キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

心身共に健康に働く「ウェルビーイング」どう実現するのか~石川善樹×小島玲子×松澤巧×矢野和男×森浩生

  • 1h 1m (1sections)
  • 組織マネジメント
  • 知見録 Premium

このコースについて

G1経営者会議2019
第6部分科会D「健康経営とウェルビーイング 働く人の心と身体のサステイナビリティ」
(2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校)

人材の流動性が高まり人手不足が深刻化する昨今、優秀な人材の獲得、社員定着化による離職率の改善への取り組みは、業界を超えた共通課題である。その中において、従業員のメンタル面、フィジカル面双方の状態を健康に保ち、従業員の健康維持・増進に投資する「健康経営」は、企業価値向上にむけて、経営陣にとってプライオリティ高い経営課題であり、ある意味究極のゴールとして認知されている。更に、心身ともに社会的にも健康に働ける状態を指す「ウェルビーイング(well-being)」という考え方にも注目が集まる。働く人の心と身体を健康な状態で持続させながら、経営と従業員のサステイナブルな関係をいかに構築していくのか、企業経営の視点、専門家の視点を交えながら議論する。(肩書きは2019年10月27日登壇当時のもの)

石川 善樹 公益財団法人 Well-being for Planet Earth 代表理事/株式会社Campus for H 共同創業者
小島 玲子 株式会社丸井グループ 執行役員 健康推進部長 統括産業医
松澤 巧 味の素株式会  執行役員人事部長
矢野 和男 株式会社日立製作所 フェロー、理事 兼 未来投資本部ハピネスプロジェクトリーダー/博士(工学)/IEEE Fellow/東京工業大学 情報理工学院 特定教授
森 浩生 森ビル株式会社 取締役副社長執行役員

コース内容

  • 心身共に健康に働く「ウェルビーイング」どう実現するのか~石川善樹×小島玲子×松澤巧×矢野和男×森浩生

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

96人の振り返り

  • moocaster

    営業

    ウェルビーイングを導入することで費用対効果としても有益であることと、今後の経営にも取り入れていく必要があると感じました。個人的に行えることとしては、まずthree good thingsを実施したいと思います。

    2021-05-30
  • test_

    メーカー技術・研究・開発

    COVID-19で同じ会社内でも対面のコミュニケーションが制限されるなか、心理的安全性の確保など、ウェルビーイングの重要性は非常に高まっていると感じる。その中で今後、ますます社員のウェルビーイングを考えた経営ができるか否かによって、事業などの成否が大きく変わってくると思う。

    またセンシング技術、無線技術などの発展により、様々な方策に対する科学的な裏付けが今後とられてくると思う。証明された事象を適度にうまく活用して、社会がよりよい方向に向かっていけばよいと思う。

    2021-02-07
  • katasorakumo

    人事・労務・法務

    健康経営でなく、ウェルネス経営を目指したいと思った。
    特に参考になったポイント

    ・1日や1週間を振り返ること
    ・ストレスが悪いのでない。ストレスは誰もがあり、それを乗り越える力が必要
    ・メンタル不調は個人でなく組織の問題
    ・ソリューションfocusアプローチ
    ・デジタル活用して何かできないか

    2023-04-30
  • yamashu-1

    人事・労務・法務

    現在、ウェルビーイング経営に携わっているので、各有識者の皆さんのご意見はとても参考になりました。また、この取り組みは単独で行うものではなく、経営戦略・人事戦略の文脈の中でいかに展開することが大事かについて気づかされました。

    2022-07-24
  • mariko_coco

    マーケティング

    何となく仕事を始めて何となく終わらせない、というお話が特に胸に響きました。
    その辺りを意識して明日から仕事に取り組もうと思います!

    2022-05-31
  • sugaray

    人事・労務・法務

    ウェルビーイング(社員やそれをとりまく環境が健全であること)やダイバーシティの実現は根っこは同じで、各自がそれぞれ心身ともに健康で自由でありたい姿を追求できることかと考えた。そのための取組を積極的に取り組んでいくべし。

    2021-07-01
  • tohei

    経営・経営企画

    ソルーション・フォーカス・アプローチの考え方を導入してみたいと思います。
    また、知識創造の場作り、というキーワードが面白いので、何か考えてみたいです。

    2021-10-20
  • yossy-doudeshou

    営業

    メンタル面に不安を抱えているため受講しました。

    2023-07-13
  • sa-ko_so53

    販売・サービス・事務

    自分も周りの人も幸せにする。出来たらすごい事。でもちょっとした事なら出来るかも。そう思わせて頂けるお話ばかりでした。

    2021-05-02
  • anzoo1118

    経営・経営企画

    社会がウェルビーイングであることでいい循環を生み世の中が発展する

    社会がウェルビーイングであるためには組織がウェルビーイングである必要性

    組織がウェルビーイングであるためには、ステークホルダー(個人)がウェルビーイングである必要

    個人がウェルビーイングな状態とは(石川さん)
    ・生きがい
    ・やりがい
    ・居心地

    この状態になるためには、満足なタイムマネジメントが必要

    ◼︎気づき
    ・心の健康は、システム思考で構造化しやすい
    ※人のせいにしない
    ・だからこそ、課題が明確になった今、だれもが賛同して進みやすい

    2023-10-25
  • masa_gold

    資材・購買・物流

    社員にとっての居心地の良い職場環境づくりは、業務へのポジティブな志向や成果を促し、最終的には会社への貢献度アップに繋がると感じた。

    2022-08-10
  • miko20150224

    営業

    社員の健康についておろそかに考えてはいけないと感じました。

    2022-09-07
  • nino_8484

    営業

    始業前の確認、終業後の振り返りを習慣化し仕事への向き合い方を変えていくようにします。

    2023-03-04
  • op10

    メーカー技術・研究・開発

    ウェルビーイングについてもっと深く知りたいと感じた

    2023-07-19
  • atsushi-555

    金融・不動産 関連職

    健康や自己管理というと努力や意識という「頑張り」でしかないととらえられがちであるところ、技術の発達により仕組化することでより容易に習慣化できるようになってきた。
    一方で企業や組織でそういう仕組みを導入する際、構成員のプライベートまで監視・管理するようなものではあってはならない。

    2023-05-31
  • kosugeyukiko

    メーカー技術・研究・開発

    組織としてのウェルビーイングの取り組みが必要。ただからだの健康を目指すのではなく、幸福度を上げることを目標にする必要がある。生きがいややりがいを社員一人一人が振り返り、自分の状況を客観視する姿勢が大切なのではないかと感じた。

    2023-10-23
  • koki963

    販売・サービス・事務

    日々の良かった事を3つ書いてみる
    感謝したい事を3つ書いてみる。健康に繋がっているとは考えていなかった

    2021-07-25
  • masa4428

    販売・サービス・事務

    コロナ後のウェルネス経営はより重要と感じた。

    2024-01-28
  • gremlins

    営業

    健康は他社と競うものでもなく集まりやすいテーマ、というのはまさにその通りだと思う。コロナ禍を越えたときに何がのこっているのか、企業としては健康というのはひとつ不変のテーマとして取り組むべき。

    2021-01-25
  • miyuki0216

    マーケティング

    非常に重要明日から実践したい できるテーマでした

    2021-01-17
  • _ya

    販売・サービス・事務

    当社では全く取り組んでないような分野の話がされており、世間はこんな事になっているのか・・・と考えさせられました。生き甲斐、遣り甲斐、居心地の良さがあっても鬱状態の同僚にどのように接するべきかの解決策は見出せなかった。

    2022-10-21
  • 3702292319

    資材・購買・物流

    時間の使い方(タイムマネジメント)を大切にして個人、家族、従業員と一緒になって組織のヘルスケアを行っていきたいと思います。

    2022-06-08
  • alkonada

    販売・サービス・事務

    健康経営は社員のエンゲージメントの向上と相関有る。居心地良い職場環境をつくっていきたい。

    2022-04-07
  • channel_uesugi

    メーカー技術・研究・開発

    関係者の講演をグロービス学び放題で3回見ました。今後も引き続き状況を把握したいです

    2023-09-04
  • gomamisozui

    営業

    意識を持った仕事をしていこうと思い直しました。

    2021-10-01
  • tadashiokamoto

    専門職

    たいへんわかりやすかったです

    2021-07-31
  • koba1122

    IT・WEB・エンジニア

    日々日々一歩前進・レベルアップした仕事の進め方をすることで成果を高かめ内容を充実化を図るために、日々日々、本日の目標・一日の終りに振り返りをする積み重ねの大切さを再認識することができました。

    2023-10-23
  • norinorichan

    その他

    ①「迂闊に仕事を始めて、迂闊に仕事を終える」ことから脱するためのタイムマネジメント、②今日起こったことを書き留める、③幸せだと感じたことを3つ挙げる…

    企業の健康経営にとどまらず、働き手として個人でできることが少なからずありそうでワクワクしながら聞きました。

    ②と③については、別のカテゴリで視聴できるミーニングノートを使いながら個人の成長と「生き方」の軸を強くするために試行錯誤して活用していますが、①について少し弱い点があったので、今回会場におられた小室さんが仰っておられた「時間的自立性」の立て直しのため再度実行してみようと思います。

    2021-01-16
  • ozzee

    人事・労務・法務

    生産性をあげるための時短、効率化ぎ大事。全体的な取り組みが大事だが、部分的な取り組みでも、やらないより百倍マジだと思うから、少しずつでも進めて行きたい。

    2023-09-05
  • nozomi_uchida

    専門職

    働きやすい職場づくりとして何が出来るのか考えていた。タイムマネジメントはあくまでも業務を遂行するにあたり考えていただけで、「どれだけ満足できるか」や何を軸にするかまでは考えれていなかった。ワークライフバランスも考えながら、タイムマネジメントをしていきたい。

    2022-08-19
  • kenkenpappa

    販売・サービス・事務

    エンゲージメントと健康の相関関係
    体と心の健康が業績に反映することは興味深い
    そうなるように使う側の意識の改革が大事

    2021-10-27
  • mm9425

    メーカー技術・研究・開発

    ウェルネス経営を、生き甲斐、働き甲斐、居心地と例えていたことがしっくりきた。チームメンバーにとって、この3点が上がる運営を考えたい。また、three good thingsで、ポジティブに値付けすることを、自分もメンバーにも取り入れてみたい

    2021-01-17
  • shu-bou

    営業

    ウェルネス、ウェルビーイングとはヒトを通じて組織のヘルスケアと言える。個人的にはヒトを大事にしない会社は腐ると思っている。組織の中のヒトの繋がりの不平等、発言の不平等、非言語での共有等、組織の中でヒトへの精神的なサポートは必須である。それによって、ワークエンゲージメント、インクリュージョンの向上が図れサスティナビリティな健全な会社経営に繋がると考える。

    2024-02-23
  • atsumi1019

    営業

    繋がりの平等、発言の平等 が職場環境で実現できるよう、毎日の声掛け、ファシリテーションから意識していく。

    2021-01-28
  • masa_0125

    IT・WEB・エンジニア

    いつも時間になって仕事を始めて、時間になって何となく仕事を終えていることに気づいた。

    2021-01-27
  • hk22suzu

    その他

    健康は誰にとっても共通のテーマ。
    健康経営の目的は、人と社会を幸せにすること。生産性向上だけでなく自社内に閉ざすものでもない。
    繋がりの平等、発言権の平等、非言語・身体的なシンクロの3つが指標、周りを観察してみる。
    たった一つのNegativeな出来事によって最悪な日だったと印象つけられてしまう。アテンションを当てなおして、日々Three good Thingsを思い出すことを習慣にして、心の満足度を高めていく。

    2023-08-04
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    すごく大切なテーマと感じています。
    言葉にするとイメージが固定化されるので難しいですが、人間が生きていくうえで、企業が活動を行ううえで最も重要視しなければならないことと感じています。
    じゃあどうするのか、今の組織にうまく根付くように、できるところから始めています。成果はすぐに出てくると確信しています。

    2021-01-18
  • kuma_quma_cuma

    メーカー技術・研究・開発

    嫌なことがあるとそれに引きずられ認知の歪みが生じることを実感している。客観的に振り返り、良いこともあったと思い直しが出来るとダメージから回復出来ると良いヒントをもらえました。
    ありがとうございます♪

    2023-07-21
  • btree

    販売・サービス・事務

    金融業界で人事の業務ではないが、営業教育の観点でも得るものがないかと考え視聴した。人の生きがい、(心の)健康を科学的に捉える変数がかなり明確になっている点と、経営上の効果も見える化がかなり進んでいる点に驚いた。営業的には、組織の側面は触り辛いが生き甲斐の観点、働き甲斐の観点でウェルネスにならない側面と、Hopeにつながる視点ももってお客様に接することができると何等かの貢献ができると感じた。

    2021-01-17
  • mid-54

    メーカー技術・研究・開発

    原因を問い詰めるのではなく解決にアプローチする、そのことで組織の健全性に貢献できるというのは一つの気づきだった。
    うかつに仕事を始めて、うかつに仕事を終わる、とかくやりがちなので、まずは自分のためにこのことから見直したいと思う。

    2021-02-12
  • abe6

    販売・サービス・事務

    社内でも心身共に健康な会社に出来るよう
    働きかけます。

    2023-05-21
  • urkn

    コンサルタント

    社内の枠組みにとらわれず、いろいろな取り組みを知ることが第一歩だと感じました。
    個人的には、仕事、プライベート含めた時間配分を見直すこと、という話が刺さりました。

    2021-02-08
  • fujkura

    その他

    健康経営は企業側のメリットだけでなく、その本質である個人の生きがい・やりがいなどを組織で見直し活動していくきっかけ作りだと思う。

    2023-05-08
  • 0921342

    金融・不動産 関連職

    ウェルビーイングに取り組んでいる会社や組織が増えていることに驚きました。
    我が社はその点でとても遅れていると思います。
    会社や組織が動かないのだとすれば、もっと国を上げての活動にならないものかと思います。

    2023-11-29
  • taka_1021

    営業

    社員を健康にすることゴールではなく、その先にある人と社会を幸せにする、従業員の生きがい、やりがいが目的であるのはそのとおりであり、手段と目的を区別して取り組む必要があることを認識した。

    2023-10-28
  • tkd_t

    人事・労務・法務

    身近な話題、聞いていてわかりやすい

    2022-09-26
  • shin-chao

    販売・サービス・事務

    ドキッとした言葉はエンゲージメントの高い人はうかつに仕事を始めない。
    TODOを決めて行動、明日のやることを考えてる。

    2023-03-17
  • nopopon-123

    建設・土木 関連職

    ウェルネスへの取り組み、タイムマネジメント、など普段の仕事への取り組み姿勢のみならず、仕事を離れた時間の使い方など学ぶべき点がありました。

    2021-03-21
  • awatari

    人事・労務・法務

    illnessの反対がwellnessになるという事でしたが、私達の会社は製薬会社で、病気の人を救うためにあるが、一方で社員の健康や元気になるための対策が疎かになっている事に改めて気付いた。
    社員が健康で生き生きと働きがいのある会社にするために、well-being経営を取り入れていきたいと思いました。

    2023-08-12
  • tkunikane1129

    営業

    やりがい生き甲斐居心地

    2021-10-09
  • inoue177

    人事・労務・法務

    普段、あまり気にしない健康について、
    経営的観点から、これだけ熱く語れるのか!
    と驚いた。また、それが人生の幸福度を
    どれだけ左右するのか、考える良い機会になった。

    2021-04-13
  • sora_0418

    人事・労務・法務

    メンタル疾患→ストレス減らす✖️、回復ができてない
    家族の健康診断受診率 40%→80%
    時間で始めて時間で終わり✖️
    8時間の振り返り、良かったこと3つ、今日を振り返り明日に活かす

    2022-03-07
  • rita888q

    販売・サービス・事務

    うかつに仕事を始め、うかつに終わらせない。昨日あった良い出来事を3つ書く。
    社員の健康が会社利益に大きく影響することが本日とても良くわかった。
    もはや福祉ではなく利益要因だと認識した。

    2021-03-19
  • oizumi-g

    経営・経営企画

    wellness for all

    2022-11-15
  • jinzai-ikusei

    人事・労務・法務

    単なる健康で和気藹々と過ごせる環境を作るということではないことに気づきました。組織のリーダーとしては、ちょっとした対話で、自分も健全で、相手も健全でいれる環境をつくれたなぁと思いました。

    2022-05-09
  • hiro302

    経理・財務

    Wellness, Wellbeiingについて考える良い機会となった。組織のHealthcareの向上やTime Management(時間の使い方の振り返り)などを通して、生産性向上・Engagementの向上といった成果に結び付けていきたいと思った。この課題でもデータを活用可能であることも新しい気づきとなった。

    2021-01-17
  • betty-mac

    販売・サービス・事務

    業務で活用するには、まずタイムマネジメントから始めるねが有効かと感じた。やる気があっても残業ばかりでは、疲弊してしまう。皆んなで取り組むことでチームワーク向上にも繋がるとかんじる。

    2022-07-07
  • kawauso_otter

    その他

    組織の不健康状態が、社員の不健康状態となって出てくるというのは興味深かった。逆に不健康な社員を減らすことで組織も健康になると考えると、社員一人一人の問題に対応していくのが重要であるのではないかと思った。

    2023-09-17
  • boxy

    販売・サービス・事務

    今日の講義の内容を自分の業務でどう活かしていくのかを考えて行きたい。

    2023-04-29
  • jun665

    マーケティング

    病気と元気(IllnessとWellness)
    病気にならないことと、元気になることは違うだろうという視点。
    元気になるための行動とは何か、つながりを形成していくには、という視点で考えていきたいと思います。

    2022-03-21
  • sai-3448

    人事・労務・法務

    ウェルビーングの議論を聞くことができ、大変参考になりました。

    2023-12-15
  • takumi_1453

    経営・経営企画

    丸井の地域を意識した、自社の枠を超えた取り組みはどの大手企業にも実践的で参考になると思います。CSVを超えてCCV事例としても示唆に富む取り組みです。

    2022-06-14
  • ogawakazuhiko

    マーケティング

    病期にならない事と元気になることは違うというお話し、感銘をうけました。会社とのエンゲージメントをあげて、前向きに働く人を増やす取り組みは利益を生むことがわかりました。それを定量的に測れるアプリ「ハピネス プラネット」興味があります。ヘルシー=ハピネスということですね。

    2021-01-30
  • sugi0717

    マーケティング

    仕事をする上で元気も大切、気が滅入ると仕事能力にも影響する

    2023-12-09
  • ultrarunner4

    経営・経営企画

    自らのチームでどうやってウェルビーイングを実現するかを考えています。この話から取り組むべき事がたくさんあることが良くわかりましたが、まずはタイムマネジメントを、今一度振り返り、毎日何をしているのかを認識するところから始めます。

    2021-02-14
  • take1003

    マーケティング

    仕事は生活の一部なので、生活に関わる人々まで意識して取り組んでいる企業はよく考えられているなと。
    石川善樹さんが本でも語られてましたが、自分のタイムマネジメントを1週間通して計画を立てた時に、家庭と仕事のバランスを考えた中で優先順位を付けていくのが必要だと改めて感じた。

    2021-09-11
  • kfujimu_0630

    マーケティング

    ウェルビーングが会社の利益にも結びつく事がもっと解明されれば、経営者も株主もこれまでとは考え方を変えなければならないと思った。社内に最新の制度が追いついていなくても、働いている自分自身が心も体も健康で働けるよう意識したい。

    2021-03-03
  • ts0627

    販売・サービス・事務

    1日の振り返り。

    2022-06-01
  • kanda_a

    営業

    健康経営という言葉、定義を本講義で初めて知った。経営において、とても重要な要素だと思った。

    2023-07-27
  • chiesan

    人事・労務・法務

    健康経営を推進するなかで、社内ヒアリングと他社の取組事例の検証・導入を繰り返し職場環境の改善をすることの大切さを理解しました。
    まずは会社全体の意見や提案がもっと集まるように、傾聴することを心掛けたいです。

    2021-04-16
  • anshin_master

    営業

    エンゲージメントに向かわせる、社員の心の持ち方を変える必要があると感じた。

    2023-02-08
  • otobe711

    その他

    今回健康経営、組織の健康および個人のWellness,Wellgeeing、また働き方改革が根っこでつながっていることを学んだ。

    以下学んだこと
    健康経営で、組織の健康Wellnessを向上させる投資をすると、社員のエンゲージメントを高めることにつながり、結果会社業績の向上に寄与することが、Happiness Planetというアプリをつかって実証されているとのこと。

    組織の健康を向上させるには
     1.つながりの平等、2.発言権の平等、3.体の動きのシンクロ
    が実現される必要がある。(それはスマホの加速度センサーのデータで3つとも代表してはかることができること。)
    それらを向上させるには、こころの持ち方一つで実現でき、あまり投資はいらないこと。
    前向きな心になるには、Hope、Efficiancy,Resilience,Optimismの4つが大事であることを学んだ。

    また、健康経緯として、大事なのは、時間の使い方の管理をすること。
    人との関係では、時間の奪い合いになる。
     その際問題解決の視点で相手の気持ち、やりたいこと、どうしたいかをたずねることで、お互いの関係がよくなること。
    こじんとしての時間管理の向上としては、まずは、自分の24時間の使い方を1週間洗い出してみて、本来やりたいことができているか客観的に見えるかすることで、本来自分がやりたいことに時間をさけるようになる。一人一人が自分の時間をやりたいことに使えるよう意識すること、振り返って反省し、改善するようにすることで、全体の生産性も上がることを学んだ。

    全体を通じて会社の健康経営もデータ化できる時代になったこと、また、他社との交流が大事なことを改めて意識しました。

    2021-01-16
  • katsutoshi-ide

    営業

    家族を含めた関係する人と仕事の時間の使い方を見直すことで、健全な環境に貢献できそうだと感じました。
    また、他の人の立場を考える仕組みとして「ライフスイッチゲーム」のような取り組みは素晴らしいと感じました。
    変化する社会に対応する上で、前述したような個人の健康や他社への理解を深めることで健全な組織が出来るものと感じました。

    2024-02-28
  • hashi-moto

    IT・WEB・エンジニア

    ストレスを減らすばかりに目を向けるのではなく、ストレスを解消、発散できる物があるかを見るというのは意識したいと思いました。
    自分と周囲の人間の幸福を考えることと、指摘ではなく、どうあるべきか?そのために何ができるか?という発想で物事を考えることは重要視したいと思いました。

    2022-06-30
  • tamsa

    営業

    サルディーニャ島で男性の寿命が長い、という話は初めて聞き理由を知りたいと興味が湧きました。
    組織のウェルネスを科学的に見えるようにする、日立矢野さんの取り組みはとても面白いと思いました、今後の活動にも注目したいと思います。

    2021-07-13
  • jipushi

    その他

    自分軸を正当に評価され受け止められ役割を果たせると
    幸せになるんだね

    2021-02-08
  • masukot1970

    人事・労務・法務

    健康経営とは従業員が健康にと思っていたが、ウエルネス=元気にイキイキが生産性の向上につながってくる

    2022-09-18
  • ryo_murakami

    メーカー技術・研究・開発

    病気じゃないという意味の健康じゃなく、マインドフルな状態ということで、なにかできないかなとぼんやりと思いました。

    2021-06-03
  • bobrian0907

    IT・WEB・エンジニア

    ・組織の生産性を高めることにおいて、ウェルネス経営は非常に重要なことだと思いました。一方でこれに対して具体的な取り組みを行っている企業は少ないのでは?とも思います(少なくとも私の会社は特段の取り組みはしていないかと。)
    ・会社の仕組みや取り組みを即座には変えられないですが、自分のチームにおいてはウェルネス経営を意識して行動に移すことは出来ると思うので明日からやってみたい(昨日あった感謝したいことをチーム内で共有する、今日やったことを振り返り明日のTODOに繋げる、等)

    2021-02-07
  • chima620

    メーカー技術・研究・開発

    限られた時間をどう使うか、毎日整理することで仕事も家族との関係についても自分の納得度が上がると思う。

    2021-02-18
  • moritti

    販売・サービス・事務

    生きがい
    やりがい
    居心地
    をどう作って行くのかが健康経営のウェルネスパート
    まさにぞの通りだと思う。

    2022-06-04
  • tmura12345

    経営・経営企画

    ウェルビーイングの大切さ、石川先生のいきがい・やりがい・居心地が響きました。

    2023-04-30
  • miketa

    営業

    タイムマネジメントについて意識して取り組みたい。

    2021-10-31
  • masa-iwamoto

    販売・サービス・事務

    日々の中で人に関心を向けることの大事さ。

    2022-05-21
  • tj66

    販売・サービス・事務

    ・平等な、会社での繋がり、会議での発言を目指し他人へも働きかける。
    ・家族とも健康的になるよう、現状認識と将来やりたいことを話し合いながら行動を起こす。
    ・タイムマネジメントとして1日、1週間、1か月、1年の計画と各振り返る。
     航空業界として、また自分の定年時期として2025年先まで。
    ・会社の健康経営活動にスマートフォンを駆使して再参加する。
    ・自他が心の病にならなぬ様、適切なストレスレス対処方法を習得実践する。
    ・生きがい、やりがい、居心地よさを求める。また、そのために今何をすべきかを考え行動する。
    ・人と社会が幸せになれるような仕事、ボランティア活動をする。
    ボランティア活動はコロナ渦で難しいので安定したら。

    2021-02-10
  • azata

    金融・不動産 関連職

    やりがい、生きがい、居心地。居心地は自分1人で変えられるとは限りませんが、自分の心の持ち方で捉え方は大きく変えられると思うので、タイムマネジメントや振り返りを意識しながら同じ1日の過ごし方を濃く前向きなものにしたいと思いました。

    2021-04-30
  • mehima

    経営・経営企画

    病気の反対は病気にならない、ではない。
    元気になるための対策は別にある。
    自分の時間の使い方がわかっていない。
    ストレスが人の健康を害するのではなく、適切な回復がないことが障害になる。
    ストレスがなく何もしないと人の能力は委縮する。

    2022-10-10
  • katu-alex

    メーカー技術・研究・開発

    各企業単位でのウエルビーイングの取り組みがすすんでいることに軽いショックを受けると共に、既に組織の健康というフェーズに移行していることに気付きました。社員の健康を守る(同時に家族)ことは企業投資であるというパネリストの発言に感銘を受けました。大変参考になりました。ありがとうございました。

    2023-02-25
  • mayu1106

    金融・不動産 関連職

    しょうがないで終わるのではなく、どうしたいのかと話を聴くことによって、心にあるわだかまりを話してくれたりすることがあるんだな、聴くって大事だなと思いました。また明日から関わるすべての人が幸せになれるように少しでも貢献できるように行動したいと思います。

    2021-09-19
  • tt-175

    人事・労務・法務

    エンゲージメントが低い人の決定的な特徴

    「迂闊に仕事をはじめない」
    「迂闊に仕事を終えない」

    仕事を始める前に今日何をするか、ToDoリスト、今日どうだったかなどの振り返る重要性について知ることができました。

    現職では社内共有のために毎朝slackにタスクを投稿するルールになっていて、やらされ感があるが、自分のためにも意味があることなんだなと新しい気づきなりました。

    2023-08-05
  • a_mine

    専門職

    タイムマネジメントが大切、うかつに仕事を始めない、うかつに仕事を終えない。
    嫌なことがあった日も、良かったこと、感謝したことを3つ挙げることで全く違った見方になる。
    この二つが印象的でした。

    2021-10-21
  • ma2022

    営業

    ウェルビーイングを追求することで人や社会をより良いものにできる、と強く感じた内容でした。1日3つの感謝を振り返り書き留める習慣を実践したいと思います。

    2022-02-06
  • yocchi77

    メーカー技術・研究・開発

    色々な考え方があって、何が正解かはわかりませんが、大切なことは一人一人が、よりよく働くけるには?自分には何が必要か?を考えながら、仕事をしてゆくことが大切な事なのだろうと思いました。そして、それを実現させるために、何をすべきが具体的な行動として動くことが最も重要なことと思います。

    2023-11-01
  • rie_650

    営業

    社員のウェルビーイングを社員全員で考えられる場を持てる。
    そういう組織はすでにウェルビーイングを達成できているように思う。

    まずはそこからだな。

    2021-06-05
  • brousing

    販売・サービス・事務

    いくらウェルビーイングと謳っても、成果を要求される組織においては、出来てない事に対するネガティブなフィードバックやコミュニケーションは無くならない。
    ウェルビーイングな体系構築と合わせて、コミュニケーションの在り方も見直して行きたいです。
    言い方、伝え方、伝える順序

    2021-09-11
  • suguro1

    資材・購買・物流

    健康経営が如何に重要で、効果が大きいかわかりましたが、実際に組織運営するリーダーが率先して関与していかないと担当レベルではなかなか難しいと思います。中でも精神的安全性が最も大切で、根底には人間関係が最大の課題としてあり、これを解決しなければ組織も個人も誰も健康にはなれないと思います。
    トップ方針を明確に理解し、同じ方向を向く事が出来ないひとは、いくらスキルがあっても健康経営には不要なのだと感じました。

    2021-02-02

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。