キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

OATHの法則 ~顧客の問題意識をプロモーションに活かす~

  • 0h 8m (6sections)
  • マーケティング
  • 初級

こんな人におすすめ

・商品・サービスのマーケティング企画に携わる方
・顧客の態度や行動について学びたい方

このコースについて

OATHの法則とは態度変容プロセスの1つで、顧客の問題意識に沿って、顧客は4つのステージに分かれるという法則です。マーケティングにおける効果的なプロモーション戦略立案のヒントとしたり、顧客に応じたコミュニケーションのメッセージを決めたりする際に役立ちます。このコースでは、事例と共に活用の仕方をご紹介します。

コース内容

  • 事例①-1:マーケティング部門新人の谷山さんの悩み
  • OATHの法則とは?
  • OATHの4段階
  • 事例②:歯周病ケア用品
  • 事例①-2:谷山さんのその後
  • 留意点

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

76人の振り返り

  • soheitaya

    営業

    OATHのうちTHがマーケティングでハードルが低いと説明されているが、レッドオーシャンであることも多そう。OAの段階で問題意識とともにライバルが少ない段階で売り込みをかけるのも有用では。

    2024-05-15
  • pomuec

    専門職

    商品の販売の為には、OATHの法則を用いて考えることが大切だと思った。営業トークにも考え方を用いることができ、OやAの層へは知ってもらう・関心を持ってもらう必要があり、TやHの層へは良さをアピールする・改善することでの未来トークをすることが効果的だと思った。

    2024-05-26
  • hangman0803

    クリエイティブ

    THの段階は売りやすいとはいうものの競合が多いマーケットになるのでは

    2024-06-17
  • fr_stttt

    その他

    OATHの法則:顧客全般的な問題意識の状況
    AIDMA:顧客が製品・サービス自体について知っているか関心に着目。
    O:無知oblivious
    A:無関心apathetic
    T:考えているthinking
    H:困っているhurting

    2024-07-05
  • wsn

    営業

    まず営業現場では一般チャネル相手の商売になります。O・Aの消費者も多い中ですので、キシリトール(オーラルケア)関心層が立ち寄りやすいスペースにて効果効能訴求を徹底的に行います。効果効能は人の考えや行動を変えやすい(健康志向もあり)ですので、その訴求を継続し続けることが重要と考えます。例えば、歯磨き売場でのキシリトール訴求(サンプリング)はわかりやすいと思います。

    2024-07-03
  • a-fukai

    マーケティング

    市場に後期参入する製品・サービスのマーケテイングとして、OATHの顧客層の考え方と製品・サービスの普及の過程を消費者タイプで分類化しているイノベーション理論を掛け合わせて考えてみた。問題意識が前景化している・解決方法を検討している段階のT,H顧客層は、市場に先行している競合他社との奪い合いが苛烈である。そのため、後期参入者はO,A(無知,無関心)への教育・問題意識の前景化とリーチが不可欠になる。他方、イノベーション理論は製品・サービス自体の革新/普及の度合いに依る考え方だ。初期市場が競合に刈り取られている場合、キャズムを乗り越えて追随者をターゲットとする戦略を迅速に展開したい。追随者は「流行に取り残される恐怖感を持つ」「製品・サービスが周りで採用されていて導入のデメリットが少ないことを重視」する点が特徴である。追随者層をさらにOATHにもとづく細分化ができるのではないか。その場合、たとえば「流行があるのは知っているが自分とはあまり関係がない」と思っているのがOA層、「取り残されているのが不安だし実際に問題意識があるが、何をすればいいのかわからない」~「製品・サービスの比較検討に取り組もうとしている」まで幅広くがTH層と考えられる。

    2024-06-03
  • dekusanx4

    メーカー技術・研究・開発

    商品開発を行う上で、お客様の考えを理解し、ニーズを紐解き、開発につなげていきたいと思います

    2024-07-20
  • kkf

    経営・経営企画

    顧客の態度変容をあらかじめこの法則を念頭に置いて観察することで、観察感度があがる。これは、社内に対しても類似しており、社内で新しいサービスやインフラを導入したい際、どう進めればよいかにも応用できる

    2024-06-26
  • k_yuna

    販売・サービス・事務

    大変勉強になりました。

    2024-05-02
  • ebara_han

    資材・購買・物流

    初めて勉強になりました。

    2024-06-23
  • t-bs

    マーケティング

    自社製品を販売するうえで、Oblivious(無知)・Apathetic(無関心)の顧客に対して、まずは自社製品を知って頂くActionを取る必要がることを意識し、具体的な施策を考える必用がある。Oblivious(無知)・Apathetic(無関心)の顧客を掘り起こすことでマーケット(市場)を拡大させることが出来る。
    Thinking(関心)を抱いてりる顧客に対しては、より自社製品興味を持って頂くActionが必要である。
    その方法として、自社製品の開発の経緯(ストーリー)を説明して、ファンになって頂くことがあげあられる。そして、Hurting(悩み)を抱いている顧客に対しては、悩みを解決する自社製品開発へ協力して頂くことで、より身近に感じる製品として意識して頂くことも重要と考える。

    2024-06-05
  • tommaru

    営業

    大変勉強になりました。

    2024-05-08
  • yellow46

    IT・WEB・エンジニア

    顧客のニーズの掘り起こし、潜在顧客の開拓としてはO,Aへの着目も大事だと考える

    2024-05-02
  • fujimo_to

    メーカー技術・研究・開発

    製品設計の狙い値として

    2024-05-01
  • c_m_m_a_m_a

    経営・経営企画

    普通のことのように思います。

    2024-05-20
  • keisukeutaka

    営業

    OAからのニーズを発掘しても、インターネットの評価、価格等で他社の類似品と比較される可能性がある。OA層へ問題提起後、他社に逃げられないよう囲い込む工夫が必要だと感じた。
    THはレッドオーシャンなので、高利益を得るのならOA層の発掘が必要だと感じた。

    2024-07-20
  • yusuke_shingu

    営業

    広告代理店で法人営業をやっているが、まさにOAの層への向き合い方を変えていく必要があると感じている。
    無知・無関心の企業にはナーチャリングが必須かと考えるがその上で、「なぜ無知なのか」や「なぜ無関心なのか」といった奥のヒアリングを
    徹底していかないとナーチャリングを図る以前に本質的な課題が見えてこないように感じている。
    そのため、今後はOATHのOAの層に対しての向き合い方をかえ、ヒアリングや資料の送付などでアプローチを図っていきたいと考えている。

    2024-06-01
  • sora_7

    マーケティング

    OATHでじっさいにセグメンテーションを行い、顧客の考えの段階に応じた施策を考えていきたい

    2024-06-11
  • yuko0617

    その他

    フレームワークの1つとして、知識を積み上げたい

    2024-07-02
  • john22

    その他

    恥ずかしながらOATHの法則を本動画で初めて知りました。歯周病予防の事例が大変理解しやすい内容で、日常でも意識してみたいと思います。

    2024-05-06
  • kh51115

    販売・サービス・事務

    顧客を一律に考えるのではなく、区分けをしっかりとしてそれぞれ対策することでより効果の高い対応ができる。

    2024-07-06
  • yusukemy

    営業

    営業職では、顧客のアタックリストを定める際の優先順位付けのシーンで利用できる考え方だと思いました。

    2024-05-15
  • kojifuruno

    営業

    問題意識レベルで判断したことがなかったので斬新。実際に相手を基準を持って区分できるかわからない

    2024-05-15
  • tekio_syogai_x2

    メーカー技術・研究・開発

    OAを最初にやる企業損する?

    2024-07-19
  • nissy_1

    マーケティング

    OATHの法則について、OAの顧客層とTHの顧客層で異なるマーケティングを実施するイメージが掴めました。

    2024-05-08
  • nk0121

    経営・経営企画

    OATHの法則について基礎的なことは理解した。自業務で活用できるように落とし込んでいく

    2024-05-13
  • smollen

    営業

    今後のマーケティング活動に生かします

    2024-05-28
  • masataka-hirano

    その他

    プロダクトアウトを前提に考えると、自社製品をより幅広い顧客層に訴求するため、OATH全体にアプローチを行うことになると思われるが、当初からTHの顧客層にターゲットを絞り込んでいれば、マーケットインとして訴求されるものとなり、顧客のペイン解消に資する製品として受け入れられやすいものと考えられる。

    2024-06-17
  • y-shiraki

    販売・サービス・事務

    まずは知ってもらい関心を持たせる方法を考えないと先に進めない。それから顧客の課題を解決していく。

    2024-06-14
  • isopp-3

    営業

    TH層には確かに有効ではあるがその分競合も多いはずなのでいかに自社製品やサービスが他社と異なるかを訴える必要がある。

    2024-06-30
  • matsumym

    資材・購買・物流

    OATHの法則について学んだ。
    OATHとは、顧客の問題意識に沿って、顧客は4つのステージに分かれるという法則である。
    AIDAやAIDMAが顧客の製品・サービス自体について知っているか関心があるかに着目しているのに対してOATHの法則では、顧客の全般的な問題意識の状況に着目している。
    O無知、A無関心、T考えている、H困っている段階を示している。
    なお、OATHはAIDA、AIDMAと同様に顧客のセグメンテーション変数として用いることができる。また、企業にとって自社の製品・サービスを売りやすいのはTまたはHの顧客層である。さらに、企業にとってハードルが高いのはOまたはAの段階にいる顧客層であり、「利用しないとまずいのでは」と思ってもらえるコミュニケーションを行う必要がある。

    2024-05-08
  • mh_g

    営業

    市場創造型の商品にとって、効果的アプローチ手段。

    2024-05-21
  • tomito

    営業

    マーケティングにおいて、aidmaの法則は理解しており、アプローチの仕方を変える必要があるとは知っておりましたが、oathの法則が大前提あるとは知らなかったです。
    これを度外視にするとそもそものaidma思考も方向性が大きくずれてしまうので、oathの段階にそった正しいaidma戦力が大切ですね。
    かつ、具体的に目的を決めて、どのような手法で何をどのように訴求していくかも考えないといけないので、フレームごとに策定していくことが大切かと思いました。

    2024-05-05
  • ryoya-0606

    営業

    営業としても活用できる内容だと感じました。
    こちら側が提案するものやサービスの価値の伝え方はクライアントの状態やマインドにも準ずる部分があるので、事前のコミュニケーションを踏まえて、用意する内容が同じでも見せ方や資料の構成を相手の状態によって出し分ければ成約率が上がる気がしました。

    2024-07-02
  • gami_3

    営業

    OHTAの特徴を把握できた。

    2024-06-10
  • kawabe_takuya

    建設・土木 関連職

    OAの顧客層には、関心を持ってもらうには手間や時間がかかるので、THの顧客層へのアプローチが大事だと思った。
    自社の強みが顧客の希望と合致できるように営業をしていくことが大事である。

    2024-06-13
  • takimura____

    営業

    非常に勉強になりました。

    2024-07-05
  • shnaoki88

    経営・経営企画

    評判の良い他社商品の知名度を利用することでO A 段階を早々にTHの段階にする手法もありそう

    2024-07-18
  • gunze360412

    マーケティング

    顧客の状態に合わせたアプローチを検討する

    2024-05-02
  • wakaadachi

    営業

    顧客のoath段階でコミュニケーション内容と目的ゴールが異なる。

    2024-07-19
  • aqueous

    メーカー技術・研究・開発

    いまいちピンとこない。

    2024-05-11
  • ponde0627

    経理・財務

    OAの領域なのかTHの領域なのかを相手の反応から読み取ることが大事だと思った。OAであれば話題や話し方のアプローチを変える。

    2024-06-08
  • seishiro

    営業

    オースの法則を新規営業に活かしたい

    2024-07-05
  • mui_616

    メーカー技術・研究・開発

    顧客の状況に合わせたプロモーションが大事だということが分かりました。
    なかなか業務で活用するのは難しいかもしれませんが、何かを説明・依頼する際に相手の情報量によって話す内容を決めるのは共通するかなと思います。

    2024-07-18
  • kosuke-hirano

    経営・経営企画

    OATHの中でも、市場規模を考慮した上でマーケティング戦略の判断を取った方が良いと感じた。

    2024-06-14
  • tthrmrmt

    営業

    新商品の販売時のターゲット顧客の絞り込み

    2024-05-31
  • astk_0000

    販売・サービス・事務

    自社の新サービスを知ってもらうために展示会に出展する。

    2024-05-22
  • satou_yuuji

    営業

    OAとTHは両輪で考え進めなくてはならないと考えます。
    OAは特性理解や市場認知の拡大、
    THはユーザーからヘビーユーザーへの進行を図ることなど、
    これらを了解で進めることが、本来の顧客の課題解決と価値提案、
    市場の拡大に繋がる。

    2024-07-06
  • yokomii

    その他

    どの顧客に対してアプローチをしていくかで全くアプローチの仕方が変わる。その施策がどの位置にいる顧客に向けたものなのかを理解する。施策を作るときは、どこの位置にいる顧客に向けてのアプローチなのかを明確にする。

    2024-05-31
  • katzz

    販売・サービス・事務

    ターゲットと製品のマッチングを理解した営業効率性

    2024-07-04
  • jaggy110

    営業

    OHTHは初めて聞くフレームワークでしたのでAIDOMAと使い分けて行きたいと思います

    2024-05-22
  • y-pttr

    販売・サービス・事務

    ターゲットの絞り込みやアプローチのしかたは、対顧客だけでなく、交渉や調整相手との関係性を整理するのにも活用できそうです。
    例えば、自動車販売を既存のディーラー以外にネット販路を新たに構築するといった場合に、営業、サービス、ITといった各関連部門がどこまでこのプロジェクトに関わっているか、関心や困り事があるかといった認識の違いを理解してアプローチすることにも応用が聞くと思います。

    2024-07-18
  • tks_tt

    メーカー技術・研究・開発

    事業拡大といったとき、TH層からOA層へと理解した。その層を盤石させながら、OA層へアピールする。

    2024-07-21
  • ramenjiro_yuta

    営業

    初めて聴く言葉が多く、学ぶことが多かったです

    2024-07-02
  • nishi-nin

    経営・経営企画

    攻略しようとしている対象市場において、シェア分析から攻略の優先順位をつけることを考えていたが、OATHにより顧客のセグメンテーションを行い、各層への打ち手を変えることで、より効率的なマーケティングの実行を行っていきたい。

    2024-07-11
  • t-kaneko01

    営業

    戦略検討の考え方として活用できる

    2024-05-13
  • kinotaro0828

    経営・経営企画

    OATHの法則を理解した。

    2024-05-28
  • teihisashi

    メーカー技術・研究・開発

    マーケティングや事業計画をする時にOATH法則をまず活用して、顧客層を分析した上で、それぞれに対して合うプロモーションを行うことが大切なことであり、効率的業務を進めて行けると思います

    2024-05-10
  • kiri22

    マーケティング

    お客様を分類するツールの1つとして頭に入れておきます。

    2024-06-17
  • funa-ichi

    営業

    新製品の導入、特に新たなモダリティ導入時に活用できる。
    既存製品においても、売上を伸長させるためのSTPに活用できる。
    OAそしてTHにおいて、具体的なデータを用いて啓発、育成していくためにどのようなリサーチを行うか検討してみたい。

    2024-05-14
  • ynagiya

    営業

    OATHの法則を生かしたい。

    2024-07-04
  • mm1530

    金融・不動産 関連職

    サイバー攻撃に置き換える。

    O→サイバー攻撃が具体的にどういった事例化を知らない
    A→サイバー攻撃を知っているが、気にしていない・関係ないと思っている
    T→サイバー攻撃を受け、実損を受けたことはないが、攻撃に対する対策が必要かもしれないと感じ始めている。
    H→サイバー攻撃で損害を受け、早急に対策が必要になっている。

    2024-05-26
  • ozawa_h

    IT・WEB・エンジニア

    製品やサービスマーケティング以外にも社内での企画を提案する場合にでもOATHは利用できます。
    例えば社内で問題意識が無い又は低い課題を提案するよりも障害が発生しているや既に検討されている課題の企画の方が通りやすいです。
    O及びAに関する課題はまず教育や根回しを行いようにしています。

    2024-05-02
  • imada1985

    メーカー技術・研究・開発

    oathで顧客を分ける営業手法を変える必要がある

    2024-06-22
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    そんな視点で考えることも有益と関jました。
    色々なフレームワークを上手く使えるようになりたい。

    2024-05-02
  • yasuhiro418

    営業

    「OATHの法則」は、顧客心理を深く理解し、効果的なマーケティング戦略を展開するための有効な指針です。

    2024-07-01
  • fuku-yoshi

    メーカー技術・研究・開発

    顧客の分類やマーケティング対象を絞り込む方法として、とても有効だと感じた。

    2024-05-22
  • hideki-f

    営業

    お客様の関心度によって選別し、ニーズのあるお客様に積極的にアプローチしていく。

    2024-05-29
  • iiiiiiiina

    クリエイティブ

    業界的に活用が難しいフェーズにいます。

    2024-07-15
  • hidenori1969

    その他

    企業に取って自社の製品を購入しようとしている顧客には、購入を決断させる説得力のあるマ-ケテングを自社の製品にたいして無関心、興味がない顧客には、目を向けるようにする戦略的アプローチを情報ツ-ルを使用して顧客の販路を広げる

    2024-06-06
  • naoto_yamakami

    資材・購買・物流

    <>
    = 顧客の問題意識に沿って、顧客は4つのステージに分かれるという法則
     (顧客の全般的な問題意識の状況に着目)

    ①O(Oblivious)無知(自覚していない)
    ②A(Apathetic)無関心(気にしていない)
    ③T(Thinking)考えている(問題を解決したい)
    ④H(Hurting)困っている(問題に困っている)

    2024-06-23
  • akirakanno

    営業

    OATHのどの段階に顧客がいるのかを知る方法について学びたい。

    2024-07-14
  • eizan_1000

    IT・WEB・エンジニア

    顧客の状態に応じて販売戦略を変える必要があるという考え方は、いろいろな場面で応用できると感じました。

    2024-05-01
  • hiro_yamakawa

    販売・サービス・事務

    OとAは中長期的な視点での種まきとして、TとHは即戦力としてターゲットをセグメントし顧客視点を持ちつつ選びやすいメッセージの発信を行う事。

    2024-06-21
  • shinnosuke0711

    マーケティング

    ありがとうごさいます

    2024-06-17
  • r_yamaguchi

    その他

    ブランディングの仕事をしているのに、基本的な部分を整理出来てなかった。今回学んだことを意識して顧客へのメッセージを作りたいと思います。

    2024-07-15

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。