キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

Z世代と考える「美の基準」 ~共感を生む多様性・自分らしさ~

  • 0h 11m (3sections)
  • 自己啓発
  • 知見録 Premium

このコースについて

本コースはNEW STANDARD株式会社とのコラボコンテンツです。
みなさんのビジネスにも大きな影響を与える各方面の最新トレンドについて概要を知り、インタビュイーを通してZ世代の価値観を垣間見ることができます。

今回は世界中、そして日本でも巻き起こる「美の基準」の大変革がテーマです。
生産年齢人口・消費者に占める割合も増えてきたミレニアルズ・Z世代の価値観や気になるトレンドを知ることは、ビジネスにおけるサービス向上や新製品開発、チーミングの強化といった様々なメリットをもたらすでしょう。
ぜひ明日からご自身の仕事で活かせる場面を探したり、同僚や友人との話題の種にしてみてください!

講師プロフィール

大嶋 健司
NEW STANDARD株式会社
THINK TANK Research Editor / TABI LABO Editorial Manager
1982年生まれ、山梨県出身。約10年、メンズホビー系月刊誌の編集部に所属し、編集長業務を担当したのち、2016年TABI LABO(現NEW STANDARD)に入社。主にメディアディレクターとして、さまざまな広告記事やオウンドコンテンツのディレクション、SNS領域などを担当。2022年より、ミレニアルズ及びZ世代の価値観や、サステイナビリティなどの社会的トレンドに関する最先端の情報を調査、研究、発表するシンクタンク「NEW STANDARD THINK TANK」の立ち上げに関わり、M/Z世代のスペシャリストとして、独自のケイパビリティの開発に注力。職場ではZ世代女子、家庭ではα世代女子に囲まれながら、日々新しい価値(イミ)の発見を楽しんでいる。

金沢 桃花
NEW STANDARD株式会社
THINK TANK Researcher / TABI LABO SNS Strategist
1997年生まれ、大阪府出身。高校時代からモデル活動を開始。高校卒業後上京し、CMなどに出演。モデルの傍らTABI LABOにインターンで入社した後、社員へ。Social Media領域及び『TABI LABO』にて「どーなんよ?」連載を担当するZ世代。

(肩書きは2022年8月撮影当時のもの)

コース内容

  • 導入
  • 現代の「美の基準」
  • Z世代と考える「美の基準」

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

75人の振り返り

  • koyahiro

    経営・経営企画

    自分が想像している以上に、既存の価値感を見直す動き、または新たな価値観を創造する動きが根付き浸透していると感じた。

    その変化に企業としていかに価値提供できるかをスピード感もって対応していくことが求められると考える。

    既存顧客の価値観に縛られず、Z世代を中心とした次世代の価値観を自社の企業活動に取り入れていきたい。

    2022-10-09
  • shusuke-yamada

    その他

    美の基準がこれほど変わっているとは思いもよりませんでした。
    生きやすい人と生きにくい、価値観の侵害であると考える人もおられます。
    加工や偽造している美しさと醜さはどうかという気はします。
    デジタルにおける加工技術と崩壊している社会主義国の加工技術の実態が分かったからこそ、といえます。
    個人的にはその人が良いなら良いと思います。
    価値観を押し付けることがなければ、さらに良いと思います。

    2022-10-07
  • sdfgh

    販売・サービス・事務

    話を聞いて納得する事ばかり。
    多様性を受け入れる世の中になっているし、今後企業の広告などにも必要な目線だなと感じました。

    2022-10-09
  • saito-yoshitaka

    メーカー技術・研究・開発

    自分の価値観はSNSを通じて流行が変わりやすいのかも知れないと感じました。変化が激しい。

    2022-10-10
  • nkhr1964

    メーカー技術・研究・開発

    Z世代を知る一助になりました。
    コミュニケーションの参考にしていきたいと思います。

    2022-10-23
  • kawai_12

    営業

    ルッキズムという言葉を初めて知りました。自身の脳内にある固定概念はもう古く、隠さない、等身大でそのまま伝えるストレートな広告や発信物が選ばれるしリードできるのだとわかりました。

    2022-10-10
  • kk_c

    専門職

    美に対する姿勢についても、多様性が受け入れられてきていると思いました。こうでなければいけない、という狭い考え方から脱却しているのがZ世代なのかと感じています。

    2022-10-21
  • s_taga

    専門職

    自分の中のにある、自分自身も気づいていない偏見や、美に今までは標準の様なものがあった事に、改めて気づきました。内容にとても共感しました。

    2022-10-21
  • ozawa_h

    IT・WEB・エンジニア

    自分の周りではそんなに変化は見られませんが、市場では変化していることを理解しました。

    2022-10-08
  • canele

    コンサルタント

    正直まだまだ日本はルッキズムが強いと感じることは多いけど、こういう流れがあると把握することは大事だなと思う。
    外見だけでなく、とにかく相手を否定せずに尊重する姿勢が必要だと感じるので意識していく。

    2022-10-07
  • llasu_ito_0502

    人事・労務・法務

    Z世代を考える時

    美に対する、

    心持ち、考え方、印象、、、
    が違う(昭和の人間とは)のですね。ギャップを感じますが、そういうコトとして、理解して、夏得しました。Z世代が、分かって来ました。ありがとうございます。

    2022-10-11
  • tak_ori

    専門職

    また新たな基準が出てきたことを認識しつつ、声の出す人の意見・主張だけが、エコーチャンバーみたいになってないだろうかと思ったりします(特にSNSを主流とした寿命の短いトレンド)。

    2022-10-09
  • kfujimu_0630

    マーケティング

    Z世代がターゲットになる商品も開発しているので、非常に参考になりました。世代を超えた顧客理解はなかなか思うようにいきませんが、自分からコミュニティに入って積極的に話していき、彼ら彼女らのことを知りたいと思いました。ありがとうございました。

    2022-10-07
  • kenih

    メディカル 関連職

    国内だと、西洋のブロンドヘアの方に対して極度に美形に感じる価値観が昔から形作られてきている。
    多様性の尊重が進むにつれて、美しいと感じるものも多様になってくるのだろうと感じた。

    2022-12-06
  • yumi_torigoe

    その他

    価値観が変わることで、今まで受け入れられなかったもの、当たり前だと思われていたものが、そうではなくなったことが分かりました

    2024-02-04
  • ahiru3

    メーカー技術・研究・開発

    美の基準は、変化している。

    2024-01-14
  • kirroyal

    メーカー技術・研究・開発

    ルッキズム(外観至上主義)を問題視する世論の変化
    については、言われてみると変わってきているので、今までの自分の固定観念を変えるきっかけになればいいと思う。

    2022-10-31
  • pony13

    人事・労務・法務

    多様性がより高まっていることがよく理解できた。
    Z世代をはじめとする新しい世代の奥深さを感じた。

    2022-11-01
  • reiko77

    販売・サービス・事務

    自分らしいことの美しさって、簡単じゃないなぁと。自分を認める、受け入れる事が大切なんだと改めて感じました。

    2023-12-16
  • s-ribbon

    販売・サービス・事務

    人を見た目や地位や名誉だけで判断せず、その人自身のありのままを見ていきたいです。

    2023-08-12
  • riko-san

    メーカー技術・研究・開発

    人から見られることを意識することも大事だが、それ以上に自分が心地よく過ごすために大切なものは何か、自分自身を基準に考えるというところが新鮮であった。自分を大切にできる世界は、自分にとっても他の人にとっても居心地のよい世界なのだと思う

    2023-12-26
  • hanyanya

    営業

    Z世代の子供たちを見ていると、うなずいてしまうことが多々ある。

    2022-11-04
  • nob_nid

    メーカー技術・研究・開発

    時代時代ごとに判断基準がある

    2024-05-31
  • i323

    その他

    美について漠然とは過去との違いを感じているものの、あらためて説明をされるとなるほど思う点が多かった。価値観の変化をベースに市場も変わっていることを意識していきたいと思う。また自身の価値観に固執することなく多様性を受容する姿勢を持つことの必要性を感じた。

    2024-02-26
  • kazuyoshi0624

    販売・サービス・事務

    やはり、個人差がありますね。個人の価値観が違うように。相手の価値観を知ろうとするなら、その時は、自分の価値観をリセットしないといけないですね。


    2023-07-11
  • takada727

    販売・サービス・事務

    後輩に仕事での身だしなみチェックや、姿勢などをアドバイスする際に活用できそうと感じました。相手を意識した美や作り込まれた美しさよりもありのままの自分を受け入れ、内面を磨き、行動することで、自然と表に現れ、身にまとう雰囲気につながり、気づけば描く理想を体現できていることにつながる。内面の変化が外見の変化にもたらす影響が大きく、自己成長力がつき、努力の継続がしやすく、結果それが人を引きつける魅力や支持されることになる、対人においてwin_winであることが伝えられる。

    2022-10-17
  • celt

    クリエイティブ

    Z世代の人たちは、美容整形に抵抗がなく美を追求する一方で、AI技術によって「盛った」美には飽きているという話は面白い。
    ルッキズムが多様化したり外見より内面を重視する傾向は健全だと思う。

    2023-05-21
  • alpine1

    メーカー技術・研究・開発

    この話の切り口としては、Z世代といった世代で区切ってはいるが、もともと同年代においても多様性はあったはずで、長いものには巻かれる的に主流の価値観に寄ってしまっていた過去の世代と、それぞれを個性として多様なまま受け入れる、という価値観の違いのような気がします。

    2022-10-14
  • mybis

    その他

    美の基準の変化はファッションサイトのモデル達でもよく感じる。ありのままの体型のモデルの着こなしを見る方がよりユーザー寄りで親しみやすくわかりやすく商品購買に直結する。あこがれる美しさもあるので美しさの概念の幅が広くなっていると感じる。美しさの受け取り方も多様でそれもよし。

    2023-12-04
  • kaoda

    メーカー技術・研究・開発

    脱ルッキズム、飾らない、多様性の尊重

    2022-10-09
  • mempelajari

    販売・サービス・事務

    美の基準というのは、時代や環境によって大きく変わるものだということを意識したい。「メイクは女性がするもの」「作り込む方が美しい」といった考え方は差別にもつながる。多様性を受け入れ、それぞれの美を楽しめるようになりたい。

    2023-11-22
  • nyongpong

    人事・労務・法務

    美の基準や価値観が大きく変わっているということを常に意識しておきたい。

    2022-11-06
  • machi-yo

    専門職

    最近よく話に出ていることがまとまって聞けて良かったです

    2024-05-20
  • amanochi

    その他

    「今、美の基準が変わってきている」という最初のフレーズに違和感あり。美の基準は以前から絶えず変わってきていると思う。

    2023-10-26
  • hiroset

    クリエイティブ

    今の時代は自分らしさや共感がコンテンツに求められる

    一方で、多様性ってとても便利な言葉なので多様性=何でもありという認識を持たれないようにする必要もある気がした

    2022-11-21
  • onikichi

    その他

    身近には美の多様化まではなかなか感じる機会が少ないが、価値観の多様性という面は広がっているあと思う

    2022-12-01
  • sasaku

    人事・労務・法務

    飾らない、というのは、飾るのか好きな人には難しい。でも。飾るのが好きな人は、自分で飾った自分が好きなら、貫けばいいと思う。

    2024-03-20
  • mariko_0430

    経営・経営企画

    ルッキズムについて、広告など企業姿勢としての改善傾向は見られるが、たしかに日常シーンにおいてはまだまだ蔓延している…金沢さんの「そこから学ぶことも多い」というコメント通り、価値観は急激には変わらず、でも少しずつ改善・前進していくことが大事だと感じます。

    2022-12-28
  • jan_kan

    その他

    内容が浅かった。
    大体多様性のあるアニメと言ってもブラックパンサーは20年以上前から黒人設定だから違和感しかない。

    2023-11-01
  • p-matsu

    営業

    今風だなと感じたのは、多様性を意識してプラットフォームを使い分ける。
    ツールやコンテンツが揃ってる今だからこそのアイデア。

    ある物を組み合わせて新たな価値観を作り上げる事にはとても長けている方が多いと感じました。

    そして、ネットを通じて共感の輪が広がる。
    スピード感も今ならでは。

    私自身も多様性に対応した価値観のアップデートを続けていきます。

    2022-12-03
  • bononomaru

    販売・サービス・事務

    新しい動向、ひとびとの変化をとらえることは小売をしているのでたいせつと思います。男性コスメが伸びている話など参考になるとおもっています。

    2024-01-11
  • sai-3448

    人事・労務・法務

    今回学んだことを参考にしたいと思います。

    2023-12-15
  • sato-hideyuki

    金融・不動産 関連職

    Z世代の考え方や感覚の一端を知ることができたように感じました。

    2023-06-27
  • tanesannta

    営業

    外見にこだわるよりも、内面を磨き、有のままの自分を表現することが現代では求められていると感じました。

    2022-10-25
  • mio-k

    メディカル 関連職

    ありのままを表現する、自分磨き、が大人の美しさ。

    2023-08-30
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    親しみがわくというか、逆に言うとそれしか知らないのでそんな世界観になる。
    環境の影響は本当に大きいと感じました。

    2022-10-09
  • tobek

    営業

    身だしなみは意識しつつ、相手の捉え方は自然体で良い時も多いようなので自分らしくいる事の重要性を知りました。

    2024-04-10
  • ethan-hunt

    営業

    外見だけで評価されない業界なので共感は少なかったが、多様性の受容に関してはまだまだ改善の余地があると感じた。

    2022-11-30
  • y_cerezo

    専門職

    考え方が非常に参考になりました。

    2022-12-07
  • acs993222

    金融・不動産 関連職

    基準も変わってきてます。

    2022-11-26
  • yiwase9124

    メーカー技術・研究・開発

    若い世代の価値観の変化の早さに驚く
    技術の発達を受け入れる寛容性や実際に使うことの早さがZ世代ならではと考える
    メディア、企業もその変化をいち早くキャッチしており、
    世の中の動きも同調して早くなっていると考える
    また、SNSによって発信する内容を変える点は若い世代の柔軟さだと思う

    2024-01-12
  • china0710

    経理・財務

    美の基準が変化していることが、動画を見たことで理解出来た。

    2023-08-27
  • yasusyu

    人事・労務・法務

    「画一的な価値観からの脱却」は非常に勉強になりました。

    2023-10-28
  • min2

    営業

    価値観のアップデートが日々必要だと再認識した。
    最近ディズニー映画の実写化でプリンセスが白人ではなく黒人として公開すると知り、なんとなく自分の知っている話との相違に違和感と不信感を感じてしまっていたが、たしかに若い世代(子供)がそこから物語を知ればそれがスタンダードになるのだと気づいた。あまり自分の価値観を固定せずにいたい。

    2022-11-22
  • ryryryo78

    マーケティング

    歳は近い世代と思っていだが、自分と今変え方が異なっていた。まっさらな気持ちで価値観やニーズを理解する必要があると感じた。

    2022-10-15
  • koji_wada

    マーケティング

    Z世代に限らず、一定の世代間によって美の基準は変遷していると思う。その変化を捉え続けることができるように、さまざまな価値観の美に触れる努力が必要だと思った。

    2023-10-09
  • timpapa

    人事・労務・法務

    美の基準とファッションは一定の関係性があるのでしょうか?
    最近の若者の間で昭和ファッションが取り入れられていると聞きます。
    本当に良いものはたとえ流行と言われるファッション業界でも繰り返される。
    美の基準についてもどんどん新しい基準が生まれる中で、本当に良いものは繰り返す法則性は共通するのではないでしょうか?

    2022-10-30
  • richie_miyazawa

    営業

    息子とコミュニケーションをとる際の参考にしたい。

    2023-01-05
  • yuzu10969

    その他

    美の基準、公の場では変わってきているが、「日常」では、個人の意見・好み?もあり、変わった面もあれば、変わっていない面もあるのではないか、という印象です。

    2023-10-17
  • higassy

    販売・サービス・事務

    価値観の変化に周辺の人間関係はもちろんのこと提供しているサービスにも目を向けていかなければならないと感じました

    2022-10-19
  • kishimami

    マーケティング

    新鮮な内容で、面白かったです。

    2024-04-18
  • minamitchel

    メーカー技術・研究・開発

    価値観に固執せずアップデートしていく事が大切と感じました

    2024-01-19
  • miroku

    資材・購買・物流

    Z世代 世代ごとに基準があるのですか?
    そんなことまでして気を使って生きていかないといけないのですかね?

    2023-11-08
  • yapa_09

    その他

    10人10色

    2022-10-09
  • mfbm_minakuchi

    営業

    業務内でも、無意識に「これが美しいものだ」と決めつけてしまいがちなので、そのような固定概念をとりはらうようにしたい。
    また、若手〜中堅の年次として、上司と若手の価値観の架け橋になれればと思う。

    2023-07-03
  • hossy2022

    販売・サービス・事務

    美の基準なんてものは、昔から無いと思っています。あるのは時代の尊さ。
    今は個人の努力では変えられない部分は、ルールで守り、努力して頑張っている姿が魅力的に映り、尊さ(美しさ)になっているのかなと思っています。

    2022-12-24
  • ke_ko_

    営業

    みんな違うのが当たり前で個人の価値観を他人に求めることがそもそも間違っていると思いました。
    自分以外の好みや価値観を否定することがよくない、否定するのではなくまずは肯定してから自身の好みや価値観を伝えてもいい。
    相手に話を合わせてしまいそうな話題ですが無責任に合わせる事も違う気がします。
    相手との違いを当たりまえと考えて、相手の意見を聞き入れ、自身の意見もきちんと伝えていきたいです。

    2023-10-09
  • s_mokusho

    マーケティング

    意識していなかったけれど、とても納得した。
    若い世代向けの広告宣伝では気を付けようと思った。

    2023-01-02
  • mari-3120

    その他

    Z世代の美の基準が多様化していることを知りました。

    2023-12-20
  • handa5te

    マーケティング

    飾らない、ありのままの姿…に共感や親近感が湧きやすいというのも、スマートで便利な社会の反動なのかもしれない、と感じた。

    2022-12-18
  • rie5

    販売・サービス・事務

    変化している価値観を知る良い機会でした。傾向を受け止め、コミュニケーションをとりながら共有していきたいと思います。

    2023-10-25
  • axtyu

    IT・WEB・エンジニア

    美について考える年齢ではないと思っていたが、若いZ世代の価値観を知ることは日常や業務に役に立つと思う 例えば、物を作る仕事においても若い人の美の価値観を知っていると、そういう物をつくろうと考えれる

    2024-01-02
  • hata24

    営業

    Z世代の考え方を少しは理解する事ができた。

    2023-08-19
  • emeraldmountain

    メーカー技術・研究・開発

    商品やサービスを構想するにあたり、ターゲットユーザの設定が重要ですが、ターゲットの消費行動や価値判断の基準として、ボディポジティブや多様な美の価値観を持っているという要素を意識して設定することでトレンドに合う構想につながると感じた。

    2023-11-14
  • masakazu1986

    営業

    断片的なものが繋がって理解できた感覚

    2022-10-23

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。