キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

対人関係を良好にする ~リーダーのためのアサーティブコミュニケーション~

  • 1h 1m (6sections)
  • 思考・コミュニケーション
  • 実践知

このコースについて

職場でのコミュニケーション、うまくできていますか?
メンバーや同僚に、きつく当たってしまう。
または、伝えなきゃいけないことがハッキリと言えない。
年上の部下にどのように接して良いかわからない。
日々のコミュニケーションに難しさを感じている方も多いのではないでしょうか。

NPO法人アサーティブジャパンの森田氏は、「コミュニケーションの良し悪しは、性格で決まるものではない」と話します。多様な個人がお互いに誠実で対等な人間関係を築くための「アサーティブコミュニケーション」。そのスキルと考え方を身につければ、明日からのコミュニケーションが大きく変わります。

講師プロフィール

森田汐生 NPO法人アサーティブジャパン代表理事

一橋大学社会学部卒業後、日本社会事業大学で社会福祉士を取得。卒業後に渡英し、現地の社会福祉法人で勤務した。その間、イギリスのアサーティブネスの第一人者、アン・ディクソン氏の元でトレーナーの資格を取得した。1997年より都内で活動を開始する傍ら、フィリピンの経営大学校で学んだり、NGOでフェローとして働く中で、多様性の実現には一人ひとりの主体的な生き方、価値観の異なる相手とも対等なコミュニケーションが必要であると実感し、帰国後2004年にアサーティブを普及するためのNPO法人を立ち上げた。現在は、全国各地で研修や講演を行いつつ、アサーティブトレーナーの養成に尽力している。
(肩書きは2020年3月撮影当時のもの)

コース内容

  • コース紹介
  • イントロダクション
  • 心の反応のクセを知る
  • 演習1:ルールを守らないベテラン社員
  • 演習2:報告のないメンバーに困っている
  • アサーティブに取り組むための心得

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • mac1978

    営業

    事例がリアルで、実践的な内容で大変勉強になりました

    つい、社内メンバー(上司・部下問わず)の方に伝える時に、
    つい感情的になってしまう自分にとても悩んでいたので、解決策を頂きました

    ・事実や問題を切り分けて、冷静に伝えること
    ・困っていることを率直に伝えること
    ・問題に対しては自分にも責任があるという姿勢を伝えること
    ・相手が困っていることを複数聞いてみること
    ・より具体的な提案を伝えること

    上記が特に勉強となりました
    10年前に、この動画に出会えればよかったですが、
    今日から意識してみます!

    2020-07-04
  • takao_0795

    専門職

    まずは面白かった。ex.事実と問題を混同しない、エピソードは複数、自分の率直な感情と責任。伴奏感覚など。  そして何より一番ためになったのは、相手の頭の中を言語化するというアプローチ。 これは改めて思い知らされ、大切なことですね。!! 大きな気づきが得られました。ありがとうございます。^^!!

    2020-07-08
  • zac51

    コンサルタント

    アサーティブな若手への対応の事例、感動しました!
    ①事実と問題点を話す
    ②自分の気持ちを伝える
    ③相手の言い分を理解する
    ④自分の責任を認める
    ⑤要望を具体的に伝える
    肯定的に始めて、爽やかに終了するアサーティブコミュニケーションを今日からはじめます!

    2020-07-03
  • yushi3377

    営業

    この数年で、組織のリーダーが求められるスキルや手法が大きく変わりました。昔のようにリーダーが絶対的で、なんでも強く言い聞かせる指導にも限界があります。それは部下の一人一人の性格や背景も様々である事、仕事の目的や目指すものも違ったりします。リーダーはそういった意見を尊重しつつ、自身の意見をいかに的確に述べて問題解決を図ることが求められています。この講座を通じて、改めて部下の行動や性格を見つめ直し、しっかり振り返り、チーム運営に活かしたいと思いました。

    2020-07-08
  • forars007

    資材・購買・物流

    実際の仕事中で使えるスキルだと思います。大変勉強になりました。
    自分はこれまでドッカン型で、相手に萎縮させてしまったこともあり、
    少しずつ修正していますが、本講座を通じて、今後体系的に話せるように
    したいと思います。
    特にこれまでは、自分が正論でしたら相手が理解できるはずだと思うときが
    多々あり、自分の気持ちを伝えることが少なかったです。また、相手の言い分
    は理解しようとするが、複数の内容ではなかったです。
    今後は特に以上の点に気を付けて取り組んでいきたいです。

    2020-07-11
  • kenkenboo

    メディカル 関連職

    仕事で上司や同僚、部下と話す際に、これまで以上に導入部分の肯定的な話題から入る点、さわやかに終える点、問題を整理してはっきりと伝えることと、感情を切り分けてつたえることを意識していきたいと思います。

    仕事だけでなく、子供に接するときにも気を付けたいことだと感じました。

    2020-07-08
  • yama80

    営業

    とても勉強になりました。

    私は今まで「ドッカン」のキャラクターが社内の会話や存在感を
    確率していること(が多いと感じ)に個人的には違和感がありました。

    社内の関係性だけではなく
    アサーティブコミュニケーションの事例が
    お客様との関わり方や営業的にも有効である共通ことが
    表現できるともっと社内でも活用=実践し易くなる感想を持ちました。

    2020-07-21
  • taro--

    金融・不動産 関連職

    口下手です。伝えづらいことを伝える具体的な手順、内容共とても参考になりました。
    改善に向けて、お互いを尊重しながら意見を出して、有益なコミュニケーションを図りたいです。

    2020-07-04
  • okarin74

    その他

    「ドッカン」「オロロ」「ネッチー」どれも陥りがちです。
    ・事実と問題を区別すること
    ・自分の感情を開示すること
    ・具体的に提案すること
    を心がけて良好な対人関係を築けるようにしたいと思います。

    2020-07-12
  • wkiymbk

    IT・WEB・エンジニア

    「相手は困った人ではなく、困っている人ではないか。(悪者としてみない)」がポイントだと思いました。
    「対等/誠実/率直/自己責任(自分も足りないところがあったのではないかという視点)」を意識し、仕事・日常のコミュニケーションに活用します。

    2020-11-22
  • bannaoto

    メーカー技術・研究・開発

    ちょっと、自分自身のキャラを変えなければならないのか?と、考えてしまう部分がある。しかしながら、部下とか関係者とか上司が、気持ちよく働いてくれるのは重要なので、まずはポジティブに会話しようと思います。

    2020-07-08
  • charlie-k

    メーカー技術・研究・開発

    人と接する時のヒントが多くありました。

    2020-07-13
  • hiro_yoshioka

    メーカー技術・研究・開発

    アサーティブ=相手を尊重したコミュニケーション

    生々しい事例があって、こういうの好きです。

    困った人は、困っている人なのかもしれない。
    苦手な人にも、自分からアプローチできることがわかりました。
    よくありそうな事例で、感動しました。
    自分で取り組めるところから、チャレンジしたいです。

    2021-08-26
  • kameco

    販売・サービス・事務

    ある意味ショックです。自分も他人もいたずらに傷つけることなく良い方向に導くことができる、それは持って生まれたものではなくて、スキルだということ。
    身に付けるべきだと強く思いました。

    2020-09-10
  • nori-824

    経理・財務

    感情的にならず、冷静に事実を伝え、俯瞰的に見て目的を達成するためにどうするかを考え言葉を選ぶこと。お互いの価値観を大切にすること。お互い対等だという意識を忘れないこと。

    2020-07-08
  • jintan-papa

    営業

    感情の癖を知り、コミュニケーションスキルを身につけて、問題を克服していく。いっぺんには変われないので、粘り強く継続していくしかないと思います。

    2020-07-08
  • koro13

    営業

    職場の中で、忙しい人・気難しい人と話しづらいと感じることはよくある。一方で、距離を置くことが、感情を抑えること/爆発させることが、いい結果になるとは思えない。自分が思っていることは、実は相手も感じていると思われる。誠実・対応・対等なキャッチボールを続けて、さわやかな終了を目指したい。

    2020-07-05
  • tani_2020

    その他

    本講座は大変ためになったと思います。
    私自身、事例のようなケースで悩んでいたことがありました。

    「事実を具体的に伝えること。どんな問題が起きているのかを伝えること」
    その際に「事実に対しては勝ち負けはない。」という言葉にハッとするものがありました。

    今後の自分のためにぜひ復習しておきたいと考えています。

    2020-07-06
  • you_hey

    その他

    人とコミュニケーションのに失敗したと感じる時、ドッカン、オロロ、ネッチーのどれかに当てはまっていることを感じた。
    ・事実と問題点を話す
    ・自分の気持ちを伝える
    ・相手の言い分を理解する
    ・自分の責任を認める
    ・要望を具体的に伝える
    上記の各項目全てがバランスよく出来ていなければうまくいかないと思った。
    特に自分の気持ちを伝えることばかりに集中し、相手の言い分を理解しようとしていないことが多いのではないかと感じた為、この部分は意識しながらコミュニケーションを行うようにしたいと思う。

    2020-07-08
  • hiroyuki_nttcmk

    営業

    営業の現場でのお客様との関係性構築にも同じように活用できると思いました。顧客育成という観点や、顧客課題のアプローチには課題をとらえる事自体やその課題を克服できない理由があり、それをアサーティブで相互理解や信頼関係を構築する事が重要なため、対応力、スキルでその事を実現できるようになりたいと思いました。
    また、相手を尊重する事への配慮は根底として、相手は自分と違うという原則を意識する事が自分には重要だと思いました。
    価値観やあるべき姿はこうあるべきと決めてしまうことからコミュニケーションを取っている事が多くあり、改善点だと思いました。

    2020-07-18
  • norinorichan

    その他

    正直なところ、「やっとアサーティブ・コミュニケーションの重要性を取り上げたのか」というのが実感。この手のトピックは2~3年前に出ていてもいいと思っていました。

    今回は、有り体にいえば「仕事はできるけど昭和気質のベテラン」、「SNSで一方向の発信に慣れて双方向のコミュニケーションに不慣れな若手社員」とのコミュニケーションの取り方や実践が取り上げられていましたが、相手のナラティブに立って話をし、相手の主張を聴かないとミスコミュニケーションが起きることを再認識させられました。

    以前、労働委員会事務局という部署に3年間在職し、(特に個人の)労働者と使用者(会社等)との労使紛争の「話し合い解決の仲立ち」の業務をしていましたが、紛争の原因の多くがパワハラ、不当な業務命令、雇止め、不当な給与減額といったもので、仲立ちの調整なり調整前の事前の労使双方への聴取を通じて実感していたのは、職場のコミュニケーションから端を発することが多く、そのために労使間で揉めてしまってメンタルを病んだり、法廷闘争に発展するということを実感し続けてきました。

    自らは、まだ部下を持つ立場ではありませんが、職場には短時間勤務の方、障がい者の方、様々な職種(保健師、栄養士、獣医、環境等)の方がおり、プライベートでは外国人(友人、インドネシア人やベトナム人の技能実習生や学生など)などダイバーシティの真っただ中に身を置いているので、相手のナラティブに立ってコミュニケーションを取っていくということを仕事のみならず私生活でも心がけているいいきっかけとテクニックを教わることができた、非常に有益なカリキュラムだったと思っています。

    長文・駄文にて失礼しました。

    2020-07-04
  • komi-chan

    メーカー技術・研究・開発

    2事例目は新人教育でありがちで、まさに私もそうでした。その場は良くても、
    改善が見られないとついついドッカンになってしまいます。アサーティブに根気よくやってみようと思いました。

    2020-07-06
  • yuuko-t

    専門職

    とてもわかりやすい内容でした。
    ロールプレイは見ていて、手に汗握るものでしたが、こちらのアプローチが変わる事で相手の表情が変わっていき、対話となっていた事がスゴイと思いました。

    2020-07-24
  • auky

    販売・サービス・事務

    「オロロ」タイプの私は、威圧的で周囲から孤立している年上部下とのコミュニケーションに悩んでおり、受講しました。

    意見はハッキリ伝えながら、良好な関係を築くためのコミュニケーションのコツが分かり、すぐにも生かせそうでよかったです。『「困った人」は「困っている人」かもしれない』という言葉にハッとしました。

    この講座の実践を重ねると、
    ①相手の長所に目を向ける習慣がつく
    ②主張と相互理解をバランスよくできる事で、ストレスの少ない関係が築ける
    →より円滑なコミュニケーションをするための好循環が生まれると思いました。

    相手の良さは具体的に認めつつ、事実と主張は堂々と伝える、相手の言い分も聞き出し折り合いをつけて良いチームを作っていきたいです。

    2022-06-21
  • kmkkbk1504

    その他

    相手に感謝の気持ちを述べる
    また、具体的に何に感謝しているのか良かったかを伝えれるように、
    相手を見ていることしっかり伝え信頼関係を築き、
    また自分を知ってもらうこと思いを押し付けがましくないよう、相手の気持ちに配慮して伝え、
    良好な関係作りを行っていく。

    2023-09-12
  • masayuki_kamo

    その他

     聞き及びのない「アサーティブ」という言葉とその概念をよく知ることができた。
     対立場面における、攻撃型(ドッカン)、受身型(オロロ)、作為型(ネッチー)といった心の反応のクセ(タイプ)があることは、事例で大変わかりやすく、また、これまで考えたことがなかったことから興味深いものであった、同時に「アサーティブコミュニケーション」の大切さを考えさせられた。
     「アサーティブコミュニケーション」における、“主張の中身を組み立てること(① 事実と問題、② 自分の感情、③ 要望・提案)”、“相手の言い分を理解する”、“対等なやりとり(自分の責任も認める等)”、“主張を具体的に伝える”、“さわやかに終了”という大切なポイント及び改善に向けたアプローチについて十分理解することができた。
     部下にもいろんなタイプが存在し、接し方が難しいと感じる時もあるが、これからは、アサーティブを支える四つの柱「誠実」「率直」「対等」「自己責任」を意識し接していきたいと思う。

    2024-02-18
  • kei0415

    経営・経営企画

    普段の仕事でもよくあるシチュエーション。たくさん相談されるのも困るが、相談が全くない人も多い。勉強になりました。

    2021-06-19
  • googl

    資材・購買・物流

    アサーティブ、とても勉強になりました。自分自身オロロタイプでため込んでいたこともあり負担や不機嫌になり相手に嫌な思いをさせていたのでアサーティブを意識して解決していきたいです。

    2020-07-06
  • jun-tsukada

    その他

    話をしていて日常で感情的になってしまう場面もあったので視点を変え肯定から入る・具体的な案を提案するなどちょっとした変化でコミュニケーションも変わることを意識づけしました。

    2023-10-08
  • yuta4181

    販売・サービス・事務

    指導する際に、困った人ではなく、困っている人だということを念頭にコミュニケーションすることにより、相手の立場に立った聞き方ができると感じた。

    2024-02-21
  • uekon_12

    営業

    自分が信頼できる人はどんな人かをイメージする。そのイメージを常に意識し、自分がそれをできているかを日々振り返りながら行動する

    2023-09-29
  • takeda2339

    営業

    「相手の頭の中を言語化」…努力してみます。
    ためになりました

    2024-05-29
  • zo

    販売・サービス・事務

    CL、同僚、パートナー、上司、新人など、関わる相手はたくさんいるが
    相手により、ドッカン、オロロ、ネッチーをくりかえしていた。
    動いてほしいことは率直に、事実と問題点を伝えつつ、相互理解が必要である。
    そのためにも、認識のすりあわせを行うことが重要。
    助けられたことや頼りにしていることを伝え自身にとって大事であることを相手にりかしてもらうことも大切。
    始まりと終わりは爽やかに。

    2024-05-05
  • k-_yamada

    メーカー技術・研究・開発

    説得する演習のステップの"相手の言い分を聞き、自分の責任を認める"というのは相手に寄り添っていてよいと感じた。しかし、そもそもの時点で、そこまでしないと言うことを聞いてくれないメンバーについて、社会人として、人としてどうなのか疑問に感じた。少なくとも私の職場では、みな優秀な上に、協調性をもって仕事に取り組んでいる。

    2022-09-30
  • sarend6-

    営業

    なるべく自分から歩みよってコミュニケーションをとることを心がけます

    2020-07-07
  • n-sek

    その他

    コミュニケーションに大切さを再認識しました。

    2022-07-29
  • ka-zuu

    IT・WEB・エンジニア

    今の進捗会議が、第三者側ですが演習2と同じ状況だったので 会議では「また始まったかぁ」と困ってましたが、
    今回 アサーティブコミュニケーションで学べたことを活用してアドバイスしてよい関係にもっていけたらなと思いました。


    2020-07-31
  • uyako

    その他

    もう一度、同じコースを受講したい。そうすることでより具体的に自分の中に落とし込めそうです。

    2023-05-10
  • hide1818

    その他

    とても有益な研修でした。何より一番ためになったのは、相手の頭の中を言語化するというアプローチ。これは改めて思い知らされました。

    2022-07-11
  • ryoichi_fujii

    メーカー技術・研究・開発

    まずは以下のフレームワークの組立をコミュニケーションで意識したい。
    ・まずは日ごろの感謝を具体的なエピソードを交えて肯定的に伝える。
    ・自分の悪いところなどの責任を認めて、謝罪をする。
    ・自分が主張したいことを以下のように組立て穏やかに話す
      ・事実と問題を説明する(人格の否定にならないように)
      ・自分がそれについて感じていることを率直に伝える
      ・要望提案を具体的に(相手のと私はそもそも価値観・前提が違う)
    ・相手の言い分を傾聴する姿勢で聞く
      ・相手の事情・困っている事など具体的に
      ・口数少ない方には、思いつく具体的な選択肢を与えてみる
    ・最後ちいさなことから始められる「具体的な協力」をさわやかに伝える

    以上を意識してやっていきたい。しかし失敗してしまうときもある。こういう時は「次頑張ろう」ではなくて、失敗したシチュエーションをやり直すとしたらどうすべきだったのか?を振り返って次回に備える。

    2021-04-20
  • pon0829

    その他

    本コースを視聴して、私はドッカンタイプだと再認識しました。思い当たる言動がありすぎて、反省です。

    やはり、相手あってこそのコミュニケーションなので、相手に隠れた本音・感情にフォーカスしたアサーティブな立ち回りが必要なんだと感じました。

    相手をすぐに変えるのは難しいですが、まずは自身がアサーティブを意識したアプローチができるように取り組んでみようと思います。

    2024-04-06
  • min25

    販売・サービス・事務

    事例が具体的だったのでどのように伝えたら相手の方に理解してもらいやすいかがわかりました。なかなか自分の言い分が伝わらない社内関連場所の人に使ってみたいです。

    2024-05-04
  • inoue_mk

    販売・サービス・事務

    コミュニケーションが本当に苦手で、苦労し続けています。アサーティブにというのをもっと早く知りたかったです。
    ついつい感情的になってしまい、上手く回らない事がたくさんありました。
    直線的に受け答えするのではなくきちんと考えて言葉にしないと相手にも伝わらないなと実感しました。
    話し合いの場でぜひとも参考にして、考えて行動したい。

    2024-05-28
  • jumbo_tanuki

    その他

    本編の中のシーンってよくあるよね。あんなにうまくできるか不安だけどもやってみます。

    2021-11-25
  • saito-yoshitaka

    メーカー技術・研究・開発

    対人関係は自身の気持ちや考えで対処がより良好な関係となる事が期待できる事を学びました。

    2022-05-01
  • hgam0115

    営業

    上司対応や部下対応など理解できました。

    2023-12-01
  • since20191227

    コンサルタント

    価値観もコミュニケーション手段も多様化、〇〇ハラスメントなど対人関係のストレスが強くなっている。
    1.肯定的に伝える 過去と比較しての成長等具体的に
    2.事実や問題をエビデンスやエピソードでいくつか説明
    3.自分の感情を、落ち着いて、自分の責任で伝える
    4.困っている相手を理解し、寄り添う 複数:言語化 対等なやり取り
    5.できるだけ具体的に要望・提案する
    アサーティブコミュニケーションを、小手先のテクニックとしてではなく正しく活用し、お互いに気持ちの良い信頼関係を構築し、
    安心して業務が行える会社にしたい。

    2020-07-03
  • masumura_h7121

    コンサルタント

    社内だけでなく、対顧客に対しても使えるコミュニケーション方法だと実感しました。

    どちらかというと私はオロロタイプ。
    相手のことを尊重しすぎて自分に負荷をかけてしまいがちなので、後輩教育という面では伝え方を意識して成長を促せたらと思いました。

    2024-02-22
  • compo_8023

    経理・財務

    私自身がコミュニケーションを苦手としています。今回は色々と気づきがあり、ためになりました。感情的に接するのでなく、より具体的なエピソードを持ち出して会話することを心掛けていきたい。

    2020-07-04
  • giraffe2020

    営業

    事実と感情の自己開示と、その事実や問題に対する自責、自分に原因があることを前提として、相手に質問し、具体的な提案をすること、など、とても大切なことを学びました。特に、感情の開示は苦手分野なので、頑張りたいと思います。

    2020-07-06
  • i_am_sachi

    販売・サービス・事務

    上司や部下に思っていること(改善してほしいこと)があっても、なかなか伝えられずに過ごすことが多いです。
    事実は自信をもって自分の思っていることを相手に伝えることの大切さと、伝え方を学ぶことができたので早速活用したいです。
    上司にはこんなことが起こっていて困っていると相談ベースに伝えチームへの影響もあることを心配しているので改善できないか。
    部下には何かわからないことやわかっているけどやりずらいことがあるのか具体的な事例を出して頭の中を言語化する手助けをして、寄り添う形で改善に向かうよう成長と期待をしっかり伝えながら実践してみたいと思いました。

    2024-02-20
  • npsputi

    営業

    具体的に話す。相手の状況を聞く。自分の責任を認めるなどできてないことが多いので大変参考になった。

    2021-08-09
  • seuta_r

    営業

    日々の取組状況の確認、部下へのフィードバック等様々な場面で活用できる内容であった。

    2021-01-22
  • bipapa

    メーカー技術・研究・開発

    感情的にならず,冷静に,伝えるべきを伝え,真摯に向き合い,相手の感情にも配慮し,上手に対話できるようになりたいものです。

    2024-01-29
  • taichi3

    その他

    業務中にメンバー同士の問題点や解決策を決める話し合いに活かせると思いました。

    2023-08-08
  • hide8910

    その他

    対人関係は自分の立場に拘泥せず相手の立場に立って考え行動することが大事でそこから良好なコミュニケーションのキャッチボールができると
    考えます。

    2023-09-11
  • kazuya_m

    IT・WEB・エンジニア

    今まで言語化できていなかったスキルを明瞭に理解することができた。伝える内容、伝え方、姿勢の3つのマインドにとどまらず、相手との信頼関係を築くための具体的な手順として、肯定的にはじめ、対等なやりとりとするため爽やかに終了することを学ぶことができた点は特に大きな収穫と感じた。相手と中長期的に信頼関係を築くため、自らが相手の視点で反省し相手に寄り添う姿勢を示すことや相手のことを「困った人」ではなく「困っている人」と捉える謙虚さは忘れてしまいがちな大切な視点と感じたため、今後習慣化できるようにしたい。

    2020-07-23
  • h_yoko

    マーケティング

    相手に共感をもって話をすることの重要性を改めて感じました。実際の業務の中でコミュニケーションに活かしていけたらと思います。

    2021-08-08
  • miyagifumitaka

    経営・経営企画

    年長者や上司との打ち合わせ等に役に立つ。

    2024-05-16
  • s1160718

    営業

    アサーティブな関係を考えるときに、具体的なエピソードなどの肯定からはじめ、事実を述べ、自分の感じてる思いを主張する、その上で相手の立場にたって
    困りごとやハードルとなっていることを聞き、相手だけでなく、自分の責任も認める。具体的に今後実施して欲しいことを伝える。
    爽やかに会話を終わらす。

    2024-05-22
  • sato-kaori

    専門職

    2事例を通して、わかりやすく具体的にアサーティブコミュニケーションが理解できた。
    早速活用してみたい。

    2023-10-24
  • k-1488

    人事・労務・法務

    アサーティブの対応力、主張すること、相手の話もきちんと聞いたうえで相手と向け合ってコミュニケーションを取る大切さを学びました。
    ゴールもしっかり意識しなければなならい。

    自分自身のコミュニケーションの癖も良くわかったのは良かったです。

    報連相、ルール順守の課題も良好な関係を気付けるよう実践していきます。

    2021-08-28
  • godou

    メーカー技術・研究・開発

    業務中にメンバー同士の話し合いにて活用できると思いました。

    2023-12-04
  • satoshi_h

    営業

    一言で言うなら、相手の立場に立ってコミュニケーションを築くことが大事。中堅層はビジネス上のマウンティングをしがちなので、一旦、価値観をニュートラルに戻すべきと感じました。

    2023-01-11
  • fujita_0807

    建設・土木 関連職

    社員の方々との日頃のコミュニケーションで良好な関係を築くためにも有効に活用していきます。

    2022-09-26
  • uchiyama-shinji

    経営・経営企画

    リーダーというポジションではないですが、アサーティブはどのようなポジションでも求められるスキルであるように感じます。
    職場のコミュニケーションを円滑に保つためにはお互いの信頼関係が非常に重要であり、信頼関係を構築するための一つの
    要素としてアサーティブコミュニケーションは有用だと思いました。

    2024-04-04
  • hitoshi_yamada

    メーカー技術・研究・開発

    部下とメンバーの指導について、アサーションが大切でこれが信頼関係に繋がると理解できた。メンバーにもこの講演の動画を見せて、気づきを感じて貰います。

    2023-06-21
  • pimos

    メーカー技術・研究・開発

    どこの職場でも起きそうな事例だったので、自分だったら?をすごく考えやすかったです。
    かゆいところに手が届くというか、こんなことまで教えてもらえて、本当にありがたいです。
    仕方ないことだと思いがちですが、ちゃんと解決法や考え方があるのは驚きでした。職場の研修でもやってほしいレベルです。

    2021-04-03
  • jhoshi

    営業

    アサーティブコミュニケーション。誠実、率直、対等、自己責任を忘れずに。

    2020-07-17
  • vaxstone

    メーカー技術・研究・開発

    The contents were well explained. It made me emotional. I have learned greatly. Thanks a lot.

    2021-10-25
  • kakarot

    営業

    今からでも試せることだったのですぐ実践して、後輩に頼ってもらえるような立場を目指したいと思いました。

    2024-06-13
  • su-27

    人事・労務・法務

    改めて相手の困りごとに寄り添う態度が重要だと思いました。

    2023-12-26
  • 04513717

    建設・土木 関連職

    対人関係の重要性を理解した。

    2024-01-10
  • migaku

    メーカー技術・研究・開発

    業務においてアサーティブに伝えてことの流れを活用していきたいと思います。

    2022-05-01
  • guanyu

    その他

    相手を一人の人として尊重する、そして、それに対して自分も一人の人間として、気持ちをぶつける。

    2022-05-16
  • anhs52

    販売・サービス・事務

    自分の思い通りにならないと感情的になることがあるが,自分の感情を相手にぶつけても何も解決しない。問題か発生したときは,初期対応を間違えないように考え,速やかに対応することを意識している。そのあとで何が問題でどうすべきか考える必要がある。会社にいるときは管理職であるが,会社を退職するとただの人になる。自分という人間で勝負できるよう日々の自己研鑽が大切だと思う。

    2024-01-23
  • arita0164

    営業

    コミュニケーションの難しさを痛感いたしました。信頼関係を構築する事は普段の接し方から変えていければ自然と信頼関係が生まれて良い関係が築けそうです。

    2023-08-29
  • kenji-ohta

    その他

    対立場面では、攻撃型や受け身型、作為型があって、周りでは、攻撃的だったり、自分の思い通りにならないとすぐ相手を威圧したりする方もいたりしますが、アサーティブといった対等なやりとりをしたり、自分の責任を認めたり、協力をお願いしたりなど、こういった方法もあったのは初めて知って良かったです。

    2023-09-13
  • tona

    メーカー技術・研究・開発

    年代の差がある新人からの進捗報告を定期的にスムーズにしてもらうために、事実/問題を伝える、自分の気持ち、相手の言い分、こちらの不備、今後の提案と具体的に伝え、対応してもらう。相談についても、定期的とか、何について等を具体的に話す。社歴のある人に対しても、必要なことはきちんと説明し、一方的でなく、相手の言い分も考慮して、業務の進捗報告を進めていき、信頼関係も構築する。

    2024-03-30
  • csstma

    専門職

    会社で仕事をする上で一番重要で大変なことは、人間関係だと会社人生の中で経験してきた。
    今回の学びで、今まで出来ていた事や参考になった事などを今後の仕事の中で活用していきたい。
    コミュニケーションの取り方が変化し続ける時代に適用していかなければならないと思った。

    2023-12-16
  • ygakio

    経理・財務

    振り返れば、上司が面談で私に対応する姿勢は、このコミュニケーション方法をそのままなぞっているかのように、思えました。
    管理職には基本中の基本なのかもしれません。

    2024-06-06
  • jima0929

    金融・不動産 関連職

    自分がドッカン型と再認識出来たこと、その上で自分の思考の整理1つで部下の成長に寄与し自分も成長できることを認識できました。

    2021-03-29
  • ucchiii

    人事・労務・法務

    相手を尊重しながら自身の意見も伝えることは重要だと感じました。
    また「困った人」ではなく「困っている人」かもしれないという見解は目から鱗でした。

    2024-04-12
  • juntera

    人事・労務・法務

    とっても勉強になりました。演習(事例)があるので、対応の仕方も学べました。
    どれも同じアサーティブに伝える流れをすればスムーズにコミュニケーションを取る事が出来る。簡単に見えてこれが一番難しいようにも感じますが・・・。

    ドッカン・オロロ・ネッチーにならないように、今日から気を付けて頑張りたいと思いました。

    2020-07-13
  • teto76

    IT・WEB・エンジニア

    業務を円滑に進めるためには自分の思いを一方的に伝えるのではなく、相手が思っていることを引き出すことが重要で、その為にも相手が思っていることを話しやすくする環境づくりが必要であり、アサーティブにコミュニケーションを取る方法を活かしていきたいと思います。

    2023-02-16
  • matsuurakatsuya

    営業

    理論だけでなく、相手とwinwinな関係を築くことは大切だと感じた。

    2022-10-25
  • ikeda-take

    建設・土木 関連職

    要望を具体的に伝え、感情的にならず適切なタイミングで伝えるよう努めたい。

    2023-07-18
  • te_ta

    メーカー技術・研究・開発

    伝えたいことを率直に伝えることが苦手なので意識していくことで変えられるのではないか

    2023-10-06
  • saku-t

    IT・WEB・エンジニア

    職場の人と仕事でコミュニケーションを
    取る際に誠実であるか率直であるか
    対等に会話できているか
    自己責任を持って臨んでいるか。
    考えながらやっていこうと思いました。
    とても勉強になりました

    2023-11-12
  • aokita

    その他

    アサーティブ、理解はしましたが、実際にやるのは結構難しそうですね。何度も失敗しながら身に着けていくことになるかもしれませんが、やってみます。

    2024-04-27
  • h-hada

    クリエイティブ

    正確な情報を機械的に伝えるだけではなく、相手の立場、相手の感情を意識することが大切だと学んだ?対立状況の改善に役立てたい。

    2023-11-13
  • haruohosoya

    その他


    実践で活用する上で、とても勉強になりました。

    2024-01-06
  • rira1224

    人事・労務・法務

    4つの柱のうち、対等を疎かにする管理職が多い。若手が萎縮しがちな職場ののため、困りごとの理由を正確に知ることができるよう、普段から関係構築に努めたい。

    2021-06-06
  • legacy20r

    その他

    相手の気持ちや困り事を聞き出す、またはその逆に伝えるケースにおいても、共に同じ方向に進むためのアサーティブコミュニケーションを取り入れたいと思います。

    2023-07-29
  • 200583

    その他

    要は相手の存在を考えて、尊重することが大事だと思いました。
    日頃のコミュニケーション全てに当てはまると思います

    2023-10-12
  • sayan_

    メーカー技術・研究・開発

    後輩を育てたい気持ちがあるが、うまくいかない。原因はコミュニケーションがうまくいってないことだと気付いた。実践して信頼関係を築いていきたい。

    2021-06-23
  • mamarita

    メディカル 関連職

    自身の経験から主張を明確にすることを特に注意したい。
    言い分は表現型なので、その根底をいかにつかむかが解決の糸口と理解しました。

    2021-06-27
  • keitayasunaga

    販売・サービス・事務

    同一の視点で始められる話題を活用したい

    2023-10-14
  • hideaki_0902

    経営・経営企画

    相手と真摯に対等に向き合う姿勢を忘れず、さわやかに実践していきたい。

    2020-11-06
  • susikora-ma-tan

    その他

    以前の部署では、自信が抱えている業務進捗を上長に報告したくても、伝えるタイミングや雰囲気などでなかなか報告しづらい事がありましたが、
    今の部署では、直属の上司が定期的に進捗確認したり、個別にミーティングの場を設けて下さり、相談しやすい環境を整えていただける為、
    業務以外のプライベートな事まで相談できるようになりました。それもあってか、日頃の業務においても報告できる回数が増えました。
    プライベートな日常生活においても、子供たちが相談しづらい事もアサーティブな考え方でコミュニケーションをとる事で、
    相談しやすい環境を築けていけるようにしていきたいです。

    2024-01-19

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。