キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

レビンの組織変革プロセス ~組織の変革を成功に導くプロセス~

  • 0h 13m (9sections)
  • 組織マネジメント
  • 初級

こんな人におすすめ

・組織変革の基本的な知識を学びたい方
・組織変革のプロセスを知りたい方
・組織変革への抵抗にどのように対処したらよいかを知りたい方

このコースについて

組織変革が求められる状況の中で、変革が成功に至るプロセスとはどのようなものでしょうか。
「レビンの組織変革プロセス」は、社会心理学者クルト・レビンにより提唱された、組織における変革のプロセスの段階を示したモデルです。
組織の改革、変革を実行する際に、組織がどの段階にあるのかを把握したり、今後どのような状態に持っていくのかを想定する際に役立てましょう。

コース内容

  • レビンの組織変革プロセス
  • 鈴木さんがとるべき行動は?
  • レビンの組織変革プロセスとは
  • 組織変革プロセスの3段階
  • 変革への抵抗
  • 変革への抵抗の克服アプローチ
  • 事例(X電気株式会社)
  • レビンの組織変革プロセスのまとめ
  • コツ・留意点

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • tw2602

    マーケティング

    解凍→変革→再凍結のうち、変革、特に変革への抵抗に対する対処に多くの説明が割かれているが、解凍についての具体的な説明が少なくてわかりにくい。本講座の受講生のレベル(組織での位置づけ、おそらく若手~中堅が多い)に合わせて、この事例の鈴木課長の立場では「解凍=揺さぶりをかけ過去を忘れさせる」のためのアクションを有効に実行するのはどうすればよいか、解説がほしい。

    2020-05-07
  • yama_tontwo

    経営・経営企画

    最初の解凍フェーズの危機感の伝達・社員への腹オチが難しいと思います。
    若手層は将来を見渡して今の会社の状態に危機感を抱きやすい傾向にあるが、逆に危機感が強すぎると退社したり、あるいは同町圧力を求めたりなど変な方向の行動を引きおこす可能性がある。
    40歳中盤以降だと、今の会社の状態的になんとか給料はもらえて子供の教育や住宅ローンの返済まで、なんとか逃げ切れるという公算を持ちやすいので、今の状況をへたに変えたくない、安定や現状維持を求め抵抗勢力またはフリーライダーになりやすい。
    30歳代が、仕事も理解し、会社の全体像も見えているので、危機感を伝えるコア層はこの年代に焦点をあてて、そこから職場単位やオフサイトMTGなどの横のネットワークで徐々に危機感を醸成するなどの戦略性も必要ではないだろうか。
    私の所属する会社では、まさにこのような状況下にあると考えている。

    2021-06-18
  • mnbvcxz

    メディカル 関連職

    現状を維持することは容易で楽なのでそうなりがちな傾向にあるため、組織変革にはその動機付けが重要になると感じた。

    2019-01-28
  • 10000

    クリエイティブ

    【解凍 → 変革 → 再凍結】

    変革への抵抗にはどのようなタイプがあるのか整理して理解できた。

    ▼個人からの抵抗
    ・習慣、安全 → 慣れた安定的な状況が危うくなる
    ・経済的要因、未知に対する不安 → 収入が減るという心配や曖昧な状況への不安
    ・選択的情報処理 → 自分が聞きたくないことは無視する

    ▼組織からの抵抗
    ・構造的慣性、変革の限られた焦点、グループの慣性 → 組織文化が変革を阻止
    ・専門性への脅威、既存の権力関係に対する脅威 → 既得権益が失われることへの恐れ
    ・既存の資源配分 → 資源配分で利益を受けているものは配分の不利を恐る

    2020-07-24
  • yaski

    営業

    聞きたくないことは無視・・・まずは、ここから始めないといけないですね。

    2020-11-22
  • hideo_furuta

    メーカー技術・研究・開発

    解凍のプロセスについてもっと勉強したいと思いました。

    2020-04-30
  • edueduedu

    販売・サービス・事務

    抵抗の種類とそれに対する克服のアプローチが明確にされており、特にその点が学べてよかった。

    2019-02-18
  • kami5

    営業

    Business環境の変化が激しく、変化の速度も速い今日において、Business環境の変化に着いて行く為には、レビンの組織変革のプロセスである解凍⇒変革⇒再凍結をより早い速度で実施して行く必要性があるのではないか。
    レビンの組織変革のプロセスを活かす為には、Business環境の変化に敏感である必要があるのではないかと感じた。

    2019-04-27
  • miyam

    専門職

    変革への抵抗として、個人からの抵抗だけでなく既往の企業文化から発生する慣性力があるというのは興味深く思った。結局は人の集合体だけれども、「なんとなく」で抵抗している背景にはこうしたダイナミクスが働いているのかもしれない。

    変革への明確な動機付けと抵抗勢力を正しく理解すること、時間軸を加味した克服アプローチが肝要であることを学ぶことができた。

    2020-11-23
  • jun_k

    メーカー技術・研究・開発

    今までトップダウンで行われてきた組織改革も、上位がこれだけ熟慮した結果実行されたのであれば納得がいく。それを感じ取ってもらうのも組織改革を実行する物の責務かもしれない。

    2020-04-10
  • chino714

    その他

    各部門と変革のスピードを合わせることが大きな企業になればなるほど難しいと感じた。抵抗勢力への対処方法について適切なアプローチを選択できるように努めていきたい。

    2021-06-16
  • tacosuke

    営業

    どんな職種でも応用がきくとか感じた

    2023-10-07
  • sinsugi

    メーカー技術・研究・開発

    変革のプロセスにのみ焦点が当てられていて、解凍で"過去を忘れる"とはどうするのか、"過去を忘れ"たら抵抗はないのではないか、などと疑問しか出てこない。その状態で、変革の説明は単語が多く、しかも抵抗の内容と対処が全くの別もので語られているので、どの抵抗にどう対処するかは個々の事例に寄るのだろう、としか理解できない。再凍結も何をすべきかの指針がない。
    例も初級向けではなく、具体的利用シーンのイメージは難しい。
    抵抗へもどれから順に対処する方が戻りが起こりづらいなど、知りたいことは多々ある。

    2022-03-28
  • llasu_ito_0502

    人事・労務・法務

    濃い内容を早口で説明されて、良く分からなかった。もう少し、時間を掛けて丁寧に説明してくれてもいい様に思った。
    再度、見直して(復習して)、しっかりと理解して、自分の手の内に入れたい。
    抵抗勢力の扱い方(処方箋)が、論理的(原理原則)、に定義されている、というのを初めて理解した。少し腑に落ちる(腹落ち)面もあったが、難しかった。

    2022-07-28
  • kobo0804

    IT・WEB・エンジニア

    変革への抵抗への克服アプローチを、今後ともよく覚えておきたい。
    抵抗の源として、組織やメンバーがどの部分に不安や不満を感じているのかよく理解することに努めた上で、それを克服すべきアプローチを正しく選択したい。

    2021-08-29
  • yukatayama

    営業

    チーム内で物事を効率的に進めるときに活用できると感じました。

    2023-01-04
  • hirata_eriko

    人事・労務・法務

    組織が変革する上でどのステージにいるのかを理解することが大切になる。次にどのステージに進むべきか、またその際に予測される抵抗はどのようなものになるか、考えながら進められると進める際に自信を持てると感じた。

    2019-07-16
  • yuki_0719

    マーケティング

    組織は現状が一番心地よく、チャレンジするとこを恐れる。決定プロセスに組み込んで変革の一員とさせることで変革をリードすることはできると事は多い。

    2020-09-29
  • kzhr2358301

    金融・不動産 関連職

    現在の環境を周知し、どこに危機が迫っているのか説明したうえで変革を進める必要があるが、それでも抵抗するものに対して強硬に進めることも必要であることと理解しました。

    2021-01-11
  • kei0415

    経営・経営企画

    解凍、変革、再凍結の手順を踏む。ここで重要なのは解凍の段階での抵抗勢力に対してのアプローチ。

    2021-07-08
  • saito-yoshitaka

    メーカー技術・研究・開発

    解凍→変革→再解凍とプロセスを理解して進める必要がある事を学びました。

    2022-06-11
  • wkiymbk

    IT・WEB・エンジニア

    組織における変革を段階的に表したモデル「解凍(揺さぶりをかけ過去を忘れさせる)→変革(向かうべき方向を共有化する)→再凍結(共有化された方向に向かって進み続ける)」を学びました。チーム内の目標共有に活用します。

    2020-11-11
  • shutarou

    営業

    変革と一言で言っても、整理して実行すべきである。

    2020-04-10
  • ishii201

    営業

    社内政治における意思の強行と、それにより生み出される変革へのリーダーシップは同時並行で進めるべき

    2019-02-23
  • goemon0511

    経営・経営企画

    組織構造改革を行う際に参考になると思います。

    2023-08-05
  • toshi0116

    営業

    変革における抵抗勢力へのアプローチは、経験上キーマンを抑えることが最も重要と考えます。自ら胸襟を開き、自身が安全な人物であることを知ってもらうことから始めて、相手の考えを十分ヒアリングすることも大事です。

    2021-06-05
  • dekadon

    営業

    自身の組織で新たな施策や取組を行う際に実践出来ると思った。

    2024-01-19
  • hiro_yoshioka

    メーカー技術・研究・開発

    個人的抵抗と組織的抵抗のはなしは本質的で面白いですね。
    危機感なくして、変革なし

    2021-06-08
  • nakiusagi

    メーカー技術・研究・開発

    レビンの組織変革プロセスは、勉強になりました。

    2019-03-08
  • tarimo

    販売・サービス・事務

    現状打破していくために段階を積んだ変革プロセスは無くてはならないものだし、積極的に行動に移していこうと感じた。

    2019-12-23
  • takahiro02

    経営・経営企画

    部内においてもグローバル化の変革にあり、チーム一丸となった成長に活かせる

    2020-07-04
  • lim_2170

    経営・経営企画

    変革への抵抗勢力をなるべく小さくするため、初めの解凍を丁寧に進めることが大事だと思う

    2021-05-29
  • kurimoto_h

    メーカー技術・研究・開発

    解凍/変革/再凍結のプロセスを時間軸を意識して進めて行く事の重要性が理解できた。

    2024-05-20
  • kkkkssss

    金融・不動産 関連職

    DX推進のための新しいソリューション・プラットフォームを開発する際に、組織的な変革マインドを醸成することも大切ですし、既存の環境に適応した個人から陰に陽に反発を受けるケースも考えられるので、これらの問題に対処するために学んだ内容が活かせそうだと思いました。

    2024-02-27
  • matsu-ra

    営業

    所属部署の組織改革においても、解凍、変革、再解凍のプロセスは活用できると思いました。

    2024-01-06
  • takahiroko

    金融・不動産 関連職

    過去のやり方を変えるときに考え方を変えるときに活用出来る

    2024-03-04
  • 1210001

    販売・サービス・事務

    変革のプロセス、変革への抵抗や時間軸、スピードなど学習できました。また、さらに学習して学びたい。

    2023-08-11
  • nico0113

    営業

    組織変革におけるプロセスには凍結、変革、再凍結の3段階ある旨、了解しました。

    2019-05-08
  • jack2baker

    コンサルタント

    実際とてらしあわせて考えることをしてみます。

    2019-06-02
  • lucky777

    営業

    日々の業務で改善だけの積み重ねでは、変化に対応できない時がある。

    その時に組織改革を根本的にやっていく必要があるが、それをやるうえでのプロセスを学ぶことができた。

    2023-06-24
  • 441

    その他

    言葉でいうのは簡単だが,変革を起こすほどに危機感を高めさせることは極めて難しい。組織のトップの力量が問われる点だと思う。組織・チームの長となるときのことを考え,その方法を模索していきたい。

    2020-07-05
  • aoyagi2021

    営業

    現在のコロナ禍で「凍結」は外部環境から強制的に行われた。ともすれば苦労なく「変革」が進むところで、中長期的なビジョンをどう示すのか。今最も組織で必要な営みだと思う。現状に見合ったテーマで解説を聞きたい。

    2020-07-08
  • sendat

    メーカー技術・研究・開発

    業務で活用するためには、アプローチの施策をシーンに合わせて、選ぶひつようがあると感じました。

    2023-02-23
  • iijiro

    人事・労務・法務

    経験的に実行してきた事が体系化されている事を知る事ができた。直感的に動くのではなく、こう言った理論の裏付けを意識して動く事でより効果的な行動が取れると思う。

    2020-08-12
  • miya51344

    営業

    改革定着の速度感を合わせること
    改革速度に差が大きく生じてしまっている現状を是正すべく、施策を嵩じたいと感じました。

    2020-12-09
  • himawari555

    人事・労務・法務

    組織が大きくなると難しさを感じます。スピードを合わせるということの重要性を改めて意識したい。

    2023-08-28
  • tagupi

    その他

    組織変革は、会社全体を動かす一大イベントです。だからこそ、普段以上に従業員を適切にマネジメントし、変革の必要性を周りに示す必要があると思います

    2023-11-30
  • kgdkb

    営業

    組織の変革の進め方を理解することができた。常に組織の変革を求められている現状のため、非常に参考になりました。

    2023-10-28
  • kaku_san

    営業

    変革に対する抵抗についてはよく感じることがあるが、今回のように体系的に仕分け、分類して抵抗を理解したり、その対処法を整理して考えたことがなかった。今後、変革を進めるにあたり、抵抗にあった場合は、その抵抗が何なのかを把握し適切な対処法を実行していきたい。

    2023-06-10
  • inotomo

    人事・労務・法務

    担当業務において方針としては賛成だが、個別施策となると反対を受けることがある。今回学んだ抵抗勢力それぞれの特性をもとに、適切な対応策を実践していきたい。

    2023-12-23
  • shigebo

    人事・労務・法務

    社内意思統一について、各階層で共通に使えるテキストとして活用できると感じました。

    2020-07-28
  • gar

    経営・経営企画

    組織改革を行う際の重要な視点が理解できた。是非今後この知識を有効利用し、改革の実現を前向きに進めたい。

    2023-07-10
  • nttopomat

    IT・WEB・エンジニア

    現在所属している部でも似たような組織開発がなされており、まさに変革の真っ只中である。今後再凍結に向けて動き出すように感じる。このように変革のプロセスが一般的な方法論としてまとめられていることで、実務でも活かしやすいと感じた。

    2024-04-24
  • sk_d

    IT・WEB・エンジニア

    解凍のさい、揺さぶりのかけ方が大事だとおもう

    2022-05-25
  • shuchino

    人事・労務・法務

    変化の動きが速い現代だと、解凍→変革→再凍結を繰り返し続ける必要があるのだと感じた。

    2024-05-23
  • ekayutaka001

    販売・サービス・事務

    改革する前に危機感を共有する事が重要である。
    その後、変革と再凍結が重要なポイント。Got It

    2019-05-06
  • nyoshiharu

    営業

    まずは現状の危機感を共有して、みんな揺さぶられる必要性を感じた。
    一人ひとりの意識改革から初めてみようとおもいます。

    2021-02-17
  • syu141

    販売・サービス・事務

    まずはコミュニケーション、その後、自分の考えを共有し、メンバーの意見を求める。そのうえでチームの方向性を見出して目標を立て、そこに向かって進めていく

    2022-06-22
  • edo_obe

    営業

    昨今、日々変革が求められており、円滑に進めるための手法や考え方について理解できた。

    2024-02-09
  • yokohama3146

    建設・土木 関連職

    今後の組織の活性化に役立ちそうです。

    2019-07-28
  • kimura12

    IT・WEB・エンジニア

    コッターの「変革への抵抗を克服するアプローチ」における「交渉」「懐柔」はインセンティブを与えて抵抗勢力をある意味買収するというような手段に見受けられますが,この手段は金銭的な負担が大きいと思いました。そもそも組織変革が必要なのは,おそらく収益改善が必要だからで,そのような局面で金銭的負担(特に基本給の底上げなど,恒久的な負担増)が大きい手段を実行するのは慎重になったほうがいい,できるだけ最後のほうの手段とするべき,と思いました。
    「交渉」「懐柔」は,極力 金銭による交渉・懐柔を避けて,制度面や体制面での妥協・配慮・優遇などを提案するべきだろうと思います。

    2024-06-10
  • soarer

    営業

    現状に満足することなく、常に危機感を持って向上する必要性を感じた。

    2019-08-13
  • megm305

    人事・労務・法務

    変革に様々な抵抗があるが、個人の性質によるものではなく、人間の特性として起こるもの、ということが学べた。

    2023-12-27
  • togosanai

    IT・WEB・エンジニア

    旧弊たるシステムに固執し、変革による生産性向上に前向きでないメンバーと、変革のスピードへの意識を合わせる重要性を学んだ。

    2022-03-30
  • ryokanda

    建設・土木 関連職

    ともに学び実践しよう

    2023-03-29
  • masa_kuni

    その他

    我々の組織も同じだ。
    時間をかけ解凍し、変革で向かうべき方向性を共有するも、どうしても理解が得られない場合は、時に強行する事の重要性があることを学べた。
    しかしできる限りは解凍できる人間性のスキルは持ちたいものだ。

    2022-11-23
  • housaku

    営業

    当社は業績については好調な状況であるが、提供している価値そのものが陳腐化しつつある状況にある。現状においては問題が無い事から経営層全体に中長期的な改革の気概が薄い。まずは揺さぶりをかけることから始めるとのことであるが、将来に自社の優位性や価値が競合と比べて劣後することを説いても、単なる悲観論、あくまでのリスクとしてしか受け入れられず、揺さぶりにならない。揺さぶり自体が時間のかかるものであると感じた。第1段階が動かないと後には何も起こらない、と言う点でその重要性を痛感する。

    2020-04-11
  • mantanishigeru

    金融・不動産 関連職

    まずは「解凍」プロセスで、揺さぶりをかけ過去を忘れさせるという発想は新鮮でユニークに感じた。危機感を持たせる際に活用してみたい。

    2023-08-15
  • takahiro_kamata

    経営・経営企画

    DXなどの取組に対する組織マネジメントの参考になる。

    2023-05-08
  • project_x

    メーカー技術・研究・開発

    また新たな枠組みを学べた。
    強硬手段に出なければならない状態になる前に、変革を進めるべきだと感じた。

    2022-01-05
  • h_takegaku

    メーカー技術・研究・開発

    危機意識の共有が、大事だが、それに労力が割かれそう

    2024-01-26
  • yuta-yamaguchi

    コンサルタント

    レビンの組織変革プロセスの基礎を学んだ。

    2023-09-04
  • taronana

    マーケティング

    基本的には、人は変化を求めていない、恐れていると認識する事が必要。その理由は個人と組織で分類は出来るので、あらかじめ準備は出来るものの、必要な事はリーダーの変革への覚悟である

    2023-05-25
  • clould9

    IT・WEB・エンジニア

    チームメンバーに新規案件へのアサインをする際にこのプロセスを適用できる。

    メンバーは案件のアサインによって、業務ボリュームの増加や、現行業務の効率化を求められるので、少なからず心理的な抵抗を感じるはずである。
    このプロセスを用いることによってより円滑に業務アサインができるであろと推測される。

    2022-06-13
  • nash13

    販売・サービス・事務

    良く理解できたと思う。

    2019-06-07
  • achan0908

    その他

    プロセスはよく理解できたので、再凍結のプロセスをもっと知りたいと思った。

    2020-06-13
  • miu34

    営業

    どの会社でも既得権益は必ずあり、それを守りたい勢力もあるため、事前の危機感をいかに納得させ自分ごとに感じてもらうかが大事だと考える。
    組織だけでなく、新しいアプリやサービスの導入期などにも、わかりやすく新しいものの良さをきちんと伝える工夫が必要と考えるので、一手間を惜しまず、どう伝わるか?を念頭に仕事を進めたいと思います。

    2022-03-08
  • hagahi

    メーカー技術・研究・開発

    変革には立場の違う人によって抵抗や促進、スピードが異なる事を学んだ。情報発信が変革である事に驚いた。

    2023-11-09
  • t-mizobuchi

    営業

    今、変革をしている最中なので、しっかり再度内容を把握して、組織変革を改めて、ステップを確認しながら、段階的に進めていけるようにしていけそうです。

    2020-08-22
  • o_002

    マーケティング

    変革には経営層の課題認識が不可欠だが、現在その認識が甘く、過去の成功体験にとらわれて経営層自体が抵抗勢力になっている。
    その場合の最初の解凍プロセスは経営層に向けてのメニューを考えなければいけない。

    2024-03-11
  • kkk007

    その他

    解凍のプロセスでどれだけ多くの人数を揺さぶれるかが変革のカギになると思う。変革することへの共感が大事

    2020-04-17
  • tatenok

    営業

    業績が良いときにこそ、潜む危機を感度良く捉え、必要な変革にむかうべきという思いを強く持った。

    2020-12-04
  • hasix

    コンサルタント

    課題設定と目線合わせ、目的・狙いの明確化、変革後の新たな標準を導入、浸透して、成功体験をともに分かち合うことで、成功の再現性を高めやすくなると考えられます。

    2024-03-21
  • megu_imaoka

    経営・経営企画

    変革のプロセスの中で、起きる抵抗には「個人」と「組織」の2種類がある。
    「個人」においては、
    ⒈習慣・安全からくるもの、
    2.経済的不安、未知に対する不安によるもの
    3.聞きたくないことを無視するという選択的情報処理からくるもの

    まさに、他部門の部門長が3のような状態で不思議だったのですが、腑に落ちました。ひとつの抵抗の形だということがわかりました。

    2019-04-14
  • yuichi_1998

    経理・財務

    チーム内での課題が変わったりする場合に、このような考え方を意識することが大事であると感じた。

    2023-01-03
  • s_kubota105626

    人事・労務・法務

    抵抗の種類が分類されているのを見て、確かになるほどと実感できる、思い当たる経験をしたことがあったなと思いました。

    2019-09-21
  • belongfuku

    営業

    組織の変化プロセスを活かしたい

    2023-07-17
  • syu-okada

    IT・WEB・エンジニア

    時間軸を意識して仲間を増やしていきたい

    2023-11-11
  • nezu_-o_o-

    コンサルタント

    組織変革だけではなく、プロジェクトマネジメントでも汎用的に用いることができる考え方だと思いました。

    2020-01-30
  • ntakamot

    営業

    変革への抵抗は小さい組織単位でも発生するため、チームメンバーへ細心の注意を払いつつも変われるチームになるようにコミュニケーションをとっていきたい

    2024-04-30
  • nobu_tk2

    メーカー技術・研究・開発

    個人、組織ともに抵抗を示す場面は経験から容易に想像できましたが、変革を起こそうという際はまずはいずれともひざを突き合わせて良くお話し合うことが大切なんだと感じています。

    2021-06-04
  • masayukick

    経営・経営企画

    業務改革を行うと、必ず抵抗勢力に反対される局面がある。トップダウンで断行することも多いが、予想以上に抵抗力が強くて改革が瓦解することもあり得ること。経営改革側が負けることもあるのです。そのため、改革にセオリーが存在していることを心強く思えました。コッターの企業変革プロセスをもっと深く学びたいと思います。

    2020-02-23
  • mori-n

    経営・経営企画

    今は再凍結期なので社員が不安にならないようにしっかり固める必要があると感じた。
    そのために何が必要かを改めて考えたい。

    2024-03-05
  • kotakashoten

    営業

    組織をまず回答するためには、揺さぶりをかけるリーダーがまず強い信念と継続する心構えが必要と感じた。
    そこに迷いがあると変革が上手くいかず、最後までやり切ることができない。

    2023-11-17
  • val00276

    経営・経営企画

    変革を実行するために時間軸を意識すること、抵抗が起こる理由を把握し適切な対応を図ること、は新たな学びだった。

    2021-07-07
  • seiya_n

    経理・財務

    解凍への説明が少ないように感じた。最後に社長の事例があったが、社内の部署単位ではどのようにリーダーが号令をかけるのかが重要であると感じたので、会社方針に沿ってどのようにリーダーが葉っぱをかけて、メンバーの腹落ち具合を高めるか、が知りたい内容でした。

    2023-08-16
  • aa0111

    営業

    企業として、変革を常に、恒常的に実施していく事が必要不可欠だと感じる。(一部門、一部署のみ常にではなく、分散させながら)
    危機感を持たない抵抗勢力は恐らくどの会社にもいて、「こなす」作業の人たちと考えます。
    その人たちにどうアプローチしていくか、今後もっと学んでいかなければならない。

    2024-05-14
  • jasminezuo

    人事・労務・法務

    解凍 → 変革 → 再凍結のプロセスは初めて理解しました。
    現ミッションは、ちょうど組織変革を行い、現在解凍中です。
    組織変革プロセスを踏まえて、現ミッションを達成したいと思います。

    2024-03-19
  • jun_oka

    IT・WEB・エンジニア

    業務の効率化や標準化活動において、克服のアプロチー等、職場環境に応じて時間軸と適切な方法を選択しながら進めていこうと思う。

    2022-09-05
  • nakayasu720

    IT・WEB・エンジニア

    まずは自分の持っている危機意識を周囲に伝え、共有するという解凍プロセスに着手しようと思う。

    2023-08-31

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。