究・開発

    どのように顧客経験価値を訴求しているのかを分析することで、製品やメーカーごとの特徴や戦略が見えてくる。自社製品をブランディングを行う際には、他社製品を調査し、顧客経験価値における自社製品の強みと弱みを知ることが重要と感じた。まずは、身の回りの製品について、顧客経験価値を意識して見てみたい。

    2024-05-23
  • 0127086tani

    その他

    商品を購入する際は、利便性もさることながら、感覚的に自分に合うかをイメージしながら購入している。
    そういった感覚を大切にしていくことも大事だと感じました。

    2024-03-28
  • imac

    メーカー技術・研究・開発

    B2Bビジネスの場合にどのように活用できるのかの具体的なシーンがあるとよかった。

    2024-03-26
  • kusamidori

    その他

    今後は、顧客経験価値を意識しながら、日々の実務を行っていきたいと思います。

    2024-04-09
  • masataka-hirano

    その他

    顧客経験価値の考え方は、非常に共感できる部分が多かった。
    自身の子ども達もひと昔前に比べると物欲が低い気がしていたが、これだけモノと情報があふれる社会において、物事の希少価値そのものが低下しているように感じている。
    その中でも、何か買い物をする際に環境への配慮などを重視することが多くなった。これは贅沢品に限ったことではなく、日常品の買い物などでも同様のことがいえる。体にいいか(悪くないか)、環境に配慮されているのかなど、単に物欲だけを満たす製品は選ばれにくいのだと思う。

    2024-06-17
  • isopp-3

    営業

    その製品・サービスがどのような価値を持っているか求められているかを前提に持っておく必要があると感じた。

    2024-06-30
  • gomyo1227

    経営・経営企画

    私自身、広島まで野球を見に行ったり、費用対効果では想定できない行動を取っており、そういった自分の意識を紐解いてみたい。

    2024-05-16
  • ponde0627

    経理・財務

    ファネル分析と組み合わせながら細かすぎないちょうど良い抽象度の顧客像を産み出し、その産み出した顧客像がどれだけ現実にいそうな人物像になっているかを一緒に分析すると高い効果が得られそうだと思った。

    2024-06-30
  • sachigon

    人事・労務・法務

    商品販売部門ではなくとも、人事領域でも従業員のエンゲージメント向上施策を検討するときに、SENSE、FEEL、THINK、ACT、RELATEの要素で訴求する価値を検討する

    2024-07-18
  • katsu11623

    営業

    顧客との接点、会う頻度を増やし、イメージする

    2024-04-01

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。