キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

カントリー・アナリシス・フレームワーク ~外部環境分析の手法~

  • 0h 9m (7sections)
  • グローバル
  • 初級

こんな人におすすめ

・ビジネスの海外進出を検討している方
・各国の国内事情やビジネス環境に興味がある方

このコースについて

カントリー・アナリシス・フレームワークは、ハーバード大学のジェームス・オースティンが唱えた枠組みで、ある国のビジネス外部環境を分析する際に役立つフレームワークです。
  
  
☆関連情報
フレームワークでニュースを読み解く、日経電子版の記事もぜひご覧ください。
「特許紛争に見る米国の訴訟ビズ トヨタやホンダを提訴」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC21E820R21C21A2000000/?n_cid=DSPRM5277

コース内容

  • カントリー・アナリシス・フレームワークとは
  • パフォーマンス
  • 戦略
  • コンテキスト
  • 事例
  • カントリー・アナリシス・フレームワークのまとめ
  • コツ・留意点

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • miyamanishiki

    人事・労務・法務

    一般的・典型的な説明内容だったと考える。プロジェクトに応じて個別にフレームワークを設定する必要があるだろう。一般論としてフレームワークに含めたらよいと思ったのは、宗教と人口動態である。
    私はかつて医療機器の海外営業に携わっていて世界各国の医療機器市場の理解や販路開拓のためのカントリーアナリシスを精力的に行っていた時期がある。使用したパラメータはGDP、一人当たりGDPなどのマクロ経済指標の他に医療データ(国民医療費、新生児死亡率、ベッド数、医師数など)や制度(社会保険、医療保険、地方分権or中央集権)など。当該国の保健省のHPから必要な情報をとったりしていた。当時は情報収集に精力を使い果たし疲れ果てて肝心かなめの市場分析までたどり着かなかったこともあったことを懐かしく思い出している。

    2020-05-28
  • kaori_

    資材・購買・物流

    アイスランドの事例面白かった。要素をどのように用いて体系的に国・地域を理解するか非常に実践的でよかったです

    2020-05-10
  • test_

    メーカー技術・研究・開発

    情報の収集方法、整理が初心者には難しいように感じた。会社によって、そのやり方が確立されているのでしょうか???

    2019-04-07
  • moeto0610

    営業

    海外進出する為だけではなく全てに共通する事だと感じました。 

    2020-05-14
  • yamax

    メーカー技術・研究・開発

    パフォーマンス、戦略、コンテキストといったフレームワークは海外は勿論、国内でも必須だと思った。非常に勉強になりました。

    2019-02-19
  • koke8600

    マーケティング


    国、地域を分析するにあたりカントリーフレイムワークは有効だと感じた。

    2019-06-18
  • hirotama1978

    営業

    国際社会における自国及び関連する他国の状況を把握する上で分析視点として参考になります。

    2020-07-12
  • kariba_2017

    人事・労務・法務

    国という大きな単位を分析するにあたり、カントリーフレームワークはとてもざっくり理解でき有益である。

    2019-02-25
  • kei225

    人事・労務・法務

    グローバル化の流れの中、パフォーマンス、戦略、コンテキストのフレームワークはとても重要で、マクロ的に分析する上では、経済面だけない利点があると想定できる

    2020-05-15
  • llasu_ito_0502

    人事・労務・法務

    海外営業ですが、学びになりました。もっと若い時、馬力のある時分に受講して、手の内に入れておけばよかったのに、と反省し、悔いております。
    今回、深い学びとなりました。ありがとうございます。

    2022-06-30
  • tatsub

    その他

    海外進出を考える際に着目すべき点を簡潔に学べました。

    2020-05-08
  • kendmonic

    メーカー技術・研究・開発

    2008年以降から今までアイスランドがどうやって変わってきたか知りたくなった。

    2020-04-13
  • hi6ki30

    営業

    国を知るというのは日本人が日本史を学ぶくらい時間がかかりそうな気がする。

    2020-04-22
  • kobasan

    専門職

    視点をミクロとマクロでみて色々考える事が大切ですね

    2019-02-10
  • sho_yoshi

    IT・WEB・エンジニア

    コンテキストが難しい。
    日本語で。

    2019-11-07
  • hiro_yoshioka

    メーカー技術・研究・開発

    カントリー・アナリシス・フレームワーク 概要を学べた。
    しかし、実践するのは難しそう。

    気をつけるポイントとフレームワークの考え方を、押さえておけばよいでしょうかね。

    2021-09-07
  • takuchizu

    メーカー技術・研究・開発

    あまりなじみのない思想だったので、理解し切れていない部分もあるが、一連の研修を受ける中で、学びを深めていきたい。

    2020-05-14
  • tokutoku230

    メーカー技術・研究・開発

    カントリーアナリシスフレームワークはどのように用いれば良いかわからなくなる。

    2020-05-06
  • koki_0812

    メーカー技術・研究・開発

    カントリーフレームワークを活用するにあたって、どのようなツールを用いて情報を収集すべきか気になった。

    2020-05-06
  • sausage_3150

    営業

    ざっくり国・地域を分析する手法としてはリーズナブルで実践してみたくなった。

    2022-11-23
  • harunosuke

    その他

    業務というより、国際情勢等の情報収集の際に考慮します。

    2022-11-23
  • toruokumura

    IT・WEB・エンジニア

    コンテキストの分析は難しそうと感じた。情報収集がしにくい国や地域もありそうなので。

    2020-06-14
  • saito-yoshitaka

    メーカー技術・研究・開発

    多国や他地域の分析は自社のみで実施するのはやや大変な気がするので専門家との連携が大事。

    2022-05-03
  • kameco

    販売・サービス・事務

    現在私の職種では海外との接点はありませんが参考になりました。
    アイスランドの例が驚きました。

    2021-05-24
  • usamaru

    経営・経営企画

    海外の情報を調べることは国内情報を得ることよりも難しいと日頃感じていたので、参考になりました。

    カントリー・アナリシス・フレームワークのような「分析の切り口」をたくさん頭の中の引き出しに入れておくことで、いざという時に適切な分析手段を選択できるものと思います。

    2020-05-13
  • haruyokoi

    販売・サービス・事務

    東西冷戦の時代に地理学を学んだ。旧ソ連の集団農場の仕組みなどは歴史の領域なので、改めて国際情勢を学び直す必要があると感じた。

    2023-08-24
  • pompom

    営業

    ベーシックな理論がわかり参考になりました

    2019-03-12
  • anmomo

    メーカー技術・研究・開発

    得られる情報が偏ってしまわないように、フレームワークに必要となる情報の要素を吟味する必要があると感じた。そのためにも収集する情報は出来るだけ数値的に評価されているもの、情報の定義が明瞭なものを選び活用することが重要。また、手当たり次第に情報を収集すると本来の目的から著しく離れてしまう可能性もあるため、ほしい要素から徐々に枠を広げるのも時間効率的には有効な手段だと感じた。

    2021-08-07
  • yatta-atns

    経営・経営企画

    PESTを時系列でより詳細に見た感じでしょうか?
    中国などは都市(省)単位でやった方がより正確かと思いました。

    2022-09-02
  • toku-ken

    営業

    パフォーマンス、戦略、コンテキストといったフレームワークは、国や地域に分けて分析する事が有効で、アイスランドの例はわかりやすかった。

    2022-07-23
  • yama_55

    営業

    その国の、国民性、文化、考え方は、地域的環境、歴史(変遷)、宗教を含む、によって大きな影響を受けながら作られてきた、のですね。見て行くフレームが理解出来ました。有難うございます。

    2020-02-05
  • hiroya14

    IT・WEB・エンジニア

    まだまだ理解できていないので、復習が必要。

    2019-06-27
  • hr-sakai

    その他

    外国赴任に関わらず日本でも多国籍社員の多い会社ではあてはまる事もあるようだ。

    2024-04-23
  • mari-3120

    その他

    他国を理解するためには現在の状況だけでなく過去や戦略など、道筋を知ることも重要であることがわかった。

    2023-10-11
  • ryuichi_hishi

    販売・サービス・事務

    海外進出する際に検討すべきテーマとして、GDPや失業率などの概要を把握し、その国が目指すべき目標に対する取り組み戦略から大きな道筋を理解し、全体を大きく捉えることが重要である。

    2024-04-11
  • aihara01

    営業

    新しいことを知るのに役立ちそうです。

    2020-01-14
  • cascadex

    経営・経営企画

    カントリーアナリシスフレームワークに初めて触れた。パフォーマンス、戦略、コンテキストというフレームワークで国を見てみることで、とかく印象や直近のニュースに引きずられがちな、国に関する見方を偏りなくより深く見ることができるようになると感じた。

    2020-05-05
  • yukihi_t

    専門職

    内容を振り返って、知識習得を行いたい。

    2022-03-10
  • masanorit

    メーカー技術・研究・開発

    物事を多面的に客観的に観察して評価すること

    2022-10-26
  • koji111

    その他

    海外出張など行く際に活用します

    2022-08-20
  • amga45

    メーカー技術・研究・開発

    仕事だけでは無く、投資等にも応用できる考え方であり、視点は興味深い。

    2022-06-07
  • taikikaika

    建設・土木 関連職

    参加領域を分析する上でも有用だと感じた。

    2022-07-25
  • aokiyasu

    メーカー技術・研究・開発

    国に対する分析のフレームワークの基礎を学ぶことで、今後、製品展開を想定する外国の分析に活用していきたい。

    2024-01-03
  • kz_nkjm

    金融・不動産 関連職

    国だけでなく自治区や企業などにも応用できるフレームワークだとおもいます。というか当然の流れな気もします。

    2023-02-09
  • nikita

    その他

    新規に海外進出する際の、ターゲット国または地域を理解する初手としてとても有効な分析手法だと感じた。

    2023-08-11
  • moritti

    販売・サービス・事務

    国の分析だけでなく、競合の企業分や販売商品のマーケティングにも応用できると理解しました。

    2021-09-03
  • kenichi-endo

    営業

    国を知る上での思考の形にもフレームワークで分かりやすくなる。

    2020-07-10
  • kanon1008

    営業

    実際の仕事の中で海外に目を向けた時に実践していきたいと思うが、それまで練習を重ねてうまく手段として機能するよう調整していきたい。

    2020-04-24
  • yoon2022

    その他

    これまでなんとなく成功してきてしまったが、分析の大切さを知った。

    2024-04-06
  • kyorisa

    人事・労務・法務

    進出する地域や取引する地域の状況を捉えるため、パフォーマンス、戦略、コンテキストの面から分析する方法が
    あると知りました。このフレームを利用することで、その地域の特徴や他地域との差を確認することができ、
    ビジネス戦略を決定する上で使えると思いました。

    2024-02-09
  • chikyo45

    経営・経営企画

    背景、環境、関係性を分析することが、海外調査で必要だと感じた。

    2023-11-08
  • takeharu1981

    販売・サービス・事務

    体系的な手法については学ぶことができたが、どこまで掘り下げて分析するかは検討が必要だと思った。

    2021-11-06
  • ff10033133

    メーカー技術・研究・開発

    カントリー・アナリシス・フレームワーク
    パフォーマンス、戦略、コンテキストの3要素
    輸出管理業務に活用できそう

    2023-03-15
  • na_kaji

    専門職

    過去から現在までの情勢を分析し、状況を把握していく分析力が大事だと思った

    2022-09-08
  • 0000104437

    その他

    世界のさまざまなニュースについて、表層的な部分だけでなく背景について知ることができ、市場環境などの分析に役立つ

    2022-02-01
  • kyamazawa

    その他

    海外事業に携わった際には、その国の外部環境を分析する手段としてこの枠組みを活用する

    2021-12-03
  • makiko1729

    メーカー技術・研究・開発

    アイスランドの具体例があったが、リーマンにより破綻したそこの紐付けをもう少し詳しく聞きたかった。

    2020-04-04
  • mayumiya_m

    その他

    しゅうきょうや民族の問題や特性もあり、実際に設定することは難しい思う。一般的な内容としては理解した。

    2022-01-31
  • kk_c

    専門職

    進出国検討の際に、基本的な分析手法の考え方として採用しようと思いました。

    2022-02-02
  • tatsu500

    メーカー技術・研究・開発

    戦略の立てるときにまずは目標を意識してやることを知れたので、良かった

    2023-02-26
  • ntamotsu813

    営業

    大変勉強になりましたt

    2021-11-13
  • acetrappola

    営業

    実践をすることで身につくフレームワークだと思います。

    2022-06-11
  • komakomakoma4

    マーケティング

    まずは、ニュースを見るときに、パフォーマンス、戦略、コンテキストのフレームで、見てみる訓練をする

    2022-02-17
  • kaekae

    営業

    情報は多岐に渡るので、いつまでに分析をまとめ上げるなど、期限を切ったうえで調査を行う必要があると感じた。データをどう読むか、も慣れないと難しい。

    2020-06-03
  • hase_2022

    メーカー技術・研究・開発

    コンテキストが大事。

    2022-10-06
  • nori320

    マーケティング

    海外進出時のみならず、ビジネスにおいて必要なフレームワーク。

    2024-04-09
  • superakitan

    専門職

    新興国に進出したい場合、その地域の人に受け入れられる要求仕様をどう落とし込んでいくか?
    を考えやすくなった

    2023-12-29
  • taki2

    建設・土木 関連職

    海外進出する場合は,カントリーアナリシスフレームワークで,統計上分析できるものを調査した上で,現地に精通した協力者(協力会社)に,国民性や習慣などの情報を得ることが重要だと思う

    2019-12-21
  • dora-yama

    コンサルタント

    海外での業務はあまりイメージしていませんが、国内においても、パフォーマンス・戦略・コンテキストの分析は役立つと思いました。

    2024-05-14
  • 10512

    その他

    グローバル化の流れの中、パフォーマンス、戦略、コンテキストのフレームワークはとても重要である事を理解できた。実際の場面では、これらの分析情報を外部から調達することによって、分析者の力量によるバラつきの抑制や、時短を図ることも可能ではないかと考える。

    2024-05-23
  • smas0388

    営業

    分析が得意ではない為、非常に役に立つ内容でした。

    2022-12-20
  • tk-fukamachi

    営業

    グローバル世界において、このような手法があり、有効な手段であると認識した

    2023-01-30
  • tsukasa_1496

    メーカー技術・研究・開発

    国や地域のビジネス環境を掴む取っ掛かりとして、やってみたいと思いました。グローバルビジネスといっても、どのよう情報の収集しているのか知らなかったので、そのための基本的なことを知ることができた。

    2021-03-23
  • mactac0404

    専門職

    未だカントリーアナリシスを具体的に実施した経験がないため、何らかの機会を設けてトライしてみたいと思います。

    2020-05-04
  • nudenori

    営業

    進出国を決める時には、国の社会情勢、政治などの観点から判断する必要がある。
    輸出事業の場合も同じか?

    2024-04-05
  • snufkin14

    販売・サービス・事務

    日本はアメリカではなくもっと地理的条件や国の変遷が近い国を参考にした方が良いと思う。

    2020-08-19
  • takeshitamura

    営業

    海外進出

    2021-12-26
  • cf_202104

    資材・購買・物流

    現状の実務で使うことは限りなく少ないが、国だけでなく、企業分析としても役立つと感じた

    2021-08-04
  • hirihiro

    販売・サービス・事務

    聞き慣れない専門用語のカタカナが沢山出てくるので、それを理解するのに必死で、内容を十分に理解出来ていないと思う。再度視聴します。

    2019-03-25
  • na_4321to19

    その他

    色々な角度からの分析や視点が必要だということが分かった

    2022-05-24
  • toshiaki-0909

    その他

    とても良い内容でした。

    2019-11-05
  • nakamura1323

    その他

    コンテキストの重要性を把握した。

    2019-04-16
  • tanaka_2112

    経営・経営企画

    一つの国や地域を知るためにもその隣国や周辺国との比較をすることも重要であるという事に気づかされた。

    2021-08-31
  • ottaiman

    営業

    基本的なことだが、あらためて勉強になりました

    2021-05-07
  • laurie-nk

    営業

    用語を理解できました。事例も興味深く見ました。いまの状況を分析するとどうなるのか興味深いです。

    2020-06-02
  • bancho3

    経理・財務

    パフォーマンス・戦略・コンテキスト
    難しいですね。

    2019-12-23
  • lado

    販売・サービス・事務

    よく理解できました。

    2020-09-20
  • nabeuchi

    メーカー技術・研究・開発

    海外拠点に対し考えてみます

    2023-08-16
  • daddyveroo

    経営・経営企画

    当社(親会社)は、最初にカントリーフレームワークを行った上で、進出先を決めているのかな、と少し気になりました。そこにビジネスチャンスがあるから、ほかの企業も進出していて遅れるとまずいから、といったような情報しか通常入ってこないからです。カントリーフレームワークを活用して、進出に相応しい国か、何が改善・達成されれば進出をするべきか、大枠の理解に役立てたいです。

    2020-12-12
  • kkkkkk

    マーケティング

    今の業務に直接関係はないが、インバウンドが増加しているので、必要な考え方だ。なじみがなかったので、興味深い。

    2019-04-27
  • krsw-3

    メーカー技術・研究・開発

    国を知る上で、地域にも着目した分析を加える

    2022-01-17
  • sakruai

    営業

    企業分析にも活かせそう

    2023-09-15
  • dairoku

    メーカー技術・研究・開発

    企業の海外進出だけでなく個人の海外赴任にもその国の文化を知るうえで活用できると考える。

    2021-11-07
  • 137

    クリエイティブ

    グローバル化の流れの中、パフォーマンス、戦略、コンテキストのフレームワークはとても重要

    2023-12-29
  • shigetama_7

    金融・不動産 関連職

    国や地域といった単位でパフォーマンスから戦略、コンテキストのつながりを具体化することで分析することができる。

    2021-12-26
  • masa_0429

    メーカー技術・研究・開発

    販売戦略等を考える部署には所属していないが、海外出張の機会はままある。
    行くたびにその国を自分の足で歩き、空気を肌で感じ、自分の経験の肥やしにしようと考えている。
    今までは漠然と広くアンテナを張って歩きまわっていたが、学習したことで的が絞れたと思う。
    次の出張が楽しみになった。

    2020-04-27
  • chi20200101

    経理・財務

    2021 新聞を読む!1面&国際面

    2021-01-01
  • tomo1418

    マーケティング

    大変参考になる講義だった

    2021-05-06
  • kontetsu1116

    メーカー技術・研究・開発

    海外赴任者にその国を理解することに活用できそう

    2023-10-04
  • reiko-news

    販売・サービス・事務

    分析における範囲の幅が広がった

    2024-04-24

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。