小林 史明

小林 史明

衆議院議員

衆議院議員(広島7区)
デジタル副大臣兼内閣府副大臣(規制改革、行政改革、PFI、サイバーセキュリティ、個人情報保護担当) 。「テクノロジーの社会実装により、多様でフェアな社会を実現する」を政治信条に、規制改革、特にデジタル規制改革に注力。コロナ禍においては、内閣府大臣補佐官として、河野太郎大臣の政策企画立案全般に従事。特に、ワクチン接種記録システムの開発と運用を主導し、EBPMのモデルケースに導いた。それ以前は、自由民主党でデジタル社会推進本部 事務総長を務め、デジタル庁創設に向けた提言をまとめた。それ以前は、自民党青年局長として、組織のデジタル化を進め、候補者公開討論会をオンラインで実施するなど、党のDXに貢献。第3-4次安倍内閣では総務大臣政務官兼内閣府大臣政務官として、電波通信改革、マイナンバー制度の整備、公務員の働き方改革を推進し、現在のデジタル関連政策の礎を築いた。広島県福山市出身

MORE

PICKUP