安部 敏樹

安部 敏樹

一般社団法人リディラバ 代表理事

​東京大学在学中の2009年に、社会問題の現場を学ぶ旅行「スタディツアー」を提供する「リディラバ」を立ち上げる。これまで300種類以上の社会問題のスタディツアーを行なっており、10,000人以上を社会問題の現場に送り込む。中高生を対象には修学旅行・教育旅行を通して、企業にはリカレント教育や企業研修を通して、自治体には移住定住政策を通して社会問題のスタディツアーを提供。また、社会問題特化型の会員制調査報道メディア「リディラバジャーナル」も運営。
24歳のときに史上最年少で東京大学にて授業を担当し、同大学で教員向けにも講義を持つ。現在も東京大学大学院博士課程に在籍中で、複雑系を専攻。
2017年にはForbes誌が選ぶ”アジアを代表する30歳以下の社会起業家30人”に選出された。
著書に『いつかリーダーになる君たちへ』(日経BP社)、『日本につけるクスリ』(竹中平蔵氏と共著 / ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。

MORE
読み込み中

PICKUP