キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

レイヤー構造 ~プラットフォームビジネスを生み出す構造を知る~

  • 0h 12m (9sections)
  • テクノベート (テクノロジーとイノベーション)
  • 初級

こんな人におすすめ

・最近のビジネス潮流について学びたい方
・「プラットフォームビジネス」について理解を深めたい方

このコースについて

レイヤー構造化とは、パッケージだった商品やサービスがバラバラになり、それぞれの要素をユーザーが選んで組み合わせるようになることです。例えばスマートフォンの誕生前までは、携帯電話端末を選ぶと、通信キャリアやOS、使えるアプリケーションは自動的に決まっていましたが、今では別々の企業が商品やサービスを提供し、ユーザーが自分で選ぶことができます。

2010年代から、GAFAをはじめとするプラットフォームビジネスが台頭しています。プラットフォームビジネスは、どのような業界で生まれやすいのでしょうか。
本コースでは、プラットフォームビジネス誕生の兆候とも呼ばれる業界のレイヤー構造化について、その特徴と構造化が起こるメカニズム、企業の戦略上の課題などを学びます。

コース内容

  • 事例①-1:自動車部品メーカーの吉見さんと川野さん
  • レイヤー構造化とは
  • バリューチェーンとレイヤー構造の違い
  • 事例②:電子書籍
  • プラットフォームビジネスの誕生
  • プラットフォーマーの台頭
  • レイヤー構造化する産業における戦略課題
  • 事例①-2:吉見さんのその後
  • 留意点

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • daisuke1203

    コンサルタント

    商品やサービスを提供する企業側としては競合が多くなり、消費者側としては選択肢が膨大になりすぎて判断が難しくなるという負の面がある。
    これからは、どれだけ物事をシンプルに表現できるか、余計なものを取り除くことができるかが重要になってくる気がする。

    2021-02-13
  • kameco

    販売・サービス・事務

    「選ぶことが面倒」というユーザーをどう取り込むかも考えなければならないと思いました。

    2021-12-08
  • hiro_yoshioka

    メーカー技術・研究・開発

    レイヤー構造化とプラットフォーム、このワードは押さえておきたいと思います。
    現状はほぼパッケージの自動車産業が仮にレイヤ構造化された未来を想像してみて楽しかったです。

    2021-11-04
  • yuhi1211

    メーカー技術・研究・開発

    プラットフォームの起こりは、「パッケージだった商品やサービスの供給元が多様化する(レイヤー構造化が進む)」と「参加ユーザーが増加」し「中心となるレイヤーが誕生」し「そのレイヤーで多くのシェアを占めるプレイヤーがプラットフォームになる(プラットフォームになれると、情報や手数料で儲けるなどビジネスを優位に進められる)」という流れと理解できた。

    社内で頻繁に聞いてきたプラットフォーマーをめざす戦略に、今まではいまいちピンときていなかった。しかし今回の話を聞いて、その動機としては、現在の自社産業が将来的にレイヤー構造化した場合に、プラットフォーマになれる(単なる下請けにならないようにする)仕掛けを準備する、という意図があると理解できた。

    2022-04-06
  • tadayuki631129

    金融・不動産 関連職

    「かつて、〇〇は、保険会社であった。」となるためには、選ばれ続けるレイヤーにならなくてはいけない。居て欲しい企業グループであり続けなくてはならない。

    2021-02-01
  • takumi_1453

    経営・経営企画

    分かったつもりで勘違いをしていたワードなのでしっかり定義を把握でき大変有用な講座でした。自身の事業部や環境の変化をイメージトレーニングするにも有効と思います。

    2021-10-12
  • h-mura

    人事・労務・法務

    レイヤー構造はマーケティングに限らず、人間が関わる様々な活動で進んでゆくと思う(実際に進んでいる)。今はプラットホームが巨大な存在になっているが、プラットホーム自体にもレイヤー構造化が進むのではないでしょうか。

    2021-06-30
  • mokumintosan

    メーカー技術・研究・開発

    従来、製造業の発展の源泉は、良い商品企画だけかと思っていたが、
    ユーザーが自由に商品やサービスを組み合わせ、その手数料でビジネス化する方法が登場したことが理解できた。

    2022-01-09
  • aasugy

    メーカー技術・研究・開発

    レイヤー構造とプラットホームに関して顧客が商品に関与する仕組みという
    見方では同意のように感じています。

    2021-03-12
  • mike-123

    営業

    新しい概念で、今後の判断で使いたいと思います。

    2021-03-26
  • llasu_ito_0502

    人事・労務・法務

    レイヤー別と、プラットフォーム化との関連付けが出来るコトを知り得ました。新鮮でした。ありがとうございます。知見が深まりました。

    2022-10-07
  • harunosuke

    その他

    今までも私の業界では、プラットフォームビジネスに飲み込まれています。パソコンやスマホ等のハード製品。ビジネスのアイディアとして、今回学んだことを活かします。

    2022-07-26
  • yossi-i

    その他

    自由記述の回答時に脅威となる対象が見えない。まだまだ、勉強がたりない

    2021-02-03
  • saito-yoshitaka

    メーカー技術・研究・開発

    レイアー構造の変化は業界自体が変化する可能性がある。

    2022-05-22
  • dyiqua

    営業

    検索媒体、ソーシャルメディア、通販サイトと、プラットフォーマーが生まれてきたが、次はどこが舞台になるか。
    通販ではなく、シェアリングサイトが優位性を見せるか?

    2022-09-09
  • djmpajmpkm

    営業

    時代の変化を感じた

    2022-04-03
  • t-karasawa

    資材・購買・物流

    自身の属する業界でレイヤー構造が生じる可能性を意識することで将来のリスクを予測することができるかもしれない。予測も対策も難しいことだとは思うが、常に意識を高く持ち続けることで初動が速くなるのではないかと思う。

    2022-04-28
  • ootsuki2

    IT・WEB・エンジニア

    プラットフォーマーになりうる企業は、元々消費者と近い位置にいることが多いのかもしれない。
    アマゾンだったりgoogleであったり、

    2024-03-18
  • takahashikatsu

    販売・サービス・事務

    レイヤー構造化とプラットフォームで利便性を感じる人、パッケ-ジされているものに利便性を感じる人
    どちらも消費者ニーズであることは押さえておきたいと思います。

    2023-10-23
  • afm_kinoshita

    メーカー技術・研究・開発

    まだ自分自身の理解が十分でないので、復習し理解を深め業務活用を考えたい。

    2024-03-22
  • tetsuya_ohtani

    営業

    ロットや提供方法に課題があるが、個人の嗜好に応じてカスタマイズしたパーソナル商品が販売できると良い。

    2022-09-10
  • nakajima-youmei

    金融・不動産 関連職

    組織を見る時に参考になりそう。

    2022-06-02
  • hasunao

    その他

    今は、分かり兼ねるので、後ほど考えます。

    2023-10-27
  • nshtm

    営業

    レイヤー構造化、プラットフォーム、なんとなくしかわかっていなかったのでイメージがつかめてよかった。

    2024-02-04
  • y-tsujimoto

    専門職

    わかりやすく、今の業界のことを考えさせられた。まだできることがあると思った。

    2022-11-12
  • tomo_2023

    営業

    良いものではありますが、
    いちいち選ばなきゃならないということを考えるとユーザーに手間が生じます。
    選ばせる側もできるだけ手間なく、ユーザーに良いものを与えられることを考えないといけないと思います。

    2023-11-28
  • skss

    販売・サービス・事務

    レイヤー構造化とプラットフォームどう組み合わせるかが重要だと感じました。

    2023-10-23
  • yutarity

    その他

    特に活用できるイメージはわかない

    2024-03-25
  • sinbo

    その他

    今後のユーザーが求めるものに対応できない企業は生き残れないと感じた。

    2023-12-14
  • murai-nagasaki

    経営・経営企画

    下請けである意味、言われたことだけすれば利益が出た下請け企業が、レイヤー化により顧客を意識して、マーケティングを仕掛けなければ生き残れなくなる時代になりつつあると理解した。

    2024-02-25
  • megmeg-17

    金融・不動産 関連職

    自社の業務が従来型のパッケージであるため、将来的には業界のレイヤー化が進む可能性があることを念頭に、業務を見直す必要があるのではないかと考えました。まずは、ユーザーのニーズを把握するため、顧客との対話を増やそうとおもいます。

    2024-03-02
  • nosuke2022

    経営・経営企画

    ニーズの高度化、細分化が進む中では、パーソナライゼーションに対応すべく、ビジネスのレイヤー化が進み、現在のバリューチェーンが再編され、業界自体が再編されていくのかもしれません。

    2022-08-21
  • makoto_kishi

    メーカー技術・研究・開発

    今の商品形態にこだわらず、製品・サービスを細分化して考え、自社の強みを生かした需要の高い商品を販売する方法を考えることが重要であると考えた。

    2023-04-30
  • wakasugiko

    販売・サービス・事務

    「選ぶことが面倒」というユーザーをどう取り込むかも考えなければならない。

    2024-01-25
  • kunimoto_t

    営業

    商品やサービスを提供する企業側としては競合が多くなり、消費者側としては選択肢が膨大になりすぎて判断が難しくなるという負の面がある。
    これからは、どれだけ物事をシンプルに表現できるか、余計なものを取り除くことができるかが重要になってくる気がする。

    2023-12-22
  • enukei

    経営・経営企画

    DXとの関係性が見えてこない

    2022-10-25
  • matsui_55

    マーケティング

    自社の立ち位置がどこか、また今後ユーザーニーズはどのような方向に向かうのかを市場調査や業界調査、消費者調査や動向などをみきわめ、自社のビジネスの拡大策を考えることは新たなビジネス開発の上では重要である。業界研究をする際には、自社の顧客だけでなく、最終ユーザーがだれであるか、も含めて方向性や可能性を見出す必要がある。

    2023-12-28
  • yo100

    営業

    レイヤー構造化とプラットフォームで利便性を感じる人、パッケ-ジされているものに利便性を感じる人ともに対応する必要がある。
    しかし、レイヤー構造でプラットフォームを担えるよう準備は重要。

    2023-11-22
  • itou-kazuhito

    営業

    農業団体として農家を支援しているが、支援内容に進化がないと、農家が競合先に変わってしまうことがある。

    2023-10-21
  • tetsu-wave

    営業

    プラットフォーマーになるために自社の置かれた業界構造を分析してレイヤーを考える必要がある。

    2023-10-25
  • katohiromu

    営業

    選択の多様化による面倒さを感じた。

    2023-10-25
  • makoto1970

    その他

    自身の業界では、進みにくいと思いますので、逆にチャンスだと思います。

    2023-09-26
  • skd-n

    メーカー技術・研究・開発

    バリューチェーンからレイヤー構造化によって自産業に将来どういった変化が起こるのか、継続検討していきたい。

    2023-12-23
  • teemy

    営業

    プラットフォーム活用により様々な情報を収集し、顧客ニーズに応えていく。

    2023-12-27
  • watanabeyukiko

    営業

    日々、他の業種の動向やグローバル企業の動向を確認してレイヤー構造化の脅威等を想像する必要がある。

    2023-11-11
  • yuto0113

    営業

    営業活動に生かせると思いました

    2024-02-28
  • andy0708

    資材・購買・物流

    日々の仕事に使えそうです

    2023-11-18
  • toshiakihirai

    その他

    スマホで既にりようしています。

    2023-08-21
  • diver-x

    営業

    レイヤー構造のなれの果てともいえるICT業界で働いているが、レイヤー化の限界はあると思う。ユーザのリテラシーとか選択能力によっては、むしろバリューチェーン型の方が好ましいケースも多い。例えば、ジャパネットたかたが選ばれる等は良い例。
    担当しているお客様は農業分野だが、この業界でもレイヤー化は起きにくいと思う。消費者に選択の余地があるとすると生産者や産地、有機栽培などの農法だと思うが、こだわる人は少数派ではないか。

    2022-12-15
  • in_m

    IT・WEB・エンジニア

    業界全体の構造化を常に意識して、どのレイヤーでトップを狙うのか考えておきたい。

    2022-01-10
  • ogawa-shinya

    経営・経営企画

    レイヤー化が進み、消費者が自分で各種のサービス等を選択することができるようになるのは、既に無意識のうちに行っていたことだと分かりました。ただ、バリューチェーンが無くなるとも思いません。その商品に詳しくない者は、多種多様なな選択肢から自分に最適な選択ができません。消費者の細分化するニーズに寄りそうこともビジネスの拡大につながりますが、新たな分野の商品・サービスを初めて手にする消費者に対して、「出来合い」を提供することも必要かと思います。

    2023-10-27
  • st1025

    経理・財務

    現状の業務がレイヤー構造化し、アプリで処理することができるようになれば大きな構造変化につながると感じ、今できることを考えされられた。

    2022-06-19
  • avril

    経理・財務

    難しいなと思いました。

    2024-02-26
  • y-mattun

    メーカー技術・研究・開発

    業界の当たり前をいかにあぶり出すことができるかがポイントだと感じます。異業種参入が成功する事例が少なからずあるものも、これが要因かも知れません。

    2024-03-04
  • rikumuraka

    IT・WEB・エンジニア

    現在大きく展開されているビジネスの仕組みが分かりました。GAFAMなどの企業が台頭している要因はレイヤー構造化が関係していることが分かりました。

    2023-04-18
  • s_miyako

    メーカー技術・研究・開発

    消費者側の見極める力量も必要になってきますね。見極めて、選んでもらうための仕掛けも重要となりそうです。

    2022-05-07
  • hinahinata

    営業

    金融業界のレイヤー構造を正しく理解したい

    2023-08-17
  • satouyuuta

    メーカー技術・研究・開発

    いろいろな視点を持つことが大切だと感じます。

    2024-01-26
  • 691013

    営業

    より良いパートナー、協業先の選択が重要になってくる。

    2023-09-04
  • sreha

    金融・不動産 関連職

    顧客ビジネスをBPOビジネスとして受注するためにどこまでレイヤー化できるかを考える。

    2023-10-25
  • jackpotbridge

    営業

    学んだ内容は、レイヤー化の良い点、悪い点を把握して、市場参入を増加させることで市場を活性化できる点を捉え、さらに自社としてメリットが出る計画を作るように使えば良い、と理解できた。医療機器の場合、安全性やトラッキングの観点で多くのものを製造業者が提供しているが、そのために身動きがとれず、業態の変化が進みにくい状態となっている。第三者のサービス、参入が喜ばしい点は何か、しっかり考えて捉えたいと思う。

    2024-01-31
  • t-nagamatsu

    営業

    まだイメージできず。

    2023-12-24
  • masatoshi_sato

    経営・経営企画

    レイヤーの構築・活用をイメージしながら、商品の売り方や連携、脅威となる要素への対応を日常業務の中で意識して進める事で、業務の広がりや、リスク管理レベルが変わってくると思う。

    2023-11-19
  • coconana

    IT・WEB・エンジニア

    オートビジネスをベースにレイヤーを分解して、新たなプラットフォームビジネスを検討してみたい

    2023-08-18
  • so-hei

    建設・土木 関連職

    法改正によってたくさんの利益、情報をもつ会社に不利益になる可能性もあるため常にリスクを考えながら何が起きても対処できるようにしなくてはならない。

    2022-05-15
  • dhsn527710

    営業

    より理解が深まった。

    2022-01-07
  • ooyama-tc

    営業

    どのレイヤーに参入するかを考える必要がある

    2023-12-06
  • fujiji1

    経営・経営企画

    ユーザーの動向を注視する。

    2023-12-21
  • yamaguchi1220

    営業

    レイヤー化に対しての対応策・戦略を考える必要性がある。

    2023-12-22
  • miyauchi---

    販売・サービス・事務

    レイヤー構造化とプラットフォーム、このワードは押さえておきたいと思います。

    2023-11-15
  • fnishi

    経理・財務

    自社の関わる業界がレイヤー構造化していく場合、同業他社との価格競争が更に激しくなる事が想定され、どのように差別化するかが非常に重要となる。自社のEMS業界においては、生産の設備依存が進み生産技術面の差別化が困難となる中、トータルの生産進捗やトレーサビリティを対顧客に随時見える化するなど、対顧客志向で徹底して信頼性を高める事が一つの解であると考えられる。

    2024-05-04
  • han-yoshi

    その他

    レイヤー構造はマーケティングに限らず、様々な分野で進んでいくと思いますし、自社の事業部にてイメージトレーニングするにも有効だと思います。

    2023-10-17
  • takashi801

    その他

    消費者の二-ズに合う商品をカスタマイズ出来る仕組みをより多く可能にする企業が生き残ると思う。A I化が必須。

    2022-05-09
  • miyakokyo

    販売・サービス・事務

    レイヤー構造化。多分初めて耳にした言葉かなと。

    2024-01-22
  • k-hatayama

    販売・サービス・事務

    消費者の意見を取りまとめる部所と生産現場の調整を上手にとる部所が必要となる。AIで対応できるか不安もある。

    2023-08-27
  • akiramatsuno

    人事・労務・法務

    これからはどの業界でもレイヤー構造化が進み得ることを感じました。どのレイヤーを担うか、競合と差別化できるか、先んじてそれができるかが、大きな戦略課題であり、事業全体を俯瞰しながら、常にプラットフォームビジネスの機会をうかがう必要があると思いました。
    このためには、普段何気なく利用しているデジタル関連サービスの本当の価値を、よく理解することから始めていきたいと思います。

    2023-11-27
  • masa2281

    販売・サービス・事務

    他企業が実施しているプラットフォームビジネスについて興味があるため、他社の取組みを聞いてみたい

    2023-12-05
  • kimihiro-tanaka

    その他

    ユーザーが全部自分で選択してカスタマイズするのは個人のニーズに応えることではあるが、選択肢が多すぎると非常にめんどくさいく時間がかかってしまうこともあるので、推奨パーッケージをいくつか用意するのもビジネスモデルになり得ると感じた。

    2023-10-27
  • rb26dett

    メーカー技術・研究・開発

    半導体産業においては、製品そのものをセットメーカーが選択する為、レイヤー構造化できないが、一般の人がカメラセットを自由に組めるようになれば、セットとしてレイヤー構造化しプラットフォームが出来上がるかもしれない。

    2023-11-01
  • kohzuki

    専門職

    既存の販売方法にとらわれることなく、レイヤー構造化を進める重要性を認識した。プラットフォームを勝ち取ることは難しいが、新たなレイヤーの参入方法を見つける必要がある。

    2024-04-14
  • saguchi1134094

    営業

    大変参考になりました。

    2023-10-10
  • shin5555547

    経営・経営企画

    自社の優位性を理解して、今後の社会の潮流を意識していきたい

    2023-08-15
  • junjk

    建設・土木 関連職

    レイヤー化された社会は、より個人の選択に対し責任が発生する世の中となる。パッケージやバリューチェーンなどの横串型のサービスに慣れた社会では何処まで変革されるかが楽しみである。
    社会がレイヤー構造を上入れれば、それをコーディネートする専門家やAIなどが新たに必要となるだろう。我々はその一翼を担えるよう切磋琢磨する必要がある

    2023-10-20
  • atuya

    その他

    スマホのレイヤー化はなるほどと思った。
    昔の携帯はアプリはその会社が作ったものしかなかったのか。

    2023-01-03
  • miojam

    その他

    レイヤー構造のどこを目指しているのか、意識する必要がある。

    2022-06-24
  • yuta-suzu

    人事・労務・法務

    レイヤー構造化への対応は、自社においてもスピード感をもった対応が必要。想定される新規参入に対し、自社がより早くそのサービスを提供すべきと感じた。

    2023-09-27
  • s---a

    営業

    レイヤー構造は、顧客目線、顧客の利便性向上が基点になっているため、顧客満足度向上のため自由競争が促進される。これまでシェアが低かった企業にとっては実績向上のチャンスになるが、逆にシェアが高かった企業はシェアダウンのピンチになりかねない。シェアが高い企業がシェア維持、アップをするためには、自らが先んじて新しいレイヤー構造を構築する必要があると理解しました。

    2023-07-23
  • fujkura

    その他

    業界を超えたレイヤー構造化が進んでいくと考えられるが、他業界を繋ぐ存在(技術やテクノジー)の企業が台頭し、キーになっていく可能性はあると思う。

    2023-05-11
  • ritssonsonete

    金融・不動産 関連職

    業務に活用するうえで、他社とどう差別化するかが重要であるように感じる。特にアプリケーションについては各金融機関が参入している中で、顧客が何を求めているかに中止したものを開発する必要がある。

    2024-05-22
  • tanakakaoru

    営業

    初めて知る内容だった

    2024-01-26
  • otobe711

    その他

    レイヤー構造になった産業では、消費者がそれぞれのレイヤーの部品、ソフト、サービスを直接選択、購入できるようになるため、どのレイヤーの会社も、市場と最終消費者が何を考えているか理解して活動する必要があるとの見方が大変参考になりました。

    2021-02-03
  • kan_takahashi

    マーケティング

    ・レイヤー構造化が進むことにより、産業への参入障壁が下がり、製品・サービスの多様化と競争の激化による品質向上につながる流れが理解できた。
    ・プラットフォーマーになるためには各レイヤーの参入企業の支持を得なければ成立しないが、実現した場合はレイヤーの有力企業であっても軍門に下る可能性があるという危機感を持つ必要がある。
    ・レイヤー間の横連携を進めるためにはM&Aではなく業務提携などが機動的と考える。

    2022-10-02
  • soneo26

    マーケティング

    プラットフォーマーになったとしても、法規制の強化という想定外の締め付けリスクもあり得る。

    2022-02-23
  • seijimatsunawa

    経営・経営企画

    企業としても、一般消費者としても力強いプラットフォーマーを早期に発見したい

    2024-01-05
  • minoru-kawata

    販売・サービス・事務

    業務や日常においてどう活用

    2024-01-06
  • yasfru

    その他

    食品は食卓において、既にレイヤー化された構造になっており、調味料、食材、調理器具、調理機器、レシピを、消費者が自由に組み合わせられる。専用の調味料や機器が大きなシェアをとることは、まれ。これらを販売していたスーパーマーケットが、プラットフォームであったが、今後は変わるかもしれない。

    2022-05-03
  • mimorin

    経営・経営企画

    レイヤー構造とバリューチェーンの違いが難しかったので復習したい。

    2023-10-21
  • taka-8

    経理・財務

    消費者の選択肢が広がり、日常の選択肢も広がる。

    2023-11-02
  • kazeruru

    営業

    独占的なプラットフォームも問題だが数が多すぎるのも問題があるので、適度な競争が働くのが良い

    2023-09-27
  • ikuwo

    メーカー技術・研究・開発

    うちの業界ではレイヤー構造にならなさそう。

    2023-02-25

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。