競泳の北島康介選手、5大会連続の五輪出場なるか 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年1月8日に堀義人がピックアップしたニュース、追加版です。

競泳 北島 5大会連続の五輪出場に自信(NHKニュース)

[堀コメント]33歳で5回目の五輪を目指すのは、素晴らしいことだ。北島選手を応援し続けたい。

中国、サーキットブレーカー停止 株式相場安定狙う(Reuters)

[堀コメント]まさに「朝令暮改」だ。間違った施策を即座に変える「朝令暮改は良いことだ」と捉えるのか、制度が頻繁に変更するのは市場関係者が混乱し当局への信頼が落ちるので「朝令暮改が悪いことだ」と捉えるのかによって判断がわかれる。

僕は、サーキットブレーカー制度を4日間で停止する今回の措置は、拙速な気がする。当局の不安定さのみを露呈した格好になっていると思う。これから市場が乱高下するでしょうね。 

男が警察署を襲撃、警官が射殺 仏週刊紙襲撃から1年迎えたパリで(AFP BP NEWS)

[堀コメント]暴力は良くない。だが、暴力を誘発する風刺画を発するのも問題だと思う。いくら言論の自由があるとは言っても、時には言論が暴力以上に人の心を傷つけることがある。風刺画は、テロリスト以外のイスラム教信者を憤慨させている。テロは、フランスそして世界全体を的に回している。双方にサイレントな良識的な信者・国民がいることを認識して、相手を尊重する冷静さが必要だと思う。

さて、皆さんはどう思われますか? 堀義人への質問はこちら>>

※この記事は、NewsPicksの堀義人のコメントを再編集したものです。

 

 

 

京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。住友商事株式会社を経て、1992年株式会社グロービス設立。1996年グロービス・キャピタル、1999年 エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任する。若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur's Organization 現EO)日本初代会長、YEOアジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian Leaders日本代表、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)等を歴任。現在、経済同友会幹事等を務める。2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設。2011年3月大震災後に、復興支援プロジェクトKIBOWを立ち上げ、翌年一般財団法人KIBOWを組成し、理事長を務める。2013年6月より公益財団法人日本棋院理事。いばらき大使、水戸大使。著書に、『創造と変革の志士たちへ』(PHP研究所)、『吾人(ごじん)の任務』 (東洋経済新報社)、『人生の座標軸』(講談社)等がある。

関連記事

名言

PAGE
TOP